不動産

ネットとリアルの融合を実現したパイオニア、古木大咲の胸中に迫る

古木大咲氏は、IoT・デザインアパートメント運営会社を経営している人物です。

今でこそ成功者として知られている人物ですが、これまでの人生の中で様々な苦労もありました。

今回は、そんな古木大咲氏がどのように成長したのかということについてご紹介していきます。

古木大咲氏が手掛けてきた取り組みを知ることによって、古木大咲氏がどのような人物なのか、IoT・デザインアパートメント運営会社とはどのようなものかを知るきっかけになるでしょう。

 

最初に、古木大咲氏が会社員時代に取り組んでいたことを中心にご紹介していきましょう。

会社員時代から最先端の技術を取り入れていたため、それが現在のIoT・デザインアパートメント運営会社につながっているとも言えます。

 

 

他企業よりも早くITを採り入れた会社員時代

すぐに成功できたわけではない

古木大咲氏は、幼い頃から様々な苦労をしてきました。

父親の他界をきっかけに、福岡県に移り住み、高校は福岡県の高校に進学します。

しかし、1年生の時に中退し、コンビニや居酒屋などでアルバイトを転々としていました。

それは一般的な高校生とは全く違う生活であったため、親戚や周囲からは白い目で見られていたと言います。

そのような境遇にあった古木大咲氏ですが、自分を馬鹿にしたり、白い目で見たりした人を見返すために経営者になろうと決めたのです。

ただ、フリーターから突然経営者になることは無謀なことなので、まずは不動産会社で働いて経験や知識を身に付けていくことにしました。

不動産会社に就職後も、高校中退やフリーターという経歴が足枷になり、上手くいかないこともたくさんあったそうです。

それでも、不動産会社の営業マンになるために努力を惜しむことなく、続けていきました。

その結果、不動産会社の営業マンとして働けるようになったのです。

 

不動産会社勤務時代は新たな取り組みにも挑戦

不動産会社に就職後、念願の営業職に就けるようになった古木大咲氏は、そこで大きな成功を収めます。

どのような成功を収めたのかというと、インターネットを活用したアパート販売サイトの企画や立ち上げというプロジェクトです。

少しずつインターネットが普及し始めた頃だったため、まだまだインターネットを活用した販売方法を採用している不動産会社はほとんどありませんでした。

しかし、ITの普及やインターネットの一般化を上手く活用することで、不動産業界における新しい可能性があると考えたのです。

そして不動産会社で勤務しながら、それらを活用するために必要な知識やスキルを身に付けていきます。

古木大咲氏は、今まで通りのやり方を続けていくことも重要ですが、時代の流れに合わせたビジネスモデルの転換をしていかなければいけないという考えを持っている人物です。

そのため、このような発想ができたのでしょう。

不動産業界は特に、従来のやり方を継続する傾向が強かったため、なかなかそのやり方が受け入れられませんでした。

それはある意味当たり前のことだとも言えます。

ただし、新しいやり方をスタートさせることによって、大きな成果を出し、有益なものだということを証明しました。

つまり、古木大咲氏はただ提案をするだけではなく、きちんと結果を出せる人物であるため、多くの人が信頼してくれるのではないでしょうか?

古木大咲氏は、独立前から自分の考えをしっかりと持ち、新たな取り組みを恐れることなく挑戦してきました。

ただ、新しいことをスタートしても警戒してしまう人も少なくありません。

しかし古木大咲氏の取り組みは、大きな利益をもたらすものなので、賛同する人も増えていきます。

独立前から最新の技術を取り入れたビジネスをすることがどれほど重要か知っていた古木大咲氏だからこそできた取り組みだとも言えるでしょう。

 

 

リーマン・ショックが教えてくれたこと

世界中に大きな影響を及ぼしたリーマン・ショックは、日本の不動産業界にも大きなダメージを与えました。

古木大咲氏の会社もこのリーマン・ショックによって、大打撃を受けてしまったのです。

 

リーマン・ショックによって受けた影響とは

リーマン・ショックとは、アメリカの投資銀行であるリーマン・ブラザーズ・ホールディングスが経営破たんしたことで起こった世界的な金融危機の状態を示します。

アメリカの住宅バブルが大きな引き金となり、これによって住宅ローンやプライムローン、カード関連債権などの資産が暴落してしまいます。

これに対してアメリカ政府も政策を実行したのですが、既に対処できる範囲を超えてしまい、結果的にリーマン・ブラザーズ・ホールディングスは大きな損失を抱えることになります。

その後も社債や投信などの保有している企業に対しての影響を回避しようと試みたのですが難しく、結果的に世界的な金融危機に陥ってしまいました。

これによって日本の不動産業界にも大きな影響があり、当時不動産会社を立ち上げて軌道に乗ってきたばかりの古木大咲氏も、会社の継続が危ぶまれる事態になってしまうのです。

 

リーマン・ショックが教えてくれたこと

古木大咲氏はこのリーマン・ショックによって、既存の不動産システムのままではまたいつ同じ事態になるか分からないと考え、今までの不動産システムの見直しを考えました。

その中で最初に考えたのが“不動産の保持”です。

不動産を持っている=在庫を抱えているということになり、最初にこのシステムを変えようと考えました。

しかし、不動産会社が不動産を持っていないのは全く意味がないだけでなく、不動産業界は多くの在庫を持っているのが当たり前だと当時は思われていました。

そのため、在庫を持たない不動産会社は何を売っているのかとも言われてしまい、その意見に流されそうになったのですが、このままのビジネスモデルを継続していると、またリーマン・ショックのような金融危機に対応できないと考え、不動産業界においての非常識を推し進めていくことを決意しました。

しかし、在庫を持たないビジネスモデルを構築していくためには、どうすればいいのか古木大咲氏も当時は悩み、模索しながらだったようです。

考えるだけでは何も変わらないと思い、とりあえず失敗してもいいから手探りで進めていこうと考え、3年という月日を経て現在のビジネスモデルに辿り着くことになります。

現在のビジネスモデルは土地のマッチングから物件の建築、そしてアパートの運用に至るまでをトータルサポートしていき、在庫を持たなくても不動産業を行うというものです。

実際に経営状態が不安定な不動産会社に建築依頼するのはリスクを気にする人がいることも知っていましたが、それ以上にメリットが得られることを伝え、それに賛同してくれる人も増えていき、結果的にこの不動産業界の非常識は新しいビジネスモデルとして確立していきました。

 

 

古木大咲氏が語る今後の戦略…さらなる高みへ

古木大咲氏は、今後さらなる高みを目指していくために下記のような戦略を立てています。

古木大咲氏が考えた戦略について見ていきましょう。

 

IoT・デザインアパートメントの普及

古木大咲氏は今後さらなる効率的な仕組みを取り入れるために、IoT・デザインアパートメントの普及に力を入れています。

これも他社とは違って独自のものを取り入れて、その地位を確立しています。

新しいビジネスモデルとして取り入れた際に、いくつもの失敗やトラブルが起こってしまい、それがきっかけとなって現在のスタイルに進化していきました。

今まで不動産管理はアナログなものが多く、その管理において多くの時間がかかっていただけでなく、社員にかかる負担も大きくなっていました。

このままでは効率的な仕事ができないと考えた古木大咲氏は、問題点を見つけて業務がスムーズに集中して行えるのかを考えて、独自のシステムを構築していきました。

そこにIoT・デザインアパートメントを取り入れることで、サービス利用者が便利だと感じることが提供できるようになっただけでなく、リアルとテクノロジーの融合にも成功しました。

 

IoT・デザインアパートメントでできること

実際に古木大咲氏が手掛けたIoT・デザインアパートメントでは、どのようなことができるのでしょうか?

 

・アプリで情報共有

今までの不動産業界は入居者、オーナー、管理会社の3つの視点に分かれ、これらが関わることはあまりありませんでした。

しかし、アプリを中心とした情報提供によって手軽さだけでなく、利便性が高くなります。

 

・チャットで交流ができる

入居中に困ったことがあった場合、その質問をするためには時間や電話番号を調べて解消することが一般的でした。

しかし、IoT・デザインアパートメントによって従来のような方法ではなく、アプリからチャットで連絡ができ、悩みを解消できるようになりました。

これによって手間を省けるのが特徴です。

 

・スマートな生活が可能

入居者は、このIoT・デザインアパートメントを利用すると、より生活の質を改善できるようになります。

外出先からでも自宅のエアコンにアクセスし、スイッチを入れて部屋の温度を快適に保てます。

また、鍵の解錠もICカードなどでスマートに行えます。

他にも異変を察知すると連絡が来るなど、防犯性の高い生活が可能です。

 

・デザイン性が高い

入居者は機能性のみならず、デザイン性を重視して選ぶこともあります。

このIoT・デザインアパートメントでは、高い入居率が実現できるように、内装や付加機能だけでなく高いデザイン性を実現し、唯一無二のデザインを施しています。

そのため、どこのアパートも同じデザインということが少なくなります。

 

このように、古木大咲氏は今までの不動産業界の常識を変え、非常識を常識に変えていっただけでなく、さらなる利便性を高め、付加価値を付けるものへと変えていきました。

今後もその進化は止まらずに続いていくと予想されるでしょう。