企業の概要

平文俊全氏が代表を務めている株式会社ノーバル・ホールディングスってどんな会社?

この記事では、平文俊全氏が代表取締役を務めている株式会社ノーバル・ホールディングスについてご紹介していきます。
世界中が注目している再生可能エネルギーに興味を抱いている企業も多いでしょう。
しかし、どういった場所に設置すればいいのか、開発許可や転用許可などは難しいのではないか、本当にエネルギーを確保できるのか、といった様々な悩みもあるはずです。
そんな時に、手助けとなる企業が株式会社ノーバル・ホールディングスなのです。
発電所の開発から運営まで一連の流れをノンストップで取り組んでくれるので、手間をかけることなく設備を保有できます。
株式会社ノーバル・ホールディングスがどういった企業であるのか、代表取締役の平文俊全氏についてもご紹介しながら解説していきましょう。
再生可能エネルギーの普及に貢献したいと考えている人は参考にしてください。

株式会社ノーバル・ホールディングスの企業概要

まずは、株式会社ノーバル・ホールディングスがどういった企業なのかざっくりとご紹介していきましょう。
株式会社ノーバル・ホールディングスは、資本金は50,000,000円で再生可能エネルギーの普及を目的とした独立系の投資グループとなっています。
自社で保有している目的案件の開発のみならず、他社の発電所を建設するための助成業務や共同投資事業も実施しています。
また、純粋持株会社として子会社の管理を担当し、合同会社ノーバル・テクノロジーと合同会社ノーバル・ソーラー、合同会社ノーバル・ウインドという3つの会社を管理しています。
それぞれの事業目的は以下の通りです。

【合同会社ノーバル・テクノロジー】
・エネルギー事業の企画開発、管理
・不動産の取引
・機器や資材調達
・機器や資材の販売
・発電設備設計

【合同会社ノーバル・ソーラー】
・太陽光発電設備の保有

【合同会社ノーバル・ウインド】
・風力発電設備の保有

【株式会社ノーバル・ホールディングスの会社概要】
名称:株式会社ノーバル・ホールディングス
代表取締役:平文俊全氏、平文暉朗氏(共同代表)
本社:茨城県つくば市島名4372番地
九州営業所:福岡県福岡市中央区今川2-3-3 1F
取引銀行:三井住友銀行 つくば支店、みずほ銀行 柏支店

株式会社ノーバル・ホールディングスはどういった事業を行っている?

ここでは、株式会社ノーバル・ホールディングスの事業内容や実績について詳しくみていきます。
依頼する際には、実績などをみることで信頼できる企業であるのか、判断できる材料となるでしょう。
株式会社ノーバル・ホールディングスは、日本において 再生可能エネルギーの普及を目指そうとしている企業で、社内だけではなく社外の各分野の専門家によるサポートをもらいながら発電所の開発から運営まで提供している企業となります。
自社で保有している案件の開発だけではなく、他社の発電所を建設するためのサポート業務も行い、普及を目指し運営しているのです。
太陽光発電設備の発電所開発から運営までの一連のプロセスは以下の通りです。

①用地の取得

太陽光発電設備の設置に最適な用地を見つけ、土地の所有権を調査した後、その持ち主との交渉によって売却希望額などのすり合わせを実施していきます。
ただし、どんな土地でも発電事業が実行できるとは限らず、調査には一定の期間がかかるので注意しましょう。

②行政確認

用地の候補地によって開発に抵触する法令や条例があります。
森林法や農地法、埋蔵文化財保護法などに該当するケースでは、開発許可や連用許可の取得が必須となります。

③設計

面積や地形などを考慮し、発電規模が決まります。
その際に一度設計が実施されます。

④電力会社との協議と認定取得

電力会社と系統連系方法や費用負担に関しての協議を実施し、経済産業省に事業計画認定の申請を行います。
その後、電力会社と接続契約をし、固定価格買取制度に基づいて売電単価が確定されます。

⑤発注

用地に設備を建設するため工事進行スケジュールを立て、資材や工事要因の手配を実施します。

⑥造成スタート

周辺環境に配慮をしながら土地の造成を実施していきます。
工事期間に関しては、地形によって違いがあるので気になる場合は相談してみましょう。

⑦建設スタート

土地の造成が終了したら発電設備の建設がスタートします。
その他にも、外周フェンスや警備システムも建設され安全性を高めていきます。

⑧完成

電力会社の送電網に設備が連携されたら完成です。
その後、運営が中心となり定期的にメンテナンスが実施され、非常時の対応も行われます。

株式会社ノーバル・ホールディングスのこれまでの実績をみてきると、茨城県つくば市や常陸大宮市、千葉県香取市や栃木県芳賀郡市など、あらゆる地域に太陽光発電が建設されています。
茨城県の太陽光会社のなかではNo1で、今後は鹿児島県や熊本県にも設備が完成する予定です。
今後もさらなる発展が予測できるでしょう。

株式会社ノーバル・ホールディングスの代表を務める平文俊全氏について

仕事を依頼したい場合、企業内容だけではなく企業の代表を務めている人物がどういった人であるのか気になる人もいるでしょう。
信頼できるような人物であれば安心して仕事を依頼することにつながります。
株式会社ノーバル・ホールディングスの代表取締役を務めているのは「平文俊全」氏です。
平文暉朗氏と共同で代表を務めているのですが、平文俊全氏に関する情報はネット上で見つけることはできませんでした。

しかし、これまで茨城県内でたくさんの設備を設置した実績があり、茨城県内の太陽光会社のなかではNo1の実績を持っている企業です。
その点だけでも信頼されている企業だということがうかがえるでしょう。

また、これまでに発電設備の設置においては反対運動も起こっていました。
安心した生活が脅かされるのではないかと住民にとっては不安材料だったのでしょうが、
その住民から届く不安な声に対し、根拠や理由も併せて回答していました。

Q「大雨などの自然災害の影響があるのではないかと不安」
調整池を設置することにより、下流の排水設備の負担を減らし、土砂崩れや事故などの危険性を軽減させる計画であるとしています。
洪水の防止や河川へ土砂が流入しないように想定して設置するため、今現在の設備よりも調整池を設置することで、より安全性の高い環境になると説明しています。

Q「使わなくなったら産業廃棄物になってしまわないのか?」
ノーバル・ホールディングスは企業としてFITによる固定価格買取期間終了後も継続して売電事業を行っていく方針であるため、短期間ですぐに産廃になるとは考えにくいです。また、もし事業自体が廃止になってしまったとしても、適切に機材を撤去するための費用捻出まで想定済みであるため、そのまま産廃が放置されることもないでしょう。

Q「太陽光パネルの設置によって気温が上昇してしまうのではないかと不安」
他社の事例では、太陽光パネルからの反射光で周辺の建物内の室温が上っていたこともあるようです。
しかし、今回ノーバル・ホールディングスが手掛ける福岡県飯塚市の案件では、そういった事例とは異なり、太陽光パネルは住宅街方面ではない「南」に向けて設置することとなっています。反射光が長時間住宅街に向くことがない設計になっているため、気温上昇は発生しないだろうとしています。

大雨が降った時に事故が起きないか心配している住民に対しては、下流の排水設備の負担を軽減できるよう調整池の設置を提言しています。
天災や電気機器異常などのトラブルが発生した際の対処法などもきちんと定めており、少しでも不安を取り除こうと策を考えていることが分かるでしょう。

太陽光発電所建設に対する反対運動

過去の他社の事例では、住民の理解を得ないまま太陽光発電所の建設を誘致し、
開発する共同事業体が決まった後に、住民が反対運動を起こす事例もありました。
もともと中学校を建設する予定であった場所に、住民に十分な周知をしないまま太陽光発電所の計画が進んだことで、将来の教育環境を見込んで近所に家を購入した人など多くの住民が不満を持ち、建設計画に反対しました。

しかし周辺住民が気づいた時には、後戻りできない段階まで計画が進んでおり、結果的に太陽光発電所の開発は進められたようです。

反対運動と聞くと、太陽光発電所の開発を進める事業社や企業が悪者とされる印象が強いですが、実際には自治体が住民とのコミュニケ―ションを十分にとれていないが故に、反対運動が起きている事案も少なくないのではないでしょうか。

参考:https://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1303/25/news025.html

株式会社ノーバル・ホールディングスのエネルギー事業

最後に株式会社ノーバル・ホールディングスのエネルギー事業についてみていきます。
太陽光発電設備の設計や建設、メンテナンスのみが仕事だと考えている人もいるでしょうが、株式会社ノーバル・ホールディングスでは風力発電設備の保有もしています。子会社でもある合同会社ノーバル・ウインドが取り組んでいる事業です。

風力発電は、風の力でエネルギーを作り出しています。
昼夜問わず稼働できるため、太陽光発電よりもエネルギーを作り出せる可能性も秘めているのです。
また、風力発電は山間部だけではなく海の上に設置する洋上風力発電も多く計画されています。
日本では、欧米諸国と比較すると導入に遅れが見えていますが2000年以降の導入件数が増えていき、今後も設備設置の増加が見込める事業でしょう。

まとめ

ここまで株式会社ノーバル・ホールディングスの事業内容について詳しくご紹介してきました。
再生可能エネルギーが注目されている現代だからこそ、より発展が期待できる企業だと考えられます。
太陽光発電や風力発電の事業に携わり、今では茨城県内で多くの実績を持っています。
今後も普及を目指していくことで、日本の様々な地域に設備を設置していくことが予想でき、日本のエネルギー自給率アップにも貢献していく企業だと言えます。
商社を介さず、仕入れがうまいという特徴も持つ企業なので、今後さらなる発展を予測し注目していきましょう。