サービス

尾崎充洋流「婚活ビジネス市場」動向の追い方と今後の戦略

尾崎充洋という人物をご存知ですか?

彼は男性に向けて結婚相談のアドバイザーをやっている人物です。結婚できないと悩むのは女性だけではなく、男性にも多い悩みであり、尾崎充洋は今までに数々の男の婚活をサポートしてきました。婚活ビジネスというと結婚相談所が定番でしたが、近年は様々なサービスが登場していきます。

結婚できないと悩む人は多いので婚活ビジネスは成長途中でありますが、成功するには市場をしっかり把握することが大事です。たくさんの男の婚活に貢献してきた尾崎充洋ですが、どのような人物であり、今後の婚活ビジネスに対する戦略とは何か気になりませんか?

今回は尾崎充洋の紹介と共に婚活ビジネス市場の動向や今後の婚活戦略についてご紹介していきましょう。

尾崎充洋とは

結婚相談アドバイザーとして活躍する尾崎充洋がどんな人物なのか気になりませんか?まずは彼のプロフィールや活動などについてご紹介しましょう。

尾崎充洋のプロフィール・キャリア

尾崎充洋は現在37歳で、妻子を持ちます。婚活相談アドバイザーの肩書きと共に、ファミリーデザイナーとして活動しています。婚活に対して悩みを持つ男性に向けて情報発信をしていますが、単純に結婚することではなく、結婚後の家族のデザインも重視したアドバイスをしている人物です。

都内出身、都内の学校を卒業しています。卒業後はブライダル企業へ入社し、10年間ウェディングプランナーを務めました。

身近で結婚する夫婦を見てきたことから、婚活のサポートを手助けしたいという気持ちが生まれたのでしょう。33歳に長年働いていた会社を辞めて独立し、現在はたくさんの男の婚活を手助けしています。

尾崎充洋のブログについて

「”男の婚活”アドバイザー尾崎充洋の結婚相談所」という自身が運営するブログで婚活情報の発信・提供を行っています。

尾崎充洋のブログはこちら

このブログは主にお見合いへの参加に勇気を持てない人や、そもそも婚活を何から始めたらいいか知らない人向けにアドバイスが綴られています。お見合いのデメリット・メリットや始め方など、初心者にも分かりやすい内容と丁寧なアドバイスを見ることができます。

主な読者は婚活に悩む男性ですが、婚活中の女性にもおすすめのブログです。なぜなら、女性が婚活を成功させるためには、男心も理解しておくことが大事です。男性目線で書かれたブログの情報は男心を知りたい女性の婚活にも役立つことでしょう。

変化しゆく婚活ビジネス市場

かつては結婚相談所はお見合い、婚活パーティーが婚活ビジネスの主流でした。

しかし、近年は街コン、アプリやサイトを活用したネット婚活など、婚活スタイルも多様化しつつあります。スマートフォンの普及に伴い、ネット婚活の認知度や抵抗感もなくなり、大手企業の参入も増えました。身近に利用しやすいサービスが登場したことで、婚活に対する心理的ハードルは大きく下がっているのです。サービスが多様化することで、利用者も自分のニーズに合ったものが選べる利点を持ちます。

そして、近年問題となっているのが独身貴族や晩婚化、少子化といった社会問題です。国や自治体は問題の解決の糸口として、婚活ビジネスに対する援助を推進しています。婚活ビジネスは少子化対策や地域活性化に貢献できるチャンスであり、社会的ニーズも高いことから市場は拡大傾向にあります。

平成18年度に経済産業省が公表した「少子化時代の結婚関連産業の在り方に関する調査研究報告書」によれば、婚活ビジネスの規模は500~600億円とされています。現在の市場規模は2,000億円程とされており、10年間の間に約3倍以上も拡大してきました。今後も未婚者が多い状況が続けば、ターゲットが多いので婚活ビジネス市場も伸びていくと考えます。

しかし、実際に利用する人が増えるかどうかは別問題です。リクルートブライド総研が2016年に行った調査によると、2016年に結婚した人物は11.3%で、10人に1人の割合で婚活サービスが使われていたと結果が出ています。

利用率は増えているものの、未婚者の9割は婚活サービスを利用していないのが実情です。利用していない人の多くは結婚や婚活に対して何かしらマイナスイメージを持っていると考えられるので、そのイメージを払拭していく必要があると言えるでしょう。

求められる「男の婚活」

現在の婚活サービスの利用割合は女性が占めており、男性不足とも言われています。日本の場合、結婚は男女でないと成り立たないため、婚活ビジネスでは男性の婚活が求められていると言えるでしょう。

そもそも、婚活しない男性はどういう考えを持つのでしょうか?最近、よく耳にするのが「独身貴族」という言葉です。結婚すると夫婦はお互いや子どもを養わなくてはならず、独身時代に比べると経済的な自由を得られにくくなります。配偶者に権利を握られるという抵抗感から家庭を持ちたくないという考えが増えているのです。

また、婚活サービスの男性側の特徴も利用のハードルを上げていると考えます。婚活サービスの多くは女性の利用は基本的に無料であったり、会員費等が合っても安価だったりする傾向があります。

一方、男性の場合は利用が有料なケースが多く、女性に比べて割高で、利用の条件が厳しいといった傾向があります。

どのサービスも女性に特化したものが中心なので、男性にとってハードルが高い印象を与えているのでしょう。婚活ビジネスで男性の利用者を増やすには、男性側も利用価値を感じられるようにサービスを充実させていく必要があると言えます。

尾崎充洋流の戦略とは

尾崎充洋は婚活を始めたい男性に対して、個々に適切な戦略を提案しています。婚活サービスで男性の利用者が少ない現状を打開するためには、男の婚活を有利に進める戦略が求められます。ここでは尾崎充洋流の婚活戦略についてご紹介しましょう。

結婚や家庭の重要性を伝える

男性の利用者は若い世代よりも、それなりに年を重ねた人が多い傾向があります。理由は若いうちは仕事や自由な時間に注ぎ、後のことを考えず「なんとかなる」とくらいの気持ちで人生を歩んだ結果、定年間近で焦りが生まれます。

晩婚だと将来子どもが欲しいと思っていても、授かることが難しいケースもあります。若いうちから結婚や家族をつくることの大切さをサービス側は伝え、早期から婚活に励んでもらえる工夫が必要でしょう。

年齢や収入などに応じて戦略を練る

結婚を望む女性は経済力の安定性を重視するケースがあります。そのため、年齢や収入に応じて男性の婚活の成功率も大きく変わります。全員同じ戦略では成功と失敗の差が大きくなるので、個々でしっかり戦略を立てることが重要です。

サービス側は婚活アドバイザーとして、個々に適切な戦略を立てる手厚いサービスを用意する必要があります。男性にとっても有利なサービスの構築が求められるのではないでしょうか?

まとめ

婚活は色々なサービスが登場しており、以前と比べてとても身近なものとなっています。ただ、婚活サービスは女性に特化したところが多いです。男性にとって使いにくい印象があり、それが利用者の増加を妨げる要因になっているのではないでしょうか?

結婚は男女で成り立つものなので、男性の利用者を増やさなければ女性の婚活も成功率を下げることにつながります。そういった理由から、今後は男の婚活も求められると言えるでしょう。

婚活に対して後ろ向きだったり、何をしたらいいか分からなかったりと悩む男性は多いようですが、尾崎充洋はそんな男性達に味方です。これからも経験を生かして、婚活に悩む男性や男心を知りたい女性の手助けをしていくことでしょう。

ビジネス側もそれを見習い、男女隔てなくサービスを充実させていくことが重要と考えます。