人物の噂・真相

株式会社オープンハウス 荒井正昭(あらい まさあき)社長の自宅はどこ?息子は何をしてる人?資産や年収はどのくらい?

男性

この記事では、株式会社オープンハウスの荒井正昭社長についてご紹介します。
資産や年収はもちろん、荒井氏の自宅や息子について気になる方は多いのではないでしょうか。

今回は、それらの情報を調べ、確かな情報を中心に細かく見ていきます。
荒井氏やオープンハウスについてだけでなく、息子について詳しく知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください

株式会社オープンハウスの社長は誰?名前の読み方は?

引用元:https://oh.openhouse-group.com/kanto/

株式会社オープンハウスの代表取締役社長を務めているのは、荒井正昭氏で
名前の読み方は「あらいまさあき」です。

荒井氏は、今でこそオープンハウスの社長として前線を張っていますが、高校卒業後は2年間の浪人生活を経験している苦労人としても知られています。

浪人後は大学へ進学せず、不動産会社株式会社ユニハウスに入社し、10年間勤務します。
その後平成9年に独立し、現在代表取締役社長を務めている株式会社オープンハウスを設立するのです。

オープンハウスは、創業後すぐから平成24年までの15年間、センチュリー21のフランチャイズに加盟していました。
その間になんと全国1位の売上を叩き出し、優秀な成績を収めたのです。

フランチャイズを脱退して1年後、東証一部に上場し、現在のような安定したスタイルを築き上げます。

現在でも「東京に、家を持とう」という独特なキャッチコピーのもと、さらなる売上を伸ばして続けています。
このような経歴から、荒井氏はかなりのやり手であり、優秀な人物であることが分かりますね。

いきなり個人で開業するのを避け、フランチャイズに加入して経験を積んでいこうとする姿勢からも、注意深く誠実な性格であると言えるでしょう。

荒井正昭社長の息子の名前は?何をしている人?

荒井氏はオープンハウスの代表取締役でありながら、1人息子の父でもあります。
そんな荒井氏の息子について見ていきましょう。

荒井氏の息子の名前は?

オープンハウスの代表取締役社長を務める荒井氏には、1人の息子がいると言われています。

現役で活躍しながら様々な功績を残している荒井氏の息子について、気になっている方は多いのではないでしょうか。
そこで、ネット上で荒井氏の息子について調べてみましたが、残念ながらほとんど情報がありませんでした

しかし、とても優秀な荒井氏の息子であることから、その血を受け継いでいることは間違いないでしょう。

荒井氏は、32歳である1997年にオープンハウスの代表取締役に就任しました。
オープンハウスの会社沿革を見てみると、荒井氏は毎年のように各地へセンターを開設していたり、海外に進出するために活動していたりと、多忙の日々を過ごしていたと推測できます。

このことから、結婚をした時期はオープンハウスを立ち上げる前であると考えられるでしょう。
32歳よりも前に結婚していた場合、息子の年齢は25歳以下となります。

その時期の「人気の名前ランキング」を見てみると、宇宙や光のような広大で輝かしい印象を持つような名前が多くランクインしています。

ひたむきに走り続けている荒井氏だからこそ、息子にもそのようになって欲しいと願い、名前を付けたはずです。

荒井氏の息子は今何をしている?

仮に25歳であれば、就職先で奮闘している時期でしょう。
父に憧れて起業をし、経営者として様々なことを学んでいるかもしれません。

というのも、荒井氏自身が子どもの頃から「サラリーマンになる気が一切ない」という、自営業型の人間だったからです。
そんな父の背中を見ていれば、少なくとも1度は起業に興味を持つでしょう。

何度もお伝えしているように、荒井氏の息子について確かな情報はありませんが、不動産に関する仕事に就いていたり、自ら会社を立ち上げていたりする可能性は高いと言えるのではないでしょうか。

荒井正昭社長の資産はどのくらいあるの?年収はいくら?

次に、荒井氏の年収や資産、オープンハウスの従業員の年収などを見ていきましょう。

荒井社長の年収や資産について

荒井氏の年収を調査したところ、確かな情報は見つけられませんでした。
しかし、アメリカの経済誌『Forbes(フォーブス)』で発表された日本の億万長者ランキングを見ると、荒井氏の順位は23位となっています。

資産額は2000億円以上にのぼるという凄まじい数字です。
年齢を見てみると、40代がちらほらいるものの、ほとんどの人が荒井氏よりも年上であることから、若く並外れた力の持ち主だということが分かります。

同じくらいの資産を持っている経営者に注目すると、より荒井氏のすごさが見えてきます。
例えば、佐川急便の持株親会社であるSGホールディングスの代表取締役社長「栗和田榮一」氏や、大東建託の創業者である「多田勝美」氏などです。

家電量販店として有名なビックカメラやコストパフォーマンスが高いのが魅力のしまむらなどより上位にランクインしていることからも、圧倒的な資産を持っていることが予想されます。

従業員の年収について

オープンハウスの従業員数は、2021年9月末時点で4,092名となっています。
非常に多くの従業員が働いているため、部署もかなり細分化されているのが特徴です。

細分化されているからこそ、自分の仕事に対して徹底的に向き合えるので、生産性も高いと言えるでしょう。

とは言え、近年ではジョブローテーションという考え方が広まってきているため、職務異動が行われることもあります。
幅広い業務を経験することは、社内外で様々なメリットを得られることでしょう。

また、多くの人と関りを持てるという点から、広範囲に人脈を広げることも可能です。
そんなオープンハウスの従業員の年収を近年の売上高から推測すると、平均年収は約650万円だと考えられます。

営業職社員については、830万円が平均年収と言われています。その他の役職に就いている場合の平均年収は、700~850万円程度でしょう。

日本全体の平均年収から考えると、650万円は決して少なくない年収です。
平均よりも高い生活水準の維持が可能であるため、満足している従業員も多いのではないでしょうか。

興味がある方はぜひ独自で調べてみてください。

荒井正昭社長の自宅を調査した結果…!

ランキング上位に入るほどの資産を持っている上に、現在も成長し続けている荒井氏の自宅について気になる方もいるはずです。

しかし、荒井氏の自宅について調べたところ、確かな情報は得られませんでした

オープンハウスの本社が千代田区丸の内に設置してあることから、自宅はその付近である可能性も高いでしょう。
少なくとも、都内に自宅があることは確かなのではないでしょうか。

また、不動産会社の代表取締役ということから、かなりこだわったデザインの自宅であることも推測できます
プロ目線で考えられた自宅は、どんな経営者の自宅よりもひと際目立っているはずです。

まとめ

今回は、荒井正昭社長の自宅や息子、資産や年収についてご紹介しました。

確かな情報が得られなかったものも多いですが、荒井氏が凄腕の持ち主であることや多くの資産を持っていることについては間違いありません。

ご紹介した通り、荒井氏は苦難を乗り越えた経験もあり、しっかりと人に寄り添う心を持っています。
そのような背中を見ながら育ってきた荒井氏の息子も、もちろん優秀である可能性が高いです。

息子が経営者として成長し、資産家ランキングに食い込んできた時は、一気に名が広がるはずです。
気になる方は、資産家ランキングなどを定期的にチェックしてみるのも良いかもしれません。

もちろん、オープンハウスや荒井氏についても今後の成長を期待できるでしょう。