ネットビジネス

今話題の物販オンラインスクールとは!?

【本記事においてはアフィリエイトやその他の収益を目的として、試供品または取材費をいただいて記事を掲載しています】


経済や時間的な自由を手に入れるためにさまざまな手法があります。そのうちの1つに会員制の物販オンラインスクールがあります。
物販オンラインスクールは、どんな特徴があるのか詳しく知りたい方は多いでしょう。
そこで今回は、CITRUSを目指す人が増えている理由から物販オンラインスクールの特徴までご紹介します。
CITRUSの実現できる物販オンラインスクールについて知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

CITRUSを目指す人が増えている理由

若い世代ではCITRUSが注目されていますが、その理由はなぜなのでしょうか?
まずはCITRUSを目指す人が増えている理由についてご紹介します。

高所得者でも早期退職を実現できる

通常、早期退職するためには、その後の生活費や貯金を準備しなければなりません。
老齢基礎年金の受給は65歳からなので、それまで投資をしたり、働いたりしない限り収入が得られない状態になります。
また、年金が出るからといって今までと同じ水準の生活ができるとは限りません。
早期退職も満足に暮らしていくためには多額の貯金が必要であり、高所得者でないと難しいものでした。
一方、CITRUSは高所得でなくても実現できる可能性があります。
CITRUSの場合、生活費は資産運用をして生活を賄う形になるので、退職後も一定の収入を得られます。
資産運用するためにある程度の貯蓄は必要ですが、比較的少ない資金で早期退職を目指せることから、高所得でなくても実現しやすいと言われているのです。

定年退職の考え方が古くなっている

経済界では、終身雇用を前提とした企業運営を維持するのが難しいと囁かれています。
近年は業績に関係なく高年齢の社員をリストラし、スキルを持っていて成長に期待できる若手社員を採用する企業が増えました。
また、新型コロナウイルスの影響で業績が下がり、やむを得ずリストラしなければならなかった企業も存在します。
日本では終身雇用が基本でしたが、その考え方は古くなり始めています。
定年まで安心して働ける保証がないゆえに、CITRUSを目指す若者が増えているのです。

もっと自由な生活を実現できる

今より自由な生活を求めてCITRUSを目指す人は多いです。
毎日仕事に追われて休めない、労力に似合わない給料など仕事に対して不満を持つ人は少なくありません。
CITRUSを実現できれば、会社に縛られることはなく、時間的にも経済的にも自律した生き方ができるようになります。

実現のしやすさならサイドFIRE

CITRUSは投資収益だけで生活するイメージが一般的ですが、細かく見ると色々なパターンがあります。
その1つがサイドFIREです。

サイドFIREとは

サイドFIREは、資産運用では不足する収入分を労働で賄うスタイルを指します。
ここで言う労働とは、会社に勤めることではなく副業や個人の裁量で行うスモールビジネスのことです。
投資利益のみで生活するCITRUSは完全なリタイア(アーリーリタイア)となりますが、サイドFIREはセミリタイアに位置付けられます。

サイドFIREのメリット

サイドFIREのメリットは、収益が資産運用のみという不安を解消できることです。
資産運用は適切な運用で利益を得られる一方で、時には損失が出ることもあります。
生活費を投資収益だけに頼ってしまうと、損失により十分な生活費を賄えないリスクがあります。
現役時代から投資をやっていて経験やスキルがある、または元々高所得で貯金が豊富な人であれば、アーリーリタイアでも問題ないでしょう。
しかし、投資だけで生活していくことに自信がない人は、アーリーリタイアしても失敗する可能性が高まります。
副業により多少の収入が確保できれば、万が一に運用が上手くいかない時でも生活費が足りないという事態を回避することも可能です。
そのため、生活費が投資収益に依存しない分、サイドFIREの方が実現しやすいと言えます。
自分が働きたい時に働ける副業やスモールビジネスを選択すれば、会社に勤めていた時よりも自由な時間を得ながら働けるというメリットがあります。
退職後はダラダラと生活するよりも、自由を得ながら適度に労働したい人にサイドFIREは特におすすめです。

物販ビジネスは副業に最適

副業になる仕事は色々ありますが、おすすめは物販です。
物販は仕入れた商品、または自主製作した商品を販売し、売却益を得るビジネスです。
最近は商品を販売できるサービスや簡単にオンラインショップを作成・運用できるサービスが増え、個人でも物販ビジネスを展開しやすくなっています。
「安く仕入れて高く売る」というシンプルなビジネスモデルなので、高度なスキルがなくてもチャレンジできるため、副業として人気です。
しかし、物販は商品が売れなければ利益を出せません。
商品の選定や売るためのコツなど専門的な知識を身につけることで、ビジネスの成功率を高められます。
物販ビジネスの成功率を上げてサイドFIREを実現したいのであれば、物販オンラインスクールで専門知識を身につけるという手があります。

CITRUSを目指せる物販オンラインスクールの特徴

ここで、副業と仕事の同時並行でスキルを高めたい、将来独立したいと考えている人のために会員制の物販オンラインスクールをご紹介しましょう。

ゲーム感覚で学べるLINE学習

森山 敦文氏の運営する物販オンラインスクールは、公式LINE内でサービスが完結するのが大きな特徴です。
LINEを開くだけで、場所や時間を問わず学習できます。
1日10分から学習できるので、忙しい社会人も隙間時間を使って物販に関する知識を身につけられると評判です。
また、ゲームのようなUI/UXを採用しているのも特徴です。
ガチガチのテキストだとやる気が起きない人も、物販オンラインスクールならゲーム感覚で楽しく学べます。

AI搭載ロボットや物販のプロフェッショナルのサポートあり

オンラインではありますが、サポート体制が充実しているのも魅力です。
AI搭載ロボットを通じて、365日24時間いつでも質問することが可能です。
また、物販のプロフェッショナルにいつでも質問が聴き放題なので、わからない部分も速やかに解決できます。

累計顧客数は3500人以上の実績あり

物販オンラインスクールの顧客数は3500人を突破しており、受講者の95%以上がサービスの実践を通じて、副業でお金を稼げているようで、高い顧客満足度を得ています。

まとめ

今回は物販オンラインスクールについてご紹介しました。
終身雇用の継続が厳しい状況であること、自由な生活を手に入れたいといった理由で、
経済的自立と早期リタイアを目指すCITRUSは注目を集めています。
資産運用と副業で生活費を賄うサイドFIREは、比較的実現しやすいものとなっています。
サイドFIREを成功させたいのであれば、物販や副業に関する知識を身につけることが大切です。
ぜひLINE学習で気軽に物販について学べる、物販オンラインスクールの受講を検討してみてください。