不動産投資

複数社の査定で比較してみよう!不動産売却を成功させるコツ

不動産売却は、人生の中で何度とない大きな出来事です。

不動産投資を始めたけど思うように利益が出ず、売却を検討されている方もいらっしゃるかと思います。

不動産取引では、取り扱い物件の金額が多ければ多いほど、どれくらいで売却できるのか不安に思うのは当然のことです。

では、どうすれば不動産売却を成功させられるのでしょうか?

今回は不動産をできるだけ高く売るためのポイントをご紹介していきます。

 

 

不動産売却を成功させるポイント

 

一戸建てやマンション、土地などの不動産を売るとき「できるだけ高く売却したい」と願うものです。

不動産投資を行っている人にとってそれを実現させるにはいくつかポイントがあります。

ここで、不動産売却を成功させるためのポイントを3つご紹介しましょう。

 

 

1.不動産会社の査定を何社か依頼し比較する

 

不動産売却は一般的に、不動産会社へ物件の査定を依頼するのが基本です。

この段階でとても重要になるのが、依頼する不動産会社を1社に絞らず複数依頼して比較することです。

不動産価格は取引する会社によって査定額が異なります。

同一の物件でも査定額にバラつきが出ることも多く、A社では3,000万円と査定された物件がB社では3,500万円で査定されるというケースも珍しくありません。

査定を行う担当者はもちろん不動産取引のプロですが、個々の考え方や価値観によって査定額が変わってしまうこともあるということを知っておきましょう。

一戸建てやマンションなど金額の大きな物件は、いくらで売却するかということに関しては徹底的に吟味してもらいたいところです。

複数の不動産会社で査定額を比較し、平均的な相場を知った上で現実的に考えて「売れる見込み」のある金額範囲で売り出し価格を設定するようにしてください。

 

 

2.不動産会社と媒介契約を結ぶこと

 

マンションを売却する際は、不動産会社と一般媒介契約をしておくことをおすすめします。

これによって、マンション売却は不動産会社が営業担当をしてくれます。

媒介契約には一般媒介契約と専任媒介契約の2種類がありますが、初めて不動産投資をしている人は一般媒介契約不動産会社と締結しておいた方が良いでしょう。

なぜなら、一般媒介契約は複数の会社と契約を結ぶことができるのに対し、専任媒介契約の場合は不動産会社を1社しか契約できないからです。

契約先の不動産会社は売り主専任の代理人となり、不動産売却全ての営業を行います。

不動産会社にしてみればできるだけ自社で物件を担当することを希望し、専任媒介契約を結びたいと考えるのが一般的です。

一般媒介契約よりも優先し、積極的に営業してくれることでしょう。

そのため多くの不動産売却の成約は、専任媒介契約でなされているのです。

しかし、最初に専任媒介契約した不動産会社の業績があまり良くない場合、大きく損をしてしまうかもしれません。

このような事態を避けるためにも、まずは一般媒介契約で複数の不動産会社と結び、営業力や担当者の能力などを見極め、3ヶ月後に訪れる一般媒介契約後に最も信頼できる不動産会社と専任媒介契約を結んだ方が効率的かつ高い売却が望めることでしょう。

 

 

3.売却する物件の内覧をアピールする

 

一戸建てやマンションを売り出す際は、購入希望者の内覧が入ります。

内覧は不動産売却において非常に重要なもので、購入希望者は内覧で購入するかどうか最終判断をすることが多いです。

ここでしっかり物件の魅力をアピールしておかなければ確実な成約へは結び付きません。

内覧前に売り主ができることは、部屋の清掃や整理整頓はもちろん、「素敵な暮らしができそう」というイメージを膨らませることです。

事前に購入希望者が求める情報がわかっている場合は、その内容に沿って工夫しておくことをおすすめします。

例えば、子どもがいる家庭であれば子ども用スペースをイメージした空間を演出してみたり、お父さん向けに書斎のようなスペースを作ってみたりしてみてはいかがでしょうか?

もちろんこれは、自身で取り組めることとそうでないことがあると思うので、できる範囲内で購買意欲を高められるよう工夫してみてください。

また、購入希望者が意外と重要視されているのが「売り主の人柄」です。

購入に迷った際は、売り主との信頼関係やコミュニケーションから判断することも多々あります。

 

 

今回は、不動産売却を成功させるポイントについていくつかご紹介してきました。

不動産をできるだけ高く買い取ってもらうには、いくつかの不動産会社へ査定を依頼し、査定額がどのくらい違うのか比較してみることが大切です。

競合他社同士で比較することによって、物件に対する平均的な相場を知ることもできます。

それによって、売り主がどのくらいの価格を設定したらよいのか現実的に見込める価格を決めることができるでしょう。

不動産会社は営業などにかかる経費をできるだけ抑えるため、物件の価格を少し安く査定するところが多いです。

ですから、価格決定の際には自分の中で少し余裕を持った強気の金額を決めておくという点も売却を高くするためのコツにつながります。