不動産

古木大咲の決意~不動産業界のビジネスモデルを見直す~

本日は、古木大咲氏と不動産業界のビジネスモデルについて取り上げてみます。

皆さんは不動産業界がどのようなビジネスモデルを構築しているかご存知でしょうか?

長きに渡り不動産業界のビジネスモデルは変わらなかったのですが、古木大咲氏によって新しい風が吹き込まれることになります。

古木大咲氏はこれまでのビジネスモデルを一新させ、「在庫を持たないビジネスモデル」を確立させたのです。

なぜ、これまで不動産業界で慣習化されていたビジネスモデルを一新させたのでしょう?

今回は古木大咲氏が代表を務めている企業で行われている事業と、なぜビジネスモデルを一新させたのかについて考察していきます。

古木大咲氏について詳しく知りたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

古木大咲氏の今

古木大咲氏は、若き実業家として現在はIoT・デザインアパートメント運営会社を経営していることでも有名です。

しかし、そんな古木大咲氏が手掛けている事業内容にはどのようなものがあるかご存知でしょうか?

ここでは、古木大咲氏が手掛けているIoT・デザインアパートメント運営会社の行っている事業についてご紹介していきましょう。

不動産業界に最先端の技術をもたらした事業展開

古木大咲氏の会社では、最先端の技術を活用した事業を展開しています。

従来の不動産業界で課題となっていた問題を根本から解消するために、最先端の技術を用いた事業展開をしているのです。

最先端の技術とは、IoTを取り入れたアパート経営です。

これまで不動産業界は、IoTを取り入れずにアナログな手法で事業を展開していました。

しかし、古木大咲氏はIoTをいち早く導入し、IoTがもたらしてくれる便利さを不動産業界に知らしめました。

賃貸経営がアプリで行える?

古木大咲氏は、賃貸経営の仕組みから変えてきました。

現在、スマホやタブレットが普及し、誰もがアプリを使用できる時代となりました。

このことから、古木大咲氏は賃貸経営ですらアプリで行えるような仕組みを作ったのです。

アプリでは、自分の持っているスマホやタブレット、パソコンがインターネット環境にあればいつでも利用することができます。

そのため、自宅以外でもアパート経営に関する情報をチェックすることができるようになりました。

アパート建設用の土地の確保からマッチングサービス、アパートの建設、金融機関の紹介などのアパート経営に関するサポートを受けられます。

さらに、アプリにはチャット機能が付いているため、何か困ったことやトラブルが生じてしまった時に、管理会社にすぐに相談することができるのです。

賃貸物件の管理や運営自体は、全て古木大咲氏の会社が代行してくれるため、オーナーは賃貸経営を簡単に行えます。

IoTを駆使した賃貸物件の提供

古木大咲氏の会社が提供している賃貸物件には、IoTが様々な箇所に導入されています。

IoTを駆使した賃貸物件となっているため、入居者にとってもより便利で快適な賃貸物件を提供できていると言えるでしょう。

部屋の施錠からライト消灯、防犯セキュリティーなど、生活で必要な多くの場面にIoT技術を搭載しているため、快適に暮らすことができるのです。

アプリで便利な民泊事業展開

古木大咲氏の会社では、IoTを用いた民泊事業も手掛けています。

アプリで簡単にIoTを導入した民泊経営が行えたり、旅行者向けにIoTデバイスを提供したりしています。

より稼働率の高い民泊経営ができるように、様々な情報を駆使して最適な土地の提案から行っています。

古木大咲氏はこのような事業を展開し、日々人々の生活に必要な新しい「便利」を届けていることが分かります。

最先端のIoT技術をいち早く取り入れている古木大咲氏の会社は今後も注目を浴び、成長を続けることでしょう。

不動産業界のビジネスモデル

現在、古木大咲氏は最先端とも言えるIoTを取り入れたビジネスを展開していますが、当初は周りから非常識なことだと言われていたそうです。

では、従来の不動産業界のビジネスモデルとはどのようなものだったのでしょうか?

そもそも不動産とは?

そもそも、不動産とはよく耳にすることも多い言葉ですが、どのようなことを意味しているのかご存知でしょうか?

不動産とは、土地や建物などの動かせない(不動)資産を意味しています。

不動産会社としては、一般的に不動産仲介会社をイメージしやすいですが、他にもゼネコンや下請けの企業なども不動産業界の一部と言えるのです。

従来の不動産業界のビジネスモデルとは?

従来の不動産業界では、不動産会社がそれぞれ土地を持ち、ホームページやチラシ広告などを利用して顧客に販売していました。

このことから、大手の不動産会社ではより多くの土地を、そして立地条件の良い土地を買収していたのです。

土地自体がその会社の資産になるという考えから、土地という在庫を大量に持っていました。

従来の不動産業界のビジネスモデルと表現していますが、この慣習は現在でもほとんど変わっていません。

では、古木大咲氏が問題視した「在庫を抱えるビジネスモデル」は何がいけないのでしょう?

リーマンショックが不動産業界にもたらしたもの

2008年9月に世界的経済危機となるリーマンショックが起こりました。

当時は多くの企業が倒産の危機に瀕し、実際に倒産してしまった企業も多数存在しています。

もちろん、不動産業界でも同じように大手企業であっても倒産の危機に瀕していました。

リーマンショックが不動産業界にもたらしたものとは、どのようなものなのでしょうか?

リーマンショック時、最も問題となったのは在庫です。

在庫は不動産会社にとって資産と前述しましたが、この土地の在庫が不動産会社を倒産にまで陥れてしまっていたのです。

リーマンショック以降、在庫として持っていた土地が思うように売れなくなってしまい、土地自体の価値が低下してしまいます。

その結果、価値が下がった土地を保有しているため、不動産会社にとっても不利益、または損失の方が大きくなり、赤字経営となってしまう不動産会社が多く出てしまったのです。

リーマンショックにより土地が売れなくなってしまってから、多くの不動産会社は新しい販売体制を整えることができずに、大手不動産会社が市場を独占してしまう状態となりました。

これまで土地という在庫を抱えることが良いと考えられていましたが、リーマンショックのような金融危機が生じた場合にはリスクが大きいことが証明されてしまったのです。

革新的な転換とその成功

古木大咲氏は、従来の不動産業界のビジネスモデルを継続していては、リーマンショックで味わったような苦悩をまた味わわなければいけなくなると思い、革新的な取り組みをスタートさせることにしました。

古木大咲氏が行った革新的な取り組みによって生み出された成功についてご紹介しましょう。

不動産業界の常識を覆すためのチャレンジ

古木大咲氏の会社で取り組んでいる事業は不動産業界の常識を覆すものでした。

リーマンショックの際に、業績がどんどん下がっていく状況を見て大きなショックを受けたことが不動産業界の常識を覆すためのチャレンジをするきっかけになったのです。

経営者である以上、業績を上げていかなければいけない立場です。

一方でどんどんと業績は下がっていきますから、大きなプレッシャーや恐怖に押しつぶされそうになっていたと言います。

そんな辛い状況から抜け出すためにはどうしたらいいのかを考えた時に、不動産業界で当たり前だと思われていたことを今一度見直すようになります。

固定概念を取り払う必要があることや非常識だと思われていたことがビジネスになるということに気が付いたのです。

そして古木大咲氏は、現在のビジネスモデルの構築に成功しました。

これからの時代は在庫を持たないビジネスモデルへ

古木大咲氏は、不動産業界の常識を覆すためのチャレンジをスタートさせました。

そのチャレンジというのは、在庫を持たないビジネスモデルを作り上げるということです。

不動産業界では、在庫を持たないということはあり得ないことだと言われていました。

しかし、古木大咲氏自身がこれからの時代に合わせたビジネスモデルを模索している中で、在庫を持たない方が良いという考えに行き着いたのです。

在庫を持たないビジネスモデルでは、土地のマッチングから建設、不動産の運用までトータルでサポートを行っていくという方法をとっています。

このような方法は、不動産業界において斬新過ぎる取り組みだったため、なかなか理解を得ることができませんでした。

そんな中でも、チャレンジを諦めなかったのはいつか多くの人に理解してもらえるという確信があったからでしょう。

まとめ

古木大咲氏は、リーマンショックという大きな打撃を受けながらも、経営しているIoT・デザインアパートメント運営会社を成長させています。

これまで当たり前だと思われていたことから発想を転換し、成功できたと言っても過言ではありません。

古木大咲氏の経験を踏まえて考えてみると、これまでにはない革新的な取り組みを行うことで、その時代に合った成功を収められるということが明確になりました。

これからもさらなる成長を遂げると期待し、彼の動向をチェックしていきましょう。