不動産

古木大咲が追及した在庫を持たないビジネスモデルとは

本日は、古木大咲氏が築き上げ、現在でも追及している在庫を持たないビジネスモデルについてご紹介していきます。

皆さんは、不動産業界のビジネスモデルが具体的にどのようなものかご存知でしょうか?

簡単に言えば、多くの土地・建物を所有し、顧客に売ったり貸したりすることで利益を得ています。

しかし、そんなビジネスモデルを活用するのではなく、新しく「在庫を持たないビジネスモデル」を確立させたのが、古木大咲氏です。

不動産業界にとって在庫を持たないことは利益につながらないと言われていましたが、なぜ古木大咲氏は在庫を持たないビジネスモデルを考えたのでしょうか?

今回はそんな古木大咲氏の考えなどを詳しくご紹介していきます。

ぜひ古木大咲氏の考え方やこれまでの経歴を知りたいという方は、参考にしてみてください。

古木大咲氏の過去

経営者である古木大咲氏は、不動産会社に大きな革命を起こしました。

今では成功者として知られている古木大咲氏ですが、過去には様々な辛い経験もしてきました。

では、古木大咲氏がどのような過去を歩んできたのかご紹介しましょう。

高校を中退している

古木大咲氏は、鹿児島県で自営業を営んでいる家に生まれました。

父親が自営業を営んでいたのですが、中学3年生の頃に他界してしまいます。

父親の死をきっかけに、家族は福岡県に移住しました。

移住後から古木大咲氏は福岡県の高校に進学したのですが、1年生の頃に中退してしまったのです。

高校を中退してからは、様々なアルバイトを転々とする生活を送っていました。

そんな生活が続いている中で、アルバイト生活を送っていることを親戚や身内からバカにされるようになり、バカにされたままでは嫌だと感じ、父親のような経営者を目指したいと思うようになったそうです。

しかし、経営者になるためには多くの知識が必要ですが、自分には全く知識がないということに焦りを感じ、不動産会社に就職します。

不動産会社に就職するまではコンビニや居酒屋などでアルバイトをしていたため、これまでとは全く違う世界に飛び込んだということになります。

不動産会社では営業職を希望していたのですが、これまでの経歴から営業職への配属は叶いませんでした。

それでも営業職への夢を捨てることができなかった古木大咲氏は、自主的に休日に飛び込み営業を行い、実績を残していったのです。

飛び込み営業でしっかりとした成果を残せたため、念願だった営業職に就くことができました。

また、会社の評価も上げられたので、その実績は非常に大きかったと言えます。

営業職に就いてからも多くの成功を収めました。

数々の成功の中でも、インターネットを活用した不動産販売は今のビジネスにもつながっています。

古木大咲氏の過去から読み取れる人物像

古木大咲氏は高校を中退しているため、他の人と比べると不利なスタートだったと言えます。

しかし、自分自身が持つ目標に向かってたくさんの努力を続けてきました。

ただ会社に就職をするだけではなく、最終的には自分自身で会社を起業しています。

これにはかなりの努力があったのではないかと予想できるでしょう。

古木大咲氏自身は、これまでの人生の中で様々な経験をしてきました。

その中に人生を変えていきたいという思いは何度も生まれたはずです。

苦難を1つ乗り越えるたびに、きっと人生を変えたいと思ったでしょう。

人生を変えたいと思うことは誰にでもできますが、古木大咲氏はしっかりと行動に移しています。

行動をしなければ何も始まらないということを、自分自身で証明したと言っても過言ではないでしょう。

このようなことを踏まえて考えてみると古木大咲氏は、とても努力家で、どんなことにも負けない不屈の精神を持っているということが分かります。

不動産業界の常識を覆す

古木大咲氏は、IoT・デザインアパートメント運営会社の経営をしている人物です。

経営者として今では成功をしていると言われていますが、成功するまでには苦労もありました。

続いては、古木大咲氏がIoT・デザインアパートメント運営会社を成功させるために起こした行動について見ていきましょう。

常識を覆すことが成功への懸け橋に

現在、古木大咲氏が経営しているIoT・デザインアパートメント運営会社では、不動産業界の常識を覆す取り組みを行いました。

それが、今の成功につながっています。

では、不動産業界の常識を覆す取り組みとはどのようなものか見ていくことにしましょう。

古木大咲氏が参入している不動産業界は、リーマンショックによって大きな打撃を受けました。

古木大咲氏のIoT・デザインアパートメント運営会社の業績も、みるみるうちに下がっていき、大きなプレッシャーと恐怖に襲われたのです。

経営者は会社が潰れないようにはどうしたら良いかを考えなければいけないので、非常に大きな責任を感じていたはずです。

そのような状況に置かれてしまった古木大咲氏は、前向きにその状況から抜け出すための方法を考え始めます。

その中で、これまで常識だと思われていたことを変えていけば良いのではないかと思うようになりました。

そして、常識という固定概念に捉われすぎないことの重要性や、新しいビジネスをスタートさせるためには非常識だと思われていたことを取り入れる必要があるということに気が付いたのです。

その考えが今のIoT・デザインアパートメント運営会社の事業につながっています。

常識を覆した在庫を持たないビジネスモデルへ

これまでの固定概念に捉われないビジネスモデルを構築しようと考えた古木大咲氏は、在庫を持たないビジネスモデルの導入を決めました。

従来の不動産業界においては、在庫を持たないというのは有り得ないことでした。

しかし、在庫を持っているとリーマンショックのような金融危機が起こった時に同じようなダメージを受けることになってしまいます。

そのような事態を回避するためには、在庫を持たない新たなビジネスモデルが必要だと古木大咲氏は考えたのです。

このビジネスモデルにたどり着くまでには様々な模索がありましたが、時代に合わせたビジネスをするという観点から思いついたそうです。

古木大咲氏が考案した在庫を持たない新たなビジネスモデルは、土地選びから物件の建設、不動産の運用までトータルでサポートするというものです。

不動産業界では、このようなビジネスを採用している会社はほとんどありませんでした。

そのため、なかなか理解が得られなかったと言います。

それでも、ITを導入したこのビジネスモデルのメリットを伝えていく中で、少しずつ理解を示す人が増えていきました。

このように斬新なビジネスモデルをスタートさせたのは、必ず成功するという確信が古木大咲氏の中にあったからでしょう。

それだけではなく、これからの時代のニーズの先読みができていたことも、成功のポイントになったと考えられます。

不動産会社が求められることとは

時代の変化と共に、それぞれの業界は様々な変化を遂げています。

不動産業界も変化をし始めています。

その変化の先駆けになったのが古木大咲氏が起業した会社だと言えるでしょう。

最後に、これからの不動産会社にはどのようなことが求められるのかを考えてみましょう。

IoT技術を用いたスマートホーム化が必要になっていく

古木大咲氏が経営しているIoT・デザインアパートメント運営会社では、IoTデバイスや最先端の技術を導入した物件を手掛けています。

そのような技術を導入することによって、面倒だと思われていた手続きなどを簡略化することもできます。

そのため、賃貸住宅においては、少しずつスマートホーム化が進んでいるのです。

今でこそIoT技術を用いたスマートホームが増えていますが、これは古木大咲氏がいち早く広めたと言えるでしょう。

IoT技術を不動産管理に取り入れることで、入居者とオーナーの両方にメリットがあるので、非常に魅力的な物件を完成させることにつながります。

古木大咲氏が経営しているIoT・デザインアパートメント運営会社においては、土地探しから物件の建設、不動産管理、不動産経営までトータルでサポートできるような仕組みを採用しています。

これも、IoT技術を用いていなければ難しかったでしょう。

これからの時代はどのように変化していくのか

では、これからの不動産業界はどのように変化していくのでしょうか?

古木大咲氏の会社はスタートしたばかりの頃、デザイナーズ物件の提供をメインの事業としていました。

しかし、リーマンショックという大きな金融危機によって、凄まじいダメージを受けてしまいました。

その他にも、少子高齢化や人口の減少も不動産業界にとっての痛手になっていきます。

そのような中で、これからの時代に合わせたビジネスを行うことの重要性に気が付くことができた会社は、それらのダメージを物ともせずに成長していくのです。

つまり、今までの当たり前をこれからの時代にも伝えていこうとするのではなく、新しいものを取り入れて常に変化していく勇気が必要だということになるでしょう。

その代表的な例になるのが古木大咲氏の経営している会社です。

不動産業界の常識を覆すようなビジネスモデルを採用し、大きな成功を収めました。

このように成功したいと考えている不動産会社は、当たり前だと言われていることだけに執着せず、新たな価値観を生み出せるような取り組みをしていかなければいけません。

時代の変化に合わせた価値観を生み出すことができれば、その会社は大きな成功を遂げられるはずです。

そして、古木大咲氏のように成功者になれるでしょう。