投資

儲かるとされる太陽光発電投資を早めに運用するべきわけとは!?

太陽光の力を用いて投資を行っていく太陽光発電投資は様々なメリットを持っています。
なくなることはない資源として枯渇することなく、得られるパワーとなれば注目したくなるでしょう。
ここでは、無限のエネルギーを使った太陽光発電投資を詳しくご紹介していきます。
これから投資を始めようと悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

■太陽光発電投資の運用方法について

太陽光発電投資を行うためには、太陽光のエネルギーを吸収するためのソーラーパネルが必要となります。
ソーラーパネルの中には太陽電池と呼ばれる電池が付いており、電力を蓄える機能は持っていませんが光エネルギーを直接電力に変換する大事なパーツです。

太陽電池に当たった光エネルギーは、光起電力効果と呼ばれる現象が起こり、光がソーラーパネルで反射すると太陽電池を構成している半導体の電子が動き始め、電気を生み出す仕組みとなっています。

こうして光エネルギーから電力を作り出されると契約している各家庭で使用できたり、使い切れなかった電力を売りに出すことが可能です。
作られた電力は使う以外に売電の選択肢もあるので、太陽光発電には不労所得を得られる可能性が秘められています。

■ソーラーパネルの発電量はどのくらい?

ソーラーパネルは導入するパネルによって発電量に違いがありますが、100m×200mの2ヘクタールの土地にソーラーパネルと設置した場合、1時間に約1,000kWの定格出力の電力を生みだすことが可能です

この1,000kWの電力が24時間365日得られ、さらにプラスして13%分の発電が見込めるとされているので、発電量は年間約1,138,800kWhとなります。

一般家庭では年間に消費する電力は平均で約3,600kWhと言われています。

2ヘクタールで太陽光発電を行っていれば、家庭の電力を完璧にまかなうことができ、さらおよそ316世帯に供給できる量を生み出せます。

■太陽光発電投資のメリット

電力を作り出せる太陽光発電投資は、様々なメリットがあります。

・利回りが高い

利回りというのは元のお金に対してどのくらい金額を増やせたかの割合を示しています。
一般的に多くの人が投資として用いている株式投資では、7%が平均とされています。
ところが太陽光発電の利回りになると平均は10%にもなり、数字が高いことが分かるでしょう。

利回りは数値が高ければ高いほど獲得できる収入は大きくなり、たくさん稼げるということになります。
例えば初期投資として2000万円を使って太陽光発電投資を行うとします。

太陽光発電投資は多くの方が20年間の契約を行い運用していきますが、利回り10%で計算した場合、運用を始めてから10年で初期投資額の2000万円を回収できます。

そして、残りの期間となる10年でも同じように2000万円を得ることができるようになっているので、かなり高利回りだと捉えられるでしょう。

・安定した収入

太陽光発電投資は固定価格買取制度により、契約時から運用期間の満期まで一律の値段で売電されます。
違反しない限り売電は自動的に行われていくので、他の投資のように難しい運用は必要ありません。

企業に左右されたり、経済状況に影響されることがないので投資を始めた年から安定した運用が可能です。

・管理をお願いすることができる

通常他の投資となると20年間に渡って運用することはほとんどないため、投資をするたびに金銭管理をしなくてはいけません。
今ある資産から投資できるものを選び投資していくスタイルには、どうしても所有している資産に左右されがちです。

資産が少なければ投資できるものは小さいものに限られ、資産が多ければ大きなものに投資できますが、継続して投資を行えるようにするためには自身でしっかりと金銭の管理をしなければいけません。

太陽光発電投資であれば、管理費の費用は発生しますが管理にかかる面倒を省くことができます。
業者に委託が可能で発電量の維持、定期的なパネルの清掃や機械チェックなどのメンテナンスを一気に受け持ってくれるので、どんな人にも運用しやすくなっています。

・失敗するリスクが低い

太陽光発電でも機材が壊れてしまえば、修理にコストがかかり回収以上の費用がかかってしまう場合もあります。
また、太陽光が当たりにくい場所など立地条件によっても収益は左右されます。
しかし、それは劣悪な立地条件に配置した場合やソーラーパネルの故障が続いた場合の話です。

通常太陽光発電は失敗することはほとんどなく、きちんと20年間運用できれば必ずリターンを期待できる素晴らしい投資です。

他の投資となると自分以外の人がいて始めて成り立つ投資なので、需要がなければ失敗してしまいます。

特に不動産投資となると利回りの高さが魅力ですが、家賃の未払い問題も上がり、初期投資も高額なのでリスクは非常に高いとされています。

そんなリスクを抱えることなく運用できる太陽光発電投資は、売電先が電力会社であるため安心して投資できるのです。

・消費税還付を利用できる

太陽光発電投資では、初期投資した設備お消費税が還付される制度があります。

消費税還付付きの投資の計算方法は、「受け取った消費税-支払った消費税」です。

例えば現在の消費税率となる10%で計算した場合、2000万円で設備を整えると約200万円分の「支払った消費税」が発生します。

10%の利回りで年間200万円の売電収入が発生すると、こちらでも消費税がかかり、今度は「受け取った消費税」として約20万円が発生します。

消費税還付の原則的な計算式に当てはめると「20万円(受け取った消費税)-200万円(支払った消費税)=-180万円(還付分)」となり、180万円分が税務署から還付されるのです。

■収入減少に強い太陽光発電投資

2008年のリーマンショックを目の当たりにし、一時期かつてない減少を見せた日本経済ですが、今はアベノミクスによって株価は上昇し、日本経済は回復してきたとも言われています。

しかし、実際のところ実質の賃金指数は右肩下がりで推移しており、お世辞にも好景気とはいえない状況が続いています。

現在は少子高齢化に伴い生産年齢人口の減少化が進んでおり、女性でも育児や介護を行いならが、働きに出るよう人が増えました。

このような実態から政府は働き方改革を掲げ、この改革によって残業時間は原則年間360時間に制限されるようになります。
残業によって収入が上がっている人の場合は、年間50万円以上給与が下がることも考えられているので非常に大きな問題となっています。

2019年10月現在は大企業の導入が始まっていますが、2020年4月からは中小企業にも導入されるようになり、残業で多く稼いでいた人に大きな衝撃を与えることになります。

そのような中での老後も安心した暮らしができるように、資産をしっかりと貯めておける人は多くないでしょう。

老後も豊かに暮らすためには、最低でも2000万円以上は必要とされています。
貯蓄難の問題を解決できる方法の1つが、太陽光発電です。

太陽光発電は先ほどからもご紹介しているように、初期投資2000万円で10%の利回りを実現できれば、年間200万を、10年で2000万円を得られる仕組みになっています。

老後に必要となる資金を太陽光発電投資の導入のみで、難しい運用をせずとも稼げる仕組みを構築できます。

また、ソーラーパネルによっては利回りをもっと上昇させることもできるので、非常に多くの収入獲得につなげてくれるでしょう。

■ソーラーパネルのメーカーの選び方

ソーラーパネルはメーカーによって多くの違いがあります。
例えば発電量の差や、わずかな光でも発電できることなどの違いがあり、様々なメーカーから色々なソーラーパネルが展開されています。

選び方のポイントとしては住宅の屋根などの小さな場所に設置する場合は、効率重視のパネルと選びましょう。
限られた場所でも発電量が多ければ、より豊かな収入獲得につながります。

反対に広い場所で運用する場合には、あまり効率が良くないパネルでも十分に発電量を得ることができます。
コスト重視でメーカーを選んでいくことで初期投資に多くかけることなく、運用しやすい投資になります。

■太陽光発電投資はアールエスアセットマネジメントが注目されている

用地交渉から行ってくれるアールエスアセットマネジメントは、今多くの人に利用されている再エネ投資のアセットマネジメントを行っている企業です。

様々な再生可能エネルギー投資の導入を図ってきましたが、特に導入件数の多く太陽光発電はシステムの施工・保守と共に収入獲得の追及を行ってくれています。

導入されている場所は全国各地にあり、2019年10月現在も拡大しつつあります。
公式ホームページでは定期的に施行予定地が追加され、その情報も事細かに記載しているので、情報発信の多さから信用できる企業と言えるでしょう。

運用場所や敷地面積によって柔軟に対応してくれるアールエスアセットマネジメントは、顧客にあった最適な場所で電力を生み出せることを可能にしてくれます。
ぜひ、太陽光発電の導入に悩んでいるのであれば相談して持てはいかがでしょうか?

投資を行ったことがない人にも親身になって、設置から運用管理まで提携会社を通じてトータルサポートを行ってくれるので、初心者にとっても非常に助かる存在となるでしょう。

太陽光発電は他の投資にはない魅力をたくさん秘めているものです。
運用期間が早ければ老後に間に合わせて資産を稼ぐことが可能であり、再投資を行えば不労所得も可能です。

管理が楽にできる太陽光発電投資だからこそ、今多くの人に注目され老後でも運用しやすい投資として人気です。

導入するには様々なメーカーから選択できますが、特におすすめなのはアールエスアセットマネジメントです。

一人ひとりに合った導入を考えおり、多くサポートを受けて安定した収入を得られるので、太陽光発電投資を始めてみたい方は利用を検討してみましょう。