不動産投資

アパート経営とマンション経営、不動産投資を始めるならどっち?

公務員は原則副業が禁止されていますが、実は不動産投資は副業に当てはまらないことをご存知でしょうか?
副業ではなく、あくまでも投資とされるため、公務員でも問題なく不動産投資をすることができるのです。
これから不動産投資を始めようと考えている公務員にとって、アパート経営をするかマンション経営をするかは悩ましい選択でしょう。
そもそも不動産投資は、大きなメリットもありますがその分大きなリスクも存在するので、事前の下調べが重要となります。
では、アパート経営とマンション経営、不動産投資を始めるならどちらを選べば良いのでしょうか?
今回は、アパート経営とマンション経営の違いについてご紹介していきましょう。

アパート経営はリスクが高い?

よくアパート経営はリスクが高いとされていますが、それはマンション経営でのワンルームマンション経営と比べてみてリスクが高いとされています。
アパート経営でのリスクとは何なのでしょうか?
アパート経営における最も考えられるリスクとしては、空室リスクです。
空室であれば家賃収入を得ることはできずに、空室であっても維持費はかかってしまうので赤字となってしまうリスクが高まります。
また、不動産でアパートを購入する際の利回りは、もちろん満室時での利回りとなっているので、空室があることで期待していた利回りよりも低い利回りで、持ち出しがあることも考えなければなりません。
そして、ワンルームマンションと比較した際には物件の価格に大きな差が出てしまうことから、リスクが高いとされてしまいがちです。
さらには、アパートの立地条件から空室リスクが高くなることもあるので、あらかじめ入念な物件選びが必要となるでしょう。
しかし、空室リスクや物件選びはマンション経営においても同様のリスクが考えられるので、一概にはアパート経営の方がリスクが高いとは言えません。
マンションを一棟経営するか、それともワンルーム経営をするかでも大きく異なるでしょう。

アパート経営とワンルームマンション経営の違い

マンション経営は一棟経営とワンルーム経営があると前述しましたが、具体的にどのような違いがあるのでしょうか?
ここからはアパート経営とワンルームマンション経営の違いについてご紹介していきましょう。

・物件価格
アパート経営やワンルームマンション経営を行う際には、物件の購入から始めなくてはなりません。
アパート1棟とワンルームマンション1室では、物件の価格が1桁違うこともあります。
そのため、アパート経営では融資を受けなくてはならない金額が大きく、審査が厳しくなってしまうでしょう。
しかし、公務員であれば信用力の高さから、金利や借入期間などが好条件になり、融資を受けることもできます。

・利回り
投資を行う上で、利回りは最も重要です。
不動産投資の利回り計算は難しく感じますが、諸経費などをしっかりと調べて計算すると実質利回りを計算することができます。
ワンルームマンション経営と比べると、アパート経営の方が利回りは高く、家賃収入以外の収入にも期待できます。
家賃収入以外の収入では、自動販売機の収益などが挙げられるでしょう。

・空室リスク
ワンルームマンション経営において、空室リスクは好立地であれば低くなります。
アパート経営でも好立地で空室リスクは低くなりますが、一棟経営であることから全ての部屋が埋まるかという点では空室リスクは高いと言えます。

・立地
不動産投資においての立地は、最重要項目と言っても過言ではありません。
立地が良ければその分空室リスクも低くなり、期待利回りが大きくなります。
ワンルームマンションの立地は、駅から近く好立地となっているケースがほとんどです。
しかし、アパートは地方や郊外にあるケースが多いため、立地が必ずしも良いとは限りません。

・修繕費用などの維持費
ワンルームマンションに比べてアパート一棟を管理しなければならないことから、修繕費用などの維持費はアパート経営の方が規模も大きく費用が嵩んでしまうでしょう。

・償却期間
アパート経営であれば、一度の減価償却額が大きくなりますが、ワンルームマンション経営であれば一度の減価償却額が少なくなります。

アパート経営には大きな賃料を狙いたい人が向いている

アパート経営とワンルームマンション経営の違いを前項でいくつか挙げましたが、結論的にはどちらにもメリット・デメリットが見られます。
そういったメリット・デメリットも踏まえた上で、アパート経営にはどのような人が向いているのでしょうか?
やはりワンルームマンション経営よりも初期投資額は大きくなりがちですが、その分大きな利回りを狙うことができ、さらに高年収であればあるほど減価償却費を計上することができるので節税対策になるでしょう。
投資を行うリスクは、ワンルームマンションよりも大きいため、あらかじめエリアの選定や事前のリサーチが重要となります。
新築アパートであれば、その分初期投資額も多くなりますが、入居者のニーズに応えた物件を建てることが可能となるでしょう。
不動産投資で年間収入を拡大したい時には、アパート経営の方が高い利回りで収入を拡大していくことができると言えます。

公務員でも不動産投資は行えるので、基準の範囲内で不動産投資を行っていきましょう。
不動産投資において、アパート経営かマンション経営か悩んでしまいますが、自己資金やどのような投資を行っていきたいかで選択していくことも大切です。
アパート経営でもマンション経営でもどちらにも投資のリスクはあるので、リスクを最小限に考えて投資することが投資で失敗しないためには重要となります。
事前にリスクを最小限に抑えるために、リサーチをしてどちらが自身に向いているか考えていきましょう。