ネットワークビジネス

白石達也のリバティーレジデンツとalchemiは本当に怪しいのか?

こんにちは!
本日は、白石達也のリバティーレジデンツとalchemiについて取り上げてみます。
皆さんはリバティーレジデンツやalchemiについてどのようなイメージを持たれているでしょうか?
あまりどんなサービスなのか想像できないという方も多いでしょう。
リバティーレジデンツやalchemiに共通して言えることは、どちらも「学ぶこと」を重要視しており、学びによって経済的な豊かさや、心の余裕などが生まれるようにしています。
では、リバティーレジデンツやalchemiのサービスを利用するのは本当に信頼することができるのでしょうか?
今回は白石達也のリバティーレジデンツやalchemiのサービスについて詳しくご紹介していき、怪しいのか信頼できるのかを検証していきます。
これらのサービスが気になっている方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.白石達也のプロフィールと経歴

情報商材ビジネス界に衝撃を与えた新ビジネス・リバティーレジデンツの快進撃に注目が集まっています。
そんなリバティーレジデンツを生み出した白石達也とはどんな人物なのでしょうか?
まずは白石達也のプロフィールと経歴をご紹介します。

■白石達也のプロフィールと当時の経済状況

1986年、日本がバブル経済を迎えた頃に白石達也は生まれました。
父は某大手航空会社のサラリーマン、母は外資系企業でコントローラーとして経済や市場動向を反映させて予算を策定し、予算と実績の管理を行う職務にあたるキャリアウーマンという裕福な家庭で育っています。
白石達也には兄がいて、破天荒な性格から家族との衝突も絶えなかったそうです。
小学生の頃から論語などに興味を持つ早熟さを見せた白石達也は、中学時代には生徒会活動などにも力を注ぎ、組織のリーダー的な存在となります。
高校進学後も熱心に勉学に励んでいた反面、オシャレに気を配らないあまり周囲から次第に避けられるようになってしまいました。
見た目を蔑むような蔑称で呼ばれ、いじめの標的となった高校時代は、白石達也にとって良い思い出は少なかったようです。
白石達也が中・高校生だった頃は、金融ビッグバンが起こり日本の証券市場を国際市場へと対応させた時代です。
それまでは個人での外貨預金はできませんでした。
この頃に日本でも個人での外貨預金ができるようになり、同時にFXにて外貨に投資することも可能になったことは、母がコントローラーだった白石達也の家庭内でも大きな話題となったのではないでしょうか。
そして、白石達也が18歳を迎えた頃には、ちょうど日本のインターネット普及率が世界トップクラスになっています。

■白石達也の経歴

実業界で活躍する多くの実力者を輩出している早稲田大学商学部への進学を果たした白石達也は、在学中にソフトウェア開発・販売を行っています。
大学で学べることだけに満足せず、積極的に自己啓発やビジネス系の外部セミナーなどに参加しています。
実は、白石達也が大学在学中にリーマンショックに端を発した世界規模の金融危機が起こっています。
その煽りを受け、彼の父が勤務する某大手航空会社も経営危機に陥りました。
大企業でも安泰ではないという世相の中、白石達也はこれからの人生で幸せを掴むためには、自分自身でお金を稼ぎ資産を作っていくことが大切であると考えるようになります。
積極的に外部セミナーに参加していたのも、この経験が大きかったと言えます。
大学在学中に200万円のパートナーズクラブに入会し、伊勢隆一氏と村上むねつぐ氏との出会いを果たします。
伊勢隆一氏と開発した神龍プログラムを販売し大成功を収め、その後に発売した「ランドオブハンモックYouTuber」で記録的な売り上げを残しました。
「ランドオブハンモックYouTuber」は情報商材販売サイト「インフォトップ」で販売されていた白石達也の代表作です。
インフォトップで商材を販売するためには、厳しい審査に通過する必要があり、ここで優良商品として認められ人気NO.1となったことで、白石達也の知名度が一気に上がったのです。
「ランドオブハンモックYouTuber」では数億円という大きな売り上げを記録しています。

■白石達也の現在

当初はYouTuberとして注目された白石達也ですが、現在はネットビジネス界においてIROAS創設者として若き革命家の異名をとっています。
インターネット環境を活用して、様々な有名実業家からビジネスのノウハウを学ぶことを可能としたIROASは、多くの人々に支持されています。
白石達也はIROASを通して、コピーライティング・ニューロマーケティング・ワードプレスの運用方法・動画制作など、様々な分野の知識や技術を気軽に学ぶことを可能にしました。

情報商材ビジネスで大きな成功者となった白石達也には、移りゆく日本の経済・社会状況の中で、自分で稼ぐことの大切さを学んできたというバックボーンがあります。
白石達也の育ってきた環境や経験が、得たい知識や技術そして必要なサポートを提供するというビジネスを生み出す原動力となったと言えるでしょう。

2.白石達也のリバティーレジデンツとは

白石達也が手掛けているサービスの1つにリバティーレジデンツというものがあります。
新しい収入スタイルで仮想通貨に関する知識や投資方法、節税テクニックなどを学ぶためのサービスです。
基本的にはIROAS会員を対象にオンライン講座が行われていますが、非会員でも利用することができます。
それでは、リバティーレジデンツの特徴について解説していきましょう。

■白石達也のリバティーレジデンツとは

リバティーレジデンツは白石達也が独自で生み出した仮想通貨で成功するためのポイントを学ぶことができる教材です。
ここでは4つのポイントを基盤に、投資方法を進めていくようアドバイスしています。

1.なくなってもいい資金金額を決めておく
2.出口をしっかり決めておく
3.堅実な投資スタイルにするのか、一発逆転を狙った投資スタイルにするのか
4.投資スタイルに合った資産分配を組むこと

仮想通貨で成功するためにはこのようなポイントを最低限抑えておく必要があります。
仮想通貨は興味があるだけでは取引に失敗してしまう可能性が高いので、きちんと概要や専門的な知識を備えていなければいけません。
リバティーレジデンツでは仮想通貨を活用しながらこれまでにない収入システムを構築することができますが、これは自分の生き方を選択することにもつながるのです。
何も縛られず自分が思うまま生きていくことを実現するために作られた未来型のプログラムと言っても良いでしょう。
収入を安定させるためのサポートも充実しているため、リバティーレジデンツを活用して運命を切り開いた方も少なくありません。

■リバティーレジデンツの目的

仮想通貨は今後、私たちの身近なものになっていくことは間違いありません。
仮想通貨について深く学ぶことができるコンテンツをリバティーレジデンツと言いますが、これを創設しようとした本来の目的をご存知でしょうか?
リバティーレジデンツは「居住地の自由」をテーマにしています。
これは自分の好きな国や地域で自由に生活していける環境のことを指しますが、本質的な部分を言うと白石達也の願いでもあるのです。
好きな環境で暮らしていくにはその場所に適した言葉や文化、風習など最低限の知識が必要になります。
こういった現状から旅行・移住・語学・ネットビジネスなどの他分野も学べるようになっているのがリバティーレジデンツです。
パソコンとインターネット環境が整っていればどこにいても利用することができるので、自分の好きなタイミングで情報を入手することができるでしょう。
仕事や育児、家事などの合間を使って必要な知識を学んでみてください。

■リバティーレジデンツの仕組みについて

冒頭ではリバティーレジデンツはIROAS会員に向けられた教材プログラムであるとご紹介しましたが、どのような体制で学んでいけば良いのでしょうか?
リバティーレジデンツはまず専用のサイトにアクセスし、会員登録を行います。
サイト上では様々な講座が用意されており、好きな講座を受講することが可能です。
お金や株式市場の歴史、ブロックチェーンの技術、節税など幅広い知識を学ぶことができるでしょう。
最新の仮想通貨事情についての情報も入手できるので、すでに仮想通貨を始めている人にも有効なコンテンツとなっています。
最初の手続きが完了すればあとは好きなコースを選択してサービスを利用していく流れです。
リバティーレジデンツはオプトインATMシステムの稼働ポイントやビジネスアイディアなどの情報を毎月受け取ることができるので、投資取引で売買するタイミングに有益なレポートを手に入れることもできます。

リバティーレジデンツはオンライン講座での学習スタイルになるため、インターネット環境さえ整っていればいつでも利用することができます。
仮想通貨や株式市場に関する知識や自由な居住を手に入れたい人の手助けになってくれるのではないでしょうか。

3.白石達也のalchemiとは

白石達也が手掛けている情報商材の1つにalchemiというものがあります。
alchemiは、インターネットを活用することによって、全国どこにいても効率の良い学習を実践することができるプラットフォームです。
そんなalchemiは、白石達也が創立した株式会社ALCHEMATIONで提供されています。
学んだコースに合っている仕事で収入を得ることができたり、インターンに参加することで実力をつけられる環境を提供するのがalchemiです。

■alchemiにはどのような特徴があるのか

alchemiは、インターネットを活用することによって、最先端の知識を学ぶことができるプラットフォームです。
alchemiを利用した人は、学んだ内容を活かした仕事ができるようになるだけではなく、実践力を身に付けることもできます。
そのため、成長を続けるために必要なノウハウを自分のものにできるのです。
そんなalchemiでは、誰でも手軽に登録できるシステムになっているので、ITや金融、デザイン、語学、ビジネススキルなど様々な分野で活躍している専門家が講師として学習をサポートしてくれます。
また、alchemiの講師は、講師自身も成長していくことができる仕組みになっているので、多様な教育が求められる今の時代に合った学習スタイルを提案できると言えるでしょう。
alchemiでスキルを伸ばすことができれば、キャリア形成の構築もより手軽になることも期待できます。

■自分にあった学び方ができる

alchemiは、動画を利用した学習方法を採用しています。
そのため、自分のペースで勉強をしたいという方にも向いていると言えるでしょう。
ライフスタイルを変えることなく、様々な知識を学ぶことができるため、多くの人がメリットを感じられます。
alchemiが提供しているコンテンツは、日本国内でもトップクラスの専門家が監修しているため、もしも気に入った講師を見つけることができた場合は、直接会って話をすることもできます。
alchemiでは、学習のためのプログラムを提供するだけではなく、セミナーの開催も行っているので、専門家の講演会に参加することも可能です。
つまり、インターネット上での学びだけではなく、直接学ぶ機会も設けられているのがalchemiの特徴の1つということになるでしょう。

alchemiは、様々な分野について学ぶことができる画期的なツールです。
自分に合うコンテンツを見つけることができれば、専門的な知識を身に付けて、その分野で活躍することも夢ではありません。
alchemiは将来性があるので、これからも注目されると考えられます。

4.リバティーレジデンツとalchemiは怪しいのか!?

白石達也が手掛けている情報商材は、その詳細を知らない人からすると怪しいのではないかと思われることもあるでしょう。
なぜ怪しいと言われてしまうのかというと、それは情報過多な現代の弊害だと言えるでしょう。
世の中には、良い情報も悪い情報もたくさん出回っています。
その中でどの情報が正しいのかを見極めなければいけないのです。
ここでは、リバティーレジデンツとalchemiという情報商材が怪しいものかどうかについて再度確認してみましょう。

■リバティーレジデンツは怪しいのか怪しくないのか

近年、流通し始めた仮想通貨は、将来的にも伸びしろがあると考えられています。
リバティーレジデンツでは、そんな仮想通貨について正しい知識を身に付けられる情報商材なので、リバティーレジデンツでの学びは仮想通貨投資において必要になっていくことでしょう。
仮想通貨に関する知識だけではなく、投資に関する知識や経済に関する知識もリバティーレジデンツで学ぶことができるので、様々な観点から仮想通貨を見ることができるようになります。
仮想通貨を始めようと思った時に、仮想通貨に関する正しい知識を持っていなければ上手くいかないのは当たり前です。
そんな時こそ、正しい情報が詰まっているリバティーレジデンツを活用すべきだと言えるでしょう。
リバティーレジデンツは、専門的な知識が書かれたレポートをお試しで読むこともできるので、経済に関する知識を身に付けていくためにも有効です。
またリバティーレジデンツでは、知識があまりない人に向けたサポートも行っています。
仮想通貨や投資に関する知識があまりない人に、専門的な話をしても難しいだけなので、そのような人に向けて仮想通貨の必要性、投資の方法などを紹介しているのです。
そのような内容の方が初心者にとっては取り掛かりやすく、徐々に知識を蓄えていくことにつながっていきます。

リバティーレジデンツの内容を見てみると、怪しいと思う人はいないのではないでしょうか。
初心者から慣れている人までサポートをしてくれるため、かなり有益な情報商材だと言えるでしょう。

■alchemiは怪しいのか怪しくないのか

alchemiは、インターネットを活用して自分のペースで学習を進めることができるプラットフォームです。
インターネットを活用した学習なので、本当に知識を身に付けられるのか不安に感じる人もいるかもしれません。
しかし、alchemiは自分のペースで学習を進めるためにもインターネットを活用しているため、必ずしも不安要素だけではないと考えることもできます。
また、日本国内でトップクラスの知識を持つ人が講師になっているので、セミナーなどを頻繁に開くこともできないでしょう。
そのため、動画を配信した方が多くの人に見る機会を提供できると言えます。
もちろん、実際に講師のセミナーなども行われているので、直接対面で学ぶ機会も用意されています。
これはalchemiならではの特徴であり、メリットだと言えるのではないでしょうか?
alchemiでは、いくつもの分野から自分に合うものを選ぶことができるので、将来的に専門家として活躍できる可能性を高めることができます。

alchemiは、インターネットを活用した最先端の学習方法を提供しています。
そのため、従来のやり方にこだわりがある人にとっては受け入れがたいかもしれません。
しかし、時代の変化とともに、学習方法も変化していきます。
つまり、alchemiは最先端の方法を取り入れているだけで、怪しい要素はないということになるでしょう。

リバティーレジデンツとalchemiがどのようなものか再確認をしました。
内容を振り返ってみると、怪しい要素はないと改めて感じてもらえるのではないでしょうか?

5.白石達也のまとめ

白石達也は、若くして実業家として成功した人物です。
情報商材ビジネスの世界に大きな衝撃を与えたことでも知られていて、注目されている人物でもあります。
エリートな家庭に育った白石達也は、中学生の頃に生徒会活動に参加するなどリーダーとしての才能を見え隠れさせていました。
高校進学後も相変わらず勉強に励んでいましたが、オシャレや流行に興味を持っていなかったことが原因でいじめの対象になってしまいます。
見た目を中傷するようなあだ名をつけられるなどの経験は、白石達也の心に大きな傷を残したのです。
そんな中でも、勉強への志を捨てることがなかった白石達也は、高校卒業後、早稲田大学商学部へと進学します。
大学在学中は、ソフトウェアの開発や販売を行うなど、自分のやりたいことを見つけて続けていました。
そんな中、父が勤めていた大手航空会社が倒産に倒産の危機が訪れます。
それをきっかけに白石達也は、大手企業に勤めても確実に安全だとは言えないということに気が付きます。
白石達也が実業家になるきっかけは、このような経験から来ているものと考えられます。
その後、情報商材を販売するインフォトップというサイトで記録的な売り上げを残した「ランドオブハンモックYouTuber」の開発に成功しました。
「ランドオブハンモックYouTuber」は、伊勢隆一氏と開発した神龍プログラムの後に販売されたものですが、神龍プログラムでも大きな成功を収めています。

そんな白石達也は、リバティーレジデンツとalchemiといった情報商材でも成功しています。
リバティーレジデンツとalchemiはどちらもこれまでにはなかった学習方法を提案しています。
リバティーレジデンツは、仮想通貨について学べる情報商材で、投資をするために必要なポイントや仮想通貨に関する様々な情報を知ることができるツールです。
またリバティーレジデンツはオンラインコンテンツになっているので、インターネット環境があればいつでも・どこにいても利用できるというメリットがあります。
そしてalchemiは、インターネットを活用して様々な専門知識を学べるツールとなっています。
インターネットで動画を見るという学習方法なので、自分の都合に合わせて学ぶことができるため、セミナーなどの開催のタイミングを見計らう必要もありません。
もちろんalchemiが主催するセミナーもあるので、専門家から直接学ぶ機会も設けられています。
白石達也が手掛けているリバティーレジデンツとalchemiは、どちらもインターネットを活かした学習を提供しているので、現代に合った方法だと言えるでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。