ネットビジネス

新しい仮想通貨「BTCV」がすごい!坂本よしたか氏も紹介する仮想通貨の評判は?

仮想通貨には色々な種類がありますが、新しいものでは「BTCV」と呼ばれる通貨があります。

これはせどりビジネスや仮想通貨で成功している、坂本よしたか氏も将来性の期待から自身の動画などでも紹介している通貨です。

しかし、BTCVの何がすごいのか、通貨の特徴や将来性を詳しく知らない方も多いでしょう。

今回は新しい仮想通貨BTCVの特徴やマイニング方法、さらに評判について調べてみたので、気になる方はチェックしてみてください。

 

 

新しい仮想通貨「BTCV」の概要

 

BTCVとは、ビットコインボルトと読みます。

名前的にビットコインから派生した通貨と思うかもしれませんが、実は全くの別物です。

それでは、坂本よしたか氏も期待するBTCVの特徴を見ていきましょう。

 

 

・独自に開発されたブロックチェーン技術から誕生

BTCVはMINEBEST社によって2019年12月に発行されました。

ビットコインからフォークされたのではなく、独自のブロックチェーン技術を使って発行されています。

しかし、基本はビットコインをベースに開発が進められているので、総発行枚数が2100万枚、アルゴリズムにPoWを採用しているなど、類似するところも多いです。

 

 

・価値の保存に特化した仮想通貨

ビットコインとの大きな違いは、「価値の保存」機能に特化している点です。

もともとビットコインは個人間で直接取引できるオンラインマネーとして設計されました。

一方、BTCVはより安全に価値を保存する手段として、ビットコインよりも高いセキュリティを誇ります。

仮想通貨はブロックチェーンにより不正な取引や取引履歴の改ざんが難しい性質を持ちます。

ただ、ビットコインの場合、一度送付してしまうと資産を取り戻せません。

さらに、発行済みのビットコインのうち61%は、0.06%の少ない人に管理されており、相場を自在に動かせてしまうリスクがあります。

そのため、ビットコインの安全性にはやや弱点と言える部分も存在するのです。

BTCVはその弱点をカバーする機能で、より安全に資産を保有できる通貨となっています。

 

 

・ビットコインと異なる特徴

 

ビットコインとは具体的にどのような違いがあるのか、BTCVの特徴をご紹介します。

 

【3つの秘密鍵で強固なセキュリティに】

仮想柄は安全に資産を保有するために秘密鍵が発行されます。

通常は1つの秘密鍵を設定しますが、BTCVの場合は3つも作成されています。

秘密鍵が1つだけだった場合、盗難や流出に合えば資産を他人に奪われてしまう可能性が高いです。

しかし、秘密鍵が3つあれば、どれか1つが万が一に流出してもそれだけでは別のウォレットに移動できないので、資産を失う可能性は下がります。

 

【承認時間を長くしてハッキングのリスクを軽減】

ビットコインの取引承認時間は10分と早めですが、BTCVでは基本的に約24時間としています。

実は認証時間が短いと同じ取引履歴の計算が簡単にできてしまうので、ハッキング被害を受ける確率が高まってしまいます。

送金速度よりも資産の安全な保有を重点に置いているBYCVはハッキングのリスクを抑えるために、あえて長い時間としているのです。

ただ、急ぎで送金したいケースもあるでしょう。

BTCVではビットコインと同じく承認時間が約10分の高速送金に切り替えることも可能です。

そのため、ケースバイケースで送金速度が変更できるので、操作性にも優れていると言えるでしょう。

 

【24時間以内なら送金キャンセルができる】

ビットコインは送金アドレスや金額を間違った場合、一度送付するとキャンセルはできませんでした。

しかし、BTCVは承認時間が基本的に24時間であるため、キャンセルも24時間以内であれば可能となっています。

もしもハッキングなどで不正送金が起きたとしても、24時間の猶予があるので柔軟な対応で被害を食い止めることができるでしょう。

 

【発行当初から多くの人に分散】

少数人がたくさんの仮想通貨を持つことで相場が操作されるリスクを回避するために、発行当時からたくさんの人に通貨を分散しています。

相場を操作されるリスクが低いので、安定した相場環境が維持されていると言えるでしょう。

 

【半減期が6ヶ月周期になっている】

半減期とは、マイニングの報酬が半分になってしまう時期のことです。

この半減期は仮想通貨の需要と供給のバランスを調整するために存在します。

マイニングにより発行数が増えてしまうと需要よりも供給量の方が増え、価値が下がってしまいます。

そこで、あえて報酬を減らすことにより、需要と供給の均衡を保っているのです。

ビットコインの場合は、4年周期で半減期が来るように設定されていますが、BTCVでは6ヶ月周期とかなり短いスパンとなっています。

半減期により供給量が減ると仮想通貨の価値は上昇する流れとなっています。

つまり、半減期のスパンが短いBTCVは6ヶ月ごとに価格の上昇に期待できるということです。

また、BTCVの半減期の報酬はビットコインと違って半分になるのではなく、やや少なくなる程度に抑えられているので、正確に言えば減少期とも呼べるでしょう。

 

 

マイニング方法

 

BTCVはビットコインと同じくASICでマイニングが可能です。

ASICはGPUに比べて低コストでマイニングできるので、他の仮想通貨に比べて報酬を得られやすい設計となっています。

そして、BTCVのマイニングは、マイニングシティというサービスで行えます。

 

マイニングシティはアカウントを登録し、指定のマイニングプランを契約すると1100日間、BTCVマイニングができるサービスです。

マイニングをするためには、ビットコインまたはBTCVを使ってプランを購入しなければなりません。

有料サービスですが、自らマイニングマシンを稼働させる環境を用意する必要がなく、気軽に始められます。

さらにマイニングシティでは、紹介で会員を増やすことでボーナスをノルマなしで獲得できます。

 

 

登録方法

 

マイニングシティへの登録自体は無料なので、まずは登録だけでもしてみると良いでしょう。

手続きも簡単なので、登録方法をご紹介します。

 

①必要事項を入力

マイニングシティの登録ページにアクセスしたら、次の個人情報を入力してください。

 

・使用したいアカウント名

・氏名

・メールアドレス

・ログイン時のパスワード

 

必要事項を入力したら、利用約款と個人情報ポリシーをしっかり確認しましょう。

内容に同意できれば、チェックボックスにチェックを入れて「新たなIDを作成します」をクリックすれば手続きは完了です。

 

②確認メールのURLをクリック

手続き後、登録したメールアドレスに確認メールが届きます。

そこには確認リンクが掲載されているので、そこにアクセスすると登録完了です。

その後はマイニングシティにログインし、マイニングプランを購入してマイニングを始めてみましょう。

 

 

「BTCV」の評判

 

BTCVはビットコイン以上の高度なセキュリティで、操作性の良い仮想通貨です。

すでに保有する人もいますが、BTCVに対する評判はどうなのでしょうか?

 

“マイニングコインをBTCからBTCVに変えたらあっという間に原資回収

価値が毎日あがってる

宇宙でマイニングっていうのも素敵

BTCV期待値大!!”

 

ビットコインからBTCVに切り替えたことで、原資回収に成功したようです。

ほぼ毎日価値が上がっていた状況に将来性を感じていることが口コミから分かります。

 

 

“BTCVどんどん伸びる^_^

 

この凄さに早く気づけて良かった

感謝です。

 

まだまだ伸びるだろうね”

 

他の投稿者もBTCVがどんどん伸びていることに感動を感じているようでした。

また、これからも伸びていくだろうと期待を寄せています。

 

他の仮想通貨と同じくBTCVでも相場が下がる場合もあると思いますが、将来性に期待する声はネット上でも多く、評判は良いほうでしょう。

坂本よしたか氏も上昇に期待できる通貨として挙げています。

実際、2020年3月には1BTCV=2000円程だった相場は、6月13日には28000円を突破しました。

発行当初は入手方法が限定されていましたが、今はBTCVを取り扱う取引所も増えているので、ますます注目が高まっているのでしょう。

仮想通貨取引に興味がある方は、BTCVの今後の動きに注目してみてはいかがでしょうか?

坂本よしたか氏のSNSはこちらから

YouTube

LINE

Instagram

Twitter

Facebook