流通・小売

ダイトーウイングのドリームシャワーは薬事法的に問題ナシ??返品の流れは??

こんにちは!

本日は、ダイトーウイングのドリームシャワーについて取り上げてみます。

読者の皆様はダイトーウイングのドリームシャワーについてどんなイメージを持っているでしょうか?

実は今、ダイトーウイングのドリームシャワーを巡り提訴されているようです。

ダイトーウイングはなぜ提訴されてしまったのでしょうか?

そしてドリームシャワーは薬事法に違反しているのでしょうか?

今回はダイトーウイングのドリームシャワーについて気になる点をご紹介していきます。

ぜひ今回の提訴について調べている方や、ダイトーグループの信頼性を確認している人は参考にしてみてください。

ダイトーウイングの事業内容とドリームシャワーについて

まず、ダイトーウイングではどういった事業を行っているのか、そのダイトーウイングで販売している健康管理に役立つとされる「ドリームシャワー」の特徴についてもご紹介していきましょう。

ダイトーウイングの事業内容とは?

ダイトーウイングでは、ダイトーグループ本社で企画開発された商品の販売を関東や甲信越エリアを中心に販売するために営業活動を行っています。

商品の一部をご紹介しましょう。

ネオジューム ゴールドマグネオ G2000

肩や首筋、腰などのコリがある部分に貼ることで200mTもの強力な磁力が発生することで血行が改善しコリをほぐしてくれる商品です。

絆創膏部分は伸縮性に優れているので、日常生活に支障なく使用できるでしょう。

壮健茶

ハトムギ、ハブ茶、玄米、大麦、アマチャヅル、かき葉、熊笹、茶葉、昆布、桑の葉、杜仲茶、カンゾウの12種類もの植物原料で作られたお茶で様々な効能があり、健康維持のために家族や職場で手軽に飲むことができます。

アクアセラピー

水道水をイオン水へと変えることができる商品です。

家庭で使用している蛇口に取り付けるだけでクラスターが小さい水となるので健康効果があると言われています。

維持費やメンテナンスも必要ないので手間をかけることが面倒だと感じる方でも安心して利用できるでしょう。

このようにダイトーウイングでは、健康のことを考えた機器や食品など様々な商品を1962年に個人事業として創業して以来、開発や販売を続けているのです。

ドリームシャワーの特徴

ドリームシャワーはダイトーグループ本社で開発された家庭用の電気磁気治療器でダイトーウイングでも販売されています。

肩コリや腰痛などで悩む方は多いでしょうがドリームシャワーの磁気の力によって様々な体調の悩みを改善してくれるのです。

ドリームシャワーは、交流磁気を発生させることで身体の奥深くにある細胞に刺激を送ります。

固まっている筋肉が磁気によってほぐされ、血行を促してくれるのです。

そのほかにもマイクロバイブレーションと呼ばれる体では感じることができないほどの微振動を発生させるので、内部温熱作用を引き起こし体だけではなく心までリラックした状態へと導いてくれます。

ドリームシャワーの効能は?

ダイトーグループのドリームシャワーの主な効能は血行不良や肩コリなどの改善となっています。

磁器治療は紀元前から行われていると中国最古の医学書に記載されており、古くから健康維持・増進に用いられていました。

詳しいメカニズムは現在も明らかになっていませんが、厚生労働省にも効能を認められています。

磁気治療器の中には自ら磁気を発生させる永久磁石と、電気で磁気を発生させる交流磁器の2種類があり、ドリームシャワーは後者のタイプです。

ドリームシャワーの具体的な効は何なのか、交流磁器の仕組みなどをご紹介しましょう。

血行促進効果の仕組みについて

人の体に交流磁気を流すと血液に電流が流れ、血液に含むイオンが増加します。

このイオンが増えることで自律神経が整い、血液の循環が良くなるとされているのです。

血行が良くなると新陳代謝が向上し、その結果様々な健康効果に期待できるでしょう。

具体的にどんな健康増進につながるのかご紹介します。

全身に栄養が行き渡る

血液は体の至るところへ酸素や栄養を与える役割があります。

どんなに栄養を気遣った食事を心がけても、血行不良な体だと十分に栄養が行き渡らず、肌が荒れたり、健康的な髪の毛が生えなかったりと美容面や内臓機能の低下といった問題が生じるでしょう。

血行を良くすることで、その問題を改善することが可能です。

疲労回復

体に蓄積された老廃物は栄養などと同じく血液と流れて腎臓に行き、分解されて尿として排出されています。

血行が滞れば老廃物の排出が低下し、なかなか疲労が改善されない体になってしまうのです。

なかなか疲れが取れない人は血行不良が関わっている可能性があるでしょう。

肌のターンオーバーを良くする

肌は新しい細胞と定期的に変わっており、そのサイクルを肌のターンオーバーを呼びます。

細胞は栄養や酸素が運ばれることで新しい細胞を作り出しているので、血行不良だとターンオーバーのサイクルが遅くなり、肌荒れやニキビを起こしやすく、乾燥肌にもなりやすくなるのです。

新陳代謝が良くなれば肌のターンオーバーも早くなるので、美肌を維持できます。

冷え性の改善

手足やの冷えは血行不良からきているので、血行が良くなることで冷え性の緩和や改善に有効です。

ドリームシャワーで用いられている交流磁気は深部の血行まで届くので、体の中からじんわりと温めてくれるでしょう。

肩コリなどの改善について

肩コリなどのコリは筋肉が緊張して硬くなったことで、神経や血行を圧迫し、痛みが生じる仕組みとなっています。

主な原因は長時間同じ姿勢を取り続けていたり、悪い姿勢で生活したりしていることです。

長時間同じ姿勢や悪い姿勢は筋肉に負担を与えやすく、時に肩・首・腰はその傾向があるので、筋肉が硬直してコリができてしまいます。

交流磁気はこわばった筋肉を和らげてくれる効果があり、また血液内で増加したイオンが神経系統に作用するため、コリや痛みを和らげることができるのです。

コリができると血液の流れも悪くなり、そうなるとコリの周りに老廃物や疲労物質の乳酸が溜まり、ますますコリを悪化させます。

コリがほぐれ血行が良くなることで、コリの予防にもつながるでしょう。

ドリームシャワーの場合、微動のバイブレーションもプラスされているので、交流磁気に合わせて心地よい振動も筋肉のコリをほぐす作用につながっています。

永久磁石と交流磁気の差について

磁気治療器ではネックレスやシールタイプなど永久磁石を用いたものも多くみられますが、効能や効能が作用する基本的な仕組みは交流磁気と大きな違いはありません。

しかし、効果の範囲は大きく異なります。

どんなに強力な永久磁石であっても、体に届くのは体表面に近い部分であり、深部の血行や筋肉には作用しにくいです。

一方、交流磁気は深部まで届くので永久磁石よるも優れた効能に期待できます。

ドリームシャワーの場合、磁気の強さを示す磁束密度が120ミリテスラと強力で、骨肉まで貫通するほどの威力を持っているので、磁気を当てている患部だけではなくその周辺まで広く作用させることが可能でしょう。

また、永久磁石は血液の流れに合わせて作用しますが、交流磁気は血液の流れに関わらず磁気が動いて作用する点も、永久磁石よりも優れた効果に期待できるところと言えます。

他の効能はあるのか?

ドリームシャワーに血行促進や筋肉のコリの緩和・改善以外の効能があるのか気になる方も多いかと思います。

交流磁気には健康維持・増進の効能がありますが、ドリームシャワーには血行促進とコリの解消以外に特別な効能は特にないと考えます。

血行が良くなることで様々な健康効果に期待できますが、これはドリームシャワーが直接作用しているのではなく、あくまでも血行が良くなったことで連鎖的に症状の緩和や改善につながったのでしょう。

なので、ドリームシャワーを使ったから病気が治る、病気にならないといった直接的な効能はないと考えられます。

薬事法の観点からみてドリームシャワーには問題はないのか

医薬品や医薬部外品、化粧品、医療機器等の品質や有効性を確保するため、薬事法というものが存在します。

これは医療や美容に関する商品を開発・製造・販売する企業であれば、深く関わる法律です。

気になるのが薬事法の観点から、ドリームシャワーに問題はないのかということでしょう。

ドリームシャワーが薬事法に触れているかどうかについてご紹介します。

ドリームシャワーの問題について

ドリームシャワーを巡ってある問題が報道されています。

ダイトーグループの子会社で販売元のダイトーウイングがSF商法でドリームシャワーをはじめ、高額の商品を買わせたと被害を訴える人があらわれ、提訴されている問題です。

これは商品紹介で利用者の体験談を紹介した中に、糖尿病やうつ病の改善など本来の効能とは異なる内容の体験談があり、店長の言葉を信じて購入した人の訴えになります。

販売スタッフが効能に関して虚偽や誇大の広告をしていれば問題ですが、体験談の場合は薬事法に触れるかは曖昧なところでしょう。

薬事法に触れる宣伝広告とは?

商品を売るためには宣伝広告が欠かせませんが、広告の表示によっては薬事法に触れてしまいます。

薬事法では商品名・効能・性能などがしっかり明かされていても、明かされていない場合でも虚偽の宣伝や誇大な宣伝は法律で禁止されています。

例えば、磁気治療器で傷が治るというのは虚偽の宣伝になり、コリがすぐに治ると宣伝すれば誇大広告に当てはまる可能性があるでしょう。

他にも消費者に誤解を招く広告は景品表示法に引っかかってしまいます。

では、体験談での宣伝はどうなのでしょうか?

薬事法で認められている体験談は、使用方法や使用感、香り等のイメージなどの範囲内となっています。

本当の効能を語っている場合でも、消費者に誤解を招かないように効能効果は避けることを求められているのです。

ですので、上記の問題の場合、ドリームシャワーで糖尿病やうつ病が治ったと直接的な効能を告げているとアウトになる可能性があります。

しかし、報道の内容は一部の表現だけで、本当にドリームシャワーで得られた効果かどうかは明確ではなく、表現に方法によっては薬事法に触れない可能性もあるでしょう。

あくまでもドリームシャワーで前よりも健康的になり、その結果糖尿病やうつ病の治療でも良い方向に向かったというのであれば、ドリームシャワーの効能を謳っていると判断しづらいです。

ドリームシャワー自体が薬事法に触れることはないのか?

ドリームシャワーが薬事法に触れる商品であるのか疑う人もいらっしゃるかもしれません。

薬事法でいう医療機器とは法令に定められているもので、生物の疾病の診断や治療、予防のために使用される機器器具、また、生物の構造や機能に何かしらの影響をもたらす機器器具等を指しています。

いろいろな健康グッズがありますが、モーターで振動を与えるようなマッサージ機や青竹のような突起物の健康器具は雑品扱いになり、電動式でマッサージを行うものが医療機器に分類されます。

筋肉に作用する機器は筋肉の運動だけを目的にした場合は雑品ですが、運動マシンだけではなく、コリや疲労に有効なものは医療機器に該当します。

では、ドリームシャワーのような交流磁気治療器はどうなのかというと、磁気の血行促進やコリの改善は厚生労働省に認められており、その効能を謳う機器なら薬事法でも認められているので正式な医療機器です。

ドリームシャワーも公式の商品紹介では、肩こり、筋肉の疲れ、血液促進とだけ効能効果が記載されており、また医療機器認証番号も取得しているので薬事法に触れている内容ではありません。

商品紹介も誇大広告などは見当たらず、薬事法を守った表示です。

このことから、ドリームシャワー自体に法律的な問題はないと考えられます。

ダイトーグループはSF商法になるのか

SF商法とは購入意欲を煽って商品を売り付ける催眠術的な商法で、ダイトーウイングの提訴ではSF商法を指摘されています。

ダイトーグループの特徴は独自の販売のスタイルですが、これが本当にSF商法であるかは断言できません。

ダイトーグループでは薬事法に触れることはしないように全子会社に指導しているので、怪しい商法を行うとは考えにくいです。

直接販売を行っている理由は、体験を通じて商品の良さを最大限に知ってもらい、同意の上で購入してもらえるように考えているからです。

流行がある美容や健康に関わる企業なので、定期的に開く研修会では医師や有識者を招いて行われるので、研修や指導は徹底されていると言えます。

また、事例に関する内容を額面通りに受け止めてしまう方とトラブルになってしまったのではないかと考えます。

糖尿病やうつ病は血行との関係性が深く、利用者は血行促進により体の不調が治まったという認識よりも、ドリームシャワーを使ったことで改善された意識が体験談に反映され、周りに誤解を招く原因につながったのかもしれません。

ドリームシャワーは一台で足りるのか?何台も購入する必要はあるの?

そもそも、より効果的に利用するためにはドリームシャワーは一台で足りるのでしょうか?
前述したように、実際にダイトーグループにドリームシャワーを何台も購入させられたとして、被害者が提訴したというニュースが出ています。

このニュース記事によると、ダイトーグループの直接販売において、ある高齢者が高額磁気治療機器のドリームシャワーが効果的だとオススメされ、購入したのだそうです。

しかし、購入後期待していた効果が表れなかったため問い合わせると、ダイトーグループ側に「一台では効果が現れにくい」と言われ、その後次々と何台も購入させられたと言っています。

そもそもダイトーグループ独自の商品に限らず、健康食品や健康器具などのほとんどは効果が実感できるかどうかは個人差があると言われています。

しかし、効果がないからと言って何台も同じ商品を購入させられるということが実際にあるのでしょうか?

この件について、実際にダイトーグループに問い合わせてみると、「購入されたドリームシャワーは、担当の営業が直接自宅に設置する流れとなっており、自宅の状況によっては必要性を確認してから購入するか判断していただいている」としています。

ダイトーグループは、消費者に商品を販売する際にはしっかりと購入意思を確認し、設置する際にも消費者に判断をしていただいていることがわかったのです。

そもそもこの記事は、被害者側の主張のみが記載されており、事実とは異なる可能性も決して低くはないのではないかという見方もあります。

万が一、この記事に記載されたことが実際にあったとすれば、消費者が購入自体ためらっていることを誤って把握できていなかったのではないでしょうか?

この記事では、ダイトーグループ側の証言がありません。

そのため、信憑性も高いとは言い切れないでしょう。

何台も購入することで効果が出るのか?

前述しているように、ドリームシャワーやほかの健康関連商品、美容関連商品については、どうしても効果に個人差が出てしまいます。

そのため、一台で十分な効果が得られる方もいれば、二代購入し使用してようやく効果を実感できるという方もいるのが事実です。

逆に言えば、何台も購入したからと言って効果が出ないという可能性もゼロではありません。

しかし、ダイトーグループでは何台もの購入を強要させるようなことはなく、購入時には必ず消費者の購入意思を確認していることがわかっています。

こうして考えても、個人差があるということを踏まえて、何台も購入するというのはできますが、だからといって十分な効果が出るとは限らないことも理解しておく必要があるのではないでしょうか?

ただ、基本的にはドリームシャワーは一台で効果が出やすいともされているため、正しい使い方ができていれば効果を実感できる方も多いでしょう。

消費者の健康状態や使い方によって、効果の現れ方に違いが出ると言うことです。

どちらにせよ、消費者の強い購入意思がなければ、何台も購入する必要はないと言えるのではないでしょうか。

ドリームシャワーの効果と台数について

そもそもドリームシャワーは、筋肉のこりの改善や血行促進を促す効果があるとされていますが、メインとするターゲットも冷え性や肩こり・腰痛・関節痛など、血行不良で悩む方々となっています。

コンパクトなので、仰向けの状態になって首やひざ裏、足の裏などのこりや冷えで悩む箇所に使用できます。

ドリームシャワーには磁束密度を表す単位は120ミリテスラとなっており、1台でも強力な磁力を広範囲に行き渡らせることが可能です。

磁気治療機器は、範囲が広ければ広いほど装着部分を中心に周辺の血行の流れも改善することができます。

ドリームシャワーの磁束密度を見ても、1台でも全身の血行促進につながると言えるでしょう。

一台で十分な効果が得られる可能性の高いドリームシャワーは、何台もあったからと言って高い効果が得られるという訳ではありません。

しかし、他社の電気磁気治機器を使用しても効果がなかった方でも、一台で広範囲に磁気を与えることができるダイトーグループのドリームシャワーに変えたことで効果が見られたというケースも少なくありません。

ダイトーグループの商品は直接販売のみ購入可能という部分を指摘して商法が良くないのではないかと考える方も中にはいます。

しかし、このような手法で販売するからこそ、実際に手に取って確かめ、商品についての疑問も直接確認することができるのです。

むしろ、メーカーの担当者に直接話が聞けると言うのは、消費者にとって魅力的な販売方法と言えるでしょう。

返品したい時はどうすれば良いのか

前述した記事では、昨年の段階で返品を申し入れたが、一部の商品に関しては返品の対応をしてもらえなかったとしています。

そもそも購入後の返品は可能なのでしょうか?

実際にダイトーグループに問い合わせると、健康関連商品や美容関連商品を購入した場合、返品にも対応してもらえることがわかりました。

しかし、一部の商品については対応できない場合もあるとのことです。

その違いを挙げてみましょう。

返品可能な商品

ダイトーグループの商品は、メーカー保証1年とされています。

しかし、購入後2年以内であれば、解約または返金に応じてもらえる場合が多いです。

期間に応じて、使った期間の費用を除き、返品するとされているため、使用期間が大きなポイントになってくるでしょう。

返品できない商品

前述したケースであれば、ほとんどの場合返品することができますが、そうでない場合もあります。

例えば、返品対応が2年以内とされていても、5年や6年も期間が経過してから返品や返金と言われても無理があります。

このような場合は、常識的に考えても難しいと考えておきましょう。

そもそもダイトーグループの商品は耐久消費財なので、必ずしもすべての商品が返品できる訳ではありません。

購入してすぐであればクーリングオフも

一般的に、訪問販売や電話勧誘販売などにおいては、購入決定または契約後すぐであれば理由関係なくクーリングオフすることができます。

クーリングオフは取引形態によって、購入・契約後8日以内または20日以内であれば適用されます。

基本的には、ダイトーグループにおいて購入した場合は、8日以内であればクーリングオフが適用されるでしょう。

クーリングオフ可能期間が過ぎている場合や、営業や仕事用として購入・契約した場合などはクーリングオフができません。

クーリングオフするときには、契約書面などを受け取った日から数えて8日以内にはがきや書面で行います。

必要事項を記入し、はがき投函後に代金を返してもらう仕組みです。

ダイトーグループで購入した商品は、商品を返送する必要もあるでしょう。

クーリングオフを使って返品しても良いですが、期間が過ぎている場合であっても、ダイトーグループに問い合わせることで対応してもらえる可能性が高いでしょう。

商品が故障した場合は?

ダイトーグループの健康関連商品や美容関連商品は、前述したようにメーカー保証が1年となっています。

しかし、保証期間が過ぎてしまっていても、商品の故障があった場合は対応してもらえる可能性があります。

そもそもダイトーグループでは、どこの販売店で購入された商品に関しても、問い合わせをすれば故障や修理対応も行ってくれるでしょう。

全国のダイトーグループ販売店で購入した商品においては、気軽に相談できるようお客様相談室が設けられています。

返品だけでなく、故障や商品不良などでも気軽に相談することができるでしょう。

規約を確認しよう

ダイトーグループで商品を購入する場合、返品の可能性を考えて事前に確認しておくことが大切ですが、一般的に何らかの商品を販売する以上、その会社の規約が存在します。

通販サイトでは、「返品規約」というものがあり、規約に記載された返品可能期間や返品可能な状態などの様々な条件を確認することができます。

そもそも、商品の購入にあたっては、そのような規約をきちんと承諾した上で購入をしたという意思表示として捉えられている場合が多く、規約はしっかりと順守する必要があるのです。

ダイトーグループが行っている販売形式の場合、返品に関する情報についても購入前に案内されることがあるでしょう。

また、購入に関して規約が記載された説明書きを同時に受け取るケースもあります。

どちらにしても、ダイトーグループの商品を購入する場合は、返品に関しての情報もしっかりと確認しておくことが大切です。

まずは問い合わせを

基本的には、ダイトーグループの商品購入後の返品に関しては、直接問い合わせをして返品可能かどうか確認することが最初のステップとなります。

購入後の使用期間や状況によって、返品できるかどうかは変わってきます。

返品できない可能性もあるということを踏まえつつ、問い合わせすると良いでしょう。

実際の返品手順としては、問い合わせをした後に商品の発送を行うという流れになります。

問い合わせをしていないのにも関わらず、勝手に商品を送り返すというのは決して行ってはいけません。

問い合わせをすると、まずは状況によって返品可能かどうか確認することになります。

次に、ダイトーグループの指示通りに商品を返送し、返金手続きなどを行いましょう。

商品の返送に関しては、ほとんどの場合商品の追跡が可能な発送方法であるゆうパックや宅配便を指定されることが多いです。

返金に関しては、銀行振り込みでの返金が一般的です。

消費者都合での返金の場合、振り込み手数料を差し引かれて返金される可能性もあります。

クレジットカード決済の場合は、クレジットカードでの請求額変更に対応してもらえることもあるでしょう。

ダイトーウイングの事業内容や、ドリームシャワーなどの特徴、薬事法などについても紹介してきました。

ダイトーグループ側が提訴された記事に関しては、被害者側の主張が主に掲載されていますが、ダイトーウイング側の意見も聞いてみたいところではあります。

薬事法については問題ありませんし、ダイトーグループは信頼性の高い企業であることもわかっています。

ダイトーグループは創業から50年以上経過している信頼と実績のある企業なのです。

そのため、どこかでダイトーウイング側と消費者側で意見が食い違ってしまっている部分があるかもしれないのです。

今後、どのような動きがあるのか注目していきましょう。