不動産投資

不動産売却時の前に相場を知っておくべき!その理由とは?

現在不動産投資を行っている方の中には、うまく利回りを得られず売却を検討されている方もいらっしゃるかと思います。
売却を検討されているなら、所有している不動産がどれくらいの価格になるのか気になるでしょう。
不動産売却の前に知っておきたい相場についてご紹介していきましょう。

 

 

不動産売却の前に相場を知った方が良い理由

 

不動産売却の前に、単純な興味で今自分が所有している不動産の価値がどれくらいか知りたいという方もいらっしゃるかと思いますが、基本的には不動産売却前に相場を知っておいた方が良いと言われています。

なぜ、不動産売却前に相場を知っておいた方が良いのでしょうか?

 

希望する売却価格と実際の売却価格のギャップをなくす

不動産売却を行う場合、必ずしも自身が希望する価格と実際に売れた時の価格が同じにはなりません。

むしろ、実際の売却価格の方が低いケースがほとんどです。

もし希望の売却価格を想定していた場合、実際の売却価格が低くてその後の生活に影響を及ぼしてしまう可能性もあります。

そのため、希望する売却価格と実際の価格とのギャップをなくし、正確に売却後の計画が立てられるようにしましょう。

 

不動産会社に騙されない

不動産会社の中には残念ながら悪質な会社も存在します。

例えば、査定額を高く出しておき実際に売却すると決まった途端、家の粗を探し始めて値段を下げてくるような業者もいるようです。

まずは不動産の相場を知っておいた方が「なぜこれほど価格が高いのか?」と業者に問うことができます。

そこで具体的な理由が示されず、ただ褒められるだけであれば注意してください。

 

 

相場を調べる方法

 

では、実際に不動産の相場を調べたい場合はどのような方法を取れば良いのでしょうか?

 

物件が掲載されているサイトを調べてみる

物件が数多く掲載されている不動産のポータルサイトですが、自分の物件がある地域、もしくは近隣地域から所有している物件に近い物件の売却価格を見てみましょう。

あくまでも似た条件の物件であり、なおかつ登録されている価格はあくまでも売主・不動産が決めた金額になるので、正確に相場を出すことは難しいですが、物件が掲載されているサイトなら簡単に調べられます。

もしサイトで相場を調べたい時は最寄り駅や最寄り駅からの距離、物件の間取りや広さ、築年数などを参考に、似ている物件を探してみましょう。

 

平米や坪単価から計算してみる

もし、条件が似ているところが1つもないのであれば、平米や坪単価から計算してみてはいかがでしょうか?

例えば、売却を検討しているマンションの専有面積が80平米だったとします。

他の似ているマンションを探してみると、100平米の物件が5000万円で取引されていました。

この場合、まずは物件の平米単価を出してみると、100平米の物件は、5000万円/100平米=平米単価が50万円だということが分かります。

自身のマンションの相場は、先程の似ているマンションの平米単価50万円に自身のマンションの平米を掛けてみましょう。

すると、50万円×80平米=4000万円となり、相場が4000万円になることが期待できるのです。

 

 

相場を知る時に使えるサイト

 

相場について計算しても分からないようなことはたくさんあります。

例えば、地価の相場や路線価図などはなかなか出すことができません。

しかし、公的機関が出している資料を活用するとすぐに調べられるのでおすすめです。

例えば、国土交通省のサイトにも掲載されている「土地総合情報システム」です。

これは、地域ごとに土地、土地と建物、宅地、中古マンション等、農地、林地などの取引価格を調べられるようになっています。

また、国税庁からは「路線価図」が調べられるようになっており、1㎡当たりの土地評価額を見られるようになっています。

これらの公的機関から得られる情報も活用して、不動産の相場を知っていきましょう。

 

 

不動産売却は信頼できる不動産会社と行う

 

不動産売却は自ら相場を知ることが大切だとご紹介してきましたが、やはり正しい査定が行われ、希望に沿った売却を行いたいのであれば相場を調べるだけでは難しいです。

相場は自分でも調べた上で、信頼できる不動産会社を見つけることも大切でしょう。

信頼できる不動産会社を探すには、いくつかの不動産会社から話を聞いてみて、自分に合う担当者かどうか、査定価格がなぜそのような結果になったのか、分かりやすく具体的に説明してくれるかどうかなどをチェックしておくようにしましょう。

そうすることで、理想通りの不動産売却になる可能性も高くなります。

不動産売却時は全て不動産会社に任せるのではなく、自分の力で相場を調べてみたりすることも大切です。

もし、不動産売却を考えているのなら、まずは自分の物件がどれくらいの相場なのか調べてみてはいかがでしょうか?

また、不動産売却時にはできるだけ信頼のおける不動産会社を選んで、希望に沿った売却ができるようにしましょう。