流通・小売

【就活生必見】渡辺パイプのユニークな制度と求められる人物についてまとめてみた!

前回ご紹介した渡辺パイプですが、他の会社からすると珍しい制度をいくつか導入しているのです。

渡辺パイプのサービス内容や強みについてはこちらに記載しております。

そこで今回は、渡辺パイプが導入しているユニークな制度に焦点を当ててご紹介していきましょう。

渡辺パイプのユニークな制度とは

まず、渡辺パイプのユニークな制度にはどのようなものがあるのかご紹介します。

ホームステイ研修

下記記事でも紹介いたしましたが、渡辺パイプでは、新入社員を対象としたホームステイ研修を行っています。

最初は不安が大きいのですが、慣れてくればその会社の一員として活躍できるようになっていく社員が多いようです。

派遣先の会社からの評判も良く、なんと20年続いている制度になります。

セディアアカデミー賞

セディアアカデミー賞は、頑張っている社員に夢を与え、頑張ることを誇りに思ってほしいという願いから作られたものです。


引用元:セディアアカデミー賞

対象となるのは全ての社員で、個人や団体の中から優秀者を選ばれ、賞金やトロフィーが授与されます。

年間でトップの業績を残した営業所長には栄誉のある社長賞、特に優秀な営業マンには最優秀主演賞が与えられるなど、ユーモアにもあふれているのです。

チャレンジセディアカップ

チャレンジセディアカップは、仕事を離れても挑戦する気持ちを忘れない社員を応援する制度です。


引用元:チャレンジセディアカップ

私たちは生きていく中で仕事ばかりではなく、趣味や地域活動にも力を入れないと人生は豊かにならないのではないでしょうか?

渡辺パイプでは、仕事以外の場でも頑張っている社員を公募し、社員投票でその夢を実現するのです。

そのために会社がスポンサーとなり、最大300万円を援助しております。

これまで「ホノルルマラソンへの出場」や「イギリスへの視察」などをサポートしております。

社員の仕事以外の挑戦にもサポートしてくれる会社ってなかなか無いですよね?

チャンスは1年に1度、全ての社員に与えられるため、やりたいことがある人にとっては絶好の機会だと言えるのではないでしょうか。

仕事だけではなく、プライベートもしっかりと応援してくれる会社だということが良く分かりますね!

やりがいを感じながら仕事をするためには、公私のバランスが取れていることも重要なポイントになるため、より充実した働き方ができているのではないかと考えられます。

現状の課題から生まれた制度

先ほどご紹介したようなユニークな制度がある渡辺パイプでは、抱えている課題を解決するための制度も導入しています。

新入社員の育成によって、会社の未来を切り開くことができますが、それだけでは会社が大きな成長を遂げることは難しいと渡辺パイプは考えました。

そのため、それを乗り越えるための制度を導入しなければいけないと考えたのです。

入社3~4年目の研修制度

以前より渡辺パイプには、営業力の高い社員を育成するという環境が整っていました。

しかし、ただ営業力が高い社員を育成しているだけでは、企業の継続的な成長を見込むことができません。

そのような状態から抜け出すために渡辺パイプが取り入れたのは、未来の幹部を育成するという研修になります。

この研修では、経営やマネジメントに関することを学べるため、経営者の視点から仕事を見ることができるような人材を育成できます。

研修への参加は任意となっており、社員の自主性を重んじるような仕組みを導入しているという点も渡辺パイプならではと言えるでしょう。

また、この研修に該当するのは入社3年目~4年目の社員と、早期であるので、早い内から未来の幹部を目指したいというやる気のある社員にとっては魅力的な制度だと感じられるのではないでしょうか?

ベテラン社員に向けたスキルアップ研修

渡辺パイプは入社したばかりの若い社員だけではなく、ベテラン社員に対してもスキルアップ研修を行っています。

また、その中には、昇進試験を受けるために必須になっている研修もあります。

それだけ社員のスキルアップに力を入れているということになるでしょう。

これまでに渡辺パイプは、常識に捉われることのない事業を展開してきました。

それをこれからも続けるためにも、ベテラン社員への研修も重要視されているようです。

このような制度を導入している渡辺パイプは、働きやすさという面でも魅力がある会社だと言えるでしょう。

どんな人物を求めているのか

非常にユニークで魅力的な制度を導入しているのが渡辺パイプという会社だということを知っていただけたところで、渡辺パイプがどのような人材を求めているのかということも見ていきましょう。

積極的に行動ができる人

渡辺パイプでは、積極的に行動ができる人ほど活躍しやすい環境が整っています。

「やりたいけどどうしよう」という曖昧なイメージではなく、「やりたいことがあるならやってみよう」という強い思いがある人であればなお活躍の場が広がりそうです。

そして、目標を立てて積極的にチャレンジができるのであれば、渡辺パイプの制度もフルに活用するのがいいのではないでしょうか。

また、仕事だけではなくプライベートも充実できる制度があるため、趣味も満喫できます。

大きな夢があるという人もチャレンジセディアカップという制度を活用することで、その夢を叶えられるのです。

趣味が充実すれば、仕事へのモチベーションも上がっていきますよね?

顧客のことを思った会話ができる人

渡辺パイプでは、顧客の話に耳を傾けられる傾聴力も重要だと考えています。

なぜかというと、顧客との信頼関係を築いていけることが営業マンにとって重要だからです。

信頼関係を築いていくためには、顧客の話に耳を傾けることが重要になるのです。

顧客との信頼関係を築くことができれば、必然的に会社の役にも立ちます。

したがって、顧客のことを思った会話ができる人であれば、会社と共に成長していけるということになるでしょう。

また、顧客が求めていることを聞き出すためにも傾聴力は重要だと渡辺パイプでは考えているため、重要視されています。

このような人材を求めている渡辺パイプでは、面接を重視した採用を積極的に行っています。

面接の時に、どのようなことを頑張ってきたのか積極的にアピールができれば、頑張ってくれる人材だと思ってもらえる可能性が高くなるでしょう。

まとめ

渡辺パイプでは、ホームステイ研修や渡辺アカデミー賞、チャレンジセディアカップなどのユニークな制度を採用しています。

このような制度を導入することで、社員のモチベーションを高めることができ、仕事の質も向上していきます。

また、自分自身が成長するために努力していきたいと思える制度でもあるので、会社が求めている人材に近づける人も増えていくことでしょう。

さらにそれだけではなく、渡辺パイプは中堅社員やベテラン社員に対してもスキルアップができるような研修を行っています。

将来的に幹部を目指したいと考えている人にとっても、その研修は魅力的なものなのではないでしょうか?

採用時にも面接を重視しているため、渡辺パイプでともに成長していける人材を採用しようという姿勢が伺えます。

いかがでしたでしょうか?

やりがいを感じながら働き、プライベートも充実させたいのであれば、渡辺パイプは非常に働きやすい環境なのかもしれません。