不動産投資

これからの不動産投資で求められる物件選びのポイント

すでに不動産投資を始めている人なら、投資の世界にはさらなる高みがあることを痛感する場面もあるでしょう。
ハイレベルな不動産投資の世界を目指すなら、成功のテクニックを学んでおくことをおすすめします。
特に、不動産投資の成功には投資物件選びが大きなポイントとなります。
今後の東京オリンピック開催による影響も含め、どのように投資物件を選ぶべきかご紹介していきましょう。

不動産投資での成功とは

不動産投資を始めた時には、数多くの選択肢の中から自分に合った物件を慎重に選んでいるはずです。
それでも、自分が選んだ物件が本当に正解だったかと不安に感じる人は多いでしょう。
今現在は満足していても、この先10年、20年と同じように希望通りの利回りを達成できるでしょうか。
不動産投資での成功とは、長いスパンでの高利回りを達成することに尽きます。
高利回りを達成するためには、より良い立地をより良い条件で獲得しなければなりません。
さらに、同じ立地でも空間をフルに使い利回りを出すような工夫も大切です。
そして、一生涯に渡り物件から収益を得られるように、しっかりとした建築も求められます。
これらを実現して初めて、不動産投資での成功の道筋が出来上がるのです。

不動産投資における物件選びの考え方

ポイントを押さえた物件選びが不動産投資での成功をもたらします。
様々な建売業者、ハウスメーカーが投資不動産を提供している現在、ライバルも増え投資物件の選び方も難しくなっています。
そんな中、しっかりと将来に渡って高利回りを維持できる物件を選ぶことの重要性も高まっていると言えるでしょう。
数多くのライバル物件と差別化を図ることは当然ながら、どのような投資物件が成功につながるかを見極めなければなりません。
不動産投資において、成功できる物件選びの考え方は至ってシンプルです。
しかし、様々な情報に振り回されているうちに、肝心なポイントを見逃してしまうケースもあるでしょう。
基本的に、投資する物件選びで押さえておきたいことは以下の3つです。

・10年、20年後を見据えた物件
・賃料が落ちない物件
・空室が生まれない物件

以上を実現するために、立地と空間、建築にこだわりましょう。

空室リスクと資産価値

具体的に物件選びをする際には、空室リスクと資産価値は必ず押さえておくべきポイントです。

・空室リスク
空室となり賃料という収入を生まない状況でも、維持などに必要な費用は発生します。
不動産投資では空室のリスクは必ず対策しておくべき部分と言えるでしょう。
空室リスクへの対策は物件選びの段階で既に始まっています。
空室を生まないためには、立地と建築をチェックしましょう。
立地では、最寄り駅から徒歩10分圏内、ターミナル駅に出やすい路線の沿線など交通の便が判断ポイントです。
その他、コンビニが近い、ドラッグストアやスーパーがある、飲食店が多い、公園が近いなど周辺の環境も立地の良さに含まれます。
建築では、部屋の間取りや広さ、設備などの充実度が判断ポイントになります。
同じエリアでも天井高をフルに使った広々とした部屋の方が、入居者に好まれるはずです。
セキュリティー対策がしっかりした物件や最新のテクノロジーを使った物件も好まれます。
時代のニーズに合った、設備が整った物件を選ぶことが、空室リスクの対策になるのです。

・資産価値
不動産投資で融資を活用する場合、資産価値の高さが審査の基準になります。
金融機関は、万が一返済不能となったケースに備えて資産価値が高い物件に対して融資を積極的に行います。
管理状態が良い物件、地価が高い場所にある物件は資産価値も高くなります。

その他、中古物件から物件選びをする場合にチェックすべきポイントもあります。
同じような物件でも管理体制によって資産価値に違いが生じるのです。
中古物件を購入する際は特に、物件の管理・メンテナンス体制を確認してください。
例えば、管理人が常駐か、修繕計画があるか、定期点検は行われているか、共有部分の状態はどうかなどが判断ポイントとなります。

東京オリンピック開催による動き

東京オリンピックの開催が決まってから、不動産の価格は東京を中心に上昇しています。
国内の不動産投資家だけではなく、海外投資家からの注目度も高くなり、不動産市場の動向にも変化が見られるようになりました。
マンション価格は上昇傾向が続いており、テナントに対する注目度も高まっています。
東京オリンピックでは海岸エリアに選手村や競技場の多くが建設されます。
そのため、海岸エリアに対して特に注目が集まっています。
その他は、スカイツリー周辺の押上駅、錦糸町駅エリア、新しい駅が作られる田町駅と品川駅の中間エリアが注目されています。
2027年にリニア新幹線の開通が予定されていることもあり、品川駅周辺は今後も注目エリアとなるでしょう。

既に不動産投資をしていて現状に満足できない人、せっかくの不労所得を一生涯保ちたい人こそ、物件選びの考え方を見直すべきです。
ポイントをしっかりと把握して、長く満足できる投資物件を選びましょう。