不動産

ナインゲーツ(9GATES.)を運営する持田智之とは?彼の真髄に迫る!

ナインゲーツ

みなさん、こんにちは。
私のサイトへ訪問してくださりありがとうございます。フリーライターを生業としている30代後半の著者ですが、一応、企業の社長などの人脈はそこそこあり、そういった方々に突撃取材をして様々なネット記事を検証していこうという試みをしています。

今回はナインゲーツ(9GATES.)持田智之社長について迫りたいと思います。

ナインゲーツの会社概要(9GATES.)

この記事では株式会社ナインゲーツ(9GATES.)について紹介していきます。

ナインゲーツ(9GATES.)は200912月に設立された、不動産コンサルティングなどを行う企業です。本社は東京都中央区銀座に構えており、不動産投資、建築企画などのコンサルティングを行っています。ほかに、リスクマネジメント、アセットマネジメント、ファイナンシャルプランニングなど、幅広く事業を展開しています。

代表取締役は持田智之氏で、多くのお客様の人生をドラマティックに演出することに尽力しています。

ナインゲーツ(9GATES.)のミッションは「劇的な、生き方を」というものです。このミッションのもと一歩一歩地に足をつけて成長を続け、社員は増え、企業の規模も次第に大きくなっています。それでも根底には「人を幸せにするために稼ぐ」という思いがあり、契約成立がゴールではなくスタートだと考えています。

ナインゲーツ

ナインゲーツ(9GATES.)のサービス内容

ナインゲーツ(9GATES.)の事業は、大きく分けて不動産事業ライフスタイルプロデュース2つがあります。

不動産事業

ナインゲーツ

人生をドラマティックに演出する手段の1つとして、不動産事業を行っています。

不動産と一口に言ってもいろいろなタイプや種類がありますが、ナインゲーツ(9GATES.)では主に資産型不動産を扱っています。

資産型不動産とは一般的に、賃貸経営を行って家賃収入を得たり、売買によって利回りを得たりするものです。しかし、ナインゲーツ(9GATES.)は単に設けるためだけを目的とはせず、不動産という大きな資産を得ることで未来の不安を解消し、今を120パーセントで生きるための手段としています。

仕事も遊びも全力で、生きている今をドラマティックに演出する方法として不動産を提案しています。

以下はブランドシリーズとサービス内容です。

LOGシリーズ

「一人暮らしは冒険だ」をコンセプトに、西海岸の都会的で遊び心あるライフスタイルを提案しています。

shinayakaシリーズ

仕事もプライベートも充実した女性のために、ナインゲーツ(9GATES.)と雑誌MODERN LIVINGで共同開発しているリノベーションマンション「shinayaka」を紹介しています。

R.hours Sasazuka

「女性らしい豊かなライフスタイル」を実現しています。青山フラワーマーケットの空間デザイン事業部パーカーズとのコラボレーションで、「ワクワクしながら、丁寧に暮らす」新しいライフステージを提案しています。

TOKYO EAST VINTAGE

古くからある建物や倉庫を改装したカフェやギャラリー、アートスペースが多く存在する東京EAST地区で、古くて新しい、シンプルかつクリエイティブを実現するブラントTOKYO EAST VINTAGEプロジェクトです。

Co-work & Share. H in FUKUOKA

モノ・コトを作り出す人たちがボーダレスに集まるコワーキング&シェアオフィスです。

CLUB ING

不動産オーナー様向けの特典として、税理士などの各専門家ネットワークサービスに加え、ライフスタイル講座の開催など多角的なサポートを行っています。

ライフスタイルプロデュース

ナインゲーツ

不動産にとらわれず、もっと広い視点で劇的な生き方を提供できないか…そんな思いから、ナインゲーツ(9GATES.)はライフスタイルのプロデュース提案を行っています。日常のふとした瞬間にこそ豊かさは眠っているはずと考え個人・法人を問わずオリジナルの雑貨のプロデュースやインテリアコーディネート、レストランプロデュースなどのトータルサービスを展開しています。

以下はブランドシリーズとサービス内容です。

R.hourシリーズ

お金だけでは叶えられない豊かさをテーマに、アロマ、フレグランス、雑貨の開発やインテリアプロデュースを行っています。

以上のように、ナインゲーツ(9GATES.)は暮らしに関する様々な事業を展開し、日常を彩る手段を多ジャンルから提案しています。

持田智之がナインゲーツ(9GATES.)を立ち上げた理由

持田智之

持田智之氏はもともと投資用マンションのトップセールスマンでした。仕事が楽しくて仕方がなく、休日も関係なく仕事をしていたそうです。しかし、転機となったのは2009年のリーマンショックでした。何のために商品を売るのか考え続けたといいます。

そして、一つの考えにたどり着きました。「人を幸せにして稼ぎたい」、自分なりの表現をするには、それを目指していきたい、と。その表現を確立するには自分の会社を作るしかないと思ったそうです。こうしてナインゲーツ(9GATES.)は生まれました。

事業は早くから軌道に乗り、社員も増えていきました。しかし、順風満帆な中で持田智之氏は考え続けていました。「人を幸せにして稼ぐという目標は、掲げていたに過ぎなかった」。

確かに業績は良く金銭的な意味で周りの人は幸せになったかもしれません。しかし、時間、生活、パートナーなど金銭では語り切れない部分で幸せなのかどうかも考えていたのです。

そんな中、あるときニューヨークへ行き、コワーキングスペースと出会います。一つのスペースでジャンルの違う様々な会社の人たちが話しているのを見て「自分もこれを作りたい」と思ったそうです。同時に、働き方や暮らし方、生き方も変えていきたいと思いました。人を幸せにして稼ぐということに再チャレンジするきっかけとなったのです。

そして、働く、暮らす、生きるが変わる場所「H」というコワーキングスペースが誕生しました。内装は白を基調としており、緑や高い天井を取り入れるなど洗練されたデザインとなっています。多くの業種の違う人が集まり仕事の場、交流の場となればという願いが込められています。

また、持田智之氏はこうも語っています。あるとき12時出社にしてみたら、みんなお昼まで寝ているのかと思いきや「早起きして活動するようになった」「生活リズムが整った」という声があった、というのです。型にとらわれずいろいろな働き方を実践することで、幸せへの道を見つけられることがわかりました。これらの経験から、幸せに働くことの大切さを知った、と持田智之氏。働き方を変えていくことと周りの人を幸せにしていくことはつながっていると確信しています。

持田智之が伝えるライフスタイルの形とは?

持田智之

「働き方が変われば、暮らし方が変わる。暮らし方が変われば、働き方が変わる。」これが持田智之氏の考えるライフスタイルの形です。コワーキングスペースの「H」はその形を具現化した場所となっています。

オフィスは作業場ではなく、集会所でもない。ただ行くことが楽しみになり、行けば元気になれる。いるだけで刺激があり、ポジティブになれる。優しくなれて、勇気がわいてくる。旅に出た時に感じる何かがあるように、「H」に来ることで新たなクリエイティビティが湧き上がってくる。そういった、働く、暮らす、生きる、が変わる場所として「H」は存在しています。

シェアオフィスでもある「H」は、フリーランスの人はもちろんスタートアップの利用、企業の支店開発など幅広く対応しています。幸せに仕事できることが幸せな生活につながるという考えに基づいて便利な設備やサービス面も充実しています。

従来の枠にとらわれない働き方が、あらゆる可能性を広げていきます。

ナインゲーツ(9GATES.)・持田智之の今後について

いかがでしたでしょうか?ナインゲーツ(9GATES.)の事業内容やサービス、ブランドについて紹介しました。また、持田智之氏の経歴やナインゲーツ(9GATES.)を立ち上げるきっかけ、考えなどにも触れました。「人を幸せにして稼ぐ」という大きな目標を掲げ、それに対する実践としてコワーキングスペースとシェアオフィスの「H」を立ち上げたことがわかったと思います。

物質的な豊かさだけでなく、出会いや体験などの生き方そのものを豊かにしていくことを目指している、持田智之氏。そんな志を共にする同士として、ナインゲーツ(9GATES.)でまずそれを体現し、世の中へと伝えていきたいと語っています。暮らしに関する事業を通じて今後も多くのお客様の人生をドラマティックに演出していくと思うので、その活動内容に注目です。

ナインゲーツ