不動産

古木大咲氏が成功した理由をその経歴から探る

こんにちは!

本日は、古木大咲氏が成功した理由について取り上げてみます。

古木大咲氏はこれまで波乱万丈な人生を歩んできた人物なのですが、現在は東証一部上場のIoT・デザインアパートメント運営会社の代表取締役社長を務めるまでに至りました。

 

なぜ、古木大咲氏は成功できたのでしょう?

今回は古木大咲氏の経歴についてピックアップし、成功した理由について探っていきましょう。

 

 

古木大咲氏の経歴

現在IoT・デザインアパートメント運営会社を経営している古木大咲氏は、成功者としても知られています。一方で、古木大咲氏の経歴は順風満帆とは言えないものでした。

まずは、そんな古木大咲氏の経歴について見ていきましょう。

 

■誕生から学生時代、就職するまでの経歴

1979年9月14日、鹿児島県で自営業を営んでいる家庭に誕生しました。

古木大咲氏の将来は、父親の営んでいる自営業を継ぐことに決まっていたそうです。

しかし、中学3年生で経営者だった父が他界してしまいました。

それがきっかけとなり、古木大咲氏は単身で福岡県に移り住むことになりました。

福岡県の高校に進学をするものの、1年生の時に中退し、居酒屋などのアルバイトを転々とする生活をしていたそうです。

生活は成り立っていましたが、親戚から反感を買いバカにされてしまうこともありました。

その時の悔しい思いから、古木大咲氏は経営者になることを決断します。

高校を1年で中退していた古木大咲氏はまず知識をつけなくてはと思い、21歳で不動産会社に就職します。

 

■希望が通らなくても諦めなかった古木大咲氏の躍進

不動産会社に就職した際に、古木大咲氏は営業部を希望しました。

しかし、これまでの学歴や経歴などから不動産管理部への配属となってしまいました。

それでも古木大咲氏は、営業部への配属を諦めていませんでした。

 

自分の評価を上げるため、休日に1人で飛び込み営業を行い、成果を上げてきたそうです。

その結果、会社から評価され念願だった営業部への異動が決まります。

 

営業部へ異動してからも古木大咲氏は躍進します。

アパート販売サイトを企画し立ち上げ、成功を収めます。

その時、古木大咲氏は現在の経営につながるインターネットの有効性を実感しました。

 

不動産会社での経験を着々と積み上げ、その後独立することができました。

独立時には、経営資金が少なかったため、不動産物件の売買から賃貸物件の仲介など様々な事業を行っていましたが、経営は順調にはいかなかったそうです。

 

様々な事業に手を出してしまっていたため、業務効率の悪化を招いてしまい、その結果資金も思ったように増やすことはできずに苦戦したそうです。

 

このことから、メイン事業をアパート販売に据えて経営することを決めます。

インターネットを活用し、徐々に業績を伸ばしていった矢先に、リーマン・ショックで更に経営が窮地に立たされてしまいます。

 

そこで、ビジネスモデルを転換し、従来の不動産業界にはない新しいビジネスモデルを確立していきます。

いち早くIoTを導入し事業を展開していった古木大咲氏は、成功者と言われるまでになりました。

 

高校を1年で中退したり、アルバイトを転々としたりしていた古木大咲氏は、逆風を乗り越えながらその都度、成長し現在に至ります。

古木大咲氏の経歴を見ると、順風満帆ではありません。むしろ、幾度となく苦労をしてきた人物です。

しかし、その苦労があったからこそ現在の成功につながっているのだと考えられます。

今後のさらなる躍進に期待できる経営者と言えるのではないでしょうか。

 

 

「学歴は全く関係ない。」-では必要なものはなにか?

近年、起業をしたいと考える若者が増えてきました。

そして、若くして起業家として成功している人も少なくありません。

そのため、起業家と呼ばれる人物はたくさんいますが、古木大咲氏は知名度が高い起業家の1人です。

 

一方で、古木大咲氏は高校を中退していますし、アルバイトを転々としていた時期もあるため、起業家としては大きな成功を収めていることに疑問を抱く人もいるでしょう。

そこで、ここからは起業家にとって必要なものは何かということを古木大咲氏が起業家として成功してきた歩みから考えてみることにします。

 

■古木大咲氏が持っていたのは起業家精神

古木大咲氏は、起業家精神を持っていたため、IoT・デザインアパートメント運営会社の立ち上げを成功させられたと言えるでしょう。

起業家精神といっても、イマイチどのような精神か分からないという人もいると思うので、まずは起業家精神がどのようなものかを見ていきます。

 

起業家精神とは、経営者としての明確な信念のことを指します。

古木大咲氏の場合は、そのような起業家精神はもちろんですが、常識に捉われることがない事業を展開しようと考え、事業を成功に導いています。

 

そして若いうちから、起業に対する熱い思いや不動産業界にITを取り入れることで不動産業界の常識を変えていきたいという思いを持っていたのも、起業家として成功するための大きなポイントになったと言えるでしょう。

 

また、不動産会社で働いていた経験を活かすこともできたので、どのようなビジネスモデルを導入すると不動産業界の常識を変えられるのかについても古木大咲氏は丁寧に考えていたことでしょう。

 

■未来を見越したビジネスモデルの提案

古木大咲氏は、IoT化が進んでいくことを見越したビジネスモデルを採用しています。

今ではIoTは一般的になりつつありますが、古木大咲氏が起業した頃はまだまだIoT化は進んでいませんでした。

そのため、多くの不動産会社はIoTを導入しようとは考えていなかったのです。

それに対して古木大咲氏は、IoT化を進めていくことが不動産業界の変化するきっかけになると考え、早い段階からその必要性に気付いていました。

IoTをアパートやマンションなどに取り入れることによって、入居者にとって大きなメリットが生まれます。

また、IoTは様々な使い方ができ、入居者のニーズに合わせた暮らしを提供できるようにもなるため、これまでの賃貸物件にはなかった魅力が付加されるのです。

 

古木大咲氏は、大学や専門学校などで専門的な知識を学んだわけではありませんが、自分自身の経験を活かすことで、起業に成功しました。

このことから、起業をするためには学歴以外にも重要なポイントがあることが分かります。

それが、起業家精神です。

起業に対する熱い思いや業界に対する熱い思いがあれば、それを実現するためにサポートしてくれる人も現れ、成功へと導かれていきます。

 

 

危機を転機ととらえ新業態を開発した

今でこそ起業家として成功している古木大咲氏ですが、経営している中で窮地に陥ったこともありました。

しかし、その経験までも自身の糧とし、事業を成長させていったのです。

 

では、古木大咲氏はどのようにして窮地から脱出したのでしょうか?

 

■不動産会社に勤めていた頃に感じた苦しさ

古木大咲氏は、ずっとアルバイトで生活をしていくことはできないと考え、不動産会社へ就職します。

この時には既に起業を視野に入れていたため、営業職で経験を積んでいきたいと考えていました。

しかし、高校中退、かつ職歴はアルバイトばかりな古木大咲氏は、営業職ではなく物件の清掃を行う部署に配属されてしまったのです。

それでも古木大咲氏は、営業職として働くことへの夢を捨てることなく、休日に飛び込み営業を行いながら実績を積み上げていきました。

その結果、実績を見込まれて念願の営業職への異動が実現しました。

それからの古木大咲氏は、WEBサイト作成などを手掛けながら、IT分野の知識も身に付けていったのです。

WEBサイトを作成したことによって、全国から問い合わせが寄せられるようになり、ITを活用することのメリットに古木大咲氏自身が気づいたのがこの時期ということになります。

 

■独立後も大きな窮地に襲われる

不動産会社で経験を積んだ古木大咲氏は、独立し、デザインアパートを手掛ける会社を起業しました。

それまでの不動産業界では、土地を仕入れてからアパートを建てて販売するというビジネスモデルが主流でした。

もちろん古木大咲氏の会社でもそのようなビジネスモデルを採用していたのですが、世界的な金融危機であるリーマン・ショックが日本の不動産業界にも襲いかかってきます。

リーマン・ショック以前には好調だった業績も、それをきっかけに金融機関の融資を受けられず、悪化の一途をたどります。

このことから古木大咲氏は、不動産業界のビジネスモデルがいかに脆弱であるかを実感したのです。

そして、またリーマン・ショックのような金融危機がやってくると同じ苦しみを味わわなければいけないということに対して大きな不安を抱くようになります。

 

そこで古木大咲氏は、これまでの不動産業界の常識を覆すようなビジネスモデルを考案しました。

それは、ITを活用したビジネスモデルです。

WEBサイトで不動産賃貸事業に興味がある人を募ってから、土地のマッチングやアパート建設、アフターサポートまで一貫して行うというものです。

このようなビジネスモデルを採用している不動産会社は少なかったため、理解されるまでに時間はかかりました。

しかし、将来のことを考えるとメリットが大きいことや在庫を持たないことのメリットなどについて発信することで賛同者は増えていきます。

リーマン・ショックという大きな窮地に陥ったことによって生まれたこのビジネスモデルは、斬新なものではありますが、古木大咲氏が成功者になるためには必要不可欠なものです。