不動産投資

副業としておすすめできる、不動産投資スタイルの選び方

安定的な収益が期待できる副業として、不動産投資に興味を持つ人が増えています。

そんな中、まだ不動産投資を始めていない、これから不動産投資をしようと考えている人の多くが、投資のスタイルで悩んでいることと思います。

そこで今回は、不動産投資を副業で選択した際に、投資先はどう選べば良いのかご紹介しましょう。

 

アパート投資かワンルームマンション投資か

 

不動産投資を副業として行う場合、まずはアパート投資かワンルームマンション投資かで迷う人も多くいます。

まずは、両者の違いを知っておくことが大切です。

 

アパート投資のメリット・デメリット

アパート投資の主なメリットは、利回りが高いこと、賃料以外に自動販売機の収益などが見込めること、コストコントロールが可能なこと、出口戦略が複数あることなどが挙げられます。

アパート投資のデメリットとしては、物件取得価格が1億円前後と高額になること、郊外・地方物件が多いこと、空室リスクが高いこと、融資額が多く審査が厳しくなること、修繕費用の規模が大きくなること、賃料下落のリスクが高いことなどが挙げられます。

 

ワンルームマンション投資のメリット・デメリット

ワンルームマンション投資の主なメリットは、物件取得価格が数千万程度と低いこと、都心など好立地な物件が多いこと、空室リスクが低いこと、融資額が少ないため審査が通りやすいこと、修繕費用の規模が小さいこと、賃料下落リスクが低いことなどです。

一方デメリットとしては、利回りが低いこと、賃料以外の収入が見込めないこと、コストコントロールが難しいこと、建物の裁量が管理組合にあること、一度の減価償却額が少ないこと、出口戦略がほぼ売却に限られることが挙げられます。

 

このように、それぞれメリット・デメリットが異なっています。

では、具体的にアパート投資とワンルームマンション投資はどんな人に向いているのでしょうか?

 

アパート投資が向いている人

 

アパート投資を副業で始める際には、投資額が大きくなる一方で利回りが期待できる点に注目してみてください。

また、融資の際には担保評価が付きやすく、さらに出口戦略が豊富という点にも強みがあります。

アパート投資の場合減価償却費が多くなるため、節税対策につながるという点も魅力的です。

比較的高収入の人や年間の賃料収入を1000万円以上に設定したい人は、アパート投資を選ぶと良いでしょう。

ただし、アパートは郊外や地方の物件が多く賃貸需要が少ない場所という立地的なリスクもあります。

空室となる危険性も持ち合わせているため、投資という視点からはリスクが高いと言えます。

物件の取得価格も高く、新築アパートを取得するためには初期費用として500~800万円程度を見込まなければなりません。

しかも売買の流動性が低いケースが多く、アパート投資で成功するためにはしっかりと投資先を見極めることが求められます。

入居者のニーズ、立地リサーチなどについてアパート投資を専門に扱う会社に相談しながら、不動産投資を安定した副業にしていくことをおすすめします。

 

 

ワンルームマンション投資が向いている人

 

副業としてワンルームマンションを始める場合、アパート投資と比較すると初期投資額が少なくて済みます。

大規模な投資が不安な人、空室や賃料下落のリスクを取りたくない人はワンルームマンション投資から始めると良いでしょう。

副業として初めて不動産投資をする人、老後の準備として副業を始めたい人にはワンルームマンション投資が向いています。

ただし、利回りは3~5%と低めで担保評価が付きにくいため、資産評価も低くなることから、本格的な副業として考える場合はワンルームマンション投資はおすすめではありません。

さらに、建物の管理自体が管理組合を通さなければ意思決定できないため、自分自身で自由に建物管理ができません。

出口戦略も売却がメインとなります。

もちろん、近年は中古物件の人気が高まっているため、ほとんどのケースで売却先が見つかっています。

手放したいタイミングで売ることは可能と言えます。

以上のことから、ワンルームマンション投資は、初期投資を抑えてリスクを抑えた副業を考えている人、利回りが小さくても確実に安定した収入を得たい人に向いています。

 

投資資金が潤沢に用意できるなら

 

副業を始めるにあたり、投資資金を潤沢に用意できる人は、アパート投資やワンルームマンション投資以外の選択肢もあります。

不動産投資をスタートする際に、資金が数千万円以上用意できる場合は、都心マンションへの一棟投資がおすすめです。

RC造のマンションで、都心の立地の良い物件にまるごと一棟投資できれば、様々なデメリットを抑えられます。

まず、立地の良い都心マンションなら空室リスクが低く、利回りは一棟投資なら5%前後を見込めます。

融資の際には資産評価も高くなります。

そして、自分の建物となるため建物管理も自分の意思決定で行える上、出口戦略が豊富です。

もちろん、1棟あたり2~3億円と投資規模は大きくなります。

さらに、都心マンションへの一棟投資を手掛ける専門会社は少ないので、相談先を選ぶ際には慎重に見極めなければ失敗の危険性が高くなります。

そして、売買の流動性が非常に低いため、売却する際には時間もかかります。

これらを踏まえた上で、数千万円以上の資金を投入できる人には、都心マンションへの一棟投資がおすすめできます。

 

 

副業を考え不動産投資を始める場合、まずは投資先の特徴を把握して自分に合ったスタイルを選ぶことが大切です。

不動産投資について情報収集をして、信頼できる会社を見極めて後悔のない不動産投資スタイルを選択しましょう。