不動産

「ネット」×「リアル」の新しい不動産サービスを確立。古木大咲の目指すものとは

こんにちは!

本日は、古木大咲氏が行った新しいビジネスモデルの開拓と、古木大咲氏が目指すものについて取り上げてみます。

皆さんは古木大咲氏がどういった人物かご存知でしょうか?

彼はこれまでリアルだけに留まっていた不動産業界に、ネットという新たな風を吹き込ませた人物です。

そんな古木大咲氏はこれまでどのような人生を歩み、新しいビジネスモデルの開拓を行ったのでしょうか?

今回は古木大咲氏の経歴から人物像、さらにはビジネスモデルや目指すものについてご紹介していきましょう。

 

 

古木大咲氏の経歴と人物像

古木大咲氏は、不動産業界に革命を起こした人物であり、現在はIoT・デザインアパートメントの運営を中心とする会社の経営者でもあります。

古木大咲氏は成功者としても有名ですが、古木大咲氏の経歴は決して順風満帆ではなかったのです。

今回は、古木大咲氏の経歴から人物像をご紹介していきましょう。

 

古木大咲氏は高校中退している?!

古木大咲氏は、鹿児島県の自営業を営んでいる家庭に生まれました。

自営業を営んでいた父親は、古木大咲氏が中学校3年生の時に他界してしまい、その後は家族で福岡県へ移り住んでいます。

福岡県内の高校へ進学しましたが1年の時に中退してしまい、それからはアルバイトを転々として生活していたようです。

高校を中退し、アルバイトをしながら生活をしている中、古木大咲氏の親戚や身内からは良く思われずにバカにされてしまうこともありました。

このままバカにされ続けたくないと古木大咲氏は一念発起し、かつての父親の背中を思い出します。

父親のような経営者になりたいと強く思い、起業する道を進もうと決意しました。

しかし、起業するためには自分自身に知識が足りないと感じ、まずは不動産会社に就職することにしたのです。

これまで、アルバイトでコンビニや居酒屋などでは働いてきた古木大咲氏ですが、全く新しい業種への転換を果たします。

不動産会社への就職は決まったものの、古木大咲氏が希望する営業部へは配属されず、不動産管理部への配属が決定しました。

不動産管理部の業務を行いながらも、営業部への野心は捨てきれず、自ら休日に営業を行い、見事成果を上げ、会社からの評価を上げることに成功したのです。

その後、念願の営業部への配属が決まり、自らの力で営業になることができました。

営業部でも古木大咲氏は優れており、アパート販売サイトなどの企画で成功を収めます。

アパート販売サイトから成功を収めた古木大咲氏は、不動産販売においてインターネットがどれほど重要かを実感することができました。

このことが、その後の古木大咲氏の描くビジネスモデルの一角となるのです。

 

高校中退でも不動産会社を起業したことから見える古木大咲氏の人物像とは?

古木大咲氏は、高校を中退していますが、その後の努力が実を結び、不動産会社での経験を生かし不動産会社を起業しました。

このことから、古木大咲氏が相当な努力をしていたことが分かります。

古木大咲氏は、これまでの人生を変えてやろうと決意した時から現在に至るまでたくさんの苦難を乗り越えてきました。

それらを乗り越えるには、多くの困難や葛藤があったのではないかと容易に考えられます。

実際に起業後に起こったリーマンショックで、経営危機に瀕してしまっているのです。

そんな危機ですら乗り越えてきた古木大咲氏は、努力家でもありながら優れた発想を持つ人物でもあります。

古木大咲氏が築き上げた現在は、並々ならぬ努力と想定外の事柄が生じても動じない不屈の精神から成り立っているのでしょう。

 

 

不動産業界における従来のビジネスモデルを壊す

古木大咲氏は、不動産業界において革命を起こした人物として知られています。

従来の不動産業界のビジネスモデルを一新することで、現在の成功につながっているのです。

ここでは、古木大咲氏が行った従来のビジネスモデルの変革についてご紹介していきましょう。

 

リーマンショックから新しいビジネスモデルへ

古木大咲氏は、元々働いていた不動産会社で培った経験から、インターネットでのアパート販売が有効であることを実感していました。

そのため、業務効率の改善からアパート販売事業をメインに据えて不動産事業を行っていくことを決めました。

アパート販売事業をメインとしてからは、徐々に業績も伸び、売上も増えていきました。

しかし、不動産会社を起業してすぐにリーマンショックが起こってしまいます。

その影響から、古木大咲氏の会社も大きなダメージを受けてしまったのです。

一時は、20名程在籍していた従業員たちの給料すら支払えなくなってしまっていたと言います。

それほどまでの経営危機に陥ってしまった時に、古木大咲氏はビジネスモデルの転換を決意します。

それは、従来の不動産業界におけるビジネスモデルを一新するものでした。

そのため、不動産業界に革命をもたらしたのだと現在でも語り継がれるようになったのです。

 

従来のビジネスモデルと新しいビジネスモデル

では、従来の不動産業界におけるビジネスモデルとはどのようなものだったのでしょうか?

新しいビジネスモデルと合わせてご紹介していきましょう。

これまでの不動産業界のビジネスモデルは、通常アパートを建ててからオーナーを希望している人にアパートを販売するというものでした。

古木大咲氏の起業した会社でも当初は、他と同じように従来のビジネスモデルだったそうです。

しかし、従来のビジネスモデルは売れるまでの間、在庫を抱えることになります。

不動産の在庫を抱えるということは、通常の小売業とは異なり、アパートを倉庫に保管しておくことはできません。

そのため、建ててから売れるまでの間もそのアパートを適切に管理・維持していかなくてはならず、多くの費用がかさんでしまうことになります。

リーマンショックからアパートが思うように売れなくなってしまい、経営危機にまで陥ってしまったため、従来の在庫を抱えるビジネスモデルではいけないと古木大咲氏は考えました。

その結果、在庫を持たない新しいビジネスモデルを生み出したのです。

新しい在庫を持たないビジネスモデルとは、アパートオーナーになりたい人へ向けて、土地の情報提供からアパートの建設、アパート経営のサポートまでを一貫して行います。

そのため、在庫を抱えずともアパート販売を効率よくできるようになりました。

新しいビジネスモデルは、従来のビジネスモデルとは全く異なるものであったために、多くの人に理解されるまで時間を要しました。

徐々に新しいビジネスモデルのメリットを伝えていき、それが確立するまで3年はかかったそうです。

古木大咲氏は長い時間をかけて、従来のビジネスモデルを壊し、新しいビジネスモデルを確立していきました。

 

 

上場を経て、古木大咲氏が目指すものとは

古木大咲氏は、起業家としての成功を収め、自ら経営する会社を上場企業にまで成長させることができました。

経営者として、上場することは一つの大きな通過点でもあります。

上場を経て、これから古木大咲氏が目指すものとは何なのでしょうか?

ここでは、今後の古木大咲氏について考えてみましょう。

 

古木大咲氏の目指すものとは?

古木大咲氏は、今後不動産業界にさらなる変革をもたらすために、現在行っているIoT・デザインアパートメントの普及に力を入れていくようです。

新しいビジネスモデルを確立する前は、不動産管理をアナログで行っていることがほとんどで、管理にかかる手間や負担が大きくありました。

しかし、新しいビジネスモデルを確立する際、そのような問題点を改善しようと古木大咲氏は考えます。

より業務の効率化を目指し、IoTを活用することにしたのです。

結果、IoTを取り入れることで、サービスの利用者だけでなく運営側も管理しやすく便利に利用することができるようになりました。

このようなIoTとアパートの関係を築くことができたのも、古木大咲氏が仕組みを構築したためではないでしょうか?

不動産業界でITは有効であると知っていた古木大咲氏だからこそ成し得て、今後もその普及を第一線で担っていくことでしょう。

 

IoT・デザインアパートメントではスマートな生活を実現できる

古木大咲氏が手掛けているIoT・デザインアパートメントは、スマートな生活を実現することができるとされています。

実際にIoTを取り入れたアパートメント運営をご紹介していきましょう。

まず大きなメリットとされる点は、入居者とオーナー、管理会社それぞれとアプリで連携が取れることです。

それぞれが利用できるアプリを開発し、アプリを中心とした情報共有ができるようになっています。

入居から退去まで、また何かしらの問題が生じた際にチャット機能ですぐに相談することもできます。

チャットで密に連絡が取れることで、入居者・オーナー・運営会社間での連携が上手く取れるようになりました。

また、不安な点もすぐに解消できるため、安心安全に入居、不動産経営、不動産管理が行えるようになったと言えるでしょう。

そして、タブレットを活用したスマートホームを実現していることも挙げられます。

スマートホームとは、IoT技術を活用し、より生活が快適になるような工夫が凝らされた住宅を指しています。

タブレットから電気のオンオフを操作することができ、外出先からでもエアコンを操作して帰宅時には快適な室温に保つことができるのです。

このような入居者にとって快適で、オーナーにとっては便利なアパートをこれからもどんどん普及していくことでしょう。

 

古木大咲氏は、これまで当たり前とされていた不動産業界のビジネスモデルを変革しただけでなく、より便利なものへするために成長を続けてきました。

今後も不動産業界の革命児として、不動産業界に新しい風をもたらしてくれることでしょう。