不動産

若き経営者・古木大咲氏とは?ビジネスモデルなどをご紹介

こんにちは!

今回は不動産とIoTを結びつけ、さらなる活躍を遂げた古木大咲氏とは、どのような人物なのかご紹介していきます。

不動産業界に新たなビジネスモデルを形成し、それを確立して浸透させていった古木大咲氏は、これまでの経験や大きな課題と直面したことによって新たなビジネスモデルを生み出していきました。
今回は設立9年という期間で株式上場までに至った、若き経営者である古木大咲氏の考えるIoTアパートメントのビジネスモデルや、他の経営者との違いなどをご紹介します。

 

古木大咲氏について知りたいと思う方は、この記事をぜひ参考にしてみてください。

 

 

古木大咲氏のIoTアパートメントのビジネスモデルとは

古木大咲氏は現在、IoT・デザインアパートメント運営会社を経営していますが、どのように現在のIoTアパートメントというビジネスモデルを生み出したのでしょうか?

古木大咲氏が起業したきっかけ

そもそも、古木大咲氏は21歳の時に不動産会社に就職しており、最初からIoTアパートメント会社の運営は行っていませんでした。

不動産会社に就職したものの不動産に関しての知識を持っていたわけではなく、将来的に起業したいという思いがあり、不動産会社の営業で必要なノウハウを学びたいと考えていたようです。

しかし最初は不動産に関する知識がなかったため、物件の掃除を行う傍ら、休日返上で飛び込みの営業を行い、実績を積み重ねていきました。

この実績から営業職に就くことができ、そこでやっと不動産に関してのノウハウを学べる機会に巡り合えました。

そこでは当初まだ珍しかったWEBサイトの立ち上げに挑戦し、ITと不動産の融合で大きな結果を残します。

 

いくつもの無駄がIoTにつながっていく

ここで学んだのは、これまでの不動産業界では大きなコストがかかること、環境改善につながらないということです。

これまでの不動産業界では、在庫を持つことが当然でした。

しかし、不動産の在庫はリーマンショックなどの世界的金融危機に直面してしまえば大きなリスクとなり、倒産の危機が強まると気が付きました。

そこで、不動産を持たずに土地を直接オーナーとマッチングすることで在庫を持たないビジネスモデルを確立し、ITを活用したアパートの販売が定着していきました。

また、アナログ管理によって社員の負担が大きくなることが予想できたため、IoTデバイスを活用して不動産管理を簡略化していき、オーナーや入居者の管理もスムーズに行えるように変えていきました。

IoTの活用によってアパート建築から運営、入居者管理までをトータルサポートできるというビジネスモデルを確立していき、最新のIoTを駆使したアパートに入居したいという希望と、これらのデザインアパートメント経営に携わりたいという両者の要望に応えられるビジネスモデルを実現させることに成功しました。

このようなビジネスモデルを作った古木大咲氏ですが、最初はもちろん複雑な案件が組み合わさったことで、トラブルが発生したこともありました。

しかし、地道な仕組み作りを繰り返していき、システム管理を徹底的に見直しては改善をしていった結果、この仕組みによって従業員の仕事の軽減や成果にもつながっていきました。

昔からの風習は簡単に変えることは難しいのですが、これまでの苦労や経験によって無駄に気が付き、常に環境改善に取り組んでいった結果、IoTにたどり着いたと言えるでしょう。

このIoTを駆使したことにより、古木大咲氏は不動産価値を上げることにも成功し、不動産業界に大きな変化を与えた人物となりました。

 

 

マザーズに上場しその後東証一部に市場変更

古木大咲氏のIoT・デザインアパートメント運営会社は、2015年12月に東京証券取引所マザーズに上場し、その後東証一部に市場を移して東証一部の仲間入りを果たします。
これは、創業からわずか9年というスピードです。

では、創業からたった9年で東証一部に上場を果たすことができた理由は一体何なのでしょうか?

不動産業界の常識を覆した業務転換とは

元々、古木大咲氏が経営する会社は多くの在庫を抱えていました。

そのような状況下で業績を堅調に伸ばしていた最中、2008年9月にリーマンショックが起こります。

リーマンショックは不動産業界を震撼させ、大きな影響を与えました。

古木大咲氏が経営する会社は業績も落ち込んでいき、窮地に立たされてしまいます。

深刻な金融危機の中で、古木大咲氏はまた同様の事態が発生した時に乗り越えられるだけの力が必要だと考えるようになります。

そこでたどり着いたのが、在庫を持つことなく、顧客に対して土地選び・不動産賃貸の建設・不動産管理などのトータルサポートを行うことでした。

これにはIoT技術を応用することが必須でした。当時は不動産業界にIoT技術を取り入れたビジネスモデルを構築した前例がなく、業界からは理解が得られなかったと言います。

しかし、古木大咲氏はIoT技術の活用は不動産業界に有益だと確信していたため、その考えを貫き、業務転換を図ったのです。

IoT技術導入が時代のニーズに見合うものであり、メリットも大きいと伝え続けた結果、徐々に顧客や業界からの理解が得られるようになっていきます。

現在、不動産業界ではIoT技術を取り入れたサービスが増えてきています。

それは、古木大咲氏が先頭に立って挑戦し続けた結果なのです。

 

東証一部への上場理由は?

古木大咲氏は不動産営業としての経験やアパート経営サイト開発での経験がありました。

その経験と実績が活かされ、インターネットを活用したマッチングサービスをはじめ、IoT技術を駆使した新たなサービスを完成させたのです。

2011年、2012年と年々業績は急成長していき、2015年に東京証券取引所マザーズに上場を果たしたのです。

その後も業績は衰えることなく、着実に伸ばしていき、東証一部に市場を移しています。

東証一部上場後も、不動産賃貸や宿泊施設にIoT技術を取り入れたスマートアパートを手掛けるなど、成長し続けています。

不動産業界の常識を覆したビジネスモデルは、現在多くの企業が導入し始めるほど注目されるようになりました。

従来のビジネスモデルに執着せず、その時代のニーズを理解し新たなことに挑戦していった古木大咲氏の姿勢は、多くの方に評価されています。

スマートアパートをはじめ、IoTを取り入れた不動産賃貸は、今後もさらに幅広い方に支持されていくのではないでしょうか?

 

 

同業種の若き経営者との比較

IoTと不動産賃貸を組み合わせたことで、古木大咲氏の経営する会社は大きく成長し、注目のビジネスモデルとなっています。

ここでは、古木大咲氏のように、若くして経営者になり活躍している方をご紹介します。

 

20代で会社を創業した平野岳史氏です。

平野岳史氏は、株式会社フルキャストホールディングスの若き創業者です。

株式会社フルキャストホールディングスは1990年に創業した会社で、元々はリゾートワールドという社名でした。

軽作業の請負事業を中心とした業務を行っているのが特徴です。

創業当時29歳という若さだった平野岳史氏は、雇用の流動化が進んでいた時代に、軽作業の請負は必要不可欠になるだろうと考えました。

そうしてスタートしたフルキャストホールディングスでは、日払い給与や派遣先への遅刻防止対策モーニングコールなどを行ったことで急成長を遂げます。

しかし、労働派遣法において禁止されていた業務に派遣したとして、2007年に事業停止命令を受けてしまいます。

平野岳史氏は、経営者としてその責任を取るため、経営権の移譲を図りました。

その後、派遣業務の受注システムの徹底やオペレーション見直し、コンプライアンスの徹底など、業務改革に取り組んでいったのです。

そんな時、世界的な金融危機であるリーマンショックが起こり、業績も大幅に落ち込んでしまいます。

あらゆる困難を経て彼が感じたのは、クライアントだけでなく、登録スタッフに寄り添ったビジネスが必要不可欠であり、会社はそれに沿う事業を手掛けなければ意味がないということでした。

そもそも人材ビジネスには何か求められているのかという本質を捉え、ビジネスモデル転換に乗り出します。

現在、株式会社フルキャストホールディングスは短期人材紹介サービスを提供しており、年間20万人もの利用が見込まれているのが特徴です。

また、平野岳史氏は現在代表取締役会長として復帰しており、会社の歩みを着実に進めていっています。

事業停止からの復活を遂げた平野岳史氏は、関連会社である遺伝子検査会社「ゲノフ」における健康サービス事業や、ECOMO事業などの新たな事業をスタートさせます。

ECOMO事業は、スマートフォンの普及に伴って需要が増えた中古携帯電話の買取・販売事業です。

1つの事業に捉われることなく、新しい価値を見出し成功させた平野岳史氏は、どこか古木大咲氏に似た所があるように感じられます。

古木大咲氏も、リーマンショックを乗り越え、どんな局面でも対応できるビジネスモデルが必要だと業務転換を図りました。

それは平野岳史氏も同じで、会社が成長するためには時代のニーズにマッチした事業への取り組みが必要だと考えています。

このように、若くして創業した経営者は古木大咲氏だけではありません。

近年は、若き経営者が業界を牽引する存在になっているのです。

今回のまとめ

今回は、古木大咲氏が創業したIoT・デザインアパートメント運営会社のビジネスモデルや、東証一部への市場変更につながった急成長の理由、そして彼以外の若き経営者についてご紹介してきました。
会社として長く成長し続けるためには、既存のビジネスモデルに捉われることなく、業務転換を視野に入れた行動も必要不可欠です。古木大咲氏は、そんな強い意志と姿勢を持った実力のある経営者と言えるでしょう。