法人の噂・真相

ブロードリーフの新卒・中途採用情報|社員の評判、働き方など

ブロードリーフに就職を考えている皆さん向けに、現場社員の口コミや評判などを集めて第三者の視点から企業分析をしてみました。

・2020年卒としてブロードリーフの新卒採用にエントリーしている人

・同業界、異業界からブロードリーフへの転職(中途採用)を考えている人

上記の方はぜひこの記事を読んでみてください。

 

ブロードリーフってどんな会社?

ブロードリーフは、自動車アフターマーケットを中心に幅広い業種・業界の現場業務を支援するソフトウエア・ITソリューション&各種サービスを提供している、東証一部上場(3673)の企業です。

ブロードリーフの企業紹介動画

 

 

ブロードリーフの事業内容や、投資家向けの情報が気になる方は下記にまとめていますので、こちらもご覧になってください。

ブロードリーフ【3673】の最新決算を分析|事業内容、口コミ、評判など

 

ブロードリーフで働く人の口コミや評判

早速ですが、現場で働く人の口コミや評判を確認していきましょう。

どんな事業をやっているのか?

ビッグデータを活用した新規事業への取り組みなど、積極的に進めている印象を受ける。新しく立ち上げた事業の中でも軌道に乗りつつあるものも出てきてるので、今後は事業の多角化を進めつつ、安定と成長を両立していけると思う。

事業領域としては自動車アフターマーケットにおける業務支援ソフトウェアの開発が強みになるのでしょうが、新規事業への取り組みにも積極的で事業領域を広めようという動きがあるようです。

 

中期経営計画(2019-2021) – 公式サイトより

 

実際に2019年~2021年における中期経営計画の中にも「クラウドの本格展開」が明記されており、そのほかにも「M&A/投資/アライアンスの積極推進」などが掲げられており攻めの事業計画を持っていることが分かります。

やりたい事をやらせてもらえる風土ではあります。周囲との調整やはまるポジションがあれば。あとはアピールが出来れば上司は目を止めてくれる方は多いです。

このような口コミからブロードリーフは新しいことに挑戦する社風が強いと言えるのではないでしょうか。

Google Cloud Platformの事例でも取り上げられている

クラウドの本格展開を裏付けるように、Google Cloud Platformの事例にも紹介されていました。

G7401.jpg

参考ページ:株式会社ブロードリーフの導入事例: 新世代の大規模ビジネス プラットフォーム『Broadleaf Cloud Platform』を Google Cloud Platform 上に構築

実際に開発本部基盤開発部部長の祖慶良大氏と同部の松本宏紀氏がインタビューに応じているようです。

通常、クラウド化は既存業務の効率化などの活用されることが多いですが、インタビューでは次のように回答しているようです。

我々が GCP で実現したかったのは、ブロードリーフのビジネスを変えること。今回、その第一歩として、整備事業者向けの販売管理システム『Maintenance.c』を開発・提供開始しましたが、その背景には、昨今、お客さまを取り巻くビジネス環境が変容しつつあり、これまで提供していた機能的な価値に加え、EDI(Electronic Data Interchange/電子データ交換)などへの対応などが求められるようになったことが挙げられます。そこで、約 4 年前、ブロードリーフの提供する各種ソフトウェア・サービスをクラウドに移行した、新たなビジネス プラットフォームを構築することを決断しました。」

また、内容を読み進めていくとサードパーティへの開放も視野に入れているようです。

「マイクロサービス化には『Broadleaf Cloud Platform』を将来的にサードパーティ ベンダーに開放したいという狙いもあります。」

さらにはこれらで蓄積したビックデータをAIと組み合わせることで新たなビジネスチャンスも模索しているようです。

国内シェアNo.1の座に甘んじない挑戦する姿勢は、同社の社風をよく表していると言えますね。

休日出勤や長時間残業はあるのか?ワークライフバランスは?

自己でスケジュール調整後、自由に休日を取ることができます。勤怠管理など全て外注なので、上司に連絡する程度で済みます。スケジュールは全体で共有されているので、休日に社内の人から連絡がくることもありません。

営業職はみなし労働なので、状況にもよりますが時間の融通は利きました。基本、直行直帰でしたので、朝ゆっくりめの出勤も可能です。ただ、社会人としての最低限のルールは守るのは当然の事です。

コアフレックスみたいな感じで、時間の束縛はあまりない。自分の頑張り次第では、いくらでも余裕のある時間が作れるので、プライベートも充実できる。

いくつかの口コミを紹介しましたが、ブロードリーフでは働き方改革が進んでいるようです。

2017年の平均残業時間(月間) - 公式サイトより2017年の平均残業時間(月間) – 公式サイトより

 

公式サイトに記載の平均残業時間を見ても、長時間残業は行われていないようです。

  1. 22時以降の深夜残業の原則禁止
  2. 休日(土曜日・日曜日・祝日)出勤の原則禁止と代休の取得
  3. 長時間勤務者に対する産業医面談の実施などの健康配慮

上記のような長時間残業の防止策についても触れられていました。

評価制度や給料はどうなっているのか?

評価制度は何年か前に整備されてしっかりしています。個人→部署→事業部→会社とボトムアップの考えで事業貢献度と個人の能力、コンピテンシーという三軸で評価されます。期初に立てた目標が達成出来たかどうかで評価されるので基準は明確です。

評価制度についても会社として明確に定められており、フェアなシステムになっているようです。

他にも資格奨励制度などがあるようなので、スキルアップのための支援も会社として取り組んでいるようです。

女性のキャリアプランは?育休や産休は取得できるのか?

一般的な待遇だと思います。産休や時短勤務も周りと調整すれば問題無く出来ていました。特に偏見等も無く仕事が出来ればそれなりのポジションにもつけると思います。

女性の活躍についても会社として目標を定めて取り組んでいるようです。

女性管理職比率

これらは女性社員の比率や、管理職の比率に関する現状と目標の数値です。

数値目標を掲げていることからも女性の働く環境を整備していこうとする姿勢が感じられます。

まとめ

今回は社員の口コミからブロードリーフの評判について確認してきました。

ブロードリーフに就職したいと思っている人は公式サイトの情報だけでなく、口コミや評判も確認してみるとより正確にブロードリーフについて知ることが出来ると思います。

今後も随時良い情報があれば追記していきます。