服飾雑貨

ランドセル選びのコツは?失敗しないために外せないポイント5つ

みなさん、こんにちは。
私のサイトへ訪問してくださりありがとうございます。
最近周りの知人たちが徐々にランドセル活動を始めています。
そこで、今回は大事なランドセル選びのコツをお伝えしたいと思います。

ランドセル選びってそんなに重要?

近年、新1年生になる子のランドセルを購入するまでの活動を「ラン活」と呼んでおり、人気ランドセルの情報を入手するためにショールームへ足を運ぶ方が増え、非常に混雑するようになりました。
ランドセル選びは、それぞれの家庭によって基準が異なることでしょう。
しかし、品質の良いランドセルを持たせてあげたいという思いから、インターネットで情報収集してランドセルにこだわるケースが増えているのです。
中には、ランドセル選びをきちんと行わなかったため失敗したという例もあります。
例えば、価格を重視し過ぎたら型崩れしやすくすぐにボロボロになってしまったり、高いランドセルを買ったら重く、毎日子どもが大変そうだと感じてしまうこともあるでしょう。
ランドセルは、早ければ5月~7月には新作発表や予約受付が開始されます。
ラン活を始める時期というのはその家庭によっても異なりますが、人気の高いランドセルが良いという場合や、強いこだわりがあるという場合は、早めに情報収集したり、候補の素材やカラーを決めておくなど準備しておくことをおすすめします。
ランドセルは、小学校入学から卒業まで、6年間使うものでもあります。
だからこそ、しっかりとこだわりを考えて選ぶことが大切なのです。

ランドセル選びに外せないポイント5つ

ランドセルは、子どもたちが6年間毎日背負うものです。
長く使い続けるからこそ、こだわりを持って選びたいというのはどの家庭でも同じなのではないでしょうか?
ここでは、ランドセル選びに外せないポイントを詳しく見ていこうと思います。

【重量】

まず重要視したいのが重量です。
ランドセル購入時に重視するこだわりに、重量を入れていない方が多いと言われています。
それは、購入時に背負う時には、実際に毎日持ち歩くことになる教科書類が何も入っていないからです。
そのため、もう一度ランドセルを選べるとしたら、子どもの負担にならないよう軽さを重視したいといった意見も多く見られます。
最近では、素材の進歩や職人の技術力で軽量のランドセルが増えてきました。
しかし、だいたいどのくらいの重量が子どもに適しているかの基準を知っておくと便利です。

男の子の場合:900~1400g
女の子の場合:900~1300g

こうしてみると、男の子も女の子も対して差がなく、重量も幅広いことがわかります。
これは、その子の身長や体重に合わせて選ぶ必要があるからです。
小さめの女の子の場合、900~1100g程度を目安にして選んだり、大きめの男の子の場合には1200~1400gを選ぶなど、その子の体格に応じて見極めていく必要があるでしょう。

【収納力】

現在販売されているランドセルの多くは、高い機能性を持っているものがほとんどです。
しかし、中にはA4サイズのプリント類・クリアファイルが入りにくい大きさのものもあります。
ランドセルの選びの際には、小学校指定の教科書類が収納できるサイズかどうかをしっかりと見ておく必要があります。

【耐久性】

6年間使うということを踏まえて、耐久性はどの家庭でも重視しているポイントになっているようです。
ランドセルは毎日使うため、特に擦れやすく負荷がかかりやすい肩ベルトの部分を見て、補強がしっかりされているか見ておくと良いでしょう。
肩ベルトは、手縫いなのか機械によるものなのかによっても大きく耐久性が変わってくると言われています。
手縫いの場合、万が一糸が切れてしまっても全体的にバラバラと外れてしまうことがありません。
しかし、機械で縫っている場合、全体が外れてしまう恐れがあるのです。
職人による手縫いは、強度が増し、耐久性が高いランドセルであると言えるでしょう。

【デザイン】

一般的に、デザインは子どもに選ばせるという家庭が多いと言われています。

・色
特に重視する点は色ではないでしょうか?
ランドセルには、その年によって流行色があり、毎年少しずつ変わっています。
その中で、子どもの好みに合わせた色を選ばせるのが良いでしょう。
ただ、6年間使っても飽きがこないかどうかもしっかりチェックしておかなければならないポイントです。
男の子に人気の色は、黒・黒×で、女の子に人気の色はピンクチョコラベンダーなどです。

・デザイン
ランドセルの飾りは「びょう」と呼ばれる部分・ランドセルポケットのデザインと引き手で大きく違います。
刺繍が施されたものや、シンプルで大人っぽいデザインまでたくさんの選択肢があるので、子どもの好みの応じて選ぶと良いでしょう。

【素材】

素材はラン活の際にあまり重視しないという方も多いのではないでしょうか?
しかし、ランドセルの素材はきちんと見ておきたい大切なポイントでもあるのです。

・コードバン
馬のお尻から取れる革のことで、高い品質と優れた耐久性が特徴です。
耐久性を1番の重視するのであれば、コードバンが最も適しています。
ただ、重量があり色やデザインの種類も少なく、価格も高いというデメリットもあります。

・牛革
牛革はランドセルの素材として昔から取り入れられてきたもので、劣化によるヒビやは強いですが、傷には弱いです。
価格は値が張るものが多いですが、重量は軽いものもあります。
ただ、コードバンと同じく色やデザインの種類が少ないです。

・人工皮革
化学繊維で作られた素材で、クラリーノやタフガードとも呼ばれています。
人工皮革は、価格の高いものからリーズナブルなものまであり、色やデザインのバリエーションも豊富なのが特徴です。
劣化によるヒビには弱いですが、水に強く重量も軽いため、近年人気のある素材です。

このように、素材はランドセルに何を重視するかによって選ぶための1つの基準になることが分かります。
ランドセルのメーカーは様々な種類がありますが、その中でおすすめなのが池田屋ランドセルです。
池田屋ランドセルは、重量・収納力・耐久性・デザイン・素材にそれぞれこだわったランドセルであるというのが大きな特徴で、それに加えて背負いやすさ・安全性・充実した保証サービスが魅力です。

・背負いやすさ
どんな体型の子どもにもフィットするよう背カンが上下に動く作りになっており、肩にベルトが食い込むことなく背負いやすくなっています。

・安全性
現在ランドセルには袋掛けフックが取り付けられています。
池田屋ランドセルの袋掛けフックは、いざという時に外れる設計となっているほか、ランドセルをかけておくフックをナイロンにするなど、身近な事故から身を守るための工夫がされているのです。

・保証
池田屋ランドセルは、ランドセルが届いた日から卒業まで、壊れた理由を問わず修理保証が付いています。

ランドセル選びの際には、上記の5つのポイントを踏まえて選ぶ必要があります。
池田屋ランドセルは、これらの機能や性能に差がなく、理想的な品質なのです。

まとめ

今回は、ランドセル選びのコツや5つのポイントについて紹介してきました。
ランドセル選びの際には、重量収納力耐久性デザイン素材の5つのポイントから、優先順位を決めてその中から選ぶという傾向が強いです。
子どもにとっても親御さんにとっても納得のいくランドセル選びをするには、これらのポイントを踏まえて購入することが大切です。
6年間毎日使い続けるからこそ、こだわりをしっかりと持って選ぶようにしましょう。

池田屋ランドセルは、5つのポイントのどれを取っても劣る要素がなく、一つひとつ丁寧に仕上げているため品質も非常に高くなっています。
価格も高すぎず、他と被る可能性の低いデザイン性も魅力と言えます。
ランドセル選びの際には、候補の1つとして加えてみてはいかがでしょうか?

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。