企業・商品選びのハウツー

注目が集まる太陽光発電投資で儲ける方法

■太陽光発電投資が成り立つ理由

太陽光発電は、そもそも再生可能エネルギーと呼ばれる自然のエネルギーを活用して電力を生み出すものとして登場しました。
生み出された電力はそれぞれの家庭で使用することができ、電気代の節約ができるものとして認知されています。
そんな太陽光発電に、大きな転換を与えたのが固定価格買取制度です。
固定価格買取制度というのは2009年に初めて導入され、太陽光発電を行っている家庭と契約することで、一定期間まで固定価格で売電できる制度になります。
ソーラーパネルによって作り出された電力はそれまで通常自宅内で使用するほかに、非常用の電気として蓄えるだけでしたが、蓄えた電力を売電できるようになり投資としても運用可能となったのです。
固定価格買取制度と特徴は、契約した年から数えて10年~20年間はずっと同じ価格で買い取りしてもらえるようになっているところにあります。
そのため、太陽光発電投資の普及が高まることで売電価格が変動する可能性がありますが、固定価格買取制度により下がる心配がありません。
これにより、株式投資や不動産投資のように不安定な投資にならずに、安定した運用で収益を獲得できるようになっています。
家で使いきれなかった分の貯蓄した電力が売電されるようにもなるため、売電量を多くするために節約を頑張る人も見られます。
太陽光発電で安定した運用を実現すると同時に、エコにもつながるメリットを感じられるでしょう。

■メリットがたくさん!進化し続ける太陽光発電投資

太陽光発電投資は、今後も環境に優しい世界を保つために必要だとされているエネルギー事業です。
発電方法や投資方法の一環として太陽光発電が普及し続ける理由には、ソーラーパネルの性能が進化してきていることが挙げられます。

・導入費用が下がってきている
太陽光発電投資は、これまでに導入時にたくさんの費用がかかることを懸念し、導入を諦めてきた人は少なくないです。
固定価格買取制度が始まった2009年では、導入にかかる費用が約300万円ほどであったため、なかなか太陽光発電投資を始められないと嘆く人もいました。
しかし、2019年現在では、導入にかかる費用は約144万円と半額ほどになり、導入のハードルが大きく下がりました。
ここまで大きく価格が下がった理由には、太陽光発電システムが世界に広まり多くの国と地域で利用されるようになったからです。
様々な場所で活用されることで大量生産が行われるようになり、そして太陽光発電設備に関する工事技術も格段にアップしていることが、工事の低コスト化の実現化につながったと言われています。
こうして導入価格は年を重ねるごとに導入費用が安くなってきており、初期投資の高さがネックで諦めてきた人も手が届く価格にまで下がってきました。
太陽光発電投資を始めてみていと考えている人にもおすすめの導入タイミングだと言えるでしょう。

・運用地が狭くても大量の発電が可能
技術により進歩したのは導入価格の低コスト化だけではありません。
太陽光発電としてもっとも大事なソーラーパネルも、近年品質が向上してきています。
発電能力は従来のソーラーパネル以上になっており、少ない日照量でも電気を生み出せたり、狭い場所での運用でも大量の電力を作り出せたりできるようになりました。
そのため、運用地として最適な場所を所有していない人であっても導入を諦める必要はありません。
場所が広くなくても最新のソーラーパネルによって費用対効果に満足できるほどの電力を作り出し、利益を獲得できるようになっています。
また、産業用となると運用地とセットになっているケースも多いので、それも普及が広がる理由につながっていると考えられます。

■太陽光発電投資は本当に儲かるの?

太陽光発電投資は他の投資に比べて安定している点が魅力ですが、残念ながら2020年をもって固定価格買取制度が廃止されると囁かれています。
2020年以降に導入する場合、今よりも売電価格は下がり、また価格変動により安定性に欠け、思うように利益がでない可能性が考えられるでしょう。
少し懸念材料を持つ太陽光発電投資ですが、そのような実情を踏まえてもまだまだ他の投資より儲かる投資として存在し続けると予想されています。
資産運用の代表格である株式投資は、利回りが5%~9%あれば御の字だとされており、市場状況や取引のタイミングによってはマイナスとなることも多くあります。
また、不動産投資であれば3%~9%程となっており、運用する地域によって大きな差が出てくるため、競争率は激しいです。
それらに比べ、今までの太陽光発電投資は平均利回りが10%前後となっていました。
例えば1000万円分の導入費用で投資を始めたとして、利回り率10%で得られる利益を計算すると、10年間の運用で元が取れる計算になります。
運用は大体20年やそれ以上行う人が多いため、残りの10年間以上は設備が壊れるまで十分に収益を得られる期間として運用していけるでしょう。
固定価格買取制度がなくなったとしても、得られる収益は十分にあり、多くのリターンが望めるようになっています。
また、太陽光発電投資は枯渇しないエネルギーを活用している点に注目が置かれています。
絶対になくならないエネルギーかつ絶対に必要とされるエネルギーだからこそできる投資であり、需要と供給が均衡に保たれて儲かる仕組みができているのです。

■太陽光発電投資を失敗させないためには?

太陽光発電は失敗しにくい投資を言われていますが、場合によってはマイナスで終わってしまう人もいるという事実も覚えておきましょう。
資産運用を失敗させないためには、儲かるための知識や導入するための事前準備が非常に重要です。

・蓄電池の導入
太陽光発電投資では気候によって大きく発電力が左右されます。
しかし、発電量が一時的に少ない時期があっても十分に収益として利益を獲得できる方法はあります。
それは蓄電池を使用することです。
蓄電池があれば、どんな気候状態であっても継続的に収益が得られるようになり、運用を大きく助けてくれる存在として活躍してくれるでしょう。
蓄電池は太陽光発電投資をするにあたって必ず導入が必要ではありませんが、設置することで万が一の時も安定した運用ができるようになると覚えておくと良いでしょう。

・ソーラーパネルによって発電効率に差がある
太陽光発電投資は設置するソーラーパネルのメーカーによって発電力に大きな違いがあります。
また、同じメーカーが販売しているものであっても、使用している素材の違いにより、耐久性も変わってくるため、慎重に選んでください。
メーカーには、パナソニックや三菱電機といった家電製品も多く手掛けているメーカーだけではなく、太陽光発電の事業に特化した製品を手掛けているメーカー、そして海外のメーカーもあります。
近年人気が高まっているのは品質と価格のバランスが良い海外メーカーです。
パネルの販売価格が比較的安いにも関わらず申し分ない発電力で、投資を支えてくれます。
ただ、運用する場所によっては海外メーカーのパネルが一番良いとは一概に言い切れないので、相談が必要でしょう。
各社メーカーに相談しておくことで、所有する運用地にあった最適なパネルを選ぶことができるようになるはずです。

・土地付き太陽光発電投資の検討
すでに土地を所有して太陽光発電投資として活用したいと考えている方は注意が必要です。
太陽光発電投資はソーラーパネルの質だけではなく、運用する場所によっても大きく発電力が変わってくるものであるため、運用地についてもしっかり考えなくてはいけません。
空いている土地を有効活用するとして導入を検討するだけではなく、太陽光発電投資では土地探しからソーラーパネルを設置するまでを一貫してサポートしてくれる会社も多く存在しています。
運用する場所に悩んでいる、もしくは発電用地として適切な場所ではないと診断された場合には、土地付きの太陽光発電物件の購入を考えましょう。

■投資初心者にも優しいアールエスアセットマネジメント

太陽光発電投資の導入で色々を悩んでしまいそうと困っている方は、アールエスアセットマネジメントの利用がおすすめです。
アールエスアセットマネジメントは2013年に設立された会社ではあるものの、数々の太陽光発電の導入実績を有している会社です。
その設置数は年を追うごとに増加していっており、固定価格買取制度がなくなる可能性があることを感じさせない勢いになっています。
サポートしてくれるのはソーラーパネルの設置だけではなく投資に関わる管理や、運用するための用地交渉も行い、さらには太陽光発電ファンドとして利用者の代わりに投資を担ってくれる事業も行われています。
きちんと運用ができるかどうか不安な方は、太陽光発電ファンドとして利用し投資を一任してもらいましょう。
導入にかかる費用も大きく削減することができるので、たくさんの資金を用意や頑張って費用を回収しようと思わなくていいのです。
こうした事業で初心者にも優しい太陽光発電投資ができるアールエスアセットマネジメントは今、大注目の企業となっています。

太陽光発電投資は枯渇しないエネルギーを活かして作られた画期的な投資方法です。
これからは固定価格買取制度がなくなるとされていますが、それを踏まえても儲かる理由が多くあり、失敗させないための方法を理解することで大きなリターンが期待できます。
運用に不安を感じている人はアールエスアセットマネジメントの力を借りてみると良いでしょう。
自分の資産に適した運用ができるようになり、儲かる投資にすることができます。