IT

ブロードリーフ【3673】の最新決算を分析|事業内容、口コミ、評判など

こんにちは。

本日は、自動車アフターマーケットの業務ソフトウェア開発などにおいて、高いシェアを獲得してる東証一部上場企業「ブロードリーフ」について特集していきます。

ブロードリーフに投資をしようと考えている方から、就職・転職したい、と思ってる方に向けて、ブロードリーフの事業内容や働く場の環境を解説していきます。

ぜひ、お付き合い下さいませ。

ブロードリーフ(3673)の企業情報

ブロードリーフは、2005年に創業された東証一部上場の会社です。

自動車アフターマーケットにおいて、現場の業務をサポートするソフトウェアの開発を中心に事業を展開しています。

自動車アフターマーケットとは?

自動車を購入した後に、車両の修理目的でアフターサービスを受けたり、時には車両の改造目的でアフターサービスを利用することがあると思います。

自動車アフターマーケットとは、自動車を購入した後における市場全体のことを指しています。

ブロードリーフは自動車アフターマーケットにおける現場の支援ソフトウェアを開発しており、そのシェアは業界でも随一のものです。

 

ブロードリーフの会社案内(公式サイトより)

 

ブロードリーフの会社案内を確認してみると、主に「業務システム」や「部品流通ネットワーク」「WEBサービス/アプリケーション」「グローバルビジネス」という分野において、ワンストップのITソリューションを提供しているようです。

社名 株式会社ブロードリーフ Broadleaf Co., Ltd.
本社 〒140-0002
東京都品川区東品川4-13-14 グラスキューブ品川8F
TEL: 03-5781-3100(代表)アクセスマップ
代表者 大山 堅司
創業 / 設立 2005年12月 / 2009年9月
資本金(連結) 7,148百万円(2017年12月末現在)
上場証券取引所 東京証券取引所第一部(3673)
従業員数(連結) 928人(2017年12月末現在)
事業内容 自動車アフターマーケットを中心に幅広い業種・業界の現場業務を支援するソフトウエア・ITソリューション&各種サービスを提供
(業務アプリケーション、異業種間連携プラットフォーム、リサイクル部品マーケットプレイス、 自動車関連コンテンツの開発等)
拠点 営業・サポートネットワーク:全国29拠点
開発:全国 3拠点
会計監査人 あずさ監査法人

 

直近の業績について

直近の業績についても簡単に触れておきます。

なお下記は、2018年12月期決算説明資料を参考にしています。

売上利益ともに増加(決算説明資料より)

 

売上、利益ともに増加となっており、増収増益で着地しているようです。

2017年12月期の売上が約182億円に大して、2018年12月期は約213億円と、通期予想の212億円を上振れし、前期比約17%の成長となっています。

さらに営業利益もしっかりと確保しており、前期約30億円に対して、2018年12月期は約41億円と通期予想の約39億円を上振れし、前期比約37%の成長となっています。

一株当たり利益も40%弱増加となっていますので、直近の業績は投資家にとっては喜ばしい決算になっていると言えるでしょう。

作業分析ソフト「OTRS」の成長(決算説明資料より)

 

この高い業績を確保できた要因はいくつかあるようですが、一つに作業分析「OTRS」の成長が上げられるようです。

製造業を主なターゲットとして、従業員の作業分析や業務の最適化に用いられるソフトウェアのようですが、ここ直近の伸長率が凄いです。

2018年12月期には約4億円までを売り上げる事業へと成長しており、業務改善が求められる業界の実情を考えても今後ますます成長が期待できる分野と言って良いでしょう。

営業利益増減の内訳(決算説明資料より)

 

そして、忘れてはいけないのがタジマの業績です。

タジマは2017年にブロードリーフの100%子会社となりました。

タジマは自動車整備工場などで使用されてる業務ソフトウェア「一新多助スマートシリーズ」などで有名な会社で自動車アフターマーケットを中心に展開してるブロードリーフとは親和性が非常に高いです。

このタジマの業績も好調のようで、単体での営業利益は約2.4億円、連結効果によってコスト増を吸収し、大きく利益に貢献しています。

 

1株あたり配当について(決算説明資料より)

 

最後に投資家にとって重要な指標の一つである、一株当たり利益についてです。

こちらも順調に推移しており、既に中間で5.5円の配当を実施しておりますが、さらに6.5円の配当を予想しています。

予想通りに配当が支給されると、前年に比べて1.0円配当が増加することになります。

 

2019年1~3月期は純利益93%増の2億7400万円に

ブロードリーフは2019年5月10日に2019年1~3月期の決算を発表しました。

発表によると、売上が約11%増加、営業利益は約63%増加、純利益も93%増加となっています。

2019年12月期も非常に好調な業績を出していることが分かります。

ブロードリーフが10日に発表した2019年1~3月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比93%増の2億7400万円となった。売上収益は前年同期比11.1%増の49億円、営業利益は前年同期比62.8%増の4億2000万円だった。

2019年12月期は純利益が前期比5.4%増の28億円、売上収益が前期比3.4%増の220億円、営業利益が前期比9.4%増の45億円の見通し。

引用元:https://www.nikkei.com/article/DGXLRST0421084Q9A510C1000000/

 

これらの業績を分析して分かるように、ブロードリーフは投資家からも注目されている成長企業であることが分かってきました。

 

ブロードリーフの株価について

では、ここからはもう少しブロードリーフの魅力について、株価を見ながら考えていきましょう。

ブロードリーフ(3673)の株価(Yahoo!ファイナンスより)

 

記事執筆時点ですと、1株580円前後で取引されています。

2018年10月1日に年初来高値の833円を付け、その後はやや下降トレンドに入っているようです。

ちなみに、年初来安値は2018年12月26日の493円となっています。

一般的にこの時期はどの企業も株価が低くなりやすい傾向にありますから、その中では比較的強い値動きをしてると考えられます。

ブロードリーフの株主優待について

ブロードリーフの気になる株主優待はなんと「QUOカード」です。

利便性の高さから人気を誇るQUOカードが貰えるのは株主にとって大きなメリットでしょう。

ちなみに、2018年12月末の株主優待は下記のとおりでした。

保有株式数 QUOカード
500株~999株 5,000円分
1,000株~1,999株 10,000円分
2,000株~9,999株 20,000円分
10,000株以上 100,000円分

株主優待について(公式サイトより)

ブロードリーフの株価が580円であると仮定すると、

500株 × 580円 = 290,000円 で5,000円のQUOカードが貰えるので、

優待利回りは2%前後ということになります。

使いやすいQUOカードで2%の利回りは美味しいと思います。

ファンダメンタルズ分析してみた

ブロードリーフのQUICKスコア(QuickMoneyWorldより)

 

続いて、ファンダメンタルズ分析をしていきましょう。

ファンダメンタルズ分析とは?

ファンダメンタルズ分析は、財務状況や業績をもとにして、企業の本質的な価値を分析する方法です。会社の価値に対して株価が割安か、今後の成長が見込めるかを分析して株を買います。(俺たち株の初心者 より引用)

ブロードリーフは収益力が高く、非常に優秀です。

また、財務状況も健全であることから順調に成長することが見込まれます。

今後の成長力を考えると、購入を考えても良い株だと言えるでしょう。

SNS上の投稿を調べてみた

新規事業への取り組みについて

続いて、ブロードリーフの新規事業への取り組みについても見ていきましょう。

ブロードリーフペイ

ブロードリーフペイについて(※公式サイトより)

 

ブロードリーフペイは、カーオーナー向けの決済サービスです。

決済手数料が安いため、事業者も導入しやすく、無線端末を使っていつでもどこでも決済可能であること、ソフトウェア開発のノウハウを活かしたセキュリティの高さが特徴的です。

福利厚生代行サービス

福利厚生サービス「BroadLeaf 倶楽部 VIP Service」について(公式サイトより)

 

BroadLeaf 倶楽部 VIP Serviceは、ブロードリーフのユーザー様向けに提供する福利厚生サービスです。旅行・宿泊・レジャー、グルメや映画などのエンタテインメント、結婚・出産・育児・健康・介護・資格取得・住宅といった生活支援サービスなど、従業員に対して給与以外の報酬を提供するものです。

 

ブロードリーフでは、福利厚生サービスも展開してるようです。

働き方改革が叫ばれる昨今において、従業員の満足度を上げるために福利厚生に力を注ぐ企業も増えていることでしょう。

ブロードリーフの福利厚生サービスは時代のニーズを先取りした新規事業になると言えます。

「ものづくりドットコム」運営会社を子会社化を発表

2019年5月7日、ブロードリーフは新たに「ものづくりドットコム」の運営会社である株式会社産業革新研究所の株式を67.5%取得し、連結小会社化しました。

ものづくりドットコム
https://www.monodukuri.com/

 

株式会社産業革新研究所の株式取得完了(子会社化)と同社役員人事のお知らせ

株式会社ブロードリーフ(本社:東京都品川区 代表取締役社長 大山 堅司 以下、ブロードリーフ)は、2019年4月26日付けで株式会社産業革新研究所(本社:山梨県甲府市 代表取締役社長 熊坂 治 以下、産革研)の67.5%の株式取得を完了し、連結子会社としました。また、同社の株主総会及び取締役会を経て役員人事を決定しましたので、お知らせいたします。

産革研は、製造企業のプロセス革新と課題解決を支援するウェブサイト「ものづくりドットコム」を運営しており、同サイトは、製造業関連分野の専門家が提供する課題解決・ものづくり革新記事の発信により、累積利用者が300万人を超える生産/経営工学のナレッジポータルサイトへと成長しました。

この度、産革研がブロードリーフグループの一員となったことで、同社が保有する専門家のネットワークと数千社の製造企業技術者会員に対して、生産性向上に有効な製品・ソリューションの提供が可能となりました。また、ブロードリーフが中期経営計画で構想しているプラットフォーム事業の構築・拡大へ向けても、高いシナジー効果が期待できます。

今後は、「ものづくりドットコム」の多言語化など更なるコンテンツの拡充を図るとともに、製造業の課題解決のための各種サービス開発を進めてまいります。

引用元:https://www.broadleaf.co.jp/company/press/press_detail/?itemid=156&dispmid=1002

ブロードリーフの顧客対象になりうる利用者が多い「ものづくりドットコム」を連結子会社化することによって、更に営業が拡大することが想像できます。

 

このように、現在注目されている新規事業以外にも、様々な分野において事業を立ち上げ、多角化戦略を取っているようです。

企業において、一つの事業に収益を委ねるのはリスクが大きいですから、素晴らしい取り組みであると言えるでしょう。

新卒・中途採用について

最後に、求職者向けに新卒・中途採用の情報もご紹介しておきます。

新卒者向け採用特設ページ(公式サイトより)

 

ブロードリーフでは、新卒・中途採用について積極的に取り組んでいるようで、採用者向けの特設サイトがあります。

最新の採用情報はこちらから確認できるようです。

新卒者向けの特設ページでは、実際に働く先輩のインタビュー記事なども掲載されており、学生にとっては魅力的な情報が提供されていますので、興味がある方はぜひ一度ご覧になってみて下さい。

働く人の実際の口コミ

実際に働いている人、もしくは働いていた人の口コミも少し見ていきましょう。

車が無くならない限り会社は残ると思います。競合を買収して勢いに乗っているのでこれからも伸びると思います。
30代 / 男性 / 元社員(正社員) / IT系エンジニア / 株式会社ブロードリーフ 

 

オフィスは綺麗で働きやすいです。フリースペースも拡充して良くしていこうという意識が社員に浸透していると思います。
30代 / 男性 / 元社員(正社員) / IT系エンジニア / 株式会社ブロードリーフ

 

部門を新に設けたりして改善しようとしており今後の教育や指導に期待が持てる。どんどん開催してほしいと感じているがまだまだこれからという感じなので良い点とはいえないかもしれないが今後に期待したいと思う。期待大。
40代 / 男性 / 現社員(正社員) / 営業系 / 株式会社ブロードリーフ

 

まとめ

今回は東証一部上場企業のブロードリーフについて検証しました。

自動車アフターマーケットにおける圧倒的なシェアと、それに奢ること無く新規事業による多角化戦略を進める同社の戦略は先進的と言えるのではないでしょうか。

投資家にとっても、働く人にとってもメリットが大きい企業だと思いますので、後日また詳細について調査して記事にしていこうと思います。