ネットワークビジネス

白石達也は怪しい…?ブログや活動内容から見える彼の信念とは

こんにちは!

本日は、情報商材業界では有名な白石達也について取り上げてみます。

皆さんは白石達也について、どんな人物かご存知でしょうか?

彼はランドオブハンモックYoutuberと呼ばれる情報商材をきっかけに、情報商材業界でも有名になった人物です。

そんな白石達也に対して怪しいと思っている方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は白石達也が怪しいのかどうかを調べるために、公式ブログの傾向や活動内容をまとめてみました。

白石達也が怪しいのか気になる、白石達也の信念が知りたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

1.白石達也のプロフィールと経歴

情報商材ビジネス業界に新しいビジネスを広めることに成功した白石達也は、これまでどのような人生を送ってきたのでしょうか?

ここでは、白石達也のプロフィールや、情報商材ビジネスに着目するきっかけはどのようなものだったのか見ていきましょう。

 

 

■白石達也の生い立ち

 

白石達也は1986年、大手航空会社に勤務する父と外資系企業に勤務する母との間に生まれました。

バブル経済が始まった頃の時代に裕福なエリート家庭で育ち、豊かな生活を送っていた彼は、誰もが自分と同じような暮らしを送っており、それが当たり前だと思っていたようです。

また、母が教育熱心だったこともあり、高い学歴を持って大企業に就職しなければ豊かな人生を送ることはできないだろうという考えを持ち続けていました。

その影響で学業でも勉強熱心だった反面、洋服のオシャレやその時代の流行などに疎く、高校時代では周囲から無視されたり、酷いあだ名を付けられたりもしたそうです。

こうした数々のイジメは白石達也にとってトラウマとなってしまいましたが、信じられるものは勉強だと大学受験に力を注ぐようになっていきます。

大学受験では一浪しましたが、見事早稲田大学商学部に合格したことで自信を付けました。

しかし、大学で学びを深めていくうちに、教育機関で学べることには限界があるということ、長年続いている教育方針は時代のニーズに合っていないのではないかということに気が付きます。

そんな時、世界規模の金融危機リーマンショックが起こり、彼の父が務めている大企業でさえも倒産の危機に陥りました。

白石達也は、どんな大企業であっても豊かに生活していく保証はどこにもないということを痛感したのです。

白石達也は、豊かな生活をしていくためにはどこかに企業に携わるのではなく、自らが成功していく必要があるということ悟りました。

 

 

■情報商材ビジネス業界へ

 

豊かな人生を歩んでいくためには、勉学に励むことはできる大学在学中に、より実践的な学びをしていくことが重要であると白石達也は考えるようになりました。

しかし、実践的な教育を受けるには既存の教育は限界があり、自己啓発セミナーやビジネスセミナーなどに参加するようになったのです。

情報ビジネス業界に足を踏み入れたきっかけは、大学の外で学びを広げていくようになったこの時でもあります。

彼は、社会の中で生き抜いていくために、情報商材の分野は様々な場面で取り入れやすく、ビジネスチャンスがあるのではないかと考えたのです。

実際に画期的な情報商材を作り提供することに成功した白石達也は、20代で数億円の資産を構築しました。

その後は、厳しい審査をクリアした商材しか名を挙げることができないインフォトップにおいても売上トップを記録しています。

インターネットを活用して必要な情報を学ぶことができるIROASは、現在も数多くのユーザーが支持し活用しています。

白石達也は、今や情報商材界の若手実業家として有名になりましたが、決して順風満帆な暮らしを続けてきたわけではありません。

学生時代の様々な困難や壁を乗り越えてきたからこそ、ビジネスチャンスを見つけ、情報商材界で成功することができたのです。

すべての人々が誰しも豊かな生活を送っているわけではないということ、資産形成を行っていくためには自分が成功者になっていく努力が必要であるということを世の中に伝え続けている彼は、その考えに共感する方もたくさんいます。

実際に彼が打ち出す情報商材は瞬く間に注目され、話題を呼び関心を寄せる方も大勢います。

彼が提供する情報商材は、本当の意味での学びをしていくために、より質の高い学びを広げてもらうことを目的としているのです。

彼の考えや商材に共感する人々が多いのは、それだけ多くの人々に必要とされるものを作り続けているからではないでしょうか?

 

 2.白石達也の公式ブログから見る傾向

若い実業家として活躍している白石達也は、公式ブログにおいて世界各国の教育現場を見て感じたことや、ライフスタイルの実態など様々な内容を公開しています。

では、白石達也のブログから見る傾向はどのようになっているのでしょうか?

 

 

■世界一周旅行で得られることとは

 

公式ブログでは、世界一周旅行で白石達也が訪れた国々の情報を多く見ることができます。

白石達也は、世界195ヶ国にも及ぶ国々を巡っており、必要に応じてその都度寄付金を渡し、教育現場や仕事の取り組みなどを見てきているのです。

日本と世界では、教育や仕事への取り組みも大きく異なります。

今日本で行われている教育というのは、昔から続く歴史や文化、伝統を継承していくというのがまだまだ根強いです。

しかしその一方で、海外では時代の変化に合わせてその時々に学ぶ事柄を変化させているところもあります。

白石達也は、日本でも時代の流れに沿った教育が必要ではないかと考えています。

そのため、自ら海外に出向き、現地の教育や仕事・ライフスタイルの違いや取り組みの重要性を学ぼうとしているのです。

世界各国を巡る中で、白石達也は路上での生活を余儀なくされている方にも積極的に関わっています。

路上生活者は、当然日本で豊かに暮らしている人々に比べれば、苦労が多く辛い環境下での生活をしていることが多いでしょう。

しかし、それ以上に日本にはないような慈善事業の取り組みが盛んで、現状や対策をしっかりと汲み取った社会づくりを構築している国もあります。

白石達也は、そこでの驚きや気付きをその都度公式ブログに綴り、今日本に必要な教育・取り組みは何なのかを深く考えているのです。

逆に、日本で取り入れられている制度や仕組みがない国のキャリア形成や取り組みにも触れ、自分たちも見習うべき内容などを細かく掲載しています。

世界一周旅行と聞くと、多くの資産を構築した成功者が楽しんでいるだけなのではないかと感じる方もいることでしょう。

しかし、白石達也はさらに良い教育・仕事におけるキャリア形成・取り組みを提供するために学び続けているのです。

 

 

■ビジネスで成功するために

 

白石達也は、どんな方であってもビジネスで成功する力を引き出すことができると考えています。

そのためには、日本で昔から続いているような既存の教育を受けるのではなく、世界各国の教育方針やビジネス方針を知り、最先端の情報を学ぶ必要があるとしています。

公式ブログで世界一周旅行において感じたことや現地の状況を伝えることは、彼自身も今後あるべき教育・仕事のあり方を追求していきたいからでもあるのです。

誰もがビジネスで成功できるとは言っても、それぞれ考えも得意分野も違います。

だからこそ、白石達也は一人ひとりが本当に必要なもの・大切にしていきたいことをその人らしく学び、それらをビジネスに活かしていくことが重要であると考えているのです。

世界各国を巡る中で、それぞれの教育方針やビジネス方針に感銘を受けた彼は、今後もより人々が求めているような情報商材を構築していく可能性が高いです。

実際に現在提供しているIROASalchemiは、数多くの方に支持され、その方らしい学びを続けるために必要なコンテンツやプログラムが充実しています。

これまでも数々の情報商材や学びやすい環境を構築している白石達也は、さらなる商材やビジネスモデルを築き上げていくことでしょう。

白石達也の公式ブログを読むだけでも、価値の高い記録に触れることができますし、彼が提供する情報商材の魅力も感じることができます。

彼の人物像や考え方にはネット上で様々な意見が飛び交っていますが、実際に目で見て感じることで、その尊さを理解することができるに違いありません。

白石達也を知るためにも、公式ブログを読んでみてはいかがでしょうか?

 

 

3.白石達也の活動内容とビジネスモデル

白石達也はどんなビジネスモデルを描き、どんな活動をしているのか気になる方は多いでしょう。

ここからは白石達也の活動内容とビジネスモデルをご紹介していきます。

 

 

■多くの人々に自由の学びを提供する活動

 

既存の教育や仕事のあり方に疑問を持ち、個人が自分らしく学んで働くような豊かな人生を歩めるように、様々なサービスや情報を提供する活動を行っています。

大学在学中に自己啓発やビジネスマナーに参加し、そこで学校教育に縛られず学びたいことを学べる自由のメリットに気付きました。

卒業後に起業し、大学在学中に携わった情報商材で成功を収め、現在は多くの方に自由に学べる場を提供しようと株式会社ALCHEMATIONを創業し、IROASalchemiなどのサービスを提供しています。

IROASの会員数は3500人を突破しており、たくさんの人々が6つの分野の自由を手にするためにサービスを利用しているようです。

IROASはオンライン上で学べるネットビジネスに関するスクールで、白石達也を始め各分野の専門家が講師に一流のノウハウを身に付けることができます。

また、IROASは次世代の教育者を育てる目的も持っており、教育自体をビジネスに変化させようと展開を続けています。

世の中にはいくつものスキルがありますが、それを他の人に伝授するためには教育者が必要であり、その教育者をIROASで育てることで、より多くの人が正しいスキルを手に入れられるようになるわけです。

教育者の育成は高度な教育システムを構築することにもつながるので、日本全体の教育の質も高まると期待できます。

白石達也は学びの場を提供しているだけはなく、自身の公式ブログやメルマガ、SNSを活用して有益な情報配信を行っています。

また、新しい技術や知識を取り入れることにも積極的です。

例えば、IROAS会員以外でも利用できるリバティーレジデンツでは、今話題の仮想通貨投資に関する知識を伝授しています。

今後も白石達也は新しい技術やビジネスに注目し、自身も成長を続ける教育者の1人として学びを提供する活動に務めていくことでしょう。

 

 

■白石達也が描くビジネスモデルとは?

 

白石達也は多くの人々の才能を開花させ、豊かな経済を築いて心から満足できる人生を歩めることを目標としており、それを実現するためにMLMをビジネスモデルにしています。

MLMは悪いイメージを持たれやすいのですが、悪質な行為ではありません。

例えば、LINEATMシステムはシェアをすれば権利収入を得られるシステムで、あくまでも集客を目的にしているので、ねずみ講のように金銭自体のやり取りではないのです。

初期費用の負担はほぼなく、誰でもアフィリエイトのように気軽に参入できます。

MLMが良く思われない理由はねずみ講に似ているだけではなく、稼げないと嘆く人が多いからでしょう。

このビジネスモデルを成功させるためには集客が必要であり、集客に成功しなければMLMは失敗に終わります。

白石達也はそんなことがないようにIROASなどを通じて、正しいMLMビジネスを教える機会を与えているのです。

 

 

4.白石達也は怪しいのか!?

情報商材が怪しいと思っている方は、その分野で活動している白石達也自身も怪しいと疑っていることでしょう。

白石達也が怪しいかどうか、教育に対する意思やサービスから検証していきます。

 

 

■白石達也の教育に対する意思

 

技術や知識、考え方などは時代と共に変化しており、教育も世代に合わせて変化を続けています。

しかし、多くの日本人教育者は自身が教育者に到達した後も学びを続ける人はごく僅かです。

多忙な日々を送ると最新の技術や研究を学ぶ機会を失うことは事実ですが、いつまでも古い情報にとらわれていれば、日本の教育は世界に遅れてしまう一方になってしまいます。

日本は決して教育水準が悪い国ではないものの、才能を開花させる学びができなければ、本来の才能を活かして生きていく術がありません。

白石達也は次世代を担う教育者を育成するために、IROASを通じて学びの場を提供しています。

これは自身の利益だけではく、今後教育者を目指す人やその下で学ぶ人々の利益にもつながっているわけです。

また、白石達也は教育者の立場として、自分自身も常に成長し続ける姿勢を持っています。

なぜなら、教育業界に変革をもたらすためには、自身も色々な知識を正しく学び、活かしていく必要があるからです。

彼が日本の教育を変えたいという意思に嘘偽りはないと言えます。

日本の教育をより豊かなものに変えるため、自身も日々成長を続けて様々な情報発信やサービスを提供しているのです。

 

 

■白石達也のサービスは怪しい?

 

白石達也が手掛けるサービスを利用するためには費用がかかりますが、それが高額であることも怪しいと疑われる要因になっていると考えられます。

教育に対して本気でも費用が高すぎると「お金儲けのため」と思われるのも無理はないでしょう。

しかし、専門学校や大学に行くにしても高額な費用を必要とするので、情報商材だから怪しいと断定するのは難しいと言えます。

また、白石達也の商材に対して否定的な人はサービスの仕組み自体を理解していない傾向があるようです。

 

教育というと国語・数学・英語・理科・社会の5教科が一般的ですが、これらの科目は人によって得意・不得意があります。

不得意な科目だと積極的に学ぼうという意思を持つ人が少なく、無理に学んでも知識や能力を完全に身に付けることは難しいと言えます。

その一方で、白石達也のIROASは自分が得意とする知識を伸ばし、学ぶことの苦手意識を克服し、興味のある分野をビジネスに稼ぐことを目標にしているのです。

社会は常に変化を続けニーズも変わってくるので、その社会の変化に合わせた学びが必要と考えたのでしょう。

白石達也は学校教育では学べない社会を生き抜く上で求められる知識やスキルを身に付けられるように、IROASやリバティーレジデンツを提供しています。

 

また、ただ学ぶだけではなく実践することも大事と考えているので、会員が稼げるスタンスをとっています。

その一部が、LINEATMシステムとなります。

IROASやリバティーレジデンツのLINEATMシステムを通じてアフィリエイトで稼ぐ実感を手にすることで、より意欲的に学んで大きなビジネスにつなげていこうとする意思が生まれるわけです。

本当に自分の利益だけを求める人が、人の利益を重視したシステムを考えて提供することはあるのでしょうか?

白石達也は本当に人々の幸せを思いサービスを提供しているのだと思います。

 

 

5.白石達也のまとめ

ここまで白石達也の経歴からブログから分かる人物像、活動内容やビジネスモデルなどにスポットを当て、詳しく検証してきました。

エリート一家に育つ白石達也が学生時代の体験した自身の辛い経験から学校教育に懸念を抱き、自ら進んで取り組んだ自己啓発やビジネスマナーの学びは日本の教育に変革を与える意思を強めるきっかけになったことでしょう。

確かに、学校で学ぶ勉強は人として成長するためには必要な知識ですが、「それが社会に出て何の役に立つの?」という純粋な疑問に的確な回答ができる教育者は少ないのではないでしょうか?

また、教育者でなくても教育の重要性について、はっきり答えられる人はかなり少ないと思います。

白石達也は学校教育を蔑ろにするわけではありませんが、社会に従事する上で求められる知識は学校教育だけでは賄えないことを指摘しています。

もっと広い視野で学べるように独自の教育システムの構築やブログ・メルマガなど情報配信し続けているのでしょう。

 

白石達也は世界一周旅行も経験しています。

これは自分が豊かな財を築き楽しんでいることアピールしているのではなく、日本とは異なる文化や歴史、教育などに関わり教育の視野を広げようとしているのです。

彼自信もまだまだ成長を望む教育者であり、世界の有益な情報を教育に取り入れることで、日本を世界に負けない教育・ビジネス大国に育てようとしています。

 

また、白石達也が提供するIROASやリバティーレジデンツは学習と実用性を兼ね備えたサービスです。

自身の経験や学んだこと、専門家を通じて一流のノウハウが手に入る一方、会員は学んだビジネスノウハウを活かしLINEATMシステムで稼ぐことができます。

どんなに知識を得ても実践で活かせられなければ意味がありません。

会員も学んだ知識を元に稼ぐことができれば、より積極的に学んで自らビジネスを生み出せる域に到達できるでしょう。

情報商材は高い上に稼げないから怪しいというレッテルを貼られているのは事実でしょうが、白石達也は自分の利益以上に人々に有益性を与えることを理想としています。

次世代の子ども達や働く人のことを思い、日本教育の改革に対して真摯に取り組んでいる点は評価すべきことではないでしょうか?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。