サービス

白石達也氏が立ち上げたIROAS(イロアス)とは

こんにちは!

本日は、白石達也氏が立ち上げたIROAS(イロアス)について取り上げてみます。

皆さんは、「勉強」というとどんなものをイメージするでしょうか?

勉強するのは子どもだけで、大人はなかなか勉強したくても仕事や家事、育児などで行えないと考える方も多いはずです。

IROASはそんな方に対して学びの場を提供するサービスとなっています。

今回はIROASについてはもちろん、IROASを立ち上げた白石達也氏の考え方についてもご紹介していきましょう。

IROASが気になる方はぜひ参考にしてみてください。

 

IROAS(イロアス)って何?

 

IROAS(イロアス)は全ての労働者のために必要な知識をぎっしりと詰めた情報商材となっています。

その内容は素晴らしく、今までの日本の教育では考えることができなかった、革新的なサービスとして有名です。

ここでは、そんなIROASでできることについて説明していきます。

 

 

■人それぞれの自分にしかできない成功を導いてくれる

 

今の日本の教育は、有力な労働者を生み出すというよりも、ただただ「勉強をしなさい」という形で、勉強に隠れている価値は生徒に伝わっていません。

そのため、将来役に立つだなんて思わない生徒が多いでしょう。

特に、小学生であると尚更勉強の必要性は学校だけでは気付けないはずです。

また、長年続けられた教育方針による考えの学習では、時代のニーズに合っている学びはできません。

自分で考えて働くという、稼ぐための能力が身に付かないのです。

今後は、世界的にAI(人工知能)が普及していくと考えられます。

そうしたことにより、職を失う人は増加すると推測されます。

人間の思考がAIに負けてしまうと、勉学だけではなく、それを活かした職までもAIに奪われてしまう未来になります。

そして、人間による経済力は失い、人間の自由すら失ってしまうのではないかと恐れられています。

現代に必要なのは、人が人にしかできない能力を身に付けて、人間によるビジネスで収入を得ることが必要です。

白石達也氏という人間はそこに着目して、全く新しい教育を受けることができる情報商材を考えつきました。

それが、「IROAS(イロアス)」です。

人が何にも縛られることなく、自由な暮らしを手に入れられるように構築された教育環境は、生活の様々な部分や、幸せに思える世界最先端の学びを構築しました。

IROASでは、優秀な人物に講習を依頼し、上場企業経営者達がメンターとなって教育してくれます。

学校の教師ではなく、これまでとは違う学びができるため、新しい自分の可能性を見つけることができます。

また、AIにも叶えることができないビジネスで、成功できるようにもなるでしょう。

社会人になると、もっと勉強しておけば良かったと後悔する人は多いです。

なぜそう思うのかというと、多く勉強して知識を増やしていれば今の生活状況よりも多くの収入を得ていたかもしれないと気付くためです。

収入が多ければ、より自由度の高い暮らしができます。

しかし、そんな後悔も、IROASEducation Technologyを利用すれば、自分の望んだ時に学習できるだけでなく、専門的な知識を持つ人から、今後の社会に役立つ情報を得られます。

実践的に利用できる内容ばかりなので、社会に多いに活かせるはずです。

 

 

■情報収集に余裕ができる

 

IROASEducation Technologyの学習を行うことで、忙しくて勉強に割く時間がない人でも簡単に素早くスキルアップができます。

教育となる教材は、基本的に動画を中心とした内容になっています。

そのため、視聴するだけで最先端の学びを行うことができるのです。

それに加えて、受講するたびに自然に収益につながる仕組みになっているのも特徴と言えます。

IROASは、お金を稼ぐための方法が多く身に付く教育となっています。

全ての教材がしっかりと整っているため、質の高い実践的な学びができます。

指導者は、高レベルのビジネス経験者や、優良なメンターが指導してくれるため、収入の上げ方が的確に知ることができます。

また、IROASは会員となった全ての人を成功させるという理念があり、短期的に効果が感じられなくても。確実に教育効果を感じられます。

収益が自然に多くなる方法や、授業内容の種類が多く、色んな点から役に立つことを学べます。

授業を受けるだけでどんどん収益が増えていくので、簡単にお金に苦労しない自由が手に入ります。

自由に感じられる時間が多くなると、生活が豊かに感じるだけではなく、何かにチャレンジする気持ちも生み出してくれます。

IROASEducation Technologyは、現代の求められていることに適した最先端の機能を持っています。

機能は全て画期的なものばかりで、新たな考えも思いつくでしょう。

人それぞれにあった幅広い学習で、IROASは多くの人を支えています。

 

IROAS(イロアス)代表、白石達也氏の考え

 

白石達也氏が手掛けた情報商材のIROAS(イロアス)は、教育商材として多くの人を助けてきました。

ただ、IROASがどういったものなのか、分からない人は多いでしょう。

ここでは、IROASについて詳しくご紹介していきます。

 

 

■現代の教育システムを一新する教育商材

 

IROASを作った白石達也氏は、現代の教育システムや働き方について疑問を感じたことによりIROASを開発しました。

白石達也氏の考えでは、日本人が当たり前に行ってきた教育は、社会に出ても当たり前の考えにしかならないと思ったそうです。

本当に個人が一社会人として、きちんと働けるかどうかは正しい教育が必要不可欠で、教育機関の勉強だけではただ単に労働者を増やしていることでしかないと考えました。

このことから、労働者を増やすためだけの教育は、今後の未来を背負う若者にはもったいないと感じ、先進的教育であるIROASが開発しています。

 

IROASの素晴らしさは、日本だけではなく世界の多くの場所でも活躍しているスペシャリストを講師にしています。

そのため、学べることは豊富にあり、専門的な知識の中でも必要な事だけを詳しく説明してくれます。

現代の教育には時代遅れなせいか、不必要なことまで教えられる環境になっています。

しかし、それではいつまでたっても時代にニーズに合わない教育から変わりません。

IROASでは、現代が抱える教育問題を専門的な人物から革命的な学習が行えます。

また、IROASの講義は、インターネット環境さえあればどこにいても受講が可能です。

そのため、仕事先の休憩時間や、通勤時など自分の好きなタイミングで学習できます。

ただ、IROASの魅力はそれだけではありません。

IROASは知人に紹介することで、報酬が得られるシステムになっています。

学びながら収入が得られるというのは、夢のようなことでしょう。

誰もがやって良かったと感じるIROASは学習だけではなく、収入面においても優れたものだったのです。

 

 

■自由に行える経済活動を支えるIROAS(イロアス)

 

IROASでは、多くのコンテンツ内容があります。

各コンテンツで学ぶことで、社会活動や生活を自由にするための知識やスキルを獲得できます。

IROASでは、そういった自由な生活を実現するためのプラットフォームも提供しているという考えにもなります。

日本人は世界の国民性に比べると、企業の一員として支えるように働くのが普通と考えられていました。

しかし、これから一人ひとりが自分自身の考えによって企業を動かす力がなければ、社会では生き残れないと白石達也氏は思ったのです。

そんな厳しいと思える時代に生まれた私達は、自分のライフスタイルに合った学習方法で学べるIROASが必要です。

競争社会では人よりも多くの知識を身に付けて、今の社会に合った見方を持たなければいけません。

そのため、変化することも多く、変わることを受け入れられる人間である必要もあるのです。

IROASでは仕事をしている人でも教育が受けられやすい環境になっています。

空いた時間の有効活用で社会に役立つ情報が知識を身に付けられるのはとてもありがたいと感じるでしょう。

役立つ便利さや自由を手に入れることで、人生に自信を持って歩んでいく人間になれます。

 

 

人生にいくつかの挫折を感じてきた白石達也氏は、自分の経験を活かした、学ぶことだらけの情報がたくさんあります。イIROASで学ぶようになれば、白石達也氏の考える素晴らしさを分かるようになり、日本の教育システムがいかに役立たないものかを感じるでしょう。

自分を変えるにはIROASで学ぶことで、自由で豊かな人生に変えれるのです。

白石達也氏ような考えを持つ人が多くなれば、より良い日本を築けるはずです。

 

IROAS(イロアス)の特徴と強み

 

IROAS(イロアス)は現代の教育では学ぶことが難しい、お金を稼ぐために必要な知識を取得できる教育システムのことを指します。

創設者である白石達也氏は、自身もIROASのシステムを取り入れることで多くの自由を手に入れたのです。

人によって自由という概念や価値観は異なりますが、白石達也氏は様々なコンテンツを広げているため、どんな人も幸せに感じることができる学びを提供しています。

様々な人向けに開発された教育システムですが、IROASでは一体どんな人に適した教育なのでしょうか?

 

 

■仕事が楽しいと思えるようにしたい人

 

仕事に不満を持ってやっている人は多いでしょう。

しかし、その不満は努力のみで解決しないことは多く、退職することをしなければ、なかなか解決には至らないでしょう。

仕事に苦痛を感じて我慢し続けるのはマイナスなイメージばかりと考えてしまうはずです。

「稼ぐのは苦労が付き物だ」と、渋々現在の働き方から変えようとしない人も多いです。

また、現在の経済状況を変えるためには、それ相応のスキルアップが要求されます。

そうとなると仕事をしながらも、学習に時間を割かなければいけません。

そのため、効率良く仕事のためになる学習が求められます。

IROASでは、そんな忙しい状況の人でも、確実に学習と仕事の両立ができる教育環境になっています。

入会金や毎月の費用なども掛からないので、お金に余裕がないと感じている人にも参加できる教育です。

このことからIROASは、より自由度の高い暮らしをする中で仕事も楽しく働きたい人に向いているコンテンツと説明できます。

 

 

■暮らしを豊かにしたい人

 

IROASというコンテンツは学習となりますが、「豊かさを手に入れるための情報商材」が本来のIROASの存在意義です。

日本では中学までは義務教育として教育は受けてきましたが、その先の高校や大学では本当に必要な教育であったかどうか疑問に思うでしょう。

ただ単に学歴入手するためだけの入学に過ぎないと感じている人は多いはずです。

そんな中で、本当に豊かな教育が行われているかと言ったら、そうではないでしょう。

高学歴であれば、取得が多くなる傾向にあります。

しかし、高学歴だからと言って豊かさは必ず手に入ることではなく、学歴や、経歴が社会の全てを決めているわけではないと気付くでしょう。

真の豊かさとは、表面的な価値ではなく、内面的に感じられる生活の様々なことを指し、IROASは内面的な部分を大きく変えるために作られたと言えます。

 

 

IROASは現代の教育機関では学ぶことができない知識を得られる優秀な教育商材です。

学習効率は非常に良く、大人になってからでも遅くはありません。

オンライン上で学べる手軽さは、たくさんの人の支えになる教育となるでしょう。

 

社会人の学びの場に思うこと

 

子どもの頃は学校で教養を学んでいきますが、その学びが社会に出て役立つのはごく僅かだと白石達也氏は考えています。

白石達也氏が社会人の学びの場で思うことを考察してみました。

 

 

■社会人の学び直しについて

 

確かに、勉強は発育や大人になる上では必要かもしれませんが、通常の学校ではお金を稼ぐ方法は教えてもらえません。

そのため、大人になってから自分で学ぶこととなるでしょう。

実際、社会人となり経験を積んでから学び直したいと考える人は少なくありません。

しかし、生活を維持するためには仕事は簡単に辞められませんし、独学では学べる範囲には限界があります。

社会人は子どもと違って学び直しが難しい人が多いと言えます。

そんな忙しい人が気軽に学べる場として普及しているのが、オンラインセミナーです。

インターネットからであれば、空き時間を活用して誰でも勉強に取り組むことが可能です。

パソコンやスマホがあればいつでもセミナーを見られるので、何度も見ることで記憶の定着につながります。

最近は動画を活用したセミナーも充実しており、視覚と聴覚のアプローチにより知識が身に付きやすい学習環境が用意されています。

ただ、利用しやすいオンラインセミナーであっても、実践して効果がなければ意味はないでしょう。

白石達也氏はIROASに関わった全ての人を成功に導きたいと考えており、効果がある内容を専門的に教えています。

メンターは各分野のエキスパートや博士などの有識者なので、高度な知識とテクニックが学べることは間違いありません。

例えば、言語に関して学びたいのであれば、IROASでは24ヶ国語に精通している言語学者が指導してくれます。

カナダの名門大学で教授をやっていた経験もあり、指導力も優れています。

他にもコンサルティング会社の社長によるビジネスノウハウや、テレビCMを数々手掛けたプロクリエイターなどがIROASに関わっています。

 

 

■学び直しが浸透しない事情

 

少子高齢化により教育のニーズは社会人にも向けられています。

社会人が学び直すことで新しい知識や技術を仕事に活用できるというメリットがあります。

20153月の時点で学び直した社会人は約11万人いると、文部科学省の調査で分かっています。

しかし、これは海外と比較すると非常に少ない人数です。

25歳以上の大学入学者は海外だと20%近くの割合を占めていますが、日本はわずか1.8%と低いです。

ニーズがあるものの学び直しが浸透しない理由は、経済的な問題や学び直しに時間を確保できないといった事情からという意見があります。

IROASの利用にもお金が必要ですが、オンラインセミナーが中心なので無理に時間を取らなくても、自分が勉強したいと思った時に学べることが利点でしょう。

働きながら学べるので、経済的問題を回避することも可能です。

IROASではビジネスを中心に幅広い学びに対応しているので、選択幅の広さも他のセミナーにはない魅力ではないでしょうか?

 

 

■白石達也氏が学校教育に思うこと

 

白石達也氏は子どもの頃から熱心に勉強を取り組んできました。

イジメを受けたせいで挫折したこともありますが、それを克服して早稲田大学に入学しています。

学校教育に励むものの、父親が働く大手航空会社がリーマンショックの影響で倒産の危機に見舞われました。

その事情から大企業に入っても安定するとは限らないという現実を知ります。

自分一人でも安定した収入を稼ぐには独立しかないと考え、必要な知識を学ぶために学外のセミナーや自己啓発に参加していました。

そこで、本当に知りたいことを学べる自由に魅力を感じ、同時に社会人として必要なお金の稼ぎ方は学校勉強では教えてもらえないという疑問が生まれました。

白石達也氏は卒業後に起業を果たし、一つの商材で億単位の資産の構築に成功しています。

成功を経験したことで、他の人にも自分と同じように成功してほしいという気持ちが生まれ、それがIROASの誕生につながったのだと言えます。

 

まとめ

 

今回はインターネット商材でトップの実力を持つ、白石達也氏が立ち上げたIROASについてご紹介してきました。

IROASは経済的な自由、人間関係の自由、居住の自由、時間の自由、健康の自由、語学の自由をテーマに様々なセミナーを用意しています。

これらのセミナーは一般的な学校では教えてもらうことができず、豊かな人生を歩む上で必要な知識やノウハウを手に入れられます。

オンライン上のサービスなので、時間や場所を問わず自由に学ぶことができ、忙しく時間が取れない社会人も気軽に学べます。

 

オンラインセミナーというと独学に近く、孤独な印象を受けるかもしれません。

しかし、IROASは他のユーザーと情報共有ができるシステムが一つの特徴でしょう。

IROASでは他のユーザーの学習状況や課題におけるアイデアを確認することが可能です。

また、活躍している先輩ユーザーとチャットで話せる機能も用意しています。

他人の価値観に触れることで自分の視野が広まり、また仲間がいると分かると競争心が生まれ、自ら高みを目指そうとする意識も強まります。

学習に対するモチベーションが上がりやすい環境なので、オンラインセミナーでも続けやすいのだと言えるでしょう。

 

IROASではリアルセミナーも実施しています。

自分のお気に入りのメンターに会って、直接指導を受けられる機会も設けられています。

そこではより濃密な学びが提供されるので、もっと知識を高めたいという人に人気です。

オンラインではちょっと分からなかった部分を知りたい時にも役立つと思います。

 

学校教育は人としての教えは学べますが、社会で役立つ知識はわずかです。

人生において成功を掴みたいと考えている方は、IROASを使ってみてはいかがでしょうか?

IROASはゲーム感覚で学べるので飽きずに学べます。

白石達也氏は実践も大事と考えています。

収入システムを用意しているので、それを活用すれば学びながらお金を稼ぐことが可能です。

お金を効率良く稼ぐためにはビジネス知識が必要なので、学んだとおりに実践しなければ効果は発揮されません。

実践を通じて、自分が成長しているか認識できる点も、やりがいにつながるでしょう。

今からでも遅くないので、学び直してみたいという方はIROASの説明会へ参加してみてください。