企業の概要

再生可能エネルギーで発電を行うアールエスアセットマネジメント!その実績は?

アールエスアセットマネジメント

アールエスアセットマネジメントは、太陽光発電を中心とした再生可能エネルギーを活用する事業を行っている会社です。
再生可能エネルギーを行っている業者の中でも、かなり大きな実績を残している会社となっています。
今回はそんなアールエスアセットマネジメントがどのような会社なのか、どのような事業を行っているのか、これまでに残してきた実績や今後の展望などについて見ていくことにしましょう。
アールエスアセットマネジメントの実績に興味がある人はぜひ目を通してみてください。

アールエスアセットマネジメント

アールエスアセットマネジメントはどのような会社なのか?

アールエスアセットマネジメントは、2013年3月に設立された会社です。
現在の代表取締役社長は、高村勇一氏が務めています。
主な事業内容は、太陽光発電設備などの再生可能エネルギー関係のファンドに対するアレンジメント事業とインベストメント事業、そしてそれらの事業に付随する関連業務となっています。
主要取引先が、株式会社SBI証券やSBIマネープラザ株式会社、リコーリース株式会社、京セラコミュニケーションシステム株式会社、東京産業株式会社、ダイワハウス工業株式会社などとなっているため、しっかりとした地盤を持つ会社だと言えるでしょう。
現在の代表を務める高村勇一氏は、「クリーンエネルギーの供給を通じてインフラを変え、次世代の日本へ」という目標を掲げ、事業を進めています。
そのため、今後の成長性もかなり期待できると考えられているのです。

アールエスアセットマネジメントが行っている事業について

アールエスアセットマネジメントは、太陽光発電設備などの再生可能エネルギー関係のファンドに対するアレンジメント事業とインベストメント事業を行っています。
続いては、アールエスアセットマネジメントの実績を生み出してきた事業についてみていきましょう。

【アレンジメント事業】

アレンジメント事業では、これからの時代を支える若いアセットマネージャーを中心とした業務が行われています。
「安全かつ安定した電力供給への貢献」という企業理念を実現するためのスキーム構築を目指しているのです。
アレンジメント事業の中には、ファンドストラクチャー業務と運営管理業務があります。

ファンドストラクチャー業務は、太陽光発電投資における収益の安定を実現するために行われています。
収益の安定は、電力会社が用意している20年間固定買取制度を活用することによって実現できるため、アールエスアセットマネジメントでも活用しながら投資家のサポートを行っているのです。
また、特別目的会社に太陽光発電設備の設置やメンテナンスなどを一括で委託しているため、効率化を図れるだけではなく、初期コストを抑えられます。
それだけではなく、資産管理コストも抑えられるので、投資家にとってのメリットは大きいと言えるでしょう。

そして運営管理業務は、特別目的会社による資金の運用状況や設備メンテナンスの状況をその都度提供しています。
よりタイムリーな情報を提供することで、投資家が安心できる環境を生み出していると言っても過言ではないでしょう。

【インベストメント事業】

インベストメント事業では、太陽光発電設備を持っている特別目的会社に対して匿名組合出資を行っています。
匿名組合出資を行うことで、安定した収益確保を目指しているのです。
アールエスアセットマネジメントが行っている匿名組合出資は、出資持分だけがリスクになるため、かなりリスクを抑えた投資ができると考えられています。

【アールエスアセットマネジメントの事業分野】

・太陽光発電
・バイオマス発電
・風力発電
・地熱発電
・水力発電
・市場調査やコンサルティング
・海外環境ビジネス

アールエスアセットマネジメント

アールエスアセットマネジメントが残している実績はたくさんある?

アールエスアセットマネジメントはこれまでに、全国87か所に再生可能エネルギーを活用した発電設備を設置してきました。
合計容量は、およそ438.7MWとなっています。
続いては、アールエスアセットマネジメントがこれまでに残してきた実績や準備中の案件、運用資産の総額について見ていきましょう。

【これまでに設置してきた案件と準備中の案件】

アールエスアセットマネジメントは、北海道・東北地方に9ヶ所、関東地方に34ヶ所、中部・北陸地方に14ヶ所、近畿・中国・四国地方に15ヶ所、九州地方に15ヶ所の発電設備を設置してきました。
では、アールエスアセットマネジメントがこれまでに設置してきた案件と準備中の案件を地方ごとにピックアップしてご紹介していきます。

●北海道・東北地方
・青森つがる案件(2015年12月)
・福島天栄村案件(2016年8月)
・山形遊佐案件(2016年9月)
・福島郡山案件(2018年2月)
・岩手一関案件(2019年8月)
・宮城丸森案件(2022年4月予定)
・福島あづま案件(2022年12月予定) など

●関東地方
・栃木那須高久案件(2015年3月)
・栃木那須寺子案件(2015年4月)
・埼玉鴻巣案件(2015年8月)
・千葉木更津案件(2015年12月)
・茨城神栖案件(2016年3月)
・茨城北相馬第一案件(2016年11月)
・茨城行方行戸案件(2017年3月)
・茨城国木原案件(2019年12月)
・千葉茂原案件(2020年2月予定)
・千葉袖ヶ浦案件(2022年10月予定) など

●中部・北陸地方
・山梨北杜案件(2015年6月)
・新潟新発田案件(2015年8月)
・石川宝達志水案件(2017年2月)
・長野塩尻案件(2017年3月)
・愛知美浜案件(2018年2月)
・石川百浦赤住風力発電案件(2020年12月予定) など

●近畿・中国・四国地方
・山口平生案件(2016年3月)
・兵庫姫路夢前案件(2016年12月)
・兵庫豊岡案件(2017年3月)
・山口下関第一案件(2018年3月)
・岡山平山案件(2018年9月)
・兵庫出石案件(2019年5月)
・愛媛今治案件(2021年9月予定) など

●九州地方
・福岡直方案件(2013年9月)
・長崎南島原案件(2014年8月)
・熊本津奈木案件(2015年3月)
・大分志生木案件(2017年3月)
・長崎佐世保案件(2019年12月)
・大分宇佐案件(2021年3月予定) など

【運用資産の総額】

アールエスアセットマネジメントが再生可能エネルギー発電に関する事業を本格的にスタートした2014年には太陽光発電のみで3,134百万円でした。
その後、順調な伸びを見せています。
2015年には14,685百万円、2016年には30,174百万円、2017年には77,693百万円となっています。
そして、2018年にはバイオマス発電もスタートしていて、太陽光発電が113,663百万円、バイオマス発電が10,424百万円となっていることがホームページで確認できます。
総額は、124,087百万円です。
さらに、2019年には風力発電もスタートしているため、さらに運用資産総額は多くなっているのです。
2019年の太陽光発電は132,224百万円、バイオマス発電は10,424百万円、風力発電は7,852百万円となっています。
そして2019年の運用資産総額は150,500百万円となっていることから、大きな成長を遂げていると言えるでしょう。

注目度が高まるバイオマス発電や風力発電も導入をスタート

アールエスアセットマネジメントはこれまでに太陽光発電で大きな実績を残してきました。
しかしそれだけではなく、バイオマス発電や風力発電にも力を入れ始めています。
最後に、アールエスアセットマネジメントがバイオマス発電や風力発電に関する設備も導入しようと考えた理由について考察していきましょう。

【バイオマス発電の魅力】

バイオマス発電は、科学燃料ではなく生物由来の資源を活用して行う発電方法です。
バイオマス燃料を燃やすと出てくるガスや水蒸気でタービンが回ると発電できます。
したがって、火力発電と同じような仕組みの発電方法だと言えるでしょう。
火力発電と同じような方法だと、二酸化炭素が排出されてしまうので「環境に良くないのでは?」と疑問に感じる人もいます。
しかしバイオマス発電の場合は、植物が吸収した二酸化炭素を出しているだけなので、二酸化炭素を減らすことはできませんが、増やす心配もない発電方法なのです。
またバイオマス発電は、燃料が用意できれば安定した電力供給ができるというメリットもあります。
環境の変化で山の木々が全て枯れてしまったり、家畜が疫病などで大量死して糞尿を手に入れることができなくなったりしない限り、自由にコントロールできます。
ニーズに合わせて電力の供給量をコントロールできるのは、他の再生可能エネルギーを比べてみるとかなり優秀だと言えるでしょう。

【風力発電の魅力】

風力発電は、自然に吹く風を活用した発電方法です。
風力発電の設備は、風を受けるブレード、ブレードを回転させるローター軸(ローターシャフト)、回転数をアップさせる増速機、回転のエネルギーを電力に帰る発電機などで構築されています。
風が吹いていれば発電ができるため、石油やガスなどを使う必要がありません。
つまり、環境に優しい発電方法だと言えるでしょう。
環境に優しいだけではなく、風があれば24時間いつでも発電できる、小さいサイズは都市部にも設置できる、海に設置できる洋上風力発電もある、大気汚染を悪化させる酸化物を排出しないといったメリットがあります。

【アールエスアセットマネジメントが導入し始めた理由】

アールエスアセットマネジメントがバイオマス発電や風力発電を取り入れ始めた理由として考えられるのは、前述したような魅力があるからではないでしょうか?
太陽光発電も風力発電と同じように大気汚染の原因となる物質を排出しませんが、太陽光発電以外の再生可能エネルギー発電にもメリットがあることを多くの人に知ってもらうという目的もあると考えられます。
太陽光発電だけではなく、バイオマス発電や風力発電でも徐々に実績を伸ばしているアールエスアセットマネジメントの実績からも魅力的な発電方法であると感じられます。

アールエスアセットマネジメントは、これまで太陽光発電を中心とした事業を展開し、実績を残してきました。
現在も建設中や準備中の発電施設があるので、今後もさらなる成長を遂げると考えられます。
太陽光発電はもちろんですが、バイオマス発電や風力発電の実績もさらに伸びると予想できるため、アールエスアセットマネジメントの動きは注目すべきだと言えるでしょう。

アールエスアセットマネジメント