企業の概要

日本活性化はベンチャー企業が鍵?田中美孝氏のベンチャービジネス推奨理由とは

田中美孝氏は、日本を活性化させるためにはベンチャービジネスを推奨すべきだと考えています。
活性化へと導く方法はいくつも考えることができるでしょう。
その中で田中美孝氏はなぜベンチャービジネスを推奨しているのでしょうか?
今回は、その理由に迫っていきます。

こんな人におすすめ
・田中美孝氏がどのような人物なのか知りたい
・ベンチャー企業を推進する理由は何か知りたい
・日本におけるベンチャーの必要性はあるのか知りたい

田中美孝氏について

田中美孝※画像はイメージです。

 

はじめに、田中美孝氏がどのような人物なのかみていきましょう。

田中美孝氏は、株式会社ベンチャーコントロールの代表取締役を務めています。
1969年5月に東京都で生まれました。
16歳の時に、輸入ビジネスを始めたことがきっかけとなり、幅広いビジネスに興味を持つようになります。
そしてその後は、父親が経営している飲食チェーン店に入社します。
入社後は、常務として経営の一端を担うようになりますが、退社することになりました。
退社してからは、熱帯魚の水槽をリースする事業を手がけます。
さらに、1996年4月22日には株式会社ベンチャーコントロールを設立し、代表取締役に就任しました。

ベンチャー企業を推進する理由

田中美孝氏が代表を務めている株式会社ベンチャーコントロールでは、ベンチャー企業を推進しています。
続いては、ベンチャー企業を推進している理由についてみていきましょう。

なぜベンチャー企業を推進しているのか

起業を目指している若者に経営に関するノウハウや人脈の提供、資金支援などを行うことにより、世の中に多くの起業家を株式会社ベンチャーコントロールは排出してきました。
その背景には、日本という限られた範囲だけではなく世界に目を向けられるような志の高い人材が活躍できる場を増やしたいという思いがあります。
高い志を持つ若者が活躍できる場が増えていけば、経済の活性化にもつながると田中美孝氏は考えているのです。
田中美孝氏自身が3回の企業を経験していることから、具体的なアドバイスを提供できます。
やりたいことはあっても具体的にどうすればいいのかわからずに諦めてしまうというケースも少なくありません。
夢を諦めてしまう若者を減らすためにも、田中美孝氏率いる株式会社ベンチャーコントロールでは様々な支援を行っているのです。

これまでに株式会社ベンチャーコントロールでは、100名以上の経営者を輩出し、400億円規模の市場を作り出してきました。
株式会社ベンチャーコントロールにとってもメリットはありますが、社会全体のメリットにもなります。
目的意識が高い人が集まると、スタッフのモチベーションも高まっていきます。
そして、スタッフが実業家へと成長してほしいというのが田中美孝氏の願いです。

ベンチャー企業を育成するために取り組んでいること

ベンチャー企業を育成するために株式会社ベンチャーコントロールでは、インキュベーション事業を展開しています。
インキュベーション事業とは、主にビジネスモデルの策定・精査、資金支援、業務提携先の紹介、間接部門へのアウトソーシング、案件精査、教育を行っています。
プレゼンテーションによる事業モデルの発表、社内事業の役員会承認やビジネスコンテストbirthを通じた資金提供・支援、必要な人材や企業の紹介など多岐にわたって取り組んでいます。
また、ベンチャー企業が増えている現在、投資をするリスクも高まっています。
そのリスクを少しでも軽減するために、ビジネスモデルや財務内容、技術評価など事業の成長性を踏まえた多面的な精査を実行しています。
さらに、ビジネススキルを高めるための教育機関も設置しているのが株式会社ベンチャーコントロールの強みです。
経営者としての心構えやビジネスモデルの構築方法などに関するプログラムを提供しています。
それらを学ぶことにより、実業家や起業家、経営者に相応しい人間へと成長できます。

また、株式会社ベンチャーコントロールは、「すごい起業塾」の運営元でもあるのです。
「すごい起業塾」では、これまでに起業などを経験した実績のある人物からリアルな話を聞いたり、起業家や起業家候補となる人同士の交流をしたりできます。
株式会社ベンチャーコントロールがこれまでに多くの起業家を輩出してきたことによって得られた起業家育成ノウハウを体系化したものです。
一般的な経営学についても学びますが、実際に起業することを前提とした内容になっています。
経営について知識を身に付けるだけではなく、事業計画の作成や起業家のリアルなマインドを学べるようになっているのは、他とは異なる強みだと言えるでしょう。

ベンチャー企業は、立ち上げたばかりだと倒産してしまうリスクが確かに高いです。
しかし、事業の内容をしっかりと考えてあれば、将来性の高い企業として社会に貢献できるようになります。
それを実現できるようなサポートを行っているのが、田中美孝氏が代表を務めている株式会社ベンチャーコントロールの事業です。

日本におけるベンチャーの必要性

最後に、日本におけるベンチャーの必要性について株式会社ベンチャーコントロールの考え方を交えながらみていきましょう。

株式会社ベンチャーコントロールが設立された目的

会社ベンチャーコントロールは、日本はベンチャー企業が生まれにくい土壌になっていると考えています。
起業家が生まれなければ、既存の企業が経済に大きな影響を与え続けることになります。
確かにそれは悪いこととは言い切れませんが、経済の活性化という側面から見るとマイナスになってしまう可能性が高いです。
そのような状況下で、株式会社ベンチャーコントロールは構造改革を推進していくためにあらゆる力を集結しています。
ベンチャー企業は、ビジネスに対して挑戦を続けることで生まれます。
このことから、田中美孝氏が率いる株式会社ベンチャーコントロールはビジネスに対する挑戦を忘れない会社だと言えるのです。

世界経済を動かせるような人材の輩出が日本のためになる

日本の経済は現在、行き行き詰まった状態になっています。
不景気という状況もあいまって、起業家にとって苦しい時期が長く続いているというのは紛うことなき事実です。
そのため、日本国内でビジネスをするのでは限界を迎えるタイミングが早い段階で訪れる可能性が高いと言えるでしょう。
そのような状況を打破するためには、世界に目を向けたビジネスを展開することが重要です。
これからは株式会社ベンチャーコントロールでも、アジアを中心とした世界に目を向けられる若者の育成に力を入れたいと考えています。
国籍に関わらず素質のある若者を発掘し、世界で渡り歩けるようなベンチャー企業の育成に注力していくことになると想定できます。

経済を活性化させるためには、新しい風を吹かせることも重要です。
社会に新しい風を巻き起こしたいのであれば、ベンチャー企業を増やすことがポイントのひとつになります。
それを踏まえて考えてみると、田中美孝氏は社会貢献度が高いビジネスを展開していると言えるでしょう。

ベンチャー実現へ向けて

ベンチャー企業が多く存在し、経済が活性化するような環境を実現するためには、起業したいと考える人の支援が重要です。
起業を考えていても資金などに関するハードルをクリアしなければ実現はできません。
そのハードルを無くすためには、株式会社ベンチャーコントロールが展開している事業のサポートを受けるのがおすすめだと言えます。

この記事のまとめ

・ベンチャー企業は経済の活性化を目指すためのファクターとなる

・田中美孝氏が率いる株式会社ベンチャーコントロールでは起業家支援を重点的に行っている

・世界に目を向けたビジネスができるようになれば日本国内でも重要な存在になれる