業界別検証コラム

明成物流株式会社の輸送品質を徹底調査!運送サービスの裏側とは!?

明成物流

今回は、埼玉県深谷市に本社を構える明成物流株式会社について紹介します。
物流は「産業の血液」と言われるほど重要な役割を担っています。
古紙の取扱商社から分社化されたこの企業の概要を通して、
今後の産業の動きを予想していきましょう!

明成物流の会社概要

まずは明成物流の基本情報をご紹介します。

会社名 明成物流株式会社
代表取締役 永田 耕太郎
創業 平成7年7月27日
資本金 1,700万円
業種目
1.一般貨物自動車運送創業・貨物傾斜両等運送業及び貨物運送取扱業
2.産業廃棄物収集運搬
3.倉庫業
4.前号に付帯関係する一切の業務
拠点
本社:埼玉県深谷市長在家198
TEL:048-578-1221
深谷岡部営業所:埼玉県深谷市櫛引98
TEL:048-551-2141
前橋中央営業所:群馬県前橋市上大島111
TEL:027-287-2141
深谷事業所:埼玉県深谷市幡羅町1-15-3
TEL:048-570-2124
グループ会社
永田紙業株式会社
物流機器レンタル株式会社

グループ会社に「永田紙業株式会社」とありますが、
こちらは明成物流の親会社にあたります。

元々は1959年に「永田商店」という社名で
製紙原料の古紙を取扱っていましたが、
1972年 から「永田紙業株式会社」に法人改組。
1995年に「明成物流」が子会社として設立されたそうです。

サービスにかける思い

明成物流の主なサービスは大きく次の2種類です。
(1)製紙原料・金属・非鉄金属などの再生卸販売や運搬
(2)産業廃棄物の収集や運搬、一般産業廃棄物の収集や運搬

現在、58の行政区で廃棄物収集運搬業の許可を受けており、
顧客からの要望によって追加申請も可能だそうです。

公式ホームページには、
これらのサービスにかける思いとして次のように書かれています。
============================
明成物流株式会社は業界で蓄積した豊富な知識と経験を活かし、高度な輸送品質を求められる様々な工業製品から、段ボール、新聞をはじめとする古紙、機密文書、産業廃棄物の輸送回収に至るまで、お客様が求める幅広いニーズの対応を可能とする総合ロジスティック企業を目指しています。
引用元 http://www.meisei-butsuryuu.com/
(CONCEPTコンセプト より)
============================
他社があきらめたロジスティクス、ぜひ弊社にお声がけください。出来る限りの答えを見つけ、お客様のご要望に応えて参る所存です。
今後とも貴重なご意見がございましたらご教示くださいますようお願い申し上げます。
引用元 http://www.meisei-butsuryuu.com/company/
(ごあいさつ より)
============================

自社のサービスへの大きな自信と、強い誇りが感じられる文章です。
では、明成物流はどのような方法で顧客の満足度を高め、
サービスの品質を向上させているのでしょう。

運送品質の裏付け

調査してみると、ただ早く、安いだけではない、
確固たるサービス品質の裏付けがありました。

認証

明成物流は、国際規格である3つのISO認証と、
日本産業規格に基づいて事業者が個人情報を適切に扱っていることを示す
プライバシーマーク(Pマーク)を取得しています。
ここでは、それぞれの規格の内容と合わせて、
明成物流のこだわりについて考えてみます。

ISO27001認証

これは情報セキュリティマネジメントシステムを構築・運用し、
継続的に改善するための規格です。
この認証を受けている企業に対しては、
企業秘密になるような機密情報でも、
安心して預けることができます。

ISO14001認証

これは環境マネジメントシステムに関する規格です。
環境へ悪影響を与える要素や環境への負担を減らし、
環境目標の達成を継続的に行う体制が整っていることを示します。

ISO9001認証

これはあらゆる業種・企業活動に適用可能な
品質マネジメントシステムの国際規格です。
安定したサービスの提供と、
顧客満足度の向上を図る体制が整っていることを示します。

Pマーク

これは事業者が個人情報を適切に取扱えることを示します。
継続的に個人情報保護マネジメントシステムを運用している
という証明であるとともに、
一定の予算を投じて個人情報保護を行っていることも示します。

つまり、これらの認証から考えられるのは、
明成物流が地球環境の保護を目指しつつ、
顧客から預かる情報を大切に扱い、
顧客満足度の向上に努めているということです。

既述したサービスに対するこだわりが、
第三者によって証明されているということですね。

独自のチェック体制

また、明成物流は輸送品質を維持するため、
次のようなチェックツールも導入しています。

アルコールチェッカー

吐いた息に含まれるアルコールの濃度を測定する機器です。
主に半導体式と接触燃焼式の2種類があり、
運転手が飲酒していないかを検知するために重要な役割を担っています。
多くの事業者では毎朝出勤後に行うそうですが、
2011年5月1日から、
事業者はアルコール検知器を使用した検査が義務化されました。

デジタルタコグラフ

タコグラフとは、運行時間や速度変化などをグラフ化して、
その車輌の状況を把握するために自動車へ搭載する「運行記録計」です。
もともと(アナログタコグラフ)は円形のチャート紙に記入された線から、
車輌の状況を読み解く必要がありましたが、分かりにくかったそうです。
そこで、最近ではそれらを電子化してわかりやすくした
デジタルタコグラフが普及しているそうです。

所有車輌

明成物流の所有の所有車輌は158台にのぼります。
平成30年度の国土交通省の調査によると、
保有する貨物自動車が100台を超える運送事業者は全体の1.9%です。
参考URL:http://www.mlit.go.jp/common/001153600.pdf
このことからも、明成物流が非常に有力な事業者であることが分かります。

牽引車
トラクターヘッド(セミトレーラー牽引車輌) 16台
トラクターヘッド(アームロールセミトレーラー牽引可) 3台
20トンセミトレーラーウィング車 18台

ウィング箱車
15トン(大型ウィング車) 15台
8トン ウィング車(パワーGショルダー付) 2台
7トン ウィング車(パワーGショルダー付) 6台
4トン ウィング車(パワーGショルダー付) 6台
4トン ウィング車 2台

アームロール
15トン アームロール大型車 9台
7トン アームロール車(ヒアブ付) 3台
4トン アームロール車 5台
4トン アームロールパッカー車 7台

パッカー車
大型パッカー車(12m3仕様) 2台
8トン パッカー車 2台
8トン パッカー車分別君 3台
4トン パッカー車 11台
2トン パッカー車 1台
2トン パッカー車(ハイブリッド) 1台

平ボディー
4トン 平ボディー車 6台
3トン 平ボディー車 3台
2トン 平ボディー車 2台

ダンプ・ユニック
4トン ユニック車 2台
3トン ダンプ車 10台

機密文書出張車
4トン 機密文書出張破砕車 1台
3トン 機密文書出張破砕車 1台
2トン 機密文書出張破砕車 2台

バン車
3トン リンボーバン車 2台
3トン リンボーバン車(ハイブリッド) 3台
3トン バン車 2台

その他
営業車(ハイブリッド) 8台
営業車(ライトバン・乗用車) 4台

総車両数:158台

引用元 http://www.meisei-butsuryuu.com/service/vehicle/
(所有車両リスト Vehicle より)

最後に

明成物流は、運行GPS、ドライブレコーダー、ETC2.0、
環境負荷の低いハイブリッド車両や最新アルコールチェッカーなど、
常に業界に先駆けたシステム&車両を導入しています。
引用元 http://www.meisei-butsuryuu.com/company/
(ごあいさつ より)

自社のサービスへの自信や、顧客満足度へのこだわりは、
数々の第三者機関からの認証に裏打ちされており、
過去に多くの信頼と実績を得てきたことは想像に難くありません。

実際、2019年3月11日には健康経営に関する国内最高認定である、
「健康経営優良法人(中小企業部門)」に認定されました。

これは経済産業省が実施した調査に基づいて、
優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。

従業員や求職者、関係企業や金融機関などのステークホルダーに対して、
社会的に優良な企業であると示し、
社会的な評価を受けやすい環境を作る目的があるそうです。

筆者は、明成物流がいかに有力な企業であるかを示す証左であると感じました。