不動産投資

Robot Homeが”スマートホーム”で業界に革命を起こす?TATERU(タテル)子会社の評判と噂

こんにちは!

本日は、Robot Homeについて取り上げてみます。

皆さんはTATERU(タテル)という会社をご存知でしょうか?

TATERU(タテル)は主に不動産賃貸・不動産管理のサポートを行う会社です。

TATERU(タテル)には、「Robot Home」という子会社があります。

Robot Homeは賃貸アパートの“スマートホーム”化を目指す商品を展開しており、TATERU(タテル)の魅力的な不動産管理サポートを手助けしています。

今回は、そんなRobot Homeについて詳しくご紹介していきましょう。

スマートホームが気になっているという方や、新しい不動産管理を行ってみたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

TATERU(タテル)の子会社Robot Homeについて

まずはTATERU(タテル)の子会社・Robot Homeの概要についてご紹介していきましょう。

 

Robot Homeの会社概要

株式会社Robot Homeは、TATERU(タテル)の子会社です。

本社は東京都渋谷区に所在しています。

IoT機器の開発製造販売がメイン事業であり、いくつかのパートナー企業から協力を得て事業展開を進めています。

Robot Homeの事業内容

メイン事業はIoT機器の開発や製造、販売とご紹介しましたが、具体的にはどのような事業を展開しているのでしょうか?

スマートホームサービスの開発や販売

まず、Robot HomeではTATERU(タテル)のアパートメント事業に基づくスマートホームサービスの開発販売を実施しています。

スマートホームというのは、家の中にある電化製品にインターネットが接続されており、スマートフォンや音声などを使って操作できたり、自動調整が行えるようにできたりした家づくりを言います。

近年、多くの電化製品にインターネット接続ができるようになりました。

例えば高齢者の自宅にポットを設置し、そのポットを使うことで遠くに住んでいる息子・娘に連絡がいくようになっています。

こうしたサービスはポットがインターネットにつながっているからこそできることです。

このように、家電製品(モノ)とインターネットをつなげる技術を「IoT」と言います。

IoT技術はどんどん発展してきており、より快適で暮らしやすい生活が実現できるようになってきました。

しかし、全て自分が用意しなくてはならず、賃貸でスマートホームを実現することは費用的にも難しいと言われています。

そんな困難を解消するためにRobot Homeではスマートホーム化を目指した、IoTデバイスの提供を行っているのです。

賃貸管理サービスの開発や販売、運用保守

オーナーにとって不動産管理というのは意外と面倒なものです。

いくら不労所得とはいえ不動産管理をしていないと空室が増える原因につながってしまいます。

明細や月次報告書などの書類作成も行わなくてはなりませんし、入金管理も行っていないといつ・誰が入金していないかが分かりづらくなってしまうでしょう。

そこで活用したいのが、Robot Homeの賃貸管理サービスです。

複雑化したものをシステムで一元管理でき、請求管理などのミスを減らせます。

しかも、クラウドを活用した管理になるので、わざわざ自宅のパソコンで行わずに出かけ先でもチェックすることができます。

不動産オーナー向けアプリの開発や運用保守

Robot Homeの不動産オーナー向けアプリは、所有している物件からその物件の稼働率空室募集サイトのアクセス数をチェックできたり、周辺の家賃相場人口密度などのデータを活用して賃貸経営のサポートなどをしたりしてくれる便利な機能が満載のアプリとなっています。

また、管理会社とチャットでコミュニケーションを図れるようになっているので、より手軽に相談できます。

不動産業界に、テクノロジーで革新を

多くの業界ではインターネットはもちろん、IoTを活用した事業が展開されてきています。

しかし、不動産業界は他の業界に比べるとインターネットやIoTを本当の意味で活用しているところはまだ少なく、昔ながらのやり方にとらわれてしまっています。

ただ、これは不動産業界にしてみれば不動産市場自体が特殊なせいだとも言えるでしょう。

他の業界に比べてみると、不動産業界では消費者と毎日接するわけではなく、1人が何度も不動産物件を購入するわけではありません。

さらに、既に全国展開されており、多くの店舗があることもIoTなどの新たな技術が取り入れにくくなってしまった原因でもあります。

例えば賃貸物件を探す時に物件の紹介をしているサイトで選ぶことはできますが、最新の情報を得るためにはサイトから不動産管理会社に直接連絡を入れなくてはなりません

しかも不動産管理会社ではこれを分かっているため、あえて実際には空室がない人気物件の情報だけを流し、連絡してもらおうとする「おとり物件」なるものが存在しているとも言われているのです。

昨今はお店の空き状況がインターネットやアプリでもチェックできるようになっているにも関わらず、不動産管理会社では未だにおとり物件が活用できるような環境になっています。

 

こうした不動産管理会社の実情を改善し、顧客にとって誠実な事業を展開するためには、やはりテクノロジー技術を取り入れていかなくてはなりません。

テクノロジー技術が不動産業界で普及し、不動産購入や貸借などをまとめてオンライン上で完結できるようにすれば、どこにいても物件選びができるため、顧客にとっては大きなメリットになるでしょう。

一方、テクノロジー技術を取り入れるメリットは顧客だけにあるわけではありません。

不動産管理会社にとっても、業務負荷を軽減することができますし、業務負荷が軽減できれば生産性の向上につながるだけでなく、顧客とコミュニケーションを取る時間が増えてサービス満足度の向上になります。

現場で働いている人と経営者、どちらにとってもメリットは大きいと言えるでしょう。

 

現在は少しずつではありますが、テクノロジー技術を採用して業務負荷の軽減に取り組んでいる不動産管理会社も見受けられます。

TATERU(タテル)でもRobot Homeが開発したクラウド管理サービスやアプリなどによって、テクノロジーの恩恵を受けているのです。

従来の賃貸住宅との明らかな差別化

Robot Homeが提供するスマートホームサービスによって、TATERU(タテル)の賃貸住宅はスマートホームの実現に成功しました。

従来の賃貸住宅と明らかに差別化ができます。

どんな部分で差別化がされているのか、従来の賃貸住宅との違いについてもご紹介していきましょう。

従来の賃貸住宅との違い

やはり従来の賃貸住宅とスマートホームの違いで大きいのは、利便性が高まるという点ではないでしょうか?

Robot Homeが開発したデバイスには「CENTRAL CONTROLLER」というものがあります。

これは、タブレット型のゲートウェイデバイスで、例えば暮らしている時に何かトラブルが起きたという時に管理会社やオーナーにすぐ相談できるようになっています

他にも、自宅のテレビや照明、エアコン、セキュリティなどと共有しており、CENTRAL CONTROLLERから操作・管理することも可能です。

例えば家に帰宅した時、まず照明を付けて、エアコンのスイッチを入れ、テレビのリモコンを取るまで時間がかかります。リモコンやスイッチが別々の場所にあれば、それぞれの場所に移動しなくてはならないからです。

しかし、CENTRAL CONTROLLERならタブレット上をタップするだけで全てを操作できます。

しかも、スマートフォンに「kit」というアプリを入れておけば、外出先でもアプリからCENTRAL CONTROLLERに接続して、あらかじめエアコンを付けておき、家を暖かく、もしくは涼しい状態にしておけます。

こうした利便性は、従来の賃貸住宅では入居者が一からIoT家電を購入し、接続したりしなければ手に入りません。

差別化のメリット

従来の賃貸住宅との差別化できるという点は、オーナーにとって大きなメリットになります。

IoT技術を活用したスマートホーム賃貸というのは、まだそこまで広まっているわけではありません。

同じ地域に一つだけスマートホーム賃貸があれば、その時点で大きな魅力になるでしょう。

もちろん、TATERU(タテル)が提供しているスマートホームは、単に利便性が高いだけでなく、間取りやデザインなども人気を高めているポイントになっています。

スマートホームで差別化ができるということは、管理が楽になる以外にも空室対策に役立っていることが分かります。

他社のスマートホームとの違いとは

近年はRobot Home以外に他社からもスマートホーム賃貸が提供されるようになりました。

Robot Homeとの違いはどんな部分が挙げられるのでしょう?

まず、他社のサービスではスマートフォンからの操作やスマートスピーカーを使った操作が基本となりますが、Robot Homeの場合はスマートフォン・スマートスピーカーに加えて、専用タブレットからの操作が可能です。

スマートフォンで動画を見たりするのに使っていて、それでも操作したい場合は一時的に動画を止めなくてはなりませんがRobot Homeでは専用タブレットから接続すればスマートフォンを別で使っていても操作可能です

 

また、基本的に家の中の利便性に特化したIoTサービスを提供しているところが多いのですが、住んでいる時に浮かび上がった疑問点や不安な事項などをタブレットですぐ管理会社やオーナーに連絡できるというのは他社との違いと言えるでしょう。

退去したい時の連絡がタブレットを通して行えるというのも、入居者にとっては都合が付きやすく、わざわざオーナーへ直接伝えに行く必要もありません。

こうした細かい部分での利便性にも対応しているのが、Robot Homeのスマートホームになります。

 

Robot Homeのスマートホーム化を目指したIoTデバイスは、現在TATERU(タテル)から建設された多くのアパートに導入されています。

今後は他の不動産管理会社からもスマートホーム賃貸サービスがさらに増えていくことでしょう。

しかし、Robot Homeはいち早くスマートホームに向けたIoTデバイスの開発を進めているため、それまでに新たなサービスが提供できるかもしれません。

今後のサービス強化・新たなサービス展開も含めて、Robot Homeに注目していきましょう。