不動産投資

不動産投資クラウドファンディングで地域社会に貢献しよう!

クラウドファンディングを活用した不動産投資が注目を集めています。
不動産特定共同事業法が改正してから、現在、実際に行っている人も多いでしょう。
空家の再生による地方創成、クラウドファンディングへの対応を目的とした改正となり、用件が緩和されたことで市場の広がりに期待の声も上がっていました。
注目の高い不動産投資のクラウドファンディングですが、注目を集めているのが地域社会への貢献でしょう。
現在クラウドファンディングを活用して不動産投資をしている人の中には、さらなる投資を検討している人もいるかと思います。
一般的にはマンションなどが投資の対象となりますが、大型不動産や地域社会に貢献するための不動産を対象にしたものもあります。
投資対象選びで悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

空き家再生に貢献できる不動産投資

クラウドファンディングを活用して不動産投資をする場合、近年問題となっている空き家を再生する手伝いもできます。
ニュースで目や耳にすることも多い空き家問題に注目している人も多いでしょう。
少子高齢化や人口減少などの理由によって、空き家の数は年々増加しています。
管理されていない空き家が増えることで、防災や衛生、景観など、様々な悪影響を及ぼします。
そのほかにも、犯罪の温床となり不法侵入やゴミの不法投棄、放火の原因にもなるので注意が必要です。
こうした問題をなくすためにも、空き家バンクを活用して移住者を探したり、シェアハウスや民泊にしたりするなど、様々な活用法が見出されてきました。
そんな中で注目を集めているのがクラウドファンディングによる空き家の活用です。
空き家を活用するといっても、資金が必要となります。
資金調達ができなければ、再生することは難しいです。
しかし、資金調達のためにクラウドファンディングを利用することで、空き家を再生するための資金を調達できる仕組みとなっています。

クラウドファンディングによる空き家再生事例

空き家を再生するために、空き家を宿泊施設にするプロジェクトがあります。
古い蔵を宿泊施設にし、実際に泊まれるよう工夫したものや廃工場をアトリエに再生した事例もあります。
空き家については、見た目で判断することで宿泊施設に活用することは難しいのではないかと疑問を持つ人もいるかと思いますが、集められた資金によって過ごしやすいようにリノベーションすることで生まれ変わらせることができます。
1人あたりの投資単位は小さいために、出資金額が高いのではないかと懸念していた人にとっても安心です。
そんな空き家再生のためのクラウドファンディングに出資する人たちは、街の再生に興味を持っている人が多く見られます。
投資リターンはもちろん大切なことですが、街作りを一緒に行うことに楽しさを感じる人が多いのでしょう。
このプロジェクトにおいては、出資をして終わりではありません。
継続して運用し続けることが空き家再生であるといった考えがあるため、運用においては出資者の意見や提案を積極的に取り入れていると言います。
蔵を再生した宿泊施設においては、稼働率の低い冬をどう運営していくのか出資者同士で話し合いを行い、様々な企画を打ち出したようです。
クラウドファンディングを活用した不動産投資においては、プロに任せた投資を想像されますが、このように自身も運用に携われるプロジェクトは今後も注目されるでしょう。

不動産投資クラウドファンディングで社会問題の解決

空き家再生だけではなく、社会問題の一つとして注目されているのが保育園でしょう。
待機児童問題は都心部だけではなく、日本国内で問題となっています。
子どもを保育園に入れたくても入れることができないことで、社会復帰に悩む母親は多くいます。
政府や各自治体で様々な施策や対策を行ってはいますが、問題解決には程遠いと言えます。
そんな中、注目を集めているのが保育園を対象とした不動産投資のクラウドファンディングです。
不動産投資クラウドファンディングを利用して投資家たちから資金を集めることで、集めた資金を保育所の運営に循環させるのです。
こうした案件が増えることで、様々な地域で問題となっている待機児童を減少させることに役立つかもしれません。
社会問題の解決に役立ちたいと考えている場合は、こうした不動産投資のクラウドファンディングにも注目していきましょう。

上記の他にも、老朽化したホテルの再建に不動産投資のクラウドファンディングを活用する事例もあります。
近年、外国人観光客が増えていることもあり、ホテルを再生することで得られる宿泊収入を分配する仕組みは利益アップを見込める案件でもあります。
投資物件がホテルの場合には優待特典を得られる可能性もあるため、観光の際に利用することもできて便利です。
今後も保育や介護、病院など、社会的に求められる施設を対象とした案件が増える可能性は高いです。
今後は、クラウドファンディングを活用した不動産投資で社会貢献や地域貢献ができる時代へと変わっていくのではないでしょうか?