検証記事

白石達也のリバティーレジデンツと類似するサービスとは?

こんにちは!

本日は、白石達也のリバティーレジデンツとそれに類似しているサービスについて取り上げてみます。

読者の皆さんは、白石達也のリバティーレジデンツについてどんなイメージを持っていますか?

リバティーレジデンツはただの情報商材とは異なり、投資を活用することで居住地の自由を得ることを目的としています。

そんなリバティーレジデンツと内容が似ている情報商材というものも存在しているので、どれを選んでいいのか迷っているという方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、白石達也のリバティーレジデンツに加えて、類似サービスについてもご紹介していきます。

ぜひどれを選んでいいか迷っている方は参考にしてみてください。

 リバティーレジデンツを簡単に解説

白石達也の手掛ける革命的なプログラムの1つに、リバティーレジデンツがあります。

IROASの会員向けに開発されたプログラムですが、IROAS非会員でもリバティーレジデンツを利用できるシステムとなっています。

リバティーレジデンツにて学ぶことにより、新しい収入システムとして注目されている仮想通貨に関する様々な知識を習得することが可能です。

リバティーレジデンツという教育プログラムについて詳しくご紹介します。

 

リバティーレジデンツとは

リバティーレジデンツは、情報系ビジネスの革命児と呼ばれる白石達也が開発したオンライン教材プログラムです。

リバティーレジデンツのテーマは「居住の自由」となっています。

「何にも縛られず、自ら自分の運命を切り開き、思いのままに生きていくこと」をコンセプトに、新しい収入システムの確立を目指していきます。

具体的には、仮想通貨への投資を実践的に学び、どこにいても収入を得ていくための知識を習得できるようサポートしています。

仮想通貨への投資に関して正確な知識を得ることで、インターネット環境さえあれば世界中どこにいても自由にお金を稼ぐことも可能です。

そして、仮想通貨投資の知識のみならず、経済全体の仕組みを理解し、正確な投資情報を適切なタイミングで入手することで、安定的な資産運用ができるようになります。

初心者にとって仮想通貨は捉えどころのない存在かもしれません。

しかし、リバティーレジデンツは仮想通貨の基礎から学び、投資方法や節税の手法などまでを体系的に学ぶことができます。

少しずつ学びながら、仮想通貨で収益を上げていけるようにサポートする仕組みが工夫されているのです。

リバティーレジデンツのシステム

リバティーレジデンツでは専用サイトに会員登録することから学びをスタートします。

オンライン上で様々なコンテンツを利用するため、パソコンとインターネット環境があれば時間や場所を限定されることなく、好きな場所、好きな時間に学ぶことが可能です。

一般的な研修会やセミナーのように、開催場所や開催時間に合わせて出かける必要がありません。

また、リバティーレジデンツではYoutubeATMシステム、LINEATMシステム、オプトインATMシステムを導入しています。

特に初心者にとって収益を得やすいオプトインATMシステムが利用できるのは大きなメリットとなるでしょう。

一般的なアフェリエイトの場合、有料サービスのリンク紹介が必要となり収益に繋がる確率が低くなる傾向があります。

対してオプトインの場合、無料のメルマガをリンク紹介することで報酬権利を得ることができます。

一般的なアフェリエイトより報酬単価は低いものの、無料メルマガの紹介だけという簡単なアクションが収益につながるため、少しずつ確実に成果を上げることが可能となります。

仮想通貨投資を成功させるポイント

リバティーレジデンツでは、実践する人を仮想通貨投資で成功させるために4つのポイントが重要であると提示しています。

1つ目は、仮想通貨に投資する金額は万が一失っても大丈夫な金額にとどめることです。

仮想通貨は現金としてお財布に入っている状態がイメージしにくいため、意識して「なくしてもダメージがない範囲」で投資する必要があります。

2つ目は、冷静な判断のために出口戦略をはっきりさせることがポイントです。

3つ目として、自分に合った投資スタイルを決め、堅実タイプや一発逆転タイプなどのスタイルを固めましょう。

そして、最後に投資スタイルに合った最適なポートフォリオを組むことが重要です。

仮想通貨投資で成功するために、以上の4つが重要なポイントとなります。

リバティーレジデンツでは、仮想通貨投資を実践する人のために必要となる情報を、様々な角度から提供しています。

リバティーレジデンツの類似サービスはあるのか

白石達也が提供するリバティーレジデンツは、数ある情報商材プログラムの中でも革命的存在として注目を浴び続けています。

白石達也は学生時代から情報商材ビジネスの分野で信用を獲得し、彼が開発販売したプログラムは記録的な売り上げを誇ってきました。

そんな白石達也が開発した最新プログラム「リバティーレジデンツ」では、話題の収入システムである仮想通貨投資で資産を築くために必要となる様々な知識を得ることが可能です。

仮想通貨を扱う情報商材プログラムはリバティーレジデンツ以外にも存在するのでしょうか?

今回は、類似サービスを展開するプログラムについてご紹介します。

ビットシェアプロジェクト

スーパーアフェリエイター中嶋義人氏の仮想通貨商材がビットシェアプロジェクトとなります。

中嶋義人氏は、数千人の成功者を輩出したネットビジネスの成功請負人として、毎月4000万円を稼ぐ実力者だそうです。

ビットシェアプロジェクトは、リスク0、スキル不要、投資金も不要で全員が成功するモデルであり、アフェリエイト不要の仮想通貨ICOアフェリエイトという特徴があります。

ビットシェアプロジェクトでは、ビットコイン、イーサリアム、ICO仮想通貨を専属のプロが稼ぐ、即日収入型の収益モデルとなっています。

ICOは「Initial Coin Offering」の略で、仮想通貨を発行して資金を調達する手法を指します。

ビットシェアプロジェクトでは、このICO仮想通貨を扱っています。

仮想通貨で収益を上げることを目指す点はリバティーレジデンツとも似ていますが、積極的に自らのスキルを上げて正確な知識を学ぶことを可能とするリバティーレジデンツとはコンセプト自体が違っていると言えるでしょう。

C-Trading(シートレーディング)

泉竜真氏×大森敦弘氏が展開する仮想通貨情報商材がC-Trading(シートレーディング)です。

主催者の泉竜真氏は東京都内で社員50名のシステム開発会社の経営をしているそうです。

C-Tradingは、仮想通貨自動売買ツールを利用して稼ぐプロジェクトとなっています。

名称のCには、暗号通貨(Cryptocurrency)選択(Choice)カスタマイズ(Customize)顧客(Customer)の意味が込められています。

C-Tradingの大きな特徴は、ライフスタイルと資産に合わせたオーダーメイドの自動売買ツールでしょう。

利益、利回りを自由に設定でき、リスクをほぼゼロとしています。

既製品のトレード商品ではなく、個人個人に合わせたオーダーメイドによって成功に導くことを目指すプログラムとなっています。

また、複数の仮想通貨をトレードの対象とし、高いパフォーマンスを出せる工夫をしています。

仮想通貨を扱うという点での類似性はあるものの、自動売買で稼ぎを上げることを目的としているC-Tradingに対し、リバティーレジデンツは自らが知識を得て裁量を発揮し仮想通貨投資に取り組むことで確実な成果を上げる実力をつけていくことを目的としているので、そこに決定的な差異があるのではないでしょうか。

自由億人プロジェクト

自由億人プロジェクトは資産10億円以上を保有する宮本充氏が主催しています。

元手1万円が10億円になるプロジェクトとして、「10億」と「自由」を掛け合わせて自由億人と名付けられました。

宮本充氏が紹介するICOWHTコインとなります。

WHT(ワールドハイドアウト)コインとは、ハイドアウトつまり秘密の、隠れた世界のコインを意味します。

WHTコインを保有するとリゾートクラブの会員として世界中のリゾート施設を無料で利用できるようになります。

つまり、世界中のリゾート施設を低コストで便利に利用できるようにするのがプロジェクトの目的です。

コンセプトの中に自由や世界などのワードがありリバティーレジデンツとの類似性が感じられるものの、ICOに特化している点に大きな違いがあるようです。

 リバティーレジデンツを利用する際に注意すべきこと

リバティーレジデンツは、オンライン環境があればどこでも気軽に学ぶことができるツールです。

また、学びながら投資の軍資金を得ることができるというメリットもあります。

メリットがたくさんあるリバティーレジデンツですが、ここではリバティーレジデンツを利用する際に注意すべきことは何かを説明していきましょう。

ただ学ぶだけではなく、実践しなければいけない

リバティーレジデンツでは、様々な学びを得ることができます。

そして、オンライン講座で学ぶことができるので、とても気軽に学べるという大きなメリットをリバティーレジデンツに感じることができるでしょう。

しかし、リバティーレジデンツに限ったことではありませんが、ただ学ぶだけですぐに自由な生活を手に入れることができるわけではありません。

リバティーレジデンツで様々な知識やスキルについて学び、それを生活の中に取り入れていくことが大切なのです。

最新の情報が毎月配信される仮想通貨レポートなど、非常に有益な情報を手に入れることができるので、それらの情報を最大限に活かした生活を意識するということになります。

効率的な仮想通貨の運用方法を知っても、実践しなければただの知識になってしまうことは誰にでもわかるはずです。

そうなってしまうと、学んでいる意味がなくなってしまうので、ただ学ぶだけではなく実践するようにしましょう。

ネット上には良くない評判が・・・

リバティーレジデンツに限ったことではありませんが、情報商材はネット上であまり良い評判を見かけません。

情報商材=詐欺だと思いこんでいる人もいるようですが、白石達也が手掛けている情報商材はどれも結果を出しているものばかりです。

リバティーレジデンツも、きちんと学ぶことができれば大きな成果を得ることができ、白石達也が考える自由な生き方を実践するきっかけにもなる商材となっています。

リバティーレジデンツで学びたいと考えている人は、自分自身でリバティーレジんデンツが本当に良いものか確かめるという気持ちで利用すると良いかもしれません。

情報商材に対して批判している人を見かけると、利用に対して不安を感じるかもしれませんが、批判している人の多くは詳しい内容を知らないまま、イメージだけで批判しています。

そのため、批判的な意見が多いことを気にしすぎないことも大切になるのではないでしょうか。

基本的に、成功しているものに批判はつきものなので、そのくらいのスタンスで臨んでみるというのも1つの手段です。

白石達也が開発したこれまでの商材

白石達也は、リバティーレジデンツ以外にもヒーローズジャーニーやLINEATMシステム、ランドオブハンモックユーチューバーといった情報商材を手掛けています。

ここでは、リバティーレジデンツ以外に白石達也が手掛けている商材がどのようなものかご紹介しましょう。

ヒーローズジャーニーについて

ヒーローズジャーニーは、様々なビジネスモデルについて学ぶことができる商材です。

各分野に専門知識を持つ講師が決められいて、その講師から選択したビジネスモデルに関する専門知識を学ぶことができるので、特に必要な情報を収集することができます。

ヒーローズジャーニーで学ぶことができる分野はどのようなものがあるのでしょうか。

情報起業家的な要素が強いエヴァンジェリスト、データ解析を行うことができマーケッターになるための知識を得ることができるメディアディレクター、コンテンツ作成に必要なノウハウが学べるコンテンツメーカー、商品の見た目について学ぶビジュアルクリエイター、グローバルな社会で生きるために外国語を学ぶグローバリストがあります。

その他にも、コピーライトを学ぶコピーライターや組織力について知ることができるアーチブメーカー、脳科学の側面から消費者を知るニューロマーケーターになるために学ぶことができる分野も用意されています。

ヒーローズジャーニーのようなビジネスモデルは、ネズミ講と勘違いされやすいですが共に学ぶ仲間がいることや充実したサポートによるメリットは非常に大きいものです。

もちろん学ぶのは正当なビジネスモデルなので、ネズミ講とは異なります。

LINEATMシステムについて

LINEATMシステムは、多くの人が利用している便利なLINEを使ったビジネスシステムです。

LINEを利用して利益を上げるだけではなく、LINE@とMLMとインターネットビジネスの3つを融合させた権利収入を得ることが可能なシステムでもあります。

現代人の生活になくてはならない存在になっているLINEは、開封率が高く、メルマガのような登録の手間もありません。

また、友人や知人といった身近な人にシェアしやすいというビジネスには最適な特徴を持っています。

その特徴を最大限活かすことができれば、LINEATMシステムで資金を生み出すことができるということです。

しかし、単純にLINEの特徴を生かすだけでは、資金を生み出すために必要な材料が足りなくなってしまう可能性が考えられます。

そこで白石達也は、LINE@を登録している人に届くメッセージで、自動的に報酬が生まれるシステムを作りました。

それは、LINEATMシステムを利用するメリットになるでしょう。

ランドオブハンモックユーチューバーについて

ランドオブハンモックユーチューバーは、白石達也の代表作といえる情報商材です。

ランドオブハンモックユーチューバーでは、ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)について学ぶことができます。

一般的な広告は、ある特定のターゲットに伝えることが目的になっています。

それに対してダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)は、「お問い合わせはこちら」とか「○○で検索」といったような相手にアクションを起こしてもらうことが目的になっている広告なのです。

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)は様々な場面で活用されていますが、ランドオブハンモックユーチューバーの場合はYoutubeの動画投稿を活用します。

Youtubeの動画によって集客し、販売までつなげていくというものです。

ランドオブハンモックユーチューバーで学んだことをきちんと活かすことができれば、メルマガスタンドの契約やサーバー契約によるコストをカバーすることもできるでしょう。

今回のまとめ

リバティーレジデンツについて解説し、類似しているサービスの紹介や注意点について、さらにリバティーレジデンツを手掛けた白石達也が提供する情報商材について説明しました。

白石達也が手掛けたリバティーレジデンツは、非常にたくさんの知識を身に付けられる商材です。

白石達也が手掛けている数々の情報商材には、否定的な意見もあります。

しかし、利用しなければわからないメリットというものも存在しています。

実際に利用したことがある人の場合は、リバティーレジデンツやヒーローズジャーニーなどの情報商材から得ることができるメリットに気が付いているはずです。

 

そんなリバティーレジデンツの中で白石達也は、「居住の自由」をテーマにし、「何にも縛られず、自ら自分の運命を切り開き、思いのままに生きていくこと」というコンセプトのもと、新たな収入システムを作り上げようとしています。

そのテーマやコンセプトを実現させるためには、仮想通貨投資に関する実践的な学びを取り入れ、インターネットがあればどこでも学ぶことができる環境作りやサポートをしているのです。

仮想通貨に関する知識がない初心者でも、仮想通貨の基本的な部分から投資方法まで体系的に学ぶことができるシステムはリバティーレジデンツならではといえるのではないでしょうか。

 

リバティーレジデンツと似ている情報商材についても今回ご紹介しました。

紹介したビットシェアプロジェクトやC-Trading、自由億人プロジェクトの3つの商材は、リバティーレジデンツが求めているものと同じようなものを求めている商材です。

しかし、全く同じ商材では他との差別化ができないので、それぞれの特徴的な部分はもちろんあります。

情報商材を選択する際に、どのような特徴の商材なのかはっきりわかるものの方が利用しやすいため、どの商材も自身のメリットや強みをアピールしています。

類似する情報商材で迷っている場合は、どのようなメリットや強みがあるかを知り、自分自身が学びたい内容と合致しているかを確認することが大切です。

リバティーレジデンツについて様々な側面からみてきました。

類似する情報商材と比較することによって、白石達也が手掛けているリバティーレジデンツの魅力にも気がつくことができるのではないでしょうか。

特に、「何にも縛られず、自ら自分の運命を切り開き、思いのままに生きていくこと」というコンセプトに共感することができる人は、リバティーレジデンツが最も適していると考えられます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。