不動産投資

投資初心者のサラリーマン必見!不動産投資のメリット・デメリットをご紹介

投資初心者の人や投資に興味を持つサラリーマンの中に、不動産投資を始めようと考えている人はいませんか?

不動産投資に興味があっても、メリットを多く得られるのかと不安になり、まだ始めていない人も多くいるでしょう。

そこで、これから不動産投資を始めたいと考えている人に向けて、不動産投資のメリットやデメリットをいくつかご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

不動産投資とは?

投資初心者であれば、不動産投資について理解していない方もいるのではないでしょうか?

不動産を購入して利益を得ることを不動産投資と言いますが、不動産投資によって利益を得るには2つの方法があります。

インカムゲイン方式

購入した不動産や所有している不動産を第三者に貸すことで利益を得る方法です。

安定した家賃収入があるのでサラリーマンの人にもおすすめできる不動産投資方法でしょう。

キャピタルゲイン方式

不動産の値段は景気の影響によって変動するのですが、購入した金額よりも高い価格で売却することで利益を得る方法です。

2つの種類によって不動産投資が行われています。

投資初心者であれば、この2つの投資方法を理解した上で行うことが大切となります。

そこで、不動産投資におけるメリット・デメリットをご紹介していきましょう。

不動産投資のメリットとは?

インカムゲイン方式であれば安定した収入を得られる

上記にも記載したようにインカムゲイン方式の不動産投資であれば、安定した収入を確保できます。

通常、部屋を借りるときには1年や2年単位で借りることになります。

そのため、長期的な収入を得られることになるのです。

サラリーマンとして働いている給料に加えて、安定した収入があるので将来のための備えをしておくことが可能となります。

手間が掛からない

投資と聞くと、手間が掛かるのではないかと不安を感じるサラリーマンもいるでしょう。

確かに、株式やFXの場合は動向を細かく確認する作業が必要となります。

サラリーマンであれば日々の業務があり、時には残業することもあるでしょう。

そんな中で投資を行うには苦労を伴いますが、不動産投資であれば物件の管理や入居者の管理を管理会社に委託することで手間を掛ける必要なく投資を続けることができるのです。

死亡保険となる

自分が亡くなったときの家族を心配しているサラリーマンにも不動産投資はおすすめできます。

不動産を購入する際には金融機関から融資を受けることになりますが、その際には団体信用生命保険への加入が必要となります。

ローンの返済中に死亡したり、高度障害者となった場合、ローンの残高は保険から支払われることになるため、残された家族にはローン返済が必要ない不動産が残るのです。

そのため、残された家族はそれ以降も安定した収入を得ることができるので、家族の安心を投資によって得ることも可能です。

節税対策ができる

不動産投資を行うと、得た収入によって建物の減価償却費やローン金利、固定資産税、都市計画税など、必要経費が差し引かれることになります。

不動産投資で赤字になった場合は、サラリーマンでの収入と損益通算することで納め過ぎた所得税を還付させることも可能です。

私的年金の確保

公的年金に不安を抱いているサラリーマンも多いでしょう。

自分が定年退職した際に十分な年金をもらえるのかは不明な点もあります。

ですが、不動産投資をしていることで家賃収入が私的年金の代わりとなるので、退職後も安心して過ごすことができるでしょう。

このほかにも、相続対策やインフレ対策として不動産投資は利用でき、サラリーマンや投資初心者であっても多くのメリットを得ることができます。

不動産投資のデメリットとは?

不動産投資にはデメリットも存在するのでご紹介していきましょう。

高い投資金額

投資をするとなると資金が必要となりますが、不動産投資においては初期費用が高いデメリットがあります。

不動産のあるエリアや条件によっては、数百万円から数億円まで幅広い資金が必要となるので、ある程度資金を貯めてからでないと投資を始めることができないでしょう。

空室によるリスク

マンションやアパートの場合は、安定した収入を得られるメリットもあるのですが、空室が多ければ収入を得ることができません。

空室であっても管理費が必要になるため、赤字が続いてしまうこともあるでしょう。

安定した利益を得るためにも、エリアや部屋のタイプなど、空室になりにくい物件を選ぶ必要があります。

すぐに売却できない場合もある

キャピタルゲイン方式で不動産投資をする場合、売却したくてもすぐに売却できるとは限りません。

買い手がつかなければ売ることができずに、売れ残る可能性もあるのです。

一般的には3~6ヶ月ほど売却するまでに期間が掛かると言われているので、焦らず不動産投資を続けるようにしましょう。

投資初心者であると、不動産投資は手が出しにくいと感じることもあるでしょう。

ですが、不動産を取得する際には金融機関に融資を頼むことが可能です。

初心者であれば、情勢や景気に左右されないインカムゲイン方式で安定した利益を得る方法がよりおすすめであるので、不動産投資に興味のあるサラリーマンは、デメリットもしっかりと理解した上で不動産投資を始めてみてはいかがでしょうか?