法人の噂・真相

UTコンストラクションの仕事は大変?噂を検証!

UTコンストラクションは、建設技術者の派遣事業や、建設設計・施工請負事業などをおこなっている会社です。

建設業界の仕事は大変という噂を聞いたことがありますが、社会情勢も日々変化していますから、建設業界を取り巻く環境も少しずつ変化していますよね。

今は世界的なビッグスポーツイベントに向けて、建設業界はまさに忙しさのラッシュと言える時期を迎えているのではないでしょうか。

そういう意味では、建設業界の仕事は大変なのかもしれませんが、UTコンストラクションの仕事は実際に大変なのでしょうか?

今回はその噂を検証してみたので、ご紹介していきましょう。

UTコンストラクションってどんな会社? どんな仕事をするの?

噂の検証の前に、UTコンストラクションという会社がどんな会社なのか、そしてどんな仕事をしているのかをご紹介しましょう。

UTコンストラクションは、主に建設業界での派遣事業を行っている会社です。

UTコンストラクションで働くと、大規模建設プロジェクトのメンバーとして、未経験からプロジェクト管理を学び実践することも出来ます。

取引先には国内大手メーカーやスーパーゼネコンもあり、ビッグプロジェクトに携わる仕事も多くあります。

最先端ソフトウェアを使い、建設設計やBIM/CIMに携わることが出来るので、最新の技術に触れた新プロジェクトに名を連ねたいという人にも注目されている企業です。

今なら世界的スポーツイベントへ向けたビッグなプロジェクトもあり、世間に名を遺すようなモノづくりに携われるということも。

建設分野では、公共施設、産業施設、医療施設、福祉施設、オフィスビル、共同住宅など、設備電気分野では、空調設備・給排水衛生設備・受変電設備・弱電計装など、建設現場での設備・電気技術のサポート、土木分野では、道路、上下水道、造園、造成、河川、ダム、橋梁、港湾など、本当に幅広く、様々な建築プロジェクトがあります。

自分の「やってみたい」が叶えられ、自分の得意とする分野を伸ばすことが出来るのがUTコンストラクションです。

UTコンストラクションの仕事って大変?

さて、それでは、UTコンストラクションの仕事は大変なのだろうか?ということも検証していきましょう。

UTコンストラクションに入ったら、すぐに建設現場に派遣されるのか?と思うかもしれませんが、そうではありません。

入社をすると、まずはPC研修からスタートになります。

すぐに大きな仕事を振られたらどうしよう!と思うかもしれませんが、そんなことはないようですね。

研修後は、マニュアル通りの書類を作成するという簡単な仕事からスタートしますし、PCの操作方法や写真の撮り方、また、書類に出てくる業界用語の解説など、まずは、仕事をしていく上で必要になるスキルや知識を学ぶという基礎の基礎から始められるので、難しい!大変!とは言えない気がしますね。

フォーマットに沿っての報告書等の書類作成や、スケジュール表の作成・共有など、未経験から始めるのも苦にはならないはずです。

ビルや商業施設など、大型の建設プロジェクトの進捗をサポートする仕事をしていると、「誰かの役に立っている!」というやりがいも感じられるはずです。

プロジェクトに入る際も、いきなり一人で配属されることもなく、最初は先輩のサポート業務から始められるので、分からないことを質問しながら学んでいける環境です。

とはいえ、ずっとオフィスで1日中事務作業が続くと疲れてしまう……とも思うかもしれませんが、事務所内での作業と、外での業務のバランスがちょうどよく、いい気分転換にもなります。

仕事の内容はわかりましたが、大変とは言えなくても働きやすい職場なのだろうか?とも思いますよね。

UTコンストラクションで働く人の男女比率は7:3で、男性にとっても女性にとっても働きやすい環境ですよね。

また、事務作業だけでなく、希望があればCADでの図面作成や、国家資格の取得、プロジェクトに参加している大手企業への転籍など、希望があればチャレンジも出来ます。

採用担当をはじめとした本社勤務の仕事にもチャレンジでき、ジョブチェンジも可能です。

つまり、事務として入社したとしても、その後、自分の希望があれば会社内での転職も、取引先への転籍もできるというわけですよね。

UTコンストラクションの仕事は休みが取れないくらい大変なのだろうか?ということも気になっていたのですが、世界的なビッグイベントへ向けての建設需要が高まっていることから、確かに忙しい時期なのかもしれません。

しかし、土日祝はきちんと休みが取れるようなので、休みが取れなくて大変!ということはないようですね。

UTコンストラクションは希望を叶えてくれる?

UTコンストラクションは、『働きやすさ』『福利厚生』に力を入れている会社なので、安心して働けるようです。

たとえば、残業の削減も目標になっていて、ほとんどの日は定時の17時には退社できるように業務分担しながら仕事を進めます。

また、レジャー施設を格安で利用できる福利厚生サービスや、急にお金が必要になった時に使える社内貸付金制度など、自分の時間を作れるだけでなく、プライベートも充実させることが可能とも言えますね。

それだけでなく、教育制度や研修が充実していることや、頑張りをしっかり評価してくれるので、年収アップも目指していけます。

UTコンストラクションは、自分の希望を叶えてくれる職場なのです。

UTコンストラクションの噂を検証してみた

そんなUTコンストラクションですが、噂や口コミなども検証していこうと思います。

面談の日程が合うか不安。

UTコンストラクションは、LINEのビデオ通話を使っての面談も可能って本当?

転職活動中や忙しい時期に、面談の日程を合わせるのは難しいですよね。

しかしUTコンストラクションの場合、面談はLINEでも可能です。仕事の休憩時間にLINEのビデオ通話を使って面談することも出来るので、転職活動もスムーズにいくのではないでしょうか。

もちろん文字だけでなく、面接官の顔を見ながら話すビデオ通話なので、会社の雰囲気もわかって安心ですよ。

友だちと予定を合わせて遊びたいけど、UTコンストラクションは土日や連休に休めるの?

UTコンストラクションは土日祝やお正月、大型連休などもちゃんと休めるようです。

土日休みの友だちと予定が合わない、というのは地味にストレスになりますよね。

そんな願いも叶えてくれるので、安心です。

加えて、レジャー施設を格安で使えるサービスも利用すれば、休日も充実して過ごせるはずです。

パソコンのスキルに優れているわけでもないし、普段はスマホしか使わないからエクセルの自信がない。

UTコンストラクションは未経験でも大丈夫?

実は未経験での入社が多いというUTコンストラクション。

パソコンスキルがなくても、研修がしっかりしているので、パソコンの操作方法からスタートし、写真の撮り方や書類の作り方など、仕事をしていく上で必要になるスキルや知識を一から教えてもらえるので安心。

UTコンストラクションの噂を見ていると、働く前の不安な声が多々ありました。

ですが、不安については実際にUTコンストラクションに相談してみるだけで解消するというものも多いようですよ。

まとめ

今回は、UTコンストラクションの仕事はどんなものなのか、そして本当に大変なのか?ということと、噂についても検証してみました。

スーツを持っていないけれど、LINEでの面談だったから大丈夫だった、という声もあったくらいなので、UTコンストラクションは柔軟に対応してくれる会社のようですね。

国を代表するビッグプロジェクトへの参加、超高層ビルの建築など、建設業界での「モノづくり」に興味があるという方は、UTコンストラクションについて調べてみてはいかがでしょうか。

RELATED POST