不動産投資

不動産投資の売却で失敗をしないために…知っておきたいポイントはコレ!

不動産投資は、安定した収入を得られる投資として知られていますが、売却をするタイミングも重要だと知っている人はどのくらいいるでしょうか?
もしも、売却するタイミングを間違えてしまうと、投資自体が失敗になってしまう可能性もあります。
そこで今回は、不動産投資の売却で失敗をしないために知っておきたいポイントや事例についてご紹介しましょう。

買う時は安く、売る時は高くという意識を持つ

不動産物件を売却する場合、できれば買った時よりも高く売りたいと思うでしょう。
しかし、建物は築年数が古くなればなるほど、価値が下がってしまいます。
そのため、買った時よりも高く売れるという可能性は低いと思っておいた方が無難です。
しかし建物ではなく土地の価格は、経済情勢によって変化するので、建物ほど大きく下がるということはほとんどありません。
不動産物件の売却で失敗しないためには、「買う時は安く、売る時は高く」という意識を持ち、土地と建物の価値のバランスにも注意をしてみると良いでしょう。

不動産物件の売却を得意としない不動産会社に依頼をしないように気を付ける

不動産会社の中には、不動産物件の売却を得意としない会社もあります。
そのような会社に依頼をすると、失敗してしまう可能性も高くなってしまうのです。
そのため、不動産物件の売却を検討しているのであれば、実績のある不動産会社に依頼をした方が良いということになります。
どの不動産会社が不動産物件の売却を得意としているか分からないという人も多いとは思いますが、そのような場合は比較サイトなどを上手く活用してみてください。
そうすると、理想的な売却を実現しやすくなります。

不動産物件売却の失敗談

不動産物件の売却で失敗失敗してしまったという事例は、少なくありません。
では、実際に不動産投資売却で失敗をしてしまったという事例について見ていきましょう。

・清潔感のある室内環境にできていないケース

まず1つ目の事例は、所有しているマンションの手入れができていないことが原因で売却ができないというものです。
この事例のマンションの持ち主は、現在遠方で暮らしているため、マンションには暮らしていませんでした。
そのため、売却をしようと決めました。
売却時の価格は、相場よりも安く設定していました。
税金や管理面の問題などを踏まえて、早めに売却をしたいと考えたからです。
しかし、1年ほど経っても売れませんでした。
なぜ売れなかったのかというと、壁紙や玄関周りなどが汚いままになっているからなのです。
不動産会社からも、綺麗にするように依頼がありましたが、遠方に住んでいるため時間を取ることもできなかったと言います。
しかし、マンションに売却における第一印象はとても重要なもので、それで決めるという人も少なくありません。
水回りの清掃は特に重要だと言えるでしょう。
汚いままになっていると、いくら安い価格で売りに出しても買主が見つからないという可能性もあります。
そのため、清潔感のある室内環境にできないのであれば、不動産物件の売却で失敗してしまう可能性が高まってしまうということになります。

・売却の価格が希望よりも低くなってしまったケース

もう1つの事例は、売却の価格が希望より低くなったことによる失敗です。
不動産を持っている人の中には、新たに一戸建てを購入するなどの理由で売却を検討するという人もいます。
気になる物件があれば、売却が決まる前から新しい物件に目を付けておくこともあるでしょう。
また、その物件を購入するという前提で売却価格も決めるはずです。
しかし、実際に売却が決まるまでは、油断をしてはいけません。
どうしてかというと、希望する売却価格よりも値引きされた金額で売却をしなければいけない可能性もあるからです。
実際に、希望する売却価格よりも400万円ほど値引きされてしまい、目を付けていた一戸建ての購入をあきらめなければいけなくなってしまったというケースもあります。
これでは、不動産物件の売却に失敗したことになってしまうでしょう。
もしも、不動産物件を売却した資金で新たな物件を購入しようと考えているのであれば、売却が確実に決まってからの方が良いと言えます。
そうでないと、先ほど紹介したように気になっていた物件を購入できないという結果になってしまう可能性もあります。

不動産投資で物件を所有している人の中には、売却を検討している人もいます。
不動産物件の売却も簡単なものではありません。
売却時に持つ意識や利用する不動産会社に気を付けることで、失敗を回避できる可能性も高くなります。
また、今回紹介した2つの事例は、比較的陥りやすい失敗例となっています。
不動産物件の売却で失敗しないためには、実際の失敗例から分かる注意点なども把握し、同じような失敗をしないように気を付けるという意識を持つことも大切です。
不動産投資に失敗しないよう、フローや収益の見直しを行いつつ不動産投資の利益を上げていきましょう。