企業の概要

霊波之光ってどんな宗教?口コミや評判を検証したら良い意味で緩かった!

霊波之光は、千葉県野田市に本部を置く宗教法人の1つです。

無宗教の多い日本では、宗教と聞くと警戒してしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、宗教法人霊波之光とはどのような宗教なのか、特徴や年会費や年会費について調べてみました。

また、ネット上にある口コミや評判もチェックしてみましたので、併せて紹介していきます。

・霊波之光とはどのような宗教なのか
・年会費はいくら?
・実際の評判は?

上記について知りたい方は、ぜひ最後までチェックしてみてください。

宗教法人霊波之光とは?

まずは宗教法人霊波之光とはどのような宗教なのか詳しくご紹介します。

霊波之光の概要

名称:宗教法人 霊波之光(れいはのひかり)
所在地:千葉県野田市山崎2683-1
創始者:波瀬 義雄(はせ よしお)
代表者:波瀬 敬詞(はせ けいし)

千葉県野田市に本部を置く宗教法人霊波之光は、1954年に波瀬義雄氏によって設立され、現在は波瀬敬詞氏が二代教主を継承し、代表を務めています。

信者の方からは、波瀬義雄氏は「御守護神様」、波瀬敬詞氏は「二代様」と呼ばれ親しまれています。

宗教法人霊波之光は、全国各地に御神域と呼ばれる支部や支所、集会所を設けてあるのが特徴で、野田市にある本部は信者でなくても気軽に立ち寄ることが可能です。

現に、本部の敷地内は「ハンバーガーショップ「ドムドムハンバーガー」をはじめ飲食店が複数入っており、近くにキャンパスのある東京理科大学の学生がよく訪れているようです。

ドムドムハンバーガーは本部敷地内にあるRHKプラザ館という建物の地下1階の飲食フロアに入っています。

営業時間は通常10時~16時ですが、正午12時のお祈りの時間帯は利用できないようです。

霊波之光は良い意味で緩い宗教?

宗教法人霊波之光とはどのような宗教なのでしょうか?
ここでは、霊波之光の特徴をピックアップしてご紹介します。

人類救済と世界平和の実現が目的

霊波之光は、人々が争うことなく互いの幸せを祈る、温かい心をもった平和な世界を築くことを目的とした宗教です。

冠婚葬祭の縛りがない

宗教というと、結婚式やお葬式といった冠婚葬祭に縛りのあるところが多いです。

しかし、霊波之光は冠婚葬祭に関する規定が特にないため、例え信者であっても好きにして良いようです。

本部内にある結婚式場は会場費3万円で式が挙げられるため、金銭的な負担が少ないといった理由から選ぶ方も多いようです。

退会が簡単

宗教は一度入信すると辞めるのが大変といった話を耳にすることもあるでしょう。

しかし、霊波之光は年会費を支払わなければ年末で自動退会になります。

そのため、簡単に退会することも可能です。

修行がない

霊波之光には、特に修行はないようです。

そのため、修行をしなければ苦しいことが待っているなど、金銭を要求されることもありません。

霊波之光の年会費は高い?実際の金額をチェック!

宗教法人霊波之光が緩い宗教と言われるのには、年会費なども関係していると思われます。
ここでは、霊波之光に入信するとかかる金額について深堀していきます。

年会費

霊波之光の年会費は、入信時に5,000円、以降は毎年3,000円です。

中には、年会費とは別に寄付する方もいるようですが、年会費のみという方がほとんどのようです。

先ほども少し触れましたが、霊波之光では年会費は前払いとなっており、支払わなかった場合は12月31日で自動退会となります。

賛助会制度

霊波之光には賛助会という1人3万円支払う制度があります。

賛助会費として支払われた金額は、施設の維持管理費に充てられています。

とはいえ、強制ではないため、信者の多くは年会費のみ支払っています。

その他の商品

霊波乃光では、カレンダー1,000円、御祈願1,500円/月など、商品販売も行っており、神社などで見かける一般的なお守り(1,000円前後)のほか、ネックレス型のお守りも販売されています。

金を使用しているため、金価格高騰の影響もあり、現在は3万円程度するようです。

ただし、高いから効果があると謳っているわけではないため、個人の好みで選ばれています。

調べてみた結果、霊波之光は他の宗教法人と比べても年会費や商品自体も安い傾向にあります。

中には年間数万円~数十万円使われる方もいるようですが、ほとんどの信者は年会費のみとのことでした。

霊波之光の口コミ評判をチェック!

霊波之光の実際の口コミや評判はどうなっているのでしょうか。

いくつかピックアップして紹介します。

怪しさは全く感じませんでした 白装束は少しビックリしましたが、ありかな? 敷地内はかなり整備が行き届き、挨拶交わされ雰囲気は柔らかい 敷地内の食堂でドムドムハンバーガーを購入出来る
引用元: https://goo.gl/maps/mTwym5ptvunFj3H16

霊波之光の光には、主に作業で着る行衣(下がパンツ)と、神事灯などで着用する白衣(下が袴)があり、職員は業務に合わせて行衣か白衣を着ています。

そのため、敷地内には白衣を着ている人も多く、初めて見る方は少し驚いてしまうかもしれません。

しかし、敷地内にあるドムドムハンバーガーは誰でも利用できるため、信者以外の方もよく訪れているようです。

信者以外でも中に入って見学・参拝出来ます。 手入れが行き届いた庭園は見事で四季の移ろいを感じます。 立ち並ぶ施設も庭園と美しく調和して清楚な雰囲気です。

時折、職員の方やご奉仕(ボランティア)の方が丁寧に挨拶や声をかけてくれるので温かな気持ちになります。 『RHKプラザ館』の地下には休憩所とレストランホール(フードコート)もあって、誰でも利用出来ます。

一部は信者以外の立ち入りが制限されていたり事前に申し込みや手続きが必要な区域や施設がありますから、迷ったり分からない場合には職員の方や白装束姿のご奉仕の方に聞けば親切に教えてくれます。

施設内は撮影禁止となっていますが、礼拝施設や展示施設内外や展示物および職員やご奉仕の方を撮影するような事はせずに、節度をもって控えめに撮影する分には注意を受けることは無いようです。

春・夏・秋・冬と足を運んで見事な庭園を見るのも良いかと思います。 誰でも入れる施設ですが、神社やお寺や教会と同じ宗教施設ですから、敷地に入ったら節度ある行動と迷惑をかけない心配りが必要です。
引用元:https://goo.gl/maps/udzLUbCizczKAdaR8

野田市にある本部内の敷地には、手入れの行き届いた庭園や各施設を目当てに訪れる方も多いようです。

信者じゃないからといって嫌な扱いや勧誘されることもないようなので、近くに住んでいる方は、気軽に利用してみても良いかもしれません。

心落ち着く場所です。掃除も行き届き、清々しい気分になれるすてきな空間だと思います。
引用元:https://goo.gl/maps/xzcHUXj4iRwcWFae7

広い敷地内は職員やボランティアの方がこまめに手入れをしています。
庭園をはじめ、敷地内には緑も多く、落ち着ける空間となっています。

信者じゃなくても気軽に利用できるため、散歩がてら入ってみるのも良いでしょう。

結局霊波之光はどんなところ?

今回は、千葉県野田市に本部がある宗教法人霊波之光についてご紹介しました。

宗教というと、お金が非常にかかるのではと思われがちですが、霊波之光は年会費も安い上、支払わなければ自動退会など、良い意味で緩さが特徴です。

さらに、霊波之光本部がある敷地内は、信者でなくても誰でも自由に入ることができるため、庭園や施設内に入っているドムドムハンバーガーを目当てに訪れる方や、散歩コースとして利用されている方もいるようです。

信仰するかどうかは個人の自由なので、どんなところなのか気になる方は一度訪れてみるのも良いでしょう。