流通・小売

渡辺パイプってどんな会社?サービスの強みを検証!

こんにちは!
本日は、渡辺パイプのサービスについて取り上げてみます。

皆さんは渡辺パイプがどのような会社で、どんなサービスを提供しているかご存知でしょうか?

渡辺パイプでは主に「水と住まいの事業部」と「グリーン事業部」に分かれており、それぞれで幅広い事業展開を行っています。

では、具体的にどのような事業を展開しており、私達の暮らしにどんな影響を及ぼしているのでしょうか? 

今回は、渡辺パイプが提供するサービスの実態や強みについてご紹介していきます。渡辺パイプがどんな会社なのか気になっている人は、ぜひ参考にしてみてください。

会社概要

渡辺パイプ株式会社は、1953128日に創業、1957415日に設立された会社です。201810月現在の従業員数は、グループ会社も合わせると4700名となっています。渡辺パイプが行っている事業は、大きく分けて2つです。 

1つは管工機材や住宅設備機器等の販売を行う水と住まいの事業部、もう1つは温室の設計や施工、販売を行うグリーン事業部です。

そんな渡辺パイプは、「水と住まいと農業」をテーマにしたビジネスと展開しています。

渡辺パイプが提供しているサービスを活用することによって、「元気で快適な生環境」を実現できるように積極的に動き続けている会社でもあります。

そのような社会を実現するためにも、全国に事業所を展開しているのです。 

また、より充実したサービスを提供するためのグループ会社も多数あり、全国規模で「元気で快適な生環境」を実現させようと考えていることが伺えるでしょう。

そんな渡辺パイプ株式会社は、全国にネットワークを持つことで業界ナンバーワンを目指しているだけではなく、顧客へオンリーワンのソリューションを届けたいと考えています。

3,000社以上の協力企業との連携実現や500ヶ所以上のサービスセンターによる迅速なサービス提供をしているという点からも頂点を目指していることが分かります。

多くの信頼を得られている渡辺パイプ株式会社だからこそ、このように充実したサービスを提供するための条件が揃っていると言えるのではないでしょうか。 

サービス内容

全国に事業所展開している渡辺パイプ株式会社は、どのようなサービスを提供している会社なのでしょうか?

続いては、渡辺パイプ株式会社のサービス内容について見ていきましょう。  

水と住まいの事業が提供するサービス

水と住まいの事業は、管材や建材など住まいに関する商材やサービスをワンストップで提供しています。

水工や設備、電工、土木などライフラインに関する商材も取り扱っていて、全国災害支援体制も整えているので、私たちの生活を支えてくれている事業だと言えるでしょう。

それだけではなく、システムキッチンやユニットバス、エコキュートなどの住設も取り扱っているため、ライフスタイルに合う商品も探せます。 

渡辺パイプは、業界No.1のワンストップソリューション・サプライヤーでもあるので、安心して任せられる会社でもあります。

さらに、渡辺パイプと取引がある顧客だけが利用できる「ワンダー元気ネット」という会員サイトも用意されていて、24時間いつでも発注ができるのです。

無料で作れる販促ツールなど充実したコンテンツがたくさんある「ワンダー元気ネット」を活用することで、より利便性が向上するでしょう。

グリーン事業が提供するサービス 

渡辺パイプ株式会社のグリーン事業では、ビニールハウスなどの温室や養液栽培システム、特殊温室、自社農場などを手掛けています。

渡辺パイプのビニールハウスには、強さと広さを兼ね備えている八角ハウスシリーズや強靭なトラス構造で造られたトラスハウスシリーズ、顧客のニーズに応えられるUKシリーズなどのハウスシリーズ、温度制御システムや換気設備などを完備した研究施設、デザイン性や採光性を兼ね備えている観賞用の温室、スポーツ施設などに活用できる商業用のハウスがあります。 

これだけの用途に使用できるハウスがあるので、様々なニーズに応えられるサービスを展開していると言えるでしょう。 

また渡辺パイプは、「ガイア」という養液栽培システムを採用することによって、トマトやイチゴなどの栽培をサポートしています。 

渡辺パイプの養液栽培システムには、ローコストで導入できるガイアイチゴKやガイアトマトK、観光農園に最適な立体多段式栽培システム・ガイアイチゴの森、樹勢のコントロールができるガイアリーフK、浮きボード独立式栽培ベッドを活用した水耕栽培システム・ガイアリーフといったものがあります。 

渡辺パイプが展開している事業からは、私たちの生活をトータルサポートしていることが分かります。  

水と住まいの事業の特徴と強み

渡辺パイプでは、水や住まいに関する商材やサービスなどを一貫して提供する「水と住まいの事業」を展開しています。

全国500ヶ所以上のサービスセンターから住まいに関わる管材・建材・電材などを提供しています。 

そんな水と住まいの事業の特徴と強みをご紹介しましょう。

水と住まいの事業の特徴

水と住まいの事業では、インフラ公共事業をはじめ、戸建てやマンションの水道・電気・住宅設備などの工事を行う水道工事店・工務店に対して商材・サービスを提供しています。

主な商材は大手メーカーから仕入れたパイプ・バルブ・照明・電線・床材・ユニットバスなどです。

これらの数多くの種類の中から、最適な商材を提案・提供し、企業の業績を支えています。

事業所は全国に550ヶ所あり、事業部では売上2228億円で全社2666億円を実現しています。

水と住まいの事業部には、水工・土木・電工・設備の「ライフライン」、住設・建材の「ライフスタイル」、「配送・ネットワーク」「情報システム」などがあります。 

それでは個々の特徴にフォーカスしていきましょう。 

ライフライン

日本全国の水道設備工事店・土木工事店・電気工事店などに高付加価値の商材を提供しています。 

水工

水工では、水道設備工事店向けに必要な時に必要な分だけ商材を提供しています。

商材だけでなく、安心の付加価値の高いサービスを添えてお届けするとしており、商品とネットワーク、配送などの総合的なバックアップが強みと言えます。 

土木

上下水道資材のエキスパートによって工事支援サービスを行っています。

上下水道資材における確かな商品を揃えているほか、注文された商材はしっかりと納期までに届けるよう徹底しています。 

電工

電工では、ビル・住宅などの電気設備の関わる商材を届けています。弱電・重電問わず防災やセキュリティなどの安全性の高い商材を提供しています。

電気設備の設計段階からあらゆる相談や提案をしているのも特徴です。

設備

給排水・空調などをはじめとする設備工事に対応しています。

規模や種別などを問わず設備工事部材を提供しています。

ライフスタイル

住宅設備や建材などを日本全国のリフォーム店や工務店に提供しています。人々に住まいに関わる分野を担当しているのが特徴です。

ライフスタイルでは住設・建材における住宅関連商品を扱っており、業界トップのワンストップソリューション・サプライヤーとしてサポートしています。

商品内容としては、システムキッチン・ユニットバス・洗面化粧台・床材・内装材・断熱材など多岐に渡り、問い合わせだけですべての住宅関連商品が揃うのも大きな特徴ではないでしょうか?

建築に関わる様々な商材を扱っているため、施工ニーズや最新資料などを基にした製品も提供可能です。

配送・ネットワーク

渡辺パイプでは商材の納期にこだわっており、配送・ネットワークでは全国2600台もの車で迅速かつ的確に配送しています。

緊急時でもタイムリーに届けられるようにしているほか、欠品にもすぐに対応しています。

全国の配送対応エリアを確認できる「ワンダー元気ネット」があり、都道府県別に配送の拠点になるサービスセンターの検索も可能です。

顧客向けの会員サイト「ワンダー元気ネット」の運営をしています。

知りたい情報を知りたいときに簡単に入手できるのが特徴で、いつでも商材・サービスの注文が可能です。

また、お買い得品を把握したり販促ツールを作成したりもでき、便利なサイトとのリンクもたくさんあります。

情報支援サービスも充実しているので、業界の最新情報を入手することもできるでしょう。 

そして渡辺パイプの最大の強みは「ワンストップ」です。

渡辺パイプは、「すべてはお客様のために」という合言葉を基本として、水や住まいに関する商材やサービス提供で生まれる効果や効能を実感して欲しいと願っています。

水と住まいの事業部では、あらゆる商材をすべて扱うというワンストップ化を実現しています。

複数の大手メーカーより商材を直接仕入れているため、同業他社以上に提案可能な商材が多く、いつでもすぐに注文できるというスタイルが魅力です。

必要なものを必要なときに納品するというワンストップというスタイルは、水と住まいの事業大きな強みであり、渡辺パイプならではとなっています。

設計図面から必要な部材提案も行っており、裁断や加工にも対応しています。

あらゆるニーズに柔軟にタイムリーに応えるという姿勢は、住まいに関するサービスを提供している企業にとって重視される点ではないでしょうか?

これまで、これらの商材は一定のカテゴリーだけを扱うというメーカーが多くありました。

しかし、渡辺パイプはそうしたスタイルを覆し、関連する商品をすべて取り扱っています。その数はおよそ100万点にも及び、地域密着拠点から迅速・的確に配送しています。

渡辺パイプの水と住まいの事業は、多くの人々の生活や住環境を支えていると言えるでしょう。

グリーン事業の特徴と強み

グリーン事業は、日本初となるパイプハウスを開発しています。

グリーンハウスをはじめ、あらゆるシステムや肥料・種・サービスを提供する総合グリーンデベロッパーを目指している事業です。

ここでは、そんな渡辺パイプのグリーン事業の特徴や強みについて見ていきましょう。

グリーン事業の特徴

グリーンハウスやハウス設備・ハウス部材・生産資材などの商品を扱っており、日本の農業を元気にする取り組みを行っています。

施設園芸と言うと以前は「ビニールハウス」と呼ばれ親しまれてきましたが、最近ではパイプハウスと呼ばれるようになりました。

パイプハウスの中は天候に左右されずに科学的な栽培技術や栽培設備などの最新設備が設置される時代になっています。

グリーン事業では、そんなパイプハウスをはじめ大型のガラスハウスの商材を扱う「グリーンハウス」、計画的な作物を栽培するための「栽培システム」、熱帯温室設備構築可能な「特殊温室」、あらゆるハウス部材を扱う「農業資材・設備」などがあります。

それでは個々の特徴にフォーカスを当てましょう。

グリーンハウス

グリーンハウスや研究施設・鑑賞施設・商業施設など幅広い温室をオールジャンルで扱っています。

こだわりのパイプハウスはもちろん、パイピング技術を駆使して供給するという技術や強度を持つ経済的な温室を提供しています。

通気性に優れているほか、積雪地帯や強風地帯にも対応しており、大規模栽培も可能です。

栽培システム

渡辺パイプの養液栽培システムである「ガイア」を活用した施設農業の安定収入を支えます。

ガイアイチゴ・ガイアトマトをはじめ、ほうれん草やサラダ菜など多品種の栽培ができるのが特徴で、用途や作物によって種類も選択できます。

施設農業のメリットでもある周年栽培を最大限に活用したシステムでもあり、病害虫対策・作業負荷軽減・ローコストが実現可能です。 

特殊温室

特殊温室は独自開発構造と部材仕様を活かした温室設備のトータルコーディネートが可能です。

熱帯温室やレジャーセンター・フラワーパークなどあらゆる温室設備に対応でき、用途別に施工できます。

耐久性・気密、温室特性・採光特性・換気特性を誇り、実際に全国の大規模な構造物も手掛けています。

農業資材・設備

ローコストながら、強度・耐久性・使いやすさに優れた資材や設備を提供しています。

部品や部材の品質は農業をする上で非常に大切なポイントです。

農業資材

簡単に組み立て可能な部材が多く、業者に依頼する必要がないのが特徴です。

部品や部材は常に独自開発・改良・製造を行っているため、生産者が扱いやすいものを提供していると言えるでしょう。

農業設備

農業設備は、作物を成長させるために重要な役割を担います。

環境制御装置・換気装置・カーテン装置・電照装置などのプロ用の設備も豊富に扱っています。

グリーン事業の強み

強みは、巨大化する農業ハウスに対応しているということでしょう。

現在、国内ではパイプハウスの専業メーカーは存在しません。

派生事業を展開する企業はあっても、その分野に特化した事業を展開しているのは渡辺パイプのみです。

パイプハウスは、天候の影響を受けないという特徴を活かし、データに基づく科学的栽培技術や最新設備が求められるようになってきました。

渡辺パイプのグリーン事業では、そんなシステム開発・設計・施工を主な事業内容とし、建設や運営に携わっています。

近年では、パイプハウスは向上に匹敵する数億円規模の施工例や10億円を超える建築例もあります。

今後求められるのは、単純なパイプハウスメーカーではなく、建築・土木の技術力を備えたパイプハウス専業メーカーなのです。

グリーン事業では、現在のパイプハウスの原型を作っただけでなく、建築や施工に必要不可欠な資材の提供、開発・建設を行っています。

商品の研究・開発・施工・フォロー体制も整っているので、パイプハウスによる施設園芸の栽培で着実に利益を得ていくために最適だと言えるでしょう。

また、グリーン事業では今後栽培データや経営的な部分にも携わり、サービスのハード面だけでなくソフト面の強化にも取り組んでいくようです。

具体的には、パイプハウスに機器を設置して計測したデータを分析し、数値管理による栽培を可能にするというものです。

顧客の栽培データをグリーン事業のデータセンターに送り、専門家と共にデータの共有・分析をすることで的確な指示や助言ができるのです。

このような管理システムは全国に広げるよう取り組んでおり、モデルケースになった生産者には情報交換会参加などのサービスが受けられるなど工夫もしています。

近年急速に進むIT活用の流れに乗り、新たなソリューションサービスを構築していこうと考えているのです。

高付加価値の専業メーカーという位置づけは変わらず、これまでになかったソリューションサービスを実現していくことで、さらなるサービス向上を目指していくのではないでしょうか?

渡辺パイプは、将来的に農業法人の顧客が増加すると予測しており、生産者から求められるサービスを提供していこうと考えていると言えるでしょう。

総括

ここまで、渡辺パイプの会社概要や事業内容、それぞれの事業の強みなどを紹介してきました。 

渡辺パイプは住設分野において成長が期待されている企業であり、多方面から注目されています。

そんな渡辺パイプでは「セディアシステム」という企業全体で大切にしているブランドがあります。セディアシステムはサービスと技術で対話するシステムという意味があり、商品・サービス・ネットワーク・人のすべての品質や信頼の証としているのです。 

現在、渡辺パイプは水・住まい・農業に着目し、それらに関わる人々の笑顔を分かち合うためにあらゆる取り組みを行っています。

水と住まいの事業・グリーン事業の取り組みや強みをおさらいしましょう。 

水と住まいの事業では、100万点以上の資材と550を超えるサービス拠点を持っています。

日本全国の顧客からの注文や要望に柔軟に対応できる点や、ワンストップにおけるサービス実現は大きな強みと言えるでしょう。

元々はバラバラだった流通業界やメーカーからの理解得て、現在の部材や設備提供を行うための主力事業を展開しているのです。

所有する製品にこだわるのではなく、他社の製品から顧客が選択できるメリットを踏まえて取り入れるのは、なかなかできることではないでしょう。

水と住まいの事業では、これら顧客主導のサービスができていると言えます。

近年では、メーカー主導よりも顧客主導のサービスが望まれるようになってきており、臨機応変な対応をしてくれる企業が支持されています。 

業界の歴史やこれまでの主流に沿った事業を展開するのではなく、顧客を中心に考えたサービスを提供することが、水と住まいの事業の特徴であり強みなのです。

 また、グリーン事業ではパイプハウス分野に着目し、1964年に日本初のビニールハウスメーカーとしてスタートしました。

 近年では、一般生産者だけでなく、大手の農業法人を中心とした大規模な施工や建築例が増えてきています。そのため、グリーン事業では建築や土木に関わる専門技術の必要性と、農業法人の顧客が増加すると予測しています。 

今後は、事業のソフト化がビジネス成功のカギになるのではないかと考えており、パイプハウスに設置した機器で最適な管理を実施する方針です。

ネットワークサービスの構築に力を入れることで、顧客に作物の栽培における的確なアドバイスが可能になります。 

これによって商材を多角的に利用しビジネスチャンスを拡大しようと考えているのです。農業の法人が増加していくと、生産者とのコミュニケーションが必要不可欠となります。

農作物を長年栽培してきた生産者には、強いこだわりを持っている方が多い反面、信頼されれば大きな自信につながります。

グリーン事業で手掛けるサービスがさらに理解され支持されるようになれば、事業そのものに大きな変化が訪れるのではないでしょうか? 

渡辺パイプは、高付加価値と他社との差別化を重要視しています。

そして、あらゆる商品を流通させるには、専門性やタイムリーなサービスが必要ではないかと行き着きました。 

現在、設計図を基に必要な商材を把握し、必要な量を最適な時間に届けるシステムを構築しています。

このような取り組みも、渡辺パイプの強みと言えるでしょう。 

渡辺パイプは今後も水・住まい・農業をテーマに生環境づくりに取り組んでいき、多くの人々に必要とされる事業を展開していくに違いありません。

多くの方に信頼されるパートナーでありたいと考える企業だからこそ、新しい取り組みも期待されています。 

そのため渡辺パイプは、人々の生活を支える上で重要な役割を果たすことで、社会貢献していると言えるでしょう。