製造

“おいしさと健康” 江崎グリコ株式会社の評判を検証してみた

グリコグループの会社概要(歴史・沿革・直近の活動内容など)

グリコグループはお菓子やアイスなど、食品関係の商品を開発し、製造している会社です。会社概要や歴史・沿革について確認しましょう。以下は公式ホームページより引用しました。

■名称 江崎グリコ株式会社
■所在地 大阪府大阪市西淀川区歌島4丁目6番5号
■代表者 江崎勝久
■URL https://www.glico.com/jp/
■設立 昭和4年2月

グリコの始まりは、創業者である江崎利一が、カキの中からグリコーゲンと呼ばれる新しい栄養素を発見したことから始まります。江崎利一は何とかグリコーゲンを活用した商品が作れないかと研究を続け、ついに栄養菓子グリコを誕生させます。

それ以来、グリコはおいしさと健康を企業理念に様々な商品開発を続けてきました。
近年の活動内容としては国内初の肌の潤いを保つと表示された美容商品の販売を4月に控えています。

 

グリコグループの事業内容・強みは?

グリコの事業内容としては各種お菓子やアイス、そしてカレーなどの加工食品をはじめとした食品関係がメインですが、それだけではなく美容用品やサプリメントも販売しています。

グリコが販売している商品の中には私たちが一度は購入し、食べたことがあるものが数えきれないほど存在しています。これはグリコというブランドが広く浸透し、信頼されている証拠です。グリコの最大の強みと言ってよいでしょう。

また、私たちの口の中に直接入れることとなる商品を扱っていることから、安全面には特に気を配り、チェック機能がしっかり働くシステムを確立させ、さらにより良いチェックが出来るような改善に努めています。

 

グリコグループの口コミ・評判を検証(採用系)

実際にグリコに就職し、働いている人はグリコという会社をどのように評価しているのでしょうか。

・同業他社と比べても給料がいいことは何よりの利点です。そして、グリコという企業名は誰でも知っていますから、住宅ローンなど大きなローンを組むときの審査にとても通りやすいです。

働くうえでやはり給料は最も気になるところでしょう。グリコで働いている間は給料面での不満はなさそうです。そしてグリコという企業名を聞けば大きな会社であることがすぐわかります。倒産の可能性もほぼないですからお金を貸す側としては安心してお金を融資できるというわけです。

・年間ごとに有給休暇を取得しているかチェックしていて、クリアできなかった沖は部門長にペナルティが与えられるそうです。春と夏、そして秋に計画年休での連休を推奨しています。

昨今では過労死が大きな問題となっていますが、グリコでは部下をきちんと休ませないと部門長にペナルティを与えるという点を見ても、休みはしっかりともらうことが出来る会社だという事がよく分かります。春や夏だけではなく、秋にも連休を推奨している企業というのはあまり見られないのではないでしょうか。

・大きな仕事を積極的に任せてもらえるので、仕事のやりがいはとても大きいです。また、自分の開発した商品を実際に店頭で見かける機会も多いので、商品が販売されているのを見たときには努力が報われたんだなと実感します。

グリコは新商品の開発を積極的におこなっていますから、やる気のある社員にはどんどんチャレンジさせるという社風のようです。お菓子などはどこのお店でも見かけますから、自分が開発に携わった商品を見かける機会もとても多いでしょう。

ここまでは良い口コミでしたが、あまり良くない評価をしている人の意見もチェックしましょう。

・昇給は年齢ではなく、成果次第なので、自分の成果が表に出にくい部署の場合にはなかなか給料が上がらないばかりか、下がることもあります。

グリコの給料はその人がどれだけ会社に貢献したかによって決められているようです。ですからチャレンジを推奨しているというよりも、チャレンジをしない社員には給料を与えないという実情があるようです。とはいえ、部署によってはなかな新商品を開発しにくいところもあるでしょう。自分の成果が表立って現れない部署に配属された場合は昇給には苦労しそうですね。

 

グリコグループの口コミ・評判を検証(商品・サービス系)

グリコの商品は実際に私たちが手に取り、購入する機会がとても多いです。実際に購入した人はどのような評価をしているのでしょうか。

・チョコレートが好きなので、色々な商品を試してみるのですが、結局一番はこれに落ち着きます。私は冷蔵庫でキンキンに冷えたものを食べるのが好きで、寒い冬でもお構いなしに冷蔵庫に冷やして食べています。もう長いこと常温では食べてないかもしれません、これからもナンバーワンの座が揺らぐことはまずなさそうです。

チョコレートのお菓子はグリコだけではなく、他の会社もたくさんの種類のものを販売していて、さらに毎年数多くの新商品が販売されています。それでも最終的にはグリコの看板商品である某チョコレート菓子を一番にあげる人がとても多いです。それだけ完成度が高いという事でしょう。

・久しぶりに食べたんですが、プレッツェルの部分がこんなサクサクしているとは驚きました。昔に食べたときよりも明らかにおいしくなっています。いまではもうしませんが、子供の頃はちょっと行儀が悪いと思いながらチョコの部分を舐めるのが好きでした。食べていると新しい発見と、昔の事を思い出すことができ、購入してみて正解でした。

昔からある商品のため、子どもの時に食べたという人も多いでしょう。久しぶりに食べると子供の頃を思い出すという人もたくさんいるのではないでしょうか。そして昔からの商品と言えどもグリコはより良い商品になるように研究開発に努めていることがよくわかります。

・期間限定の商品ですが、濃厚なバターの香りと元々の風味がとてもよくマッチしていて、発売時期には必ず購入します。クッキー生地がほんのりしょっぱくて、中にはさんである甘いクリームととても良くあいます。

期間限定商品もたくさん販売していて、愛用している人が多いようです。この商品もベーシックなものは看板商品の一つなので、なかなか新しい味を浸透させることは難しそうですが、見事に浸透させることに成功しています。

ここまでは高評価の口コミですが、悪い意見のものも見ていきましょう。

・同商品の期間限定で販売されたブドウ味がとてもおいしく、ピーチ味が出るとのことで期待して購入したのですが、確かに袋を開けるとほのかに桃の香りがするものの、ブドウ味のようにはっきりと感じられるものではありません。この時点でちょっと期待しすぎたかなと感じました。全体的な印象としてはピーチ味がはっきりするというよりも、ほのかに桃を感じるといった程度です。ただチョコの部分は酸味を感じられておいしかったです。

味自体は悪くないものの、期待していたような商品ではなかったようです。味の好みは人それぞれなので新しい商品は賛否両論なのも仕方ないと言えるでしょう。

 

口コミ評判検証まとめ

グリコの評判をまとめると、常に新しい商品を研究し、開発する必要がある会社であることから、社員にチャレンジをさせることを推奨している社風となっています。ですから何か新しいものを作りたいという意欲を持っている人にとってはとても働きやすい職場だと言えるでしょう。

そして、社員の休日もしっかり管理していて、規定通りに休ませなかった上司にはおペナルティを与えるほどです。働きやすい環境であることは間違いありません。

一方、給料面では積極的に貢献し、成果を上げた人はしっかりと評価するというシステムになっており、年功序列ではありません。ですから成果を評価してもらえる社員にとっては給料がどんどん上がる良い企業という評価の一方で、なかなか成果を上げることが出来ない社員からは給料が上がらず苦しい思いをしているという意見も見られました。

そしてグリコには数十年位渡って販売し続けている商品がたくさんあります。いろいろな商品を試しても結局グリコの商品が一番好きだという意見がとても多いです。

一方で、信頼感が高すぎるあまり新商品へのハードルが高く、新商品が期待通りのものではなかったという意見も見られました。味の好みは人それぞれなので万人に好まれる新商品を作るには、日々努力をし続ける必要があるのでしょう。