不動産

古木大咲氏に関する気になる疑問!資産やプライベートを徹底調査

今回は、不動産業界に新しいビジネスモデルを生み出した若き経営者の古木大咲氏についてご紹介していきます。

斬新な経営スタイルが世間でも注目を集め、実際に事業で成功を収めていますが、それまでにはいくつもの苦難がありました。

そんな古木大咲氏については、名前を聞いたことがあってもどういった人物であるのか知らない人は多いです。

そこで、古木大咲氏の気になる資産をはじめ、妻や子供はいるのかプライベートなことにまで迫っていきましょう。

そして、古木大咲氏が考える経営とは何かを知り、自身の経営やビジネスにも役立ててみてはいかがでしょうか?

 

 

古木大咲氏の資産はどれくらいなのか?

古木大咲氏が経営をしているIoT・デザインアパートメント運営会社はITを駆使して業績を上げ続けています。

そこで気になるのは古木大咲氏が抱えている資産なのではないでしょうか?

不動産業界で働きたい人や経営者として成功したい人たちにとっては、どれくらいの資産を残せるのか気になるところでしょう。

そこで、古木大咲氏の資産はどのくらいなのか解説していきます。

 

古木大咲氏の年収について

新しいビジネスモデルで会社を急成長させた古木大咲氏の年収については、具体的な数字を見つけることはできませんでした。

不動産業界については、物件の売れ行きに大きく左右されます。その年によって売り上げにも波があり、年収にも影響するでしょう。

  • 一方、古木大咲氏が経営する会社は大手企業と比較すると規模は劣っているものの、成長を続けている会社です。

不動産業界の平均年収を見てみると、高いところでは1000万円以上もの年収をもらっている企業もあります。トップの古木大咲氏であればさらに多くの年収をもらっていることが分かるでしょう。

 

新規公募時の資産について

IPOとは、Initial Public Offeringの略で新規公開株や新規上場株式などと日本語で表わされます。

古木大咲氏が経営する会社が2015年に東証マザーズに上場した際には、「2015年IPO長者番付」において3位を獲得しています。

参考:https://zuuonline.com/archives/116465

公募価格は1,870円としていましたが、初値はそれを倍近く上回る3,615円をつけました。

古木大咲氏の持ち株は550万4000株だったので、約199億円もの資産を手にしたことになります。

2015年には、92社もの企業が新規株式公開をしています。

その中の9割の企業が公募価格を上回る初値をつけています。

多くの企業がIPO長者としてランクインする結果となりましたが、古木大咲氏はその中でも3位という成績を収め、業績の高さを見せつけることができました。

古木大咲氏の現在の資産について具体的な情報を探し出すことはできませんでした。

しかし、古木大咲氏が2015年度のIPO長者番付の結果からある程度推測で知ることはできました。

マザーズから東証一部に変更していることもあり、現在ではさらに資産が増加していることが考えられます。

新しいビジネスモデルが世間でさらに注目されることで、古木大咲氏の資産も伸び続けるのではないでしょうか?

 

古木大咲の妻や子供はいるの?

古木大咲氏には巨額の資産があることが予想できました。

多くの資産があることで、プライベートも充実したものであると考えられます。

そこで気になるのが古木大咲氏の家族についてでしょう。

妻や子供はいるのか、その疑問に迫っていきましょう。

 

古木大咲氏には妻や子供はいるの?

インターネット上で古木大咲氏のプライベートな情報を探してみても、妻や子どもに関する情報は出てきませんでした。

古木大咲氏のインタビュー記事に掲載されている写真を見ても、左手の薬指には指輪はなく結婚をしていないのでないかとも予想できます。

しかし、結婚をしていても指輪をしない人も多くいるため、事実は分かりません。

子供についても記載されている記事は見つけられなかったので、古木大咲氏に妻や子供がいるのか気になるのであれば、今後のインタビュー記事に注目していきましょう。

 

経歴から探る古木大咲氏のプライベートについて

古木大咲氏の経歴を見ると、これまで仕事を頑張り続けてきた印象を受けます。

高校を中退してからいくつものバイトを経験し、起業をしたいという強い想いから不動産会社に就職したのです。

最初は不動産管理部として物件の清掃などを担当していたようですが、営業職で働きたいという想いから休日を利用して飛び込み営業をしていました。

その結果、営業職へ転身でき多くの成績を残していったのです。

飛び込み営業では効率が悪いと思い、ITを駆使した集客を開始し月間で30名ほどの見込み客を獲得することができました。

この成功体験から、さらに起業したいという想いが強くなり、25歳という若さで起業へと踏み切ったのです。

その後、不動産業界の知識を習得しながらも順調に業績を上げていったのですが、2008年にはリーマンショックの影響で物件が思うように売れなくなり業績が悪化することになります。

しかし、困難ながらも社員一丸となって徐々に業績を上げていくことに成功したのです。

不動産業界と聞くと、ノルマが多く大変だといったイメージを持つ人も多いでしょう。

勤務時間も朝早くから夜遅くまで働いている印象もあるので好きでないと続けていけないイメージもあります。

古木大咲氏の経歴を見ても休日を自主的に返上して働いているため、仕事を優先していたのだろうと推測できます。

古木大咲氏に妻や子供がいるのか知ることはできませんでした。

プライベートなことはインタビューやメディアでも伝えてこなかったのでしょう。

厳しいイメージのある不動産業界において、これまで休日を利用しながらも仕事を頑張ってきた古木大咲氏ですが、自身の会社では、プライベートも充実できるよう職場環境を整えているようです。

営業職であっても定時に帰れるよう工夫し、無駄のない業務ができるよう仕事の進捗が見えるシステム作りを積極的に行っています。

結婚して妻や子供がいるのかは知ることはできませんでしたが、古木大咲氏の元で働いている既婚者や子供を持つ従業員にとっては働きやすい会社だということが分かります。

 

古木大咲氏が考える経営とは?

最後に古木大咲氏が考える経営について迫っていきましょう。

古木大咲氏は、これまでいくつものインタビューに答えてきました。

その中から、どういった経営を考えて運営を行ってきたのかご紹介していきます。

経営者として成功したい、負のサイクルから脱却したいと考えているのであれば、ぜひ参考にしてみてください。

 

ピンチをチャンスだと考える

人間は不安定な状態になると立ち止まってしまうことがあります。

しかし、古木大咲氏はピンチな時でもチャンスに変えて経営を行ってきました。

2008年にリーマンショックが起こった際には、業績が下がったことで恐怖を感じたと古木大咲氏は伝えています。

従業員にも給料が支払えない状態が続き、退職をする社員も実際にいたそうです。

しかし、そんな窮地を脱出するため古木大咲氏は固定概念を払拭して前へ進む決心をしています。

不動産会社は従来、在庫型のビジネスモデルを展開してきました。

アパートやマンションを建ててから購入者を探して売る仕組みとなります。

しかし、それではリーマンショックなどの金融危機がまた起これば同じように窮地の事態になります。

そこで考え出されたのが無在庫型のビジネスモデルです。

土地のマッチングから始めて、投資用の物件を建設し運用を始める仕組みとなります。

斬新な経営スタイルに当時は困惑する人も多かったと言います。

しかし、メリットが多いことを伝えていくことで多くの人に注目されるようになったのです。

 

「現場」を大事に経営する

古木大咲氏が経営を続ける上で大事にしていることは「現場」だと言います。

一般的には会社のトップは現場に行かないことが多いでしょう。

しかし、古木大咲氏は自らの足で現場に向かい、問題点があれば解決できるように対策を考え、新しいアイデアを模索しているのです。

古木大咲氏が不動産会社の営業部で働いた経歴を持つことは上記にも挙げています。

その際は、業務の効率の悪さを改善すべく、自らが提案をしています。

現場に足を運ぶことで生まれるアイデアがあるとわかっているから、経営者となった現在でも現場に行き自分の目で直接確認しているのでしょう。

決して従業員任せにはせず、問題点の改善や新しいアイデアを提案することに積極的な姿勢を古木大咲氏は見せています。

そのため、従業員も積極的に提案することができるのです。現場を大事にすることが事業の成功につながっているのでしょう。

 

古木大咲氏は新しいアイデアを生み出すためにも積極的に現場へと足を運んでいます。

経営者が現場に行くことで、一緒に働いている従業員のモチベーションアップにもつながるでしょう。

ピンチに陥ったときでも、自分が現場に行くことで解決策を見出すこともできます。

今後も古木大咲氏が自ら現場に足を運び続けることで、さらに新しいビジネスモデルが増えることも予想できるのではないでしょうか?

 

今後の展開に注目していきましょう。