企業の評判検証

Enazeal株式会社(エナジール株式会社)流のITソリューションサービス業界における差別化の強化

Enazeal株式会社(エナジール株式会社)は、飽和状態と言われて久しいITソリューションサービス業界で差別化に成功している会社です。
SEO対策ソフトウェアやWebサイトの企画・製作、AI技術を活用した顔認証ソリューションの事業を展開し、ITソリューションサービス業界で注目されています。
IT革命の真っ只中と言える現在、数の増えたIT系企業が生き残りをかけて試行錯誤を続けています。
IT業界の競争は激化していて、いかに他社との差別化を図るか、いかに付加価値を付けていくか、いかにニーズを掴むかが問われるようになりました。
この記事では、競争が激化するITソリューションサービス業界で注目されるEnazeal株式会社(エナジール株式会社)について、詳しくご紹介しています。
Enazeal株式会社(エナジール株式会社)の展開するサービスについて知れば、今後のITソリューションサービスに求められることが分かるでしょう。
そして、IT系企業が置かれている現状や、ニーズがどのように変化しているかについても言及しています。
IT業界全体の抱える問題点など現状を把握しながら、増え続けるIT系企業の中で生き残るために必要なことを知りたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

Enazeal株式会社(エナジール株式会社)とは

東京都渋谷区渋谷に本社を構えるEnazeal株式会社(エナジール株式会社)は、2003年に資本金9,918万円で設立されました。
2019年7月時点の従業員数は120名で、中村将之氏が代表取締役兼CEOを務めています。
本社以外に、愛知県名古屋市と大阪府大阪市、福岡県福岡市に支店があり、本社と合わせて全国4拠点で事業を展開中です。
特別顧問に第12代警察庁長官の山田英雄氏を迎え、以下の加盟団体に所属しサービス提供しています。

・各都道府県防犯協会
・公益財団テクノエイド協会
・一般社団法人全国特定施設事業者協議会
・経産省IT導入補助事業者認定
・全国万引犯罪防止機構

取り扱い製品

Enazeal株式会社(エナジール株式会社)の取り扱い製品はWebソリューションと顔認証ソリューションの2分野に分けられます。
Webソリューション製品は、
・SEO対策ソフトウェアの「L.Search」
・CMSソフトウェアの「CODE8」
・スマホアプリの「LiGLLY」

顔認証ソリューションであるAI顔認証の製品は、
・万引き防止システム
・見守り/俳回防止システム
・入退室管理
・来店者分析マーケティングシステム
となります。

事業内容

Enazeal株式会社(エナジール株式会社)が展開する主な事業内容は次の通りです。

・Webソリューション
・顔認証ソリューション
・システムソフトウェア/アプリケーション開発・販売
・インターネット広告事業
・Webサイト企画・製作・保守
・ネットワークサーバ構築・運用

ネット社会となり、ビジネスの発展にはWebが欠かせない存在となりました。
Enazeal株式会社(エナジール株式会社)では、Web媒体による様々なマーケティングを可能とする製品を提供しています。
SEO対策に必要なシステム、店舗の顧客管理をサポートするソフト、サイト更新を簡単にする仕組みの提供を通して、効果的なWebマーケティングの実現が可能です。
顔認証システムはAI学習によって、さらに進化しています。
Enazeal株式会社(エナジール株式会社)の顔認証システムは、人の目の代わりとなるAI技術を活用した高い認証精度で人手不足の場面でもセキュリティが確保できます。

IT業界の現状(増えるIT系企業・激化する競争)

革新的な発展を遂げてきたIT業界の現状はどのようになっているのでしょうか?

IT系企業は飽和状態

発展し続けるIT業界では社会的なニーズの高まりもあり、新規参入する企業や新サービスを提供する企業が増え、IT系企業とサービスの数そのものが増加しています。
IT系エンジニアを目指す人材は増えているものの、特定のIT系企業へ優秀な人材が集中している傾向があり、企業数が飽和状態であるにも関わらず人材が確保できていないという状況です。
技術の発展も激しく、サービスの多角化も求められているIT業界では、あらゆる面で競争が激化しています。

IT業界の市場規模と売上高のシェア

IT業界の市場規模は6兆円を超えるまでに拡大しています。
ネット社会となった現代社会ではIT技術は必要性が高く、今後も新しい技術発展が見込めるため市場規模は拡大し続けると考えられています。
IT業界の売上高シェアが高い企業は、NTTデータ、大塚商会、NECフィールディングなどです。
Enazeal株式会社(エナジール株式会社)は、多くのIT系企業の中での差別化に成功しています。

労働者数と平均年収

急速に市場規模が拡大したIT業界では、多くの人材が必要とされているものの、専門性の高さが求められるため人材の確保が難しいと言われています。
経済産業省が「IT業界では約21万人の人材不足が発生している」と指摘したことが記憶に新しい人も多いでしょう。
IT系エンジニアという人材に対するニーズは高いものの、必要となる高い専門性を持っている人材は少ないと言えます。
IT業界の平均年収は高めで、約600万円以上です。
日本人の平均年収である約440万円と比較しても給料の条件は良いと言えます。

今後のカギは新技術での競争

IT系企業が増え、ITソリューションサービスが飽和状態にある今、激化する競争のカギを握るのは新しい技術です。
今後のカギとなる新しいIT技術はAIとIoTでしょう。
特にAIの技術は、コンピュータが人間と同様に考えて判断をする人工的な知能のため、人材不足となる分野で人の代わりに仕事をしてくれる存在として期待が高まっています。
Enazeal株式会社(エナジール株式会社)のAI技術は今後のITソリューションサービス業界で求められる新しい技術と言えるでしょう。

ニッチな業界へ…求められるニーズの変化

時代と共に変化し続けるニーズは、一昔前と比べて大きく変化してきました。
IT化が進みよりニッチなITジャンルが増えてきた今、一体どのようなものが求められているのでしょうか?
ここからは、近年変化してきたITのニーズの変化についてご紹介していきます。

現在欠かすことはできなくなったIT技術

2019年現在、暮らしの至るところでIT技術を見かける社会になっています。
メールや電子マーケット、ファイル共有サービスなど世の中には様々なIT技術が生活を支える一部となっています。
IT業界の需要は高まっており、スマートフォンが普及した2010年頃から急速に拡大してきました。
IT企業の多くは上向きで成長している傾向にあり、いかに現代社会がIT技術を必要としているのかが分かります。

社会を支えてきたIT技術の数々

日本を発展させてきたIT技術にも様々な種類があります。

・インターネット
ITを世界に拡大し続けてきた原点とも呼べる技術です。
あらゆるコンピュータや通信機器をつなぎ、情報を様々な国と地域の人に届けることができるインターネットは現代社会でも必要不可欠なものになっています。

・人工知能(AI)
コンピュータが人間と同じように自分で物事を考え判断するAIは、現在様々な場所で利用されている技術です。
今後はAIの発達により、人が働く以上にAIが活躍する社会になるとも言われています。

・シェアリングエコノミー
ITが発達し、今ではより多くの情報を素早く伝えることが可能になりました。
そんな中で生まれたのがシェアリングエコノミーです。
シェアリングエコノミーはCtoCのサービスを実現し、タクシー代行サービスや、インターネットフリマサイトの拡大をもたらした大きな存在となっています。

・IoT
かつてインターネットが世に知られたばかりの頃はコンピューターとインターネットがつながるだけでしたが、現在ではモノとインターネットがつながる時代になりました。
業界内で認識の高いIoT技術は車の自動認識や自動制御、電子機器の声で操作できるものがあります。
そして中でも今注目を集めるのが顔認証システムです。
中国では今非常に顔認証システムを街の至るところに設置され、犯罪防止に役立っています。
容疑者の逃走を許さないシステムの強さは世界随一です。
そんな顔認証システムは日本でも発足してきており、犯罪が多い世の中で今、最も重要視されています。

Enazeal株式会社(エナジール株式会社)が見据える今後のビジョン

世の中に多く求められている顔認証技術で名を知らせたEnazeal株式会社(エナジール株式会社)は、今後どんな活躍をするのか期待している人も多いでしょう。
続いては、Enazeal株式会社(エナジール株式会社)が見据えているビジョンについてご紹介していきましょう。

事業の強みをさらに活かしていくビジネススタイルに

優れた技術を開発し続けてきたEnazeal株式会社(エナジール株式会社)には3つの強みがあります。

・新しい技術やツールを積極導入
・顧客の声に寄り添う姿勢
・ニッチトップ市場への参入

以上の3つがEnazeal株式会社(エナジール株式会社)が成長し続けている鍵だとされています。
新技術を多く生み出し、次々と新事業が参入してきているIT業界では、積極的な開発力が必要不可欠です。
Enazeal株式会社(エナジール株式会社)は、世の中に1つでも多くのIT技術を提供できるように日々開発を進めていて、日本のIT化に努めてきました。
取引を行う人の声に耳を傾けることを大切に事業を展開を行ってきたEnazeal株式会社(エナジール株式会社)ですが、中にはニーズに沿わず失敗してきたこともあります。
しかし、日本のIT技術の需要は常に変化し続けているため、どんな技術が日本社会を賑わせるのか予測することは難しいのです。
Enazeal株式会社(エナジール株式会社)は常にトライ&エラーの志で事業に取り組み、IT化に貢献し需要が大きい分野の課題解決を図りながら今後も事業が進められていくことでしょう。

社員を大切にするEnazeal株式会社(エナジール株式会社)

Enazeal株式会社(エナジール株式会社)の社長いわく、より高度なIT技術を開発するためには社員に成果を還元することが大事だと述べています。
現在IT開発を行う人材は技術に多く携わってきたベテラン社員だけではありません。
身近にある分野が大きなIT技術となることもしばしばで、ひらめきの多い若い社員も開発に注力しています。
どの世代、各職種からも主役と言えるような存在が誕生できるように、社員全員を公平に評価し、誰でも陽の目を浴びれるチャンスを与えています。
営業成績トップの社員にトロフィーの授与、単月成果に対する高インセンティブの設定、さらにはコミュニケーション予算を決めておくことで、より社員が一丸となって開発に力を注げる体制と整えていくとしています。

代表取締役社長中村将之が求める人物像

需要が高まり激化しているIT業界では、人材不足が続いており多くの人材が求められています。
Enazeal株式会社(エナジール株式会社)の代表取締役社長である中村将之氏は、2020年は有能な人材に対する投資を強化していきたいとして、以下のような人材を求めています。

顧客の些細な意見に耳を傾けられる人

ニッチが多い今の社会では、顧客の些細な意見が種となり大きな事業へと発展する可能性を秘めています。
サービスの普及をさせるためには顧客の声が必要で、新サービスを生み出すためにも顧客の声は重要です。
顧客と一番多く関わるフロントだけではなく、バッグで支え続ける技術部員や管理部員にも必要だとしています。
フロントから伝わる重要な声を参考にして、多彩で顧客思いのサービスを手掛けられるようにしたいとEnazeal株式会社(エナジール株式会社)は思っているのです。

身軽なフットワークを持つ人物

Enazeal株式会社(エナジール株式会社)では今後事業の拡大を見込んでおり、新拠点を次々と進展させていく予定です。
ただ、Enazeal株式会社(エナジール株式会社)では拠点が多くなってくると起こり得る問題として、それぞれの拠点で事業が分散してしまうとも考えています。
1つの場所が抱える負担は少なくなるものの、拠点によっては仕事量が減少してしまう可能性もあると述べています。
その中で身軽なフットワークを活かし、別の拠点にて行動できる人物やあらゆる事業をまたにかけられる人物を求めています。
やる気次第では大きな返還が期待できるEnazeal株式会社(エナジール株式会社)において、自由自在に動きチャレンジする人間は大きな恩恵を受けられることでしょう。

高いポテンシャルを持っている人間

2020年に年商25億円、2021年には年商30億円の前年比増20%を目指すEnazeal株式会社(エナジール株式会社)では、ポテンシャルの高い人物を求めています。
入社始めの時は、大きな力を秘めていなくても問題ありません。
Enazeal株式会社(エナジール株式会社)に入社後、様々な業務に携わり一つひとつを真剣に行う人物は評価していくと中村将之氏が述べており、自分自身を成長させる気持ちを大きく持っている人物が必要だとしています。
成長が期待できる人物は、会社を大きく支えていく人物になるとして成長を続けるEnazeal株式会社(エナジール株式会社)には必要不可欠なのです。