不動産投資

アパート経営の不動産投資で安定した不労所得を獲得しよう

不動産投資を行う際に、アパート経営を行うべきかマンション経営を行うべきか悩んでしまう人は多くいます。
アパート経営は、マンション経営よりも比較的ポピュラーな印象があるため、アパート経営で不動産投資をしようと考える人も少なくありません。
そこで、今回は不動産投資の1つであるアパート経営についてご紹介していきましょう。
これから、不動産投資を始めようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

アパート経営とは?

そもそも不動産投資の1つであるアパート経営とは、どのようなものなのかご存知でしょうか?
株式投資やFX、投資信託など様々な種類がある中で、不動産投資は長期的な投資方法となっています。
もちろん、株式投資にも長期的な投資方法はありますが、株式投資と大きく異なる点としては、価格が変動しやすいかどうかという点でしょう。
株式投資の場合、長期的な投資方法をしていても株価の価格が変動しやすい傾向があり、値動きが激しいことが特徴に挙げられます。
しかし、不動産投資においての価格変動は、土地の価格や建物の価格によるものです。
土地の価格変動は非常に緩やかな変動となっているので、株式投資よりも値動きが安定していると言えるでしょう。
さらに、株式投資は株を購入した後に株価のチェックや保有している企業の経営状況等を把握しておく必要があります。
日々の株価チェックや経営状況を把握していなければ、最適なタイミングでの売買は行えません。
対して不動産投資でアパート経営を行う場合には、アパート自体の管理・維持が大変だと考えられていますが、これらは管理会社へ委託することで負担を軽減することが可能です。
そのため、アパート経営を行う際は管理会社に委託すればほとんど手間のかからない投資方法だと言えるでしょう。

不動産投資には、アパート経営以外にもマンション経営がありますが、マンション経営は一棟経営かワンルーム経営かでも大きく異なってきます。
マンションの一棟経営を行う際には、アパート経営を行う時よりもさらに大きな資金が必要となります。
そのため、マンション経営と比べてみると購入しやすい投資商品だと言えます。

アパート経営に向いている人はどんな人?

そんなアパート経営に向いている人とはどんな人なのでしょうか?
アパート経営には、不労所得を獲得したい人や老後の金銭的な不安をなくしたい人、相続税の節税対策などでも利用されています。
このように、アパート経営にはしっかりとした「意思」が大切です。
また、意思は定まっていなくても、現時点で土地を所有しているだけになっている人は、早めにアパート経営を視野に入れて考えた方が良いでしょう。
土地には固定資産税がかかってしまうため、資産として運用しなければ固定資産税のみ支払わなければならず、非常にもったいないお金が出続けることになります。
すでに持っている土地でアパート経営を行えば、副収入と節税が期待できるでしょう。

アパート経営における3つのメリット

アパート経営の特徴と向いている人はどんな人かご紹介してきましたが、アパート経営には大きなメリットが3つ存在します。
ここからは、アパート経営のメリットについて、一つひとつご紹介していきましょう。

・不労所得を獲得できる
アパート経営において、最大のメリットとして考えられているのが不労所得の獲得です。
マンション経営でも同様に不労所得を獲得することは可能なのですが、ワンルームマンション経営を行った際には空室や滞納となってしまった時に、収入がなくなってしまうリスクが考えられます。
アパート経営は、数部屋入居者がいれば、その分家賃収入を得られることになります。
全戸空室となってしまわない限りは、収入が途絶えてしまうことはありません。
そのため、安定して不労所得を獲得できると言えるでしょう。

・相続税や固定資産税の節税対策
相続税が現金である場合、その金額全てに相続税として課税がなされてしまいます。
しかし、土地としての相続税の場合には現金よりも3割程度減額して課税されることになります。
このことから、土地の価格が現金と同様の価値を持っていても、土地の方が相続税の節約になるのです。
さらに、土地には固定資産税が課税されているのですが、アパート経営で収入を得られれば固定資産税よりも多く資産を手にすることができるでしょう。

・老後の生活資金になる
今後、年金の金額が減額され、受給期間が後ろ倒しになってしまうことが考えられており、老後の生活資金に不安を持つ人は多くいます。
老後までにアパート購入時のローン返済が終わっていれば、その分家賃収入が得られるので、老後の生活資金となるでしょう。

アパート経営は、不動産投資の中でもポピュラーなので単身者の需要があれば継続的に不労所得を獲得することができる投資方法です。
もし、不動産投資を検討しているのであれば、アパート経営で将来の不安を解消してみてはいかがでしょうか?