法人の噂・真相

池田屋ランドセル、老舗ならではのこだわりとは?口コミ・評判検証してみた

池田屋ランドセル

みなさん、こんにちは。

私のサイトへ訪問してくださりありがとうございます。

今回は、静岡県で創業し、現在は東京や大阪などにも出店している池田屋カバン店に関する口コミ・評判を検証していきます。

池田屋ランドセルでは「ランドセル製造・販売」をメイン事業として展開しています。

この記事は、

  • 池田屋ランドセルのものづくりへのこだわりは消費者にどう届いているのでしょう?
  • 池田屋ランドセルで実際に働く人達はどのような印象を持っているのでしょうか?

 

以上を検証すべく、消費者と現場で働く人、両者の口コミ・評判をまとめてみました。池田屋ランドセルについて知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

池田屋ランドセルの概要

まずは池田屋ランドセルがどういった企業なのか、簡単にご紹介していきます。

企業名 有限会社池田屋カバン店
直営店 静岡・銀座・大阪
事業ナ内容 ランドセルの企画開発、小学生用アフターサポート提供etc
公式サイト https://www.pikachan.com/

 

ランドセル事業の展開

1984年~1994年に静岡店・浜松店がオープン、その間、オリジナル商品の商標登録・特許申請を実施。続いて2016年になると「子ども思いの森事業」という名の社会事業をスタートさせています。

 

「子ども思いの森事業」とは?

この事業では、市民団体・NPO法人等と協同し、公募によって選ばれたNPO団体・個人への基金事業・サポート事業を実施するというもの。具体的には、公募によって選ばれた団体が提案するワークショップを池田屋ランドセル協力の元で開催します。

ここには、「子供の未来のためにより良い環境を残すことを広く伝える」メッセージがテーマに込められているのだとか。

 

池田屋ランドセルの事業内容・強みは?

池田屋ランドセルが行う事業において注目すべきポイントは以下の通り。

  • 企画開発
  • 販売
  • アフターサポート

 

「子どものため」を重視したものづくりへのこだわり

池田屋ランドセルのものづくりは、

  • 機能性を最大限に活かし、無駄のないシンプルな商品を作り出すこと
  • 使う立場に立って極限まで使いやすさを追求すること

をコンセプトとしています。

子どもにとってランドセルは「6年間毎日を共にするツール」です。

6年間子どもが背負いつづけるランドセルは、利便性だけではなく「飽きないための工夫」が不可欠だからこそ、「使う側の立場に立って考える」ことが求められます。

そこで上記したコンセプトが重要になる訳ですが、これらを踏まえた上で池田屋が考える「こだわり」を以下にまとめました。

 

刺繍無し
  • 素材の耐久性の維持:刺繍の針穴から水が染み込みやすくなるため、耐久性を高める目的がある
  • 自分らしいデザイン:直接刺繍が施されていない代わりに付属のシールでランドセルを愛有にカスタマイズ可能、「6年間飽きずに”自分だけの持ち物”」を所有することの楽しさを体感できる

 

大容量
  • 大量の荷物も余裕ではいる収納力がすべてのランドセルの備わっている
  • 12cmのマチは業界トップクラス
  • サブバックが不必要のため万が一転んでも両手が使えるなど危険を回避できる
池田屋ランドセル

 

 

採用に関する口コミ・評判を検証してみました!

子どもの意思や使いやすさを尊重した丁寧なものづくりが池田屋の中心事業であることは理解できたものの、これらを可能とする職場は一体どのような特徴を有しているのでしょう?

以上について、じっさいに現場で働く方々の口コミを参考に考察していきます。

 

口コミ一覧

入社時から基本給が販売職のなかではやや高めです。有給消化がしやすくスタッフ同士のコミュニケーションは比較的穏和ではあります。

基本的には残業がないので、定時上がりです。繁忙期などの忙しい時期には少し残業がありますが、30分程なのであまり気になりませんでした。

繁忙期は、かなりの、来客数で忙しく、暇な閑散期は、やることを探さなければなならない。繁忙期には、お客様が来店されて、店内がすし詰め状態でした。こうゆう点も店側がしっかり考え改善していかなければならないと思います。

教育体制については、丁寧に教えてくれましたが、アルバイトに関しても覚えることが膨大な量であり、かなり大変でした。覚えたことは全て、お客様に説明しなければならないのですが、繁忙期のとても忙しい時期は全ての内容を細かく説明することは、非常に難しいのでもう少し改善しないとだめだと思いました。

 

口コミポイント

  • 販売職の場合入社時から平均より高めの給料がもらえる
  • 定時に上がりやすい・スタッフ同士のコミュニケーションが活発・有給消化がしやすいことから、社内環境は比較的ポジティブな印象
  • 繁忙期か否かで忙しさの度合いが極端に分かれる
  • 教育体制は整備されているものの、個人で把握するスピードにもう少し配慮がほしい

 

考察

以下、池田屋ランドセルによる過去の求人情報です(現在は募集しておりません)。

 

給与 販売スタッフ(正社員):月給20万2,400円
初年度の昇給賞与
  • 賞与:7万円×3回
  • 昇給アリ
年収 300万(手当・賞与含む)
福利厚生
  • 社保完備
  • 交通費全額支給
  • 繁忙期に昼食支給
  • 住宅手当
  • 家族手当
  • 職務手当
  • 能力給
  • 残業なし
勤務時間
  • 販売スタッフ:11時~9時のシフト制(実働8時間)
  • 休憩1時間

 

ポイント①残業は平均より少なめ?

販売職のスタッフというと、華やかなイメージを持たれる一方、現場は想定外のキツさのためか、理想と現実とのギャップに逃げ出してしまう若者が多い職種に当てはまるのではないでしょうか?

例えばアパレルメーカーに就職した新人が販売スタッフの役割を充てがわれたとして、その際やるべきことを考えてみると、まず思い浮かぶのは「覚えることの多さ」です。

※こちら、あくまでも素人考えですが…

  • 商品取り扱い
  • 接客マナー
  • 会計
  • スタッフ同士のコミュニケーション

特に繁忙期は細部への対応や配慮が増加し、通常業務では負えないため残業に持ち越すことになるのは目に見えています。

池田屋ランドセルもご多分に漏れず「繁忙期は残業あり」と口コミに記載されています。

特にランドセル購入時期に当たる年末年始~2月頃までの忙しさは並大抵のものではないでしょう。(最近は更に前倒しされているようですが)

この時期、接客マナーを覚えたての新人まで駆り出され、必死に現場力を学ぶ姿が容易に想像できます…。

しかしその反面、「定時に上がりやすい」との口コミも記載されています。これは一体どういうことでしょうか?

まず思い浮かぶのは、労働環境が整備されている可能性です。

池田屋ランドセルの場合、休憩時間がしっかり確保できるよう繁忙期に昼食支給を行う等社員の負担を減らす工夫が講じられています。

以上が可能なのは、充実した教育制度の賜物でしょう。

新人は接客マニュアルの他、池田ランドセル独自のこだわりや商品の特徴といった事柄を記憶する必要があり、その分教育制度は充実しているものの、一方で厳しいという印象も拭い切れません。

しかし、これらを習得し終えた後、必ず池田屋ランドセルにとって信頼に値する社員が誕生するはずです。

教育制度で培ったスキルを活かせば販売業務に効率よく対応でき、これを継続することで残業せず定時に上がれる回数が増えると思われます。

このように、優秀な販売スタッフ育成に特化した職場環境を整備し残業時間減少に繋げることこそ、池田屋ランドセルの目的なのかもしれません。

 

 

商品・サービスの口コミ・評判を検証してみました!

池田屋ランドセルといえば、「ベルバイオ」や「クラリーノ」といったランドセルが主力商品です。
他にもイタリア産の防水牛革を使ったランドセルや、本体とふち・付属品のカラーを指定できるオーダーメイドの対応や、自分好みのデザインにアレンジできる刺繍シール・反射シール、ランドセルカバーといった別売りパーツなど、商品のラインナップが充実しています。
多くの子どものランドセルとして買われていますが、購入した人は池田屋ランドセルの商品をどう評価しているのか、商品の口コミ評判をご紹介しましょう。

皮が上質でとても良いです。牛革なのに軽めなのも通学時間が長い息子には助かります。

池田屋ランドセルは本体やベルトに上質な牛革を採用しています。
牛革はバッグやレザージャケットなどに用いられることが多く、比較的重いとされていますが、口コミにあるように池田屋ランドセルは軽量の牛革なので、子どもが背負っていても疲労感はないでしょう。
小柄な子はランドセルが重くて転倒してしまうリスクがありますが、軽量の牛革ならそのリスクが少ないと考えられます。

サイドのフックがかけやすく、開閉の金具が使いやすい、ギボシベルトのため長さの調節が簡単でした。また、マチのあるポケットも魅力的でした。小さな子供が、給食袋をフックにかけたり、ランドセルを明け閉めしたり、意外と難しいのです。それが、簡単にでき、口コミは本当だったと実感しました。

ランドセルのロック部分は横穴が二つついたタイプが一般的ですが、ランドセルを使い始めたばかりだと、穴を選びはめ込むのが大変という子どもは少なくないようです。
一方、池田屋ランドセルは縦穴が一つのタイプなので、迷うことなく穴に入れてロックすることができます。
また、カブセ部分は強度に優れつつも、芯材がない構造なので開閉しやすくなっています。
ランドセルのサイドにあるフックはV字の切れ込みが入っているので、給食袋なども紐をかけて、下に引けば簡単にかけることが可能です。
子どもの使いやすさに配慮されたつくりが保護者に支持されていることが、口コミでも分かりました。

本人が希望した色で、デザインが飽きのこないシンプルなものを探して、こちらにたどり着きました。色・デザインだけでなく、ギボシなどの安全性も実際に使ってみてより実感しました。また、6年間無料保証なのも嬉しいです。本人は刺繍シールを貼って喜んで使っています。

口コミのように、子どもが希望する色やデザインにも強くこだわって選ぶ家庭は少なくないでしょう。
池田屋ランドセルは定番の黒と赤を始め、ブルー系、ピンク、グリーン、ラベンダー、キャラメル・チョコ、ワイン、シルバーのカラーランドセルを提供しているので、子どもの好きな色から選ぶことができます。
商品は限られますが、本体とふちの色を指定できるオーダーメイドにも対応しているので、オリジナリティのあるランドセルを購入できる点も非常に魅力的でしょう。
別売りパーツとして販売されている刺繍シールはリボンやハート、フラワー、スターなどのデザインがあり、剥がすのも簡単なのでランドセルを傷つけることなく、可愛く何度もアレンジできます。
自分好みにアレンジできればランドセルに対する愛着も湧き、6年間大切に使おうと思う気持ちも強くなるかもしれません。

教科書などたっぷり入る、ランドセル自体が軽い、背負ったとき違和感がないなど、とても使いやすい。

子どもがランドセルに収納する教科書やノートは10冊を超えることが多く、それに加えて筆箱や下敷き、A4ファイル、体操着、給食袋などたくさんの学校用品を持ち歩いています。
口コミにあるように池田屋ランドセルは大容量で、業界最大クラスとも言われているのです。
大マチ部分は横幅が23cm、高さが31cm、マチ幅が12cmとなっており、教科書やノートがたっぷり入り、大きいA4ファイルもラクラク収納できるほどの容量となっています。
総マチ幅が最大16.5cmなので、サブバックで持っていくことが多かった体操着や給食袋も大マチ部分に収納しやすいので、重いサブバックを手で持つことも少なくなるでしょう。
たっぷり入れてもランドセル自体が軽量で、さらにベルトの使い心地、背中部分のクッション性など背負い心地にこだわっているので、背負った時に感じる重みを感じにくいようです。

たくさんのカタログを申請して比較してみました。結果的に池田屋のシンプルのデザインと6年間完全無料保証に一目惚れしました。

口コミの中にはたくさんのカタログと睨めっこした親子は多いようです。
機能性やデザインだけではなく、長く使うものなので保証も大切な要素でしょう。

池田屋ランドセルは卒業まで壊れた理由を問うことなく、無料で修理対応しています。

通常は自然に壊れた場合や初期不良などに対して無料修理が効きますが、池田屋ランドセルはランドセルの故障は親の目に届かないところで起きることが多く、壊れた原因が分からないことが多いということを理解しており、6年間の保証制度を設けているのです。
しかも、保証制度はかなり手厚く、店頭への持ち込みならその場で修理ができ、預かって修理する場合は無料でランドセルの貸出、保証書がなくても修理に対応、往復送料がかからない、修理不可能のケースは無料交換となっています。
ただ、保証制度には注意点があります。
シワや傷、落書きなどランドセルの機能に問題ない故障での部品交換は無料修理の対象外で、自然災害や火事、盗難による消失も対象外なので理解しておきましょう。

シルバーって、聞くとキラキラ光っている色を想像しますが、品のある色合いで、華美になりすぎないひかり具合で、オシャレ好きな娘の自己主張ができで、よかったと思います。

最近のランドセルはカラーバリエーションが充実しており、ブルーやピンク、キャラメルなどの色はとても人気です。
一方、池田屋ランドセルはシルバーカラーも展開しており、かなり珍しいカラーリングでしょう。
シルバーといってもギラギラした印象はなく、マットな光沢感はとても上品なランドセルとなっており、口コミのようにおしゃれ好きな子どもには魅力的なカラーと言えます。
他の子とは違うものがいいと思う子どもも少なくないようなので、そんな子どもに合ったランドセルが見つかるお店ではないでしょうか?

もしこれから池田屋カバン店含め、ラン活(新一年生のランドセルを選び購入するまでの活動)をはじめる人は、一度以下のページも参考にしてみてください。

ランドセルを選ぶ上で重要な5つのポイントについての解説をしています。

ランドセル選びのコツは?失敗しないために外せないポイント5つ

【口コミ・評判検証】Twitter編

 

「6年間ランドセルを使うのが流行っている」
この内容は、「少子化により定期的に買い換える必要がない」という現代の傾向を裏付ける情報にもなり得るのではと、つい考えてしまいました…。いずれにしろ、「長期間ひとつのものを使い続ける習慣」は、子供はもちろん両親にとっても良い影響をもたらす可能性大であると言えます。

また、掲載したTweetは池田屋ランドセルの特徴である「丈夫さ」について明確に記載されており、かといって高級ではなく、「6年間使い続けられることを想定すると約5万は安い」という感想が述べられています。

「丈夫さ」「手に取りやすい価格」
この2点は2020~2021年の子どもの入学に向けラン活中のご両親にとっては非常に気になるポイントでしょう。特に前者のTweetは比較的新しいものなので恐らく池田屋ランドセルの特徴に大きな変更点は見られないと思われますが、一度ご自分の目で確かめてみることをお勧めします。

池田屋ランドセル 2020年度ご入学モデルラインアップ

 

いくら池田屋のランドセルが丈夫といえども、突発的な動きをする子どもが使用して「6年間全く無傷」という訳にはいきません!

「…そういえば、壊れたランドセルってどう処理すれば良いんだろう?いちいち買い換えなきゃダメかなぁ」
そんな世のお母さん方の本音が、溜息とともに聞こえてきそうですね…。

こういった場面で、池田屋のように「ランドセルの製造・販売を手掛ける業者自体が修理にも対応」してくれるのは、一般家庭にとって非常にありがたい話し。更に修理費無料&代用ランドセルのレンタルなど、細部までアフターフォローが行き届いている点は、顧客の信頼度と安心感を生み出すのに充分でしょう。

 

芸能人も「ラン活」に夢中?!

モデルの蛯原友里(40)の妹でチャイルド・ボディ・セラピストの蛯原英里(40)が16日に更新したブログを「ラン活?!」と題し、年中の娘のためのランドセル選びに頭を悩ませていることを報告した。

引用記事:蛯原英里 年中の娘の「ラン活」に頭痛い…年明けから考えるべきか 色はどんな…(Yahoo!ニュース)

 

 

口コミ評判検証まとめ

池田屋ランドセルの概要や口コミをご紹介しましたが、口コミ評判を見る限り、職場の環境は良く、また商品の品質や満足度も高いと言えます。
仕事内容は接客業が基本であるため、接客やランドセルに関するマニュアルが厳しく、また一人ひとりの対応時間が長いので、自然に接客スキルを身に付けることができます。
給料も良く、残業が少なく、有給休暇が取りやすいなどの評価もあるので、働きやすい現場でしょう。
ランドセルは使いやすさや安全性に徹底して設計されており、使用する素材にも強いこだわりがあります。
カラーバリエーションが豊富でシンプルなのに飽きがこないデザインも購入者に評価されており、何より大容量でたくさんものを入れても背負い心地が良いところが選ばれる理由なのでしょう。
無料保証も子どもが小学校を卒業するまで対応しており、基本的に理由を問わず修理や交換にあたってくれるところも手厚く、活発な子どもを持つ保護者を安心させています。
時代と共にランドセルのニーズも変化していくと思いますが、池田屋ランドセルは今までの経験や培われた技術で、これからも上質なランドセルをつくり、販売していくことでしょう。

池田屋カバン店公式サイト
https://www.pikachan.com/
https://www.ikeda8.com/
https://www.ikeda8.co.jp/

池田屋ランドセル