投資

イロアス(IROAS)を生み出した白石達也の経歴

白石達也ってどんな人?経歴は?

白石達也氏は、革新的な教育サービス「イロアス(IROAS)」を生み出した人物として知られています。旧来の教育システムそのものすら変える可能性に溢れた「イロアス(IROAS)」が生まれた背景には、開発者である白石達也氏の経歴にその秘密が隠されています。

まずは、白石達也氏がどのような人物なのか経歴を辿りながら見ていきましょう。

 

 

白石達也氏が育った家庭環境

 

白石達也氏は1986年生まれで、ちょうど日本全体がバブル経済の豊かさを味わい始めた時代に裕福な家庭の次男として誕生しました。父は大手航空会社に勤務するエリートで、母は外資系企業で財務関連の仕事に携わっている、まさに裕福なエリート家庭という環境で育ちました。

兄も破天荒な性格で、他の人と同じことよりも自分の考えを優先することが当たり前という環境に白石達也氏は幼いころから身を置いていたのです。母親は教育熱心な人物で、白石達也氏も自ら勉強することの大切さを常に感じさせられる環境で育ったと言えます。

 

 

高校時代に味わった挫折

 

小学生時代には論語が愛読書だった白石達也氏は、学業も優秀で中学校では生徒会活動でも活躍しました。自ら学ぶことこそが学生の本分とばかりに、高校進学後も勉強熱心な態度のまま、周囲に合わせてオシャレをするということには無頓着だったことが災いし、高校生活ではいじめに遭っています。

ひどいあだ名で呼ばれていた白石達也氏は、この頃のいじめの経験が後に深いトラウマとなりました。自尊心を傷付けられた白石達也氏は大学受験にも一度は失敗したものの、持ち前の勉強熱心さで見事に難関大学に合格したのです。

 

 

大学時代に訪れた変化

 

様々な業界で活躍する数々の著名人を輩出している早稲田大学商学部に進学した白石達也氏は、新しい時代で活躍する人材に成長すべくますます勉学に励むようになります。しかし、次第に大学での学びに限界を感じるようになっていきました。

大学での学びを通して、既存の教育システムでは学べないことがあると白石達也氏は考え始めたのです。また、世間一般的な価値観では、良い大学から良い大手企業に進めば人生の勝ち組になれると信じられていた時代が続いていました。

しかし、大手企業に就職することが必ずしも安定や成功の近道ではないということが、白石達也氏の大学時代に決定的になりました。バブルは崩壊し、リーマンショックが起こり、白石達也氏の父が務める大手企業ですらも安泰ではなくなっていたのです。

大学から提供される教育だけにすがっていては時代を超えて活躍できる学びは得られないと考えた白石達也氏は、自ら自己啓発セミナーやビジネスセミナーに足繁く通うようになります。白石達也氏は、精力的に大学の外に学びのチャンスを求めるべく活動を開始したのです。

ちょうど白石達也氏が多感な時期を過ごした高校・大学生時代には、日本を取り巻く環境も大きな変化を遂げた時代です。高校生の頃にはインターネットが普及し始めて、ネットで世界につながることが当たり前の時代になりました。

金融ビックバンが起きたのもちょうどこの頃であり、大規模な金融改革がこれからの日本の経済界に与える影響について、白石達也氏は時事問題として大きな関心を抱いたことでしょう。何より大手企業に勤めていれば経済的な不安はないというこれまでの社会通念が崩れ去った以上、自分でお金を稼ぐ方法を考えることの大切さを、多感な時期に痛感したはずです。

白石達也氏の母親は財務関連に詳しいエキスパートだったため、金融についての知識がいかに資産を増やすかといった話題が家庭内でも日常的に交わされていたことも見逃せません。

「イロアス(IROAS)」は、学びやお金の自由を手に入れるために開発された革新的な教育サービスです。生み出された背景には、白石達也氏が生きてきた時代からくみ取った様々な変化が活かされています。

白石達也氏の経歴そのものが「イロアス(IROAS)」の原点となっているのです。

 

イロアス(IROAS)のサービス内容

 

イロアス(IROAS)を手掛けた白石達也氏は、義務教育に危うさを感じていました。義務教育で学んだことが社会で活かされているケースがほとんどないと感じたことがある人も多いでしょう。そのような疑問を感じた白石達志は、ただ疑問のままにするのではなく、何とかしなければいけないと考えたのです。

そこでイロアス(IROAS)という新しい教育システムを構築していきました。続いては、そんなイロアス(IROAS)がどういったサービス内容なのかご紹介していきましょう。

 

 

「学びで自由を」というコンセプト

 

イロアス(IROAS)のコンセプトは「学びで自由を」というものです。このコンセプトは、学ぶことが自由を手に入れることにつながるという白石達也氏の考えが根底にあります。従来の日本の教育は、労働者を増やしていくためのものだったと白石達也氏は考えています。

しかしそれは時代のニーズに合っていないと感じ、学ぶことで自由を手に入れられる方法はないのかと考えたのです。その中で生まれたのがイロアス(IROAS)で、「人間関係の自由」、「語学の自由」、「居住の自由」、「時間の自由」、「経済的な自由」、「健康の自由」を手に入れるために必要な知識を身に付けるためのサポートを行っています。

学んでいく中で幸せを実感できるようなプログラムになっているため、自由に生きていくことの魅力に気が付けるでしょう。

 

 

4つの柱を大切にした教育

 

イロアス(IROAS)で学び、「人間関係の自由」、「語学の自由」、「居住の自由」、「時間の自由」、「経済的な自由」、「健康の自由」を手に入れるために、4つの柱を大切しています。その4つの柱は、ベーシックトレーニング、ジョブトレーニング、テクノロジーツール、収入システムです。

 

ベーシックトレーニングでは、豊かな暮らしを手に入れるための原理や原則を学びます。ユダヤ人の大富豪の教えを独占契約しているため、他では学べないような教育を受けられるのです。自由な時間を手に入れるためのヒントも学べるので、忙しい毎日を送る人にこそ受けてもらいたいトレーニングだと言えるでしょう。

 

ジョブトレーニングは、ドクターや専門家、博士、経営者などの専門的なスキルを持つ講師から最先端のスキルを学べるトレーニングです。キャリア形成にも役立つため、転職を検討している人におすすめのトレーニングとなっています。

 

テクノロジーツールでは、Education Technologyを取り入れることで自由を獲得する術を学べます。ゲームをしているような感覚で楽しみながら知識を身に付けられます。そのため、無理に詰め込むこともないので、自然と自由を獲得できるトレーニングだと言えるでしょう。

 

収入システムは、MLMを通じて収入を得るための方法を学び、経済的な自由を手に入れるためのサポートをしてくれます。WEB集客ページ生成ツールや友達5000人くん、LINEATMシステム、FacebookBotATMシステムといったイロアス(IROAS)ならではのシステムを活用することで、効率的に収入が得られるようになります。ただツールを起動するだけで良いので、誰でも簡単に収入を上げられるのです。

 

 

イロアス(IROAS)の学習環境も魅力的

 

イロアス(IROAS)では非常に魅力的な学びを受けることができます。内容だけではなく学習環境も素晴らしいのがイロアス(IROAS)の特徴です。

イロアス(IROAS)は、インターネット環境と1台のパソコンがあれば、どこでも学べます。動画を見ながら学べるため、自分のペースに合わせた学習ができるという点もメリットだと言えるでしょう。

イロアス(IROAS)で学んだ先輩とチャットでやりとりもできるため、安心感も得られます。多くの人と情報共有ができれば、より効率的な学習へとつなげられます。

 

イロアス(IROAS)で学べる様々な学問

白石達也氏が手掛けているイロアス(IROAS)では、様々な学問を学べるようなコンテンツが用意されています。次は、イロアス(IROAS)で学べる学問にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

 

 

ベーシックトレーニングで学べる学問

 

イロアス(IROAS)で提供されているサービスの1つ・ベーシックトレーニングで学べる学問は3つ用意されています。それは、ユダヤ人大富豪の教えが詰め込まれているタルムード、自由な人生を歩むためのきっかけと掴むためのプロローグ、時間を有効活用する術を学ぶクロノスです。

 

タルムードはモーセが伝えた律法と言われていて、イロアス(IROAS)が独占契約を結んでいるため、イロアス(IROAS)だからこそ学べる内容となっています。ユダヤ人大富豪の教えを日本語で学べる場はイロアス(IROAS)しかありません。

タルムードの中では、お金を区別する方法やビジネスの種になるものを見つける方法、マネーブロックの外し方などを学べます。

 

プロローグでは、28日間の大人数同時受講方式で行われるプログラムで、自分自身のことを掘り下げながら、内面と向き合っていきます。それによって、トラウマを解放する方法や他人へ影響を与える方法、自分を愛する方法などを身に付けていくのです。

 

クロノスでは、限られた時間を有効活用することによって、成功へとつなげていく方法を学べます。脳科学に基づいた時間管理の方法や精神世界から見た時間の使い方などを学べるため、効率良く生産性を高められるようになります。

 

 

ジョブトレーニングで学べる学問

 

イロアス(IROAS)のサービスの中にはジョブトレーニングというものもあります。ジョブトレーニングでは、キャリアに活かせるようなテクニック・スキルを学ぶことができるので、社会の中でも上位に立てるようになります。イロアス(IROAS)のジョブトレーニングでは、幅広い分野に関する知識を学べるのです。

例えば、IT業界で知識を活かせるエバンジェリスト、売上に影響を与えるコピーライター、Webコンテンツ作成には欠かすことができないビジュアルクリエイターなどがあります。この他にも、人生を豊かにするための健康学や経済学に関する実践的な学びも体験できます。

それぞれの分野の最先端で活躍している講師から学べるため、ジョブトレーニングでの学びは非常に有益なものだと言えるでしょう。

 

 

イロアス(IROAS)ではこのように様々な学問を学ぶことができます。自由を手に入れたい人にうってつけの学問ばかりなので、本当の自由を手に入れたい人はイロアス(IROAS)で学んでみると良いでしょう。

 

白石達也が大切にしていることとは

多く人々が幸福を感じて自由になることが大切だと白石達也氏は考えています。そのためにも、重要なことが「教育」です。そこで、白石達也氏が大切にしていることを解説していきましょう。

するとイロアス(IROAS)の良さが分かってくるはずです。

 

 

社会で役立てることができる教育が大切

 

白石達也氏は、義務教育を経て大学へ進学しました。それは多くの人が通る道でもあります。大学に入るために受験勉強をし、良い大学に行くことだけが安定した収入を得るための近道であると考える人は多いです。

しかし、大企業であってもリーマンショックなどの問題が起これば一気に危うくなる可能性があり、生涯安定に暮らすことはできないと、自分自身の経験から学んだのです。

そんな中、インターネットの普及が進み始めたことで、それを活用したビジネスが増え続け、海外では定番化しているネットビジネスに目を付けた白石達也氏は、ネットビジネスであれば学歴がなくても安定した収入が得られるのではないかと考えました。セミナーに参加して自身をスキルアップさせ、得たノウハウを活かしてネットビジネスに活用できる商材を生み出してきました。

その1つが、イロアス(IROAS)なのです。

現代で安定した収入を得る方法のひとつとして広まることを願い、白石達也氏は現在も勉強し続けています。

 

 

時代に合わせた教育の必要性

 

日本では義務教育によって勉強が進められていきます。勉強ができない国から見れば幸せであると考えられますが、日本の教育は時代遅れとも言われています。

勤勉と言われる日本人ですが、このままでは現代のグローバル化社会から取り残されてしまう可能性もあるのです。そうした危惧から抜け出すためにも教育は重要となりますが、何から始めたらいいのか分からない人も多いでしょう。

英語やプログラミングのスキルを持つことで仕事に活かせるのではないかと考える人も多いですが、今働いている会社と並行して勉強をしていくことに不安を感じてしまい、動けずにいる人は意外と多いです。こうした問題を解決するためにも、白石達也氏はイロアス(IROAS)において新しい教育方法を編み出しました。

時代に合わせた教育が必要であると考えた白石達也氏は、「インターネット」を利用した教育の場を提供しています。インターネットで勉強する方法は他の情報商材でもありますが、イロアス(IROAS)は学習効率が高いと評判です。

その1つが、「倍速視聴機能」です。オンラインコンテンツの音声や映像を倍速に設定でき、必要だと感じる部分のみ視聴することができます。自分に必要のない部分は学ばず、必要な部分の集中して学べるので知識が身に付きやすいでしょう。

 

もう1つが「チャット機能」です。オンライン講座では、知識を披露する講師陣とチャット機能を使うことで会話ができます。分からない部分はすぐに質問できるので、疑問点はすぐに解決するでしょう。また、録画コンテンツでは自分以外に学んでいる人たちともチャットをすることが可能です。

同じように知識を習得している仲間たちと励まし合いながら勉強もできるので良い刺激にもなるのではないでしょうか?

オンライン講座と聞くと自分一人だけで寂しく勉強をしていくイメージでしょうが、イロアス(IROAS)であれば人とつながり合いながら勉強ができ、モチベーションの維持やアップになるでしょう。

 

 

学んだことを活かす方法も教えてくれる

 

知識を習得しても、それを活かせる場所がなければ問題です。ネットビジネスに関する知識も習得できるので、自分一人で稼ぐことも可能ですが新しい働き方を模索してほしいという白石達也氏の考えにより、デジタルビジネスのやり方について解説したコンテンツもイロアス(IROAS)では学ぶことができます。

自分で起業する際に役立つ知識となり、今までとは違った自由な働き方ができることにつながるでしょう。

 

今回のまとめ

 

日本の教育の危うさを実感した白石達也氏は「教育」が何よりも大切だと感じてイロアス(IROAS)を立ち上げました。イロアス(IROAS)では、自由に暮らしていくために必要となる様々な知識を習得できます。

「人間関係の自由」、「語学の自由」、「居住の自由」、「時間の自由」、「経済的な自由」、「健康の自由」を手に入れるために、ドクターや専門家、博士など専門性の高い知識人によるトレーニングが行われ、転職や起業を考える人にとっても有効な情報商材となっています。こうした教育を提供するまでには、白石達也自身にも様々な苦労がありました。高校生時代にはいじめを経験し心に深い傷も負っています。大学受験にも失敗し、結果的に難関大学へ進学することはできましたが、大学での学びに限界を感じることもありました。

そんな中、突如訪れたバブル崩壊やリーマンショックは、白石達也氏の家庭環境にも影響を与えることになりました。白井達也氏の父が勤めている大手企業であっても倒産の危機に陥り白石達也氏は、良い大学を出て大手企業に勤めたとしても経済的な不安は訪れると身をもって実感したのです。その結果、やはり「教育」が何よりも重要で、自分自身でお金を稼ぐことが大切だと感じた白石達也氏は、セミナーに参加し多くの知識を習得していきました。

2016723日に654名の決起会が開催され、イロアス(IROAS)が始まりました。教育を大切にしている白石達也氏なので、ミッションは「教育革命」です。全ての生き物が楽しく過ごす世界を実現するため、楽しみながら学べ、その学びを世界に広げることを目的としているのです。インターネットを活用した学びは、学生だけではなく社会人や主婦、定年退職後の高齢者にも活用できます。

学ぶ人も限定されないので、幅広い年代の方が自由に学べるでしょう。もちろん、インターネットが整った環境であればどこでも自由に学ぶことが可能です。移動時間や寝る前、休憩時間など、時間がある限りいつでもどこでも学べる環境はイロアス(IROAS)の大きな魅力の1つでしょう。

自由な学び、自由な経済を獲得するためにも、イロアス(IROAS)を活用して白石達也が大切にしている「教育」について自分自身でも見つめ直してみてはいかがでしょうか?イロアス(IROAS)は今後も新しいコンテンツが増えるなど成長していくことが予想できます。教育に疑問を感じ、新しい学びを手に入れたいのであればチャレンジしてみるのもおすすめです。