不動産投資

不動産投資でよくある詐欺の手口とは?実際に騙された際の対処法

悪意のある人物が様々な手口を使ってお金を騙し取る詐欺被害は、不動産投資でも後を絶ちません。
不動産投資は大きな金額を動かすことが多いため、騙される金額によっては破産の道を辿ってしまう可能性があります。
ここでは、不動産投資でよくある詐欺の手口や実際に被害に遭った時の対処法、騙されないために必要なことなどをご紹介していきましょう。

不動産投資詐欺の手口とは?

詐欺と言っても、本格的な詐欺行為から詐欺かどうか判断に迷うものまであり、相手は様々な手口を使って騙そうとしてきます。
では、不動産投資でよくある手口をピックアップしていきましょう。

・手付金詐欺
物件を購入する際には、前もって手付金を払う必要があります。
そんな手付金を狙った詐欺は非常に多いです。
手付金詐欺の手口は、物件の場以外契約を複数人で行い、その後契約者に手付金を払わせます。
しかし、実際の物件は手に入らず、手付金を払ってから連絡が途絶えるというものです。
物件は第三者に渡っており、手付金が戻ってくることはありません。

・しつこい勧誘や強引な営業をしてくる
しつこい勧誘や強引な営業をしてくる場合は、詐欺である可能性が高いです。
このようなケースはよくある手口の中でもわかりやすいでしょう。
中には、自宅や会社にまで電話が来て不動産の宣伝をされることもあります。
また、あえて好人物を演じて土地活用やアパート建築などを提案し、詳しく説明していないのに契約書に押印させるケースもあります。

・良い条件しか言わない
高利回りをはじめ、良い条件は詳しく教えてくれるのに、空室リスクやランニングコストなど悪い情報を教えてくれない場合は詐欺である可能性が高いです。
表面上の良い条件しか言ってこないのは、不動産手口の中でも多いでしょう。

・デート商法
最近増えているのが、婚活サイト等で異性と出会い、何度か会ってから不動産投資を勧められるケースです。
物件購入後に連絡が取れなくなるという悪質な手口です。

実際に詐欺に遭ってしまったらどうする?

では、実際に不動産投資詐欺に騙された場合、どんな対処法があるのでしょうか?
方法としては、まず専門家に相談することです。

・不動産投資コンサルタント
不動産投資コンサルタントは、不動産投資に関する知識・経験が豊富です。
不動産会社選びをはじめ、物件選びや運用方法など様々なアドバイスを行っています。
宅地建物取引士や不動産鑑定士・1級建築士として長く働いている人物が活躍しているため、信頼性も高く相談しやすいでしょう。

・ファイナンシャルプランナー
ファイナンシャルプランナーは、資産運用やライフプラン・保険などのあらゆる専門知識を有しています。
不動産投資や資金計画などについても相談に応じています。

・消費者庁
投資勧誘トラブルの情報提供や相談に対応しています。
電話や相談窓口などで相談員が消費者のトラブルについて相談に応じています。

・免許行政庁
しつこい勧誘や強引な営業は、宅地建物取引業では禁止されています。
免許行政庁に具体的な日時や会社名などを告げて相談することで、しっかり対処してくれる可能性が高いです。

・弁護士
不動産投資関連の詐欺やトラブルは、法律のプロである弁護士に任せるというのも方法の1つではないでしょうか?
弁護士に相談するには費用がかかりますが、無料相談を行っているところもあるので検討してみましょう。

・宅建協会
宅建協会では、実際に詐欺被害に遭った場合、保険協会より弁済金として1案件1000万円まで支払われることがあります。
しかし、不動産会社の詐欺手口に複数の人が騙された場合は、その被害者が申し出た先着順に支払われることになるため注意が必要です。
詐欺被害に遭ったら早めに相談しましょう。

不動産投資で騙されないために

不動産投資詐欺のターゲットになりやすい人は、「高属性」と呼ばれる上場企業の社員だと言われています。
高属性の人々は、医者や公務員として働く人が多く、金融機関からの融資が受けやすいという特徴があります。
不動産投資は、金融機関から融資を受けて始めるパターンが一般的です。
高属性の人々は、そうでない人と比べて年収や自己資金が多く、高額な融資も受けやすいと言えるでしょう。
そのため、詐欺師は融資を受けやすい高属性の人々を狙っているのです。
また、不動産投資に関する知識だけでなく、詐欺の手口の知識がない人も騙される可能性が高いでしょう。
詐欺の具体的な手口や傾向などを知識として身に付けておくのは大切なことです。
ただ、不動産投資には詐欺のリスクが付き纏うことも事実です。
今後も不動産投資をしようと考えているのであれば、楽韓的な見通しをせず、正しい情報かどうか見極める必要があります。
不動産投資に関する知識をもう1度しっかりと身に付け、詐欺を回避することが不動産投資成功のカギになるでしょう。

様々な不動産投資詐欺をご紹介してきましたが、実際に詐欺に遭ってしまえば混乱して冷静な判断ができなくなってしまう人もたくさんいます。
しかし、騙される人のほとんどは不動産投資に関する勉強不足や確認を怠ったのが原因で招いた失敗なのです。
投資家としての責任を持ち、支出項目や入居需要などをしっかり調査することが大切です。
不動産投資で成功したいと考えているのであれば、しっかりと土台を固めていく必要があるのです。