コンサルティング

レイノス株式会社|スカウトサービス会社と徹底比較!

レイノス株式会社というスカウトサービスの会社はご存知でしょうか?
スカウトサービスを行う会社は数多くありますが、中でもレイノスは最大手として知られています。

そんなレイノスのスカウトサービスはどんな特徴を持つのでしょうか?
今回は競合他社と比較しながら、レイノスの強みや他社との違いをご紹介していきます。

レイノス株式会社が行うスカウトサービスとは?

レイノス株式会社は1997年10月にグループが設立され、スカウトサービスは2002年からスタートしています。

移籍実績は1万人を超えており、スカウト依頼の件数と移籍件数は国内最多を記録する最大手です。

サービス開始から現在まで、経営者が抱える数々の課題解決に貢献してきました。
レイノスのスカウトサービスはサーチ型となっており、経営課題を聞いた上で解決に適した人材をリサーチし、スカウトを手助けするサービスとなっています。

移籍者にもメリットがあり、移籍後に裁量の拡大や収入増加といったキャリアアップできた人がほとんどです。

スカウトを受けたい個人はレイノスに登録し、エージェントとの面談を通じて自身の経歴や希望に合った最適な企業をマッチングしてくれます。

競合他社の特徴

スカウトサービスの会社は他にもありますが、レイノスとはどんな違いがあるのでしょうか?

レイノスの特徴をご紹介する前に、いくつか競合他社の特徴を見てみましょう。

クライス&カンパニー

30代・40代のマネージェークラスに焦点を当てているスカウト会社です。
サポートを担当するコンサルタントのほとんどが、GFDFというキャリアカウンセリングの国家資格を取得しています。

その上、年間100時間以上の社内外研修を受けたコンサルタントなので、質の高いサポートに期待できます。

創業当初はIT業界のエグゼティブクラスのスカウトに特化していましたが、現在は自己応募者の支援も行っています。

ヘッドハンターの登録数は18人以上と他よりも少なめですが、老舗としての経験や信頼性を活かしたスカウトを実現しています。

ビズリーチ

ヘッドハンティングを日本で最初に導入した登録制のスカウト会社で、求人の公開とヘッドハンターによるスカウトで転職希望者をサポートしています。

求人の一覧やスカウトは基本的に無料で利用可能です。

しかし、全ての求人を見たり、ヘッドハンターにアプローチしたりするには、有料サービスを利用する必要があります。

9,000社以上の企業3,000人以上のヘッドハンターが登録しており、ネットワークの広さに定評があります。

求人は管理職や専門職、グローバル人材に特化しており、ハイキャリア層の転職に適したサービスと言えるでしょう。

キャリアカーバー

転職サービス大手のリクルートが運営するスカウト会社で、年収600万円以上のハイクラス求人を用意しています。

ヘッドハンターへの登録者数は約1,400人で、年収800万円以上の求人は2万件を超えています。

ヘッドハンティングを利用するためには無料の会員登録が必要です。
登録後、匿名でレジュメを公開することができ、ヘッドハンターが情報を見ることでスカウトが届く仕組みとなっています。

通常、ハイクラス求人は匿名性が高いため、一般公開はされずヘッドハンターが候補者を抽出してスカウトケースが多いです。

しかし、キャリアカーバーは一部の非公開求人が公開されているので、自分から応募できるという特徴があります。

MRIJAPAN

世界40ヶ国600以上の拠点を持つ「MRINetwork」の日本オフィスになります。

毎年全拠点で1万5000人を超える移籍に成功している実績を持ち、外資系企業の求人に特化しています。

日本国内の外資系企業や海外拠点への移籍だけではなく、外国人の人材を確保したいという案件にも対応可能です。

スカウト候補者には転職市場の動向や経歴書と英文レジュメの添削、面熱の指導など、手厚くサポートしてくれます。

他社にはないレイノスの特徴と強み

競合他社の特徴をご紹介しましたが、多くは登録制でスカウト候補者は自由に求人を探せるスタイルとなっていました。

レイノスは競合他社とどんな違いがあるのか、特徴や強みを見ていきましょう。

単独企業としては最大規模で豊富な実績を持つ

レイノスのリサーチ部と顧問エージェントは200人を超えていますが、他社に比べると小規模です。

そんな中でも、独自のスカウトネットワークを活かして年間1,500人の移籍を実現しています。

他社の多くは元々転職サービスを運営している会社で、そのノウハウを活かしてスカウトサービスを行っています。

一方、レイノスは今までスカウトサービス一つで成長しており、スカウトに特化した単独企業として規模も実績も大きな会社と言えるでしょう。

優れたスカウト力の秘訣はスカウトネットワークの広さです。
顧問エージェントは優良企業や大手企業の役員経験と人物と契約しており、その人脈を活かして優秀な人材の情報を収集しています。

豊富な人脈を持つエージェントと契約することで、他社よりも少なくても企業の課題にマッチした人材を見つけ出せる強みを持ちます。

経営者との結びつきが強い

サーチ型のスカウトサービスなので、依頼は人事部経由ではなく、経営者などマネジメント層からとなります。

担当エージェントと対面にて希望のポジションや業務スキル、社風に合うかどうかなど条件や希望を伝えることで、サーチ部隊が条件にマッチした人材を探し、接触する流れとなっています。

適材人材である場合は候補者と企業経営者の合意を得た上で、数回に渡り面談を行い、お互いに採用の意思が固まったらスカウト成功です。

単純に人材を紹介して採用というわけではなく、企業側とスカウト候補者が互いを理解した上で最終判断をしてもらうスタイルとなっています。

相手のことを良く知れるので、最低限の情報と条件を与えられたスカウトに比べてミスマッチを防ぐことができます。

元々サーチ型の特性上、法人向けのサービスでしたが、現在はスカウトを受けたい個人も登録して利用できるようになっています。

経営者とのつながりが強いという点は、スカウトを求めている個人にとっても魅力的な特徴でしょう。

クライアントからスカウト費を受け取っているので、候補者に負担はかかりません。

スカウトの幅が広い

一部のスカウト会社は特定の業界やクラスに特化していることが多いです。
一方、レイノスは幅広い業種とクラス対応しています。

【対応している業種】
・建設、不動産業界
・商社、卸売
・小売業
・広告、サービス業界
・情報通信業界
・倉庫、運輸業界
・金融業界
・食品業界
・医療品業界
・化粧品、化学業界
・電機、自動車業界
・部品、金属製品業界

これらの業界から現場マネージャークラスをはじめ、新規事業の立ち上げ責任者、CFO、幹部候補、役員待遇などのスカウトに対応しています。
幅広いスカウトに対応ができるのは、優れたスカウトネットワークを持っているからです。

まとめ

今回はレイノス株式会社と競合他社を比較してみました。

いずれもハイクラス案件を扱っていますが、レイノスは他社に比べてスカウトの幅が広く、対応できない業界やクラスはないと言っても過言ではありません。

単独企業でありながらスカウト市場でトップを走り続けている理由は、スカウトネットワークの広さにあると考えます。

レイノスの場合、たくさんのヘッドハンターを抱えるのではなく、人脈の多い顧問エージェントを通じて膨大な人材情報を取得しています。

ネットワークが広いため、企業が希望する人材を見つけやすいのでしょう。

また、候補者と経営者が数回直接面談して最終判断をしていくので、他のサービス会社に比べてミスマッチが起こる可能性は低いと言えます。

企業から直接依頼を受けるので、レイノスにしかない優良案件が多い点は候補者にとって魅力的なものでしょう。

人材を確保して会社の課題を解決したい経営者や、ハイクラス転職を実現したい方は一度レイノスに相談してみてはいかがでしょうか?