不動産投資

TATERU(タテル)のアプリで始めるIoTアパート経営とは?

こんにちは!

本日は、TATERUのアプリを使ったIoTアパート経営について取り上げてみます。

皆さんは、不動産経営というとどういったイメージを思い浮かべるでしょうか?

不動産経営というと、不動産会社に足を運び何度も話し合った末にようやく行えるといったイメージがある方も多いかと思いますが、TATERUではいつでもアパート経営が始められるようにアプリを連動してアパート経営の相談に乗れるようにしています。

今回はそんなTATERUの新しいIoTアパート経営についてご紹介していきましょう。

一般的なアパート経営よりも新しい技術を取り入れたアパート経営を採用してみたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

そもそも、IoTとアパート経営を組み合わせるというのはどういったことなのでしょうか?
まずはTATERUでのサービスについて詳しく説明していきましょう。

 

IoTとアパート経営を組み合わせるってどういうこと?

TATERU Apartmentとは?

TATERU Apartment(タテルアパートメント)は、アパート経営を行いたいと考えている人のために作られた、IoTアパート経営のためのプラットフォームです。

まだまだ日本では数少ないアパート経営に関するプラットフォームであり、日本国内において最大級の規模を誇ります。

具体的にどんなことができるのかというと、例えばアパート経営をしてみたい人に向けて適した土地をマッチングしてくれたり、IoTアパートの経営を行う際に建設の提案や実際の建築、アパート経営の管理サポートなど、一貫したサービス提供を行ってくれるのです。

現在の会員数は約14万人以上にも及び、多くのアパート経営者が利用していることが分かります。

アプリを活用して、より経営が便利に

TATERU Apartmentの場合、サイトからマッチングや一貫したサポートを受けられるだけではなく、アプリを活用してアパート経営がより便利になるような工夫を凝らしています。

専用のアプリを使ってできることは、様々なものがあります。

コンシェルジュと専用チャットを使ってやりとりできる

アパート経営を行うにあたり、土地や物件に関する情報を提供したり、様々な提案をしてくれるコンシェルジュの存在は必要不可欠です。

そんなコンシェルジュ達と専用のチャットを使ってやりとりを行うことができます。

アパート経営に関する疑問や不安など、気軽に相談できるでしょう。

土地情報をチェック

TATERU Apartmentでは土地のマッチングを行ってもらうことができますが、自分自身でもどんな土地があるのか確認したいという人も多いはずです。

そんな時はアプリを活用してみましょう。

アプリでも土地に関する情報を更新しており、自分自身に土地を紹介してくれます。

アパートの完成までサポート

土地情報の提供はもちろんですが、アプリをうまく活用することでアパート完成までしっかりとサポートを受けられます。

アパート経営状況の確認もアプリで行える

アパートが完成してからもアプリが活用できます。

入居状況や月間収支状況などをパソコンやスマートフォンから手軽に確認することができます。

わざわざ自身で計算する必要もないのでとても便利です。

TATERU ApartmentのIoTアパート

TATERU ApartmentのアパートにはIoT機器が標準搭載されています。

例えば空調管理や玄関・窓のセキュリティ、照明などは全てIoTデバイスを使って手軽に管理できるようになっているのです。

最先端のIoT技術を活用しているため、消費者にとっても魅力的なアパートとなっています。

 

IoTアパートやアプリなどの新しい技術を取り入れた、他とは違うアパート経営を行うことができるでしょう。

TATERU Apartmentのこれまでの実績

では、TATERU Apartmentの実績についてご紹介していきましょう。

TATERU Apartmentの実績

TATERU Apartmentの実績は、2006年当初は年間59戸しかなかったものの、その後は順調に戸数を伸ばしていき、2016年の時点で13,187戸ものアパート管理を行うことに成功しています。

これほどまでに実績を伸ばしていけたのは、やはりIoTの知名度や便利さが広まっていったことも理由の一つとして考えられます。

IoTは現在様々な家電に付けられており、一般的なものになりつつあります。

2006年当時はまだIoTという言葉自体も知られていませんでしたし、何より家電にもIoT技術が取り入れられているものはほとんどありませんでした。

しかし、IoT技術が注目されてからは様々な家電にも技術が搭載されるようになり、利便性の向上につながったことでさらなる知名度の上昇につながっています。

TATERU Apartmentでは当初からIoT技術に注目しており、いち早くサービスとして導入していました。

その結果が今になって表れたと言っても過言ではありません。

また、IoTアパートのオーナーも2016年には1,077人で2015年度よりも約200人増加する結果となっています。

アパート経営を始めようと考えている新規オーナーがIoTアパートに注目し、TATERU Apartmentを利用したのだと考えられるでしょう。

TATERU Apartmentの実績には安心・安全が隠されている

TATERU ApartmentのIoTアパート経営は、消費者にとっても魅力的なものに見えますが、単純にIoT技術で利便性が高いというだけではなく、きちんと安心・安全の備わっているアパートだからこそTATERU Apartmentの実績は増えているのです。

例えば、建物基本構造部分に10年間の瑕疵担保責任保険が備わっているのはもちろんのこと、地盤調査後に20年間不同沈下が起きない証として地盤の品質保証書の発行や入居開始から40日間経過しているにも関わらず空室が合った場合は無制限で空室分の家賃を保証してくれる満室保証、さらに建材として使われている木材は全て水分25%以下の乾燥材を使い、将来的に歪みなどが発生しないようにする配慮などが見られます。

こうした安心・安全があるのでオーナーにとっても、消費者にとっても魅力的なアパートになると言えるでしょう。

TATERUで行われる他の事業について

では、ここからはTATERUで行われている他の事業について見ていこうと思います。

TATERUでは、アパート経営プラットフォームのTATERU Apartment以外に、IoT事業・民泊事業・不動産ポータルサイト・投資事業などを展開しています。

IoT事業

IoT事業では、IoT賃貸プラットフォームである「Apartment kit」を提供しています。

Apartment kitは賃貸経営者のための経営アプリのことで、あらゆるデータ共有の中で所有者であるオーナーと入居者、管理会社それぞれのコミュニケーション円滑化を図ることができます。

民泊事業

TATERUでは、民泊事業としてIoT民泊経営プラットフォームである「TATERU bnb」を展開し、非公開の土地情報から最適な土地と稼働率の高い施設の提案を実現しています。

また、旅行者にとって役立つ情報や困りごとの解決方法などを入手することができる「TRIP PHONE」と呼ばれるIoTデバイスの提供を行っています。

不動産ポータルサイト

「TATERU Buy-Sell」はTATERUの不動産ポータルサイトで、購入したい物件探しはもちろん、物件売買掲載も可能です。

購入金額や専有面積・間取り・情報公開日・築年数など、様々な条件で絞ることができるので、理想的な物件を見つけることができる仕組みを構築しています。

また、物件の周辺情報や災害情報のチェックや住宅ローンのシミュレーションも見ることができ、内覧についてはネット上で簡単に予約することができます。

アパート経営、税金など不動産に関する情報も幅広く提供しているので、経営や投資に関する知識を身に付けたい方にもおすすめです。

投資事業

TATERU Venturesは、TATERUの投資事業としてIT関連企業を中心に投資を行い、企業価値向上と創造を目指しています。

最先端のIT企業に投資や経営サポートをすることで、事業全体のスピード加速と新しい不動産業界のあり方を見出しているのです。

こうすることで、時代のニーズに合った事業展開を続けていくことができるのです。
このように、TATERUは様々な事業を通してIoTアパート経営や関連サービスを提供しています。

不動産とネットを組み合わせることにより、ITの力を活かしたサービスを構築し、顧客が便利に使えるよう工夫しているのです。

TATERUは、リアルとネットを融合させ、従来にはなかった新しいサービスを作るために、自社開発となるTATERU Apartment運営をはじめとする事業を展開し続けているのです。

賃貸経営にIoTを応用することに着目した将来性の高い企業

東証一部上場企業として、TATERUは信頼性の高いサービスを提供しています。

上記でも紹介した通り、TATERUは自社開発したアパート経営プラットフォームであるTATERU Apartmentの運営を通じて、土地情報やアパート企画・施工・賃貸管理までを一貫して行っています。

リアルとネットを組み合わせ、アパート経営の業界にIoTの技術を駆使することで賃貸経営に応用するというのは、これまでにはなかった事業展開ではないでしょうか?

TATERU Apartment を活用すれば、経営に関する不安や管理運営の心配もする必要がなく、いつでもアパート経営を始めることができます。

IoT分野で様々な事業展開をしていることから、効率良く管理できるほか、セキュリティ面や生活の快適性を向上させることができる設備で安定した入居者確保も魅力です。

また、アパート経営者にはTATERU schoolを提供しており、アパート経営に必要な知識を効率的に習得することもできます。

このように、TATERUはアパート経営の分野が未経験の場合でも、始めやすいメリットが数多くあるのです。

 

近年、アパート経営に関してもグローバル化が加速しており、最新のIT技術を活用したサービスのニーズも高まっています。

TATERUは今後も新しいIoT商品やサービスの開発・提供を続けていくことも検討しており、国内のアパート経営だけでなく、海外のアパート経営ができるようになる可能性も非常に高いでしょう。

急速に成長している企業だからこそ、最先端の技術を取り入れたサービスが期待できるのです。

TATERUは、クラウドファンディング事業や民泊事業、投資事業なども積極的に進めていることがわかります。

賃貸住宅、民泊事業などの分野にIoTを結びつけることで、投資家だけでなく入居者にとっても利便性が高いサービスを提供しているのです。

また、TATERUのアパート経営については、物件もデザイン性が高く、充実した機能と設備も人気で入居希望者も多いのが特徴ですが、満室保証制度もあるため、最初の賃借人が入室するまで家賃を保証してくれるという仕組みになっています。

理想のアパート経営をするためには、TATERUのサービスを上手に活用しながら進めていくと良いでしょう。

特にアパート経営に関しては、すでに数多くの企業が役立つサービスを提供しています。

しかし、TATERUのようにIoTを駆使したアパート経営サービスは、他とは違う特徴が多い点がメリットです。

賃貸経営にIoTを応用することに着目した将来性の高い企業だからこそ、安心してアパート経営を始めることができるのです。

これまでの実績を見ても、TATERUのアプリで始めるアパート経営は、初心者にとっても経験者にとっても選択肢として受け入れられやすいのではないでしょうか?