人物の噂・真相

5ch(5ちゃんねる)や2ch(2ちゃんねる)でも尊敬する人がいるアルテカの野村紘一のこと

野村紘一をご存知でしょうか。2ch(2ちゃんねる)や5ch(ちゃんねる)といった掲示板でも話題の株式会社アルテカの経営者として実績も豊富だといわれています。

株式会社アルテカはどのような会社であり、また、野村紘一はどんな経営者なのか。

詳しく調べてみました。

 

野村紘一や株式会社アルテカについて理解しておこう

野村紘一を知る上で理解しておきたいのが、彼が経営している株式会社アルテカという会社です。これは不動産の総合商社として活躍をしているサービスです。1970年代に株式会社アルテカを設立してから、当時億ションを売りに出しました。億ションは一億円するマンションのことです。

当時同業者からは全く売れないだろうと言われていました。その後野村紘一は等価交換方式というものを採用して、億ションの販売に成功しています。どうして等価交換方式は受け入れられたのか、それはないように秘密があります。マンションを作るときには土地が必要です。都心になると土地の値段も高くなってしまうので非常に大変です。

そこで土地を所有しているオーナーに相談をして土地を譲り受けます。これだとオーナーにとっては土地を失ってしまうのでデメリットが多いと感じるでしょう。株式会社アルテカでは譲り受けた土地を利用して億ションを建築しました。建築後はディベロッパーとオーナーでマンション部屋の所有権を分割します。つまりオーナーは土地をディベロッパーに譲りマンションを手に入れる事が可能です。

これが等価交換方式と呼ばれるシステムです。都心にある土地はそのまま所有をしていると固定資産税がかかります。等価交換方式を使って収益物件にすれば使っていない土地から収益を出すことができるのが強みです。上記のシステムを日本の不動産業界に採用した野村紘一は業界内でも一躍有名になりました。その後野村紘一率いる株式会社アルテカは不動産の売買なども行い大きく成長をしています。

株式会社アルテカの行う億ションは都心がメインです。そのため収益性も非常に高く安定して利益を出すことができます。また総合建築や設計なども行っているので株式会社アルテカには開発力もあるのがメリットです。ここまでの会社を作り上げた野村紘一は不動産業界では常に注目をされています。今後の活躍にも期待できる人物でしょう。

 

 

野村紘一の不動産業界での功績とは何か

野村紘一はアルテカの社長であり、東京都心の不動産を中心に高級物件を多数取り扱う会社のオーナーとして有名です。しかし、単に多くの利益を上げる不動産会社の社長と言うだけではなく、もう一つの重要な姿を持っている事はよく知られています。それは現在の様々なところで進め都心の再開発のきっかけを生み出した人物と言うことです。

日本の経済は高度成長期に大きな発展をとげ、またバブル期にその発展を元にした好景気を生み出しました。当時の日本は世界の中でも最大級のお金持ちの国として評判となり、また日本国内でも様々な投資が非常に大きなブームとなった時期でもあります。その中で都心の不動産は最も利益を上げることができるものと考えられており、多くの投資家がこぞって物件を購入し資産運用に利用していました。そのため都心は地価が非常に高く、さらに値上がりすることが期待されていたことから購入しても自ら住んで資産価値を下げると言う人が少なく、人が住まない街となっていたのです。また企業のオフィスが多く存在していましたが、この場所で働くためには自宅から2時間以上の通勤時間をかけて通勤をしていることが多かった時代でもあり、様々な環境を効率的に生かすことができていないというのが実態でした。

野村紘一はこの環境を効率的に利用するため、不動産のあり方を見直すと言う必要性を感じ、これを実現するためにアルテカを設立したとも言われています。アルテカは高級物件を実際に住む人を対象に販売していたことから高級物件を実際に住む人を対象に販売していたことから、当初は多くの同業者から好奇の目で見られることも多かったのですが、あえて高級感を持たせると言う販売戦略が多くの富裕層の自尊心を刺激し、非常に好調な販売実績を得ることに成功したのです。さらにこの富裕層が都心に住むことの良さを様々な面でアピールしていたこともあり、徐々にこれが多くの人の憧れと変化していきました。現在でもその傾向が強まっており、この流れを生み出した野村紘一は非常に重要な存在となっています。

 

 

実績豊富なのにメディアに登場しない野村紘一

株式会社アルテカの創業者であり会長を務める野村紘一は、不動産業界では有名な経営者です。

株式会社アルテカを創業した1975年に、日本初の億ションを新宿に建設して大ヒットを記録しました。

その後の高級マンションブームの礎を作った人物とされ、日本の不動産業界に大きな貢献をしています。

また日本初の億ションを販売しただけではなく、土地活用での等価交換方式も野村紘一氏が考えたシステムです。

このように野村紘一の考えを基に株式会社アルテカは、不動産を中心にした生活産業を手掛けています。

しかしこれだけ多くの実績がありながら、野村紘一に大きなスポットライトが当たったことはあまりありません。

過去には比例代表として国政選挙に出馬したり、大学の客員教授や理事を務めたこともありました。

ですが表だった活動はあまりしていない印象が強く、不動産業界で大きな功績を残しながらも、世間一般にはあまり知られていない経営者と言えるかもしれません。

世間一般での露出が少ないのは、野村紘一はメディアの取材をあまり受けていないからだと言えます。

成功した経営者の基には、ビジネス系の新聞や雑誌が積極的に取材を申し込んできます。

経営者にとっては自分が取材を受けることで企業の宣伝にもなりますし、世間から注目を集めることでさらなるビジネスチャンスが生まれる可能性があるため、基本的には受けるのが当たり前です。

しかしこれまでの実績から多くの取材申し込みがあるであろうと考えられるのに、ネット上にはインタビューなどの記事がほぼありません。

株式会社アルテカのサイトに対談形式のインタビュー記事があるだけで、ビジネスに対する考え方は広く知られてきませんでした。

ですが公式のサイトにある対談形式のインタビューを読むだけで、同氏の経営に対する考え方は良く理解できます。

なぜ40年以上も不動産業界のトップで活躍しているのかもよくわかるので、経営に興味があるなら読んでおくべき記事です。

 

 

友達に教えてもらった野村紘一が凄い件

ちょっと前に友達と話をしていたら、尊敬する人が誰かという話になりました。私はこれといって尊敬する人なんていなかったので、あまり積極的な発言はしませんでしたが、友達は、野村紘一を尊敬していると言っていました。正直にいってその時は、「野村紘一って誰だ」という感想しかありませんでしたが、友達によるとある不動産会社の社長で、日本の住宅市場に大きなインパクトを与えた人だということでした。友達は不動産業界に就職しようとしていたので、そっち方面のことに多少知識があったのかもしれません。友達とわかれてから、野村紘一という名前に少し興味を覚えたので、家でインターネットを使って野村紘一の名前を検索してみました。そうしたら色々な情報が見つかって、それらを読んでいるうちに野村紘一の魅力がどんどん理解できてきて、人物に惹かれていってしまったのです。なるほど友達が野村紘一を尊敬するというのも分かるような気がします。野村紘一は、類まれな才能をもった経営者であると思いまた。友達が言っていた、不動産業界に大きなインパクトを与えたというのは、おそらく日本最初の超高級マンションを発売したことを言っているのでしょう。それは1975年頃のことだそうですから、私はまだ生まれてもいない時ですが、その頃に野村紘一は1億円超の超高級マンションを売り出したのだそうです。1億円といっても、1975年当時の1億円は今よりもずっと価値が高いはずですから、今でいったら数億円以上はするのではないでしょうか。発売当初、そんなマンションは売れるわけがないと野村紘一は馬鹿にされたそうですが、実際に売り出したら大ヒットして即完売になったそうです。世の中は、何が売れるか分からないものです。それにしても、野村紘一の時代を見る目の正確さと度胸には驚かされてしまいます。私も野村紘一のことを尊敬するようになり、不動産業界にも興味が出てきました。