不動産投資

なぜ今不動産投資がサラリーマンから人気なのか?メリットとデメリットを合わせて解説!

最近、不動産投資をする人の中でサラリーマンの数が増えてきています。
著書やネット上の記事でも、サラリーマンが不動産投資を行うためのノウハウなどを記述しているものが多く見受けられます。
老後の年金が不安視される中で、なぜ不動産投資がサラリーマンに人気の資産運用となっているのでしょうか?
これから不動産投資を始めようと考えているのであれば、不動産投資を始めるメリットとデメリットもしっかりと把握しておく必要があります。
今回は、不動産投資がサラリーマンに人気となっている理由から、不動産投資のメリットとデメリットを合わせてご紹介していきましょう。

不動産投資がサラリーマンから人気となっている理由

資産運用の手段として、現在では株式投資だけでなくFX、仮想通貨、投資信託など様々なものがありますが、その中でも今サラリーマンから支持を得ているのは不動産投資なのです。
今は働いているため、労働収入を生活費に充てることが可能です。
しかし、定年後もこれまで同様に生活していくためにはお金が必要となります。
現在、年金をもらえる年齢は原則として65歳以上となっているのですが、一般的な企業の定年は60歳となっています。
ここですでに年金をもらえるまでに、5年もの差が出てきてしまうのです。
年金をもらうまでの間の生活費を、定年までに貯金しておくことができれば良いですが、老後は健康的な不安も多くなるので、現在生活している以上に費用がかかってしまう可能性も十分に考えられます。
そのため、貯蓄をいくらしていても定年後の不安は尽きないでしょう。
また、年金が受け取れたとしても、これまで働いていた時の収入よりは少ない収入となります。
その中で生活していくのも大変だという懸念から、サラリーマンとして働いている今から資産運用を始めようと考える人が増えているのです。
では、なぜ不動産投資が人気を集めているのでしょうか?
株式投資やFX、仮想通貨などの投資商品は企業の動向や経済情勢、チャートを細かくチェックする必要があるのですが、不動産投資は管理や運営を管理会社などへ委託しておくことで自身の負担を軽減させることができます。
さらに、不動産投資を行う際には融資が必要となるケースがほとんどであるため、本業のあるサラリーマンは融資が受けやすいことも不動産投資がサラリーマンに選ばれている理由と言えるでしょう。

サラリーマンが不動産投資をするメリット

サラリーマンの不動産投資家が増加している理由についてご紹介してきましたが、ここからはサラリーマンが不動産投資をするメリットを見ていきましょう。

・管理の手間が省ける
前項で記述したとおり、株式投資やFX、仮想通貨などに比べて、管理しやすいことがメリットに挙げられます。
もちろん不動産投資をした際には、物件の維持・管理が必要となりますが、管理会社に委託することも可能となっているため、管理の手間は省くことができるでしょう。
管理会社に委託した場合、物件の管理から入居者の管理までを一括して管理してもらうことができます。

・節税対策になる
サラリーマンが不動産投資を行った際に、不動産投資の所得と会社からの給与所得を損益通算することができます。
損益通算とは、利益と損失を相殺することを指します。
不動産投資を行った際に、それに関連する費用を計上し、不動産経営上赤字となった場合には給与所得との損益通算を行い、確定申告することで所得税を還付することもできます。
さらに、所得税を元に支払っている住民税も節税することが可能となるのです。

・生命保険代わりにも活用できる
物件を購入する際に金融機関から融資を受けることがほとんどだと考えられますが、融資を受ける際には必ず団体信用生命保険に加入する必要があります。
ローンを返済している期間中に、不慮の事故等で死亡してしまった、または高度障害者となってしまった場合には、この団体信用生命保険が適用されてローンの返済が保険金からされることになります。
そのため、家族に無借金の不動産を残すことができ、空室となっていなければ毎月安定した家賃収入を生み出すことが可能となるでしょう。

・私的年金となる
不動産投資がサラリーマンに人気となっている理由でも挙げた通り、安定した収入を得るためには最適な資産運用でしょう。

・インフレ対策になる
インフレとなってしまうと、必然的に現金の価値が下がり、不動産の価値は上がります。
家賃も上昇することが多くあることから、インフレ対策としても不動産投資は有利と言えます。

サラリーマンが不動産投資をするデメリット

不動産投資はサラリーマンにとって多くのメリットがありますが、その一方でデメリットもあります。

・初期投資が大きくなりやすい
株式投資などに比べても、不動産投資を行う際には融資を受けなくてはならないほど初期投資金額が高くなります。
一括での投資金額が高まるため、リスクも大きいと言えます。

・空室リスク
物件を所有していても、物件に入居する人がいなければ収入は得られません。
また、空室期間中でも管理費や維持費はかかってしまうことから空室が続いた場合のリスクは高いと言えるでしょう。

・売却しにくい
理由は様々ですが、物件を売却しなければならない事態となった時に、物件が高額であることからなかなか買い手が見つからないことも多いです。

不動産投資は資産運用においても人気の高い手段ですが、メリットだけでなくデメリットにも目を向け、理解しておかなければなりません。
デメリットを理解した上で、リスクを最小限に止めながら資産運用を行うことが不動産投資でも必要となります。