流通・小売

白石達也のイロアスとは?特徴や向いている人などをご紹介!

こんにちは!

本日は、白石達也のIROAS(イロアス)について取り上げてみます。

皆さんは、白石達也がどんな人物なのかご存知でしょうか?

白石達也はこれまで多くの情報商材を手掛けてきました。

その中でも今人気を集めているのが、IROAS(イロアス)というコンテンツです。

イロアスとはどんな特徴を持っているのでしょうか?

また、どんな方に向いているのでしょう?

今回は白石達也のイロアスについて詳しくご紹介していきます。

イロアスに興味がある、どんな特徴を持っているのか調べているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

白石達也のIROAS(イロアス)とは何か?

IROAS(イロアス)は、白石達也が手掛けた情報商材の1つです。

イロアスがどのような情報商材なのか、イマイチ分からないという人も少なくないでしょう。

まずは、イロアスという情報商材がどのようなものなのかをご紹介します。

 

日本の教育システムに疑問を投げかけるイロアス

イロアスは、日本の教育システムや働き方に対する疑問を感じた白石達也によって作られました。

白石達也の考え方によると、日本人が当たり前だと考えている教育は、労働者を増やすためだけのものです。

ただ労働者を増やすためだけに行われる教育は、意味がない時代遅れなものだという考えのもと、イロアスが開発されました。

 

イロアスでは、世界各地で活躍している専門家を講師として呼び、自由な生き方やお金の稼ぎ方を身に付けるための学習ができます。

イロアスの講義は、インターネット環境があればどこでも受講できるため、自分の好きなタイミングで学べます。

そのため、仕事や家事などを合間の時間を見つけて気軽に学べるということになるでしょう。

イロアスにはそれだけではない魅力があります。

それは、知人にイロアスを紹介することで報酬を得られるというシステムを導入しているということです。

つまり、学びながら収入を得られるということになるのです。

そんなイロアスは、一人ひとりの得意不得意に合わせた仕事ができるようにサポートする体制も整っています。

多くの人は、自分の得意な部分を活かした仕事をしたいと思っていてもできていません。

しかしイロアスで学ぶことによって、自由に学ぶことや好きなことを仕事にしても良いということが分かるようになり、より充実した人生へとつなげられるのです。

多くの日本人がそのような生き方をするためには、教育自体を変化させる必要があると白石達也は考え、イロアスを開発したということになります。

 

自由な経済活動を実現するプラットフォームを提供するイロアス

イロアスでは、様々なコンテンツが提供されています。

そのコンテンツで学ぶことで、経済活動を自由にするための知識やスキルを身に付けられます。

つまりイロアスは、自由な経済活動を実現するプラットフォームも提供しているということになるでしょう。

日本では古くから、企業の歯車として働くことが当たり前だと考えられてきました。

しかし、これからは自分自身が企業を動かしていけるようにならなければ、生き残れないと白石達也は考えています。

そんな時代を生きる私たちは、自分のライフスタイルに合わせて学べるイロアスで知識を身につけ、社会に対する見方や価値観を変化させていかなければいけません。

仕事をしているとなかなか学時間を作ることは難しいかもしれませんが、インターネット環境があればどこでも学べるイロアスは、隙間時間の有効活用で知識を身につけられます。

仕事や家事に追われているとその時間を作ることもままならないかもしれませんが、将来自由を手に入れ、自分らしい生き方ができるようになると考えてみるとその努力は必ず報われるでしょう。

 

イロアスで学ぶことによって、これまでの考え方や価値観が大きく変わる可能性があります。

その変化は、これからの時代を生きていくために必要な変化です。

様々な経験をしてきた白石達也が開発したイロアスは、ツラい経験を糧にしたものだと言えます。

つまり、イロアスで学ぶことで、白石達也の考え方に賛同できるようになり、日本の教育システムに関して疑問を持つようになるということになるでしょう。

そして、自由な学びや自由な働き方の大切さを実感できるようになります。

白石達也は、そのような考えを持つ人が1人でも増えるように期待して、イロアスの開発をしたのではないでしょうか。

 

白石達也がこれまで開発してきた商品について

白石達也は、IROAS(イロアス)以外にも様々な情報商材を手掛けています。

続いては、白石達也がこれまでに手掛けた情報商材にはどのようなものがあるのかをご紹介しましょう。

 

リバティーレジデンツ

リバティーレジデンツは、仮想通貨に関する基本的な知識から実践で使える知識まで幅広く学べる情報商材です。

仮想通貨ブームが巻き起こったことにより、多くの仮想通貨に関する情報商材が販売されるようになりました。

一般的な仮想通貨に関する情報商材では、特定の銘柄を推すことが多くなっていました。

しかしリバティーレジデンツの場合は、仮想通貨の根本から学べるため、深い知識を得られます。

また、「居住の自由」というテーマを持つ情報商材でもあるので、好きな場所で好きなように生きる中で豊かな暮らしを実現できるような知識も発信しています。

仮想通貨の知識は、それを実現するための手段である仮想通貨投資を成功させるためのものだということになるでしょう。

リバティーレジデンツの最終目標は、「居住の自由」を実現することということを理解した上で学ぶとより意欲が増すのではないでしょうか。

 

ランドオブハンモックYouTuber

ランドオブハンモックYouTuberは、白石達也を代表する情報商材です。

ランドオブハンモックYouTuberでは、アメリカで注目されていたダイレクトレスポンスマーケティングに関する知識を学べます。

YouTubeを活用して集客する方法を学び、商品販売へとつなげていきます。

YouTubeに掲載される広告は、幅広い層へアピールできるため、高い集客力が期待できるのです。

動画の作成に関する知識がないという人でも、基本から学べるので心配する必要はありません。

ランドオブハンモックYouTuberでの学びを活かすことで、新たな戦略に関するノウハウも身につけられるので、非常に有益な情報商材だと言えるでしょう。

 

ヒーローズジャーニー

ヒーローズジャーニーは、あらゆる分野の専門家を講師として招き、ビジネスモデルを構築できるような専門知識を学べる情報商材です。

ヒーローズジャーニーでは、情報企業家に関する学びやデータ解析とマーケッターノウハウに特化した学び、コンテンツ作成に必要なノウハウに関する学びなど幅広い分野を学べます。

その中でも、脳科学の知識を組みこんだニューロマーケターに関する学びでは、消費者の傾向を理解するときに役立つということで、注目を集めています。

効率よく専門知識を学ぶためには、正しい情報をより早く入手する必要があります。

ヒーローズジャーニーはそのサポート役を担う情報商材でもあるので、専門知識を効率良く学びたい人にとって最適な情報商材だと言えるでしょう。

 

LINEATMシステム

LINEATMシステムは、スマートフォンの普及とともにユーザーが増えたLINEを活用したビジネスです。

LINEATMシステムを理解することによって、LINEMLM、そしてインターネットビジネスを融合させた権利収入を得られるという仕組みになっています。

LINEはメールよりも開封率が高いため、メルマガの登録のような手間も省けます。

そのため、利用するハードルも非常に低いと言えるのです。

ただシェアをするだけで拡散できるLINEATMシステムは、白石達也が見つけ出したビジネスチャンスの中でもかなり有効なものだと言えるでしょう。

これまでのMLMやインターネットビジネスでは、LINEの有効性に着目している人はいませんでした。

つまり、白石達也は画期的な方法を見つけ出したということになります。

LINEでシェアするだけで報酬が得られるLINEATMシステムは、自動的に報酬が得られるので、多くの人がメリットに感じるビジネスだと言えるのではないでしょうか。

 

IROAS(イロアス)は誰に適しているのか?

イロアスはお金を稼ぐために必要な知識を得られる教育システムです。

創設者である白石達也自身も、イロアスが提供する情報で自由を手に入れました。

人によって自由という価値観が異なるため、白石達也は様々なコンテンツを展開させています。

一人ひとりの才能に向けた教育システムがありますが、そんなイロアスは一体どんな人に適しているのでしょうか?

 

楽しく稼ぎたい人

現状の働き方に不満がある人は状況を変えようと努力しますが、なかなか思うようにいきません。

稼ぐことに対して我慢や苦痛といったマイナスなイメージがあり、渋々今の稼ぎ方を続けている人も多いようです。

しかし、今の経済状況を変えていくにはそれ相応のスキルアップが必要です。

そうなると仕事をしながら学習時間を設けなければならないので、制約がある中で手軽に学習できるシステムが求められます。

イロアスは、そんな状況下でも確実に学習できる環境を整えています。

入会金や月額料なども発生しないので、経済的に余裕のない人でも参加可能です。

イロアスは自由な学習を実践しているので楽しく稼ぎたい人におすすめのコンテンツと言えるでしょう。

 

 

様々なスキルを習得したい人

イロアスでは経済や居住、時間、健康、語学、人間関係などあらゆるジャンルに特化したスキルを学ぶことができます。

しかし、どの分野もビジネスを成功させるためのヒントになるという共通点があります。

人生においてはこの6つのテーマを達成することで暮らしが豊かになるため、義務教育では学ぶことができないスキルをイロアスは採用しているのです。

 

本当の豊かさを手に入れたい人

イロアスの枠組みは学習コンテンツになりますが、本来は「豊かさを手にいれるための情報商材」をコンセプトとしています。

日本はこれまで義務教育を素直に受け入れてきましたが、果たしてそれが豊かさに繋がっているでしょうか?

高学歴・高収入を手に入れるために義務教育や高校受験・大学受験を選択してきたのではないでしょうか?

そんな風に疑問を感じる人は、もしかしたら本当の豊かさは学歴・経歴ではないと気づきは始めています。

本当の豊かさとは表面的なことではなく、内面的なことだと認識している人のためにイロアスというコンテンツが作られていたといってもいいかもしれません。

 

イロアスは今までとは違った知識を得ることができる素晴らしいコンテンツです。

学習効率が良く大人になってからの学習にも向いています。

オンライン上で学べるという手軽さもあるので、興味がある方は説明会に参加してみてはいかがでしょうか。

 

白石達也はなぜIROAS(イロアス)を作り出したのか

白石達也が創設したイロアスは、日に日に会員数が増え続けています。

学びながらお金を稼ぐことができるため、新しい時代に向けた新しい教育の場と言っても良いでしょう。

イロアスの目的の1つに「世界最高峰の教科書を作ること」というビジョンがありますが、そもそも白石達也はどのような経緯からイロアスを作ろうと思ったのでしょうか?

これには日本がこれまで受けてきた義務教育と非常に深い関係があります。

ここで、白石達也がイロアスを作ろうと思ったきっかけについて紹介していきましょう。

 

義務教育のあり方に違和感を覚える

白石達也は学生時代、真面目に勉学に励み名門校である早稲田大学に入学しました。

勉強一筋で学生生活を過ごしてきた彼は、たくさんの良書に出会い日本の義務教育のあり方に疑問を感じたようです。

日本の義務教育は小学校6年間と中学校3年間の合計9年間の教育法が定められているものです。

この期間は、子どもに対して親は教育を受けさせる義務があります。

この制度はあくまで保護者側への意向であり、子どもが教育を受けなければならない義務ではありません。

しかし、学校に行かないことは法律に反しているかのような社会の目があり、必然的に子どもは学校に通わなければならない風習が見られます。

学校に行きたいという子どもに対して親が学校に通わせない場合は、就学義務違反になり10万円以下の罰金を科せられることもあるようです。

 

白石達也がイロアスを創設した理由

日本の義務教育のあり方は、いつの間にか「子どもに普通教育を受けさせなければならない」という概念になってきています。

もちろん義務教育は国や政府などが認めたものなので、無償で教科書をもらい授業を受けることができます。

しかし、無償で教育をサポートすることと子どもに良い教育を与えることにはつながりません。

その一方で、日本の義務教育は労働者つまり働くための知識を養うことが目的になっています。

社会に出た時どうやって生活していけるか、どうやってお金を稼ぐかといったような「働くための教育」になっているのです。

そんな知識では人は自由な暮らしを手に入れることはできません。

海外から見ると日本の義務教育は一見手厚いようですが、堅苦しいとも感じられています。

特に労働対象年齢が16歳以上と認められていることに、ユダヤ民族は働き続けるために大人になるという見方をしているようです。

そんな教育方針に対して、同じく不快な気持ちを抱いていたのが白石達也です。

彼は、日本の教育のあり方を一変させるために、イロアスという教育コンテンツを作りました。

生活を豊かで楽しいものにするには、全世界に通用する教育法が必要だと考えたのです。

誰かに仕えて働き続けなければならない暮らしは、自由がありません。

人間に自由がなくなれば平和な世界は訪れないだろうと今までにないコンテンツを作りました。

 

日本の教育は詰め込み型になってしまうことが多く、他国に比べて実践力が低いことが懸念されています。

日本人は文法についてはよく理解しているが、会話をするノウハウや積極性が足りないとい指摘されているようです。

また、周囲の人に迷惑をかけてはいけないという自制心が自然に働くので、自己主張することは間違っていると捉えている人も少なくありません。

外国ではこれらのことをマイナスに思う傾向があり、今までの日本の教育を覆すための能力が必要だと考えられています。

このことにいち早く気づいた白石達也は、例え不労所得でも稼げるイロアスを創設したのです。

 

白石達也のまとめ

今回は白石達也が手掛けるイロアスという教育コンテンツについて詳しくご紹介してきました。

思うように稼げないと嘆く人は、国の制度や社会のせいにして自ら行動を起こすことはしません。

それではいつまでたっても満足できる収入を得ることはできないでしょう。

白石達也は、収入や実生活に納得できないなら人に頼らず自分で何とかするという意思が学生時代からありました。

義務教育を受けながらも当たり前に従っていくことは「正解ではない」と感じたのです。

そんな日本の教育システムや働き方に疑念を抱いたことにより、イロアスが創設されました。

イロアスでは、様々な内容のコンテンツを提供しています。

経済的な自由を手に入れるための知識やスキルをはじめ、仮想通貨に関する具体的な情報も得ることができます。

彼の中にあるテーマは「居住の自由」があるので、好きな場所で好きな時間を生きることを優先させる大切さも発信し続けています。

ランドオブハンモックYouTuberは白石達也を代表する商材ですが、有益な情報商材である証拠に、インフォトップの売上ランキングで1位を獲得しました。

世界中から支持される情報商材となり、ネットビジネス業界において恐らく知らない人はいないでしょう。

ランドオブハンモックYouTuberは毎月収入が得られるのはもちろん、ビジネスにおいて効率良く稼ぐための情報や顧客リストも入手できるような仕組みになっています。

ビジネスを成功するためには、数多くの学びが必要になりますが、質より量を優先して学んでいる人も少なくありません。

白石達也は日本の義務教育は、労働者になるための教育であると捉えています。

現代人の多くは昔から言い伝えられてきたことはある意味絶対的で、何の疑いもなく素直に受け入れてきました。

しかし、そもそも何を根拠にそれが正しいと言われてきたのか白石達也は理解できなかったようです。

そんな彼の葛藤をもとに作られたのが「イロアス」です。

イロアスは成功報酬型のビジネスで、一般的なビジネスとは全く異なります。

自分の生活スタイルに合わせて導入できるので、今の仕事を続けながらでも導入することが可能です。

インターネット環境さえ整っていれば誰でも気軽に参加できるシステムになっているので、現代人にぴったりの学習方法と言えるでしょう。

時間や場所にこだわらず、すべての問題を解決するためのヒントをもらいたい人はイロアスを活用して人生を豊かなものにしていきましょう。